2019年07月16日

日曜 中京記念

プリモシーン
牝4歳
調教師:木村哲也(美浦)
父:ディープインパクト
母:モシーン
母の父:Fastnet Rock
ここに注目!
G1・4勝馬を母に持つ良血馬が、前走のヴィクトリアマイルで2着に入り、本格化の時を迎えている。G靴良饌罎覆蕁⊇へ向けて負けられない戦いになるはず。今秋のG祇覇をかなえるためにも、ここで重賞3勝目を挙げておきたい。

カテドラル
牡3歳
調教師:池添学(栗東)
父:ハーツクライ
母:アビラ
母の父:Rock of Gibraltar
ここに注目!
デビューから中距離戦を中心に使われていたが、マイル路線に転向して連続好走を果たしている。前向きな気性を持つ点からも、距離を縮めたことが好成績につながっていることは間違いないだろう。デビュー戦を制した中京コースなら、重賞初制覇も見えてくるはずだ。

ロードクエスト
牡6歳
調教師:小島茂之(美浦)
父:マツリダゴッホ
母:マツリダワルツ
母の父:チーフベアハート
ここに注目!
近走は不振だが、4走前と5走前には重賞で4着に入っており、衰え知らずな面も見せている。昨秋には、G鞠魯皀坤▲好灰奪箸鯒砲辰謄好錺Sを制覇。重賞3勝の実績は今回のメンバー相手でも胸を張れるものだけに、まだまだ元気なところを示したい。

ミエノサクシード
牝6歳
調教師:高橋亮(栗東)
父:ステイゴールド
母:ハピネスフォーユー
母の父:A.P. Indy
ここに注目!
今年に入ってマイル重賞で2度も好走したように、6歳になって本格化の気配が漂う。中距離でも好走歴があり、距離の融通はきくが、今は芝1600メートルがベストと見てよさそうだ。直線の長い中京なら、自慢の末脚を十分に生かせるだろう。

ヒーズインラブ
牡6歳
調教師:藤岡健一(栗東)
父:ハービンジャー
母:シーズインクルーデッド
母の父:Include
ここに注目!
中山で3勝をはじめ、ベストは全6勝をマークする右回りコースだろう。ただ、中京競馬場は初めての出走。中山同様に直線で急坂が待ち構えるコース設定なら、新味を見せる可能性も十分にある。近走の不振から立ち直るきっかけをつかみたいところだ。

キャンベルジュニア
牡7歳
調教師:堀宣行(美浦)
父:Encosta De Lago
母:Melito
母の父:Redoute's Choice
ここに注目!
7歳を迎えたとはいえ、約半年生まれるのが遅い南半球産馬であることを考えれば、年齢的な衰えはさほど心配いらないだろう。近走は芝1200メートル戦を使われてきたが、実績のある芝1600メートルに戻れば、巻き返しがあっても不思議はない。

ジャンダルム
牡4歳
調教師:池江泰寿(栗東)
父:Kitten's Joy
母:Believe
母の父:Sunday Silence
ここに注目!
今回は2月の東京新聞杯(14着)以来約5か月半ぶりの実戦。久しぶりとはなるが、10日の1週前追い切りでは、栗東CWコースで6ハロン81秒3、ラスト1ハロン11秒8の好タイムをマークしており、状態面の不安はなさそう。変わり身を見せられるかもしれない。

クリノガウディー
牡3歳
調教師:藤沢則雄(栗東)
父:スクリーンヒーロー
母:クリノビリオネア
母の父:ディアブロ
ここに注目!
前走のNHKマイルC14着から立て直されての1戦。昨年12月の朝日杯フューチュリティSでは、9番人気の低評価を覆して2着に好走。勝ち馬アドマイヤマーズが今年のNHKマイルC、3着のグランアレグリアも桜花賞を勝ったようにレースレベルは高く、本馬も巻き返しが可能だろう。


selvas2 at 15:42コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索