2019年08月16日

日曜 北九州記念

ディアンドル
牝3歳
調教師:奥村豊(栗東)
父:ルーラーシップ
母:グリューネワルト
母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!
前走の葵Sを勝ち、破竹の5連勝で重賞初制覇を飾った。今回は他世代の馬との初対戦になるが、デビュー6戦で5勝、2着1回の戦績やレースぶりを考えても、大きな壁になるとは思えず、短距離界の新スター誕生なるか、注目だ。

モズスーパーフレア
牝4歳
調教師:音無秀孝(栗東)
父:Speightstown
母:Christies Treasure
母の父:Belong to Me
ここに注目!
小倉・芝1200メートルの舞台では、新馬勝ちを含めて3戦2勝の強さを誇る。唯一の敗戦となった小倉2歳S(7着)も、気性的な若さを見せて失速した印象で、力負けといった感じはなかった。今回、約5か月ぶりの本レースを勝利し、秋の大舞台につなげたいところだ。

ファンタジスト
牡3歳
調教師:梅田智之(栗東)
父:ロードカナロア
母:ディープインアスク
母の父:ディープインパクト
ここに注目!
デビュー3連勝が芝1200メートルと芝1400メートルだったことからもわかるように、類いまれなスピードが一番の武器。今春はマイルから中距離路線を目標にレース選択が行われたが、夏の始動戦にベストであろう距離に出走してくる。この条件なら変わり身を見せられそうだ。

ミラアイトーン
牡5歳
調教師:池江泰寿(栗東)
父:Lonhro
母:タイタンクイーン
母の父:Tiznow
ここに注目!
半兄ストロングタイタン(父Regal Ransom)は、コースレコードで鳴尾記念を勝つなど、カテゴリーこそ違うが優秀なスピードを見せた。本馬は、成長とともに高い短距離適性を示してきた印象。充実一途の過程を踏んでおり、重賞初制覇も目前だろう。

シャドウノエル
牝4歳
調教師:角居勝彦(栗東)
父:Le Havre
母:Magic Potion
母の父:Divine Light
ここに注目!
昨年夏の小倉で初勝利を挙げると、1年間で一気にオープンクラスまで上り詰めた。今回は初めての重賞挑戦など克服すべき課題はあるが、今の勢いなら乗り越えてもよさそう。初勝利を挙げた舞台で成長した姿を見せられるか、期待は大きい。

アンヴァル
牝4歳
調教師:藤岡健一(栗東)
父:ロードカナロア
母:アルーリングボイス
母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!
3歳時の昨年も本レースに挑戦したが、結果は10着。とはいえ、当時はクラシック路線に挑んだ疲れが残っていたのか、低迷していた時期だった。近5戦は1勝、2着2回で、掲示板(5着以内)は1度も外しておらず、完全に復調した印象。昨年のリベンジを果たす可能性は十分だ。

アレスバローズ
牡7歳
調教師:角田晃一(栗東)
父:ディープインパクト
母:タイセイエトワール
母の父:トニービン
ここに注目!
昨年は、CBC賞で重賞初制覇を決めた勢いそのままに本レースも制して、重賞連勝でサマースプリントシリーズ王者に輝いた。小倉・芝1200メートルでは5戦して2勝、3着1回と、適性の高さは疑いようがない。持ち前の決め手を生かして、史上初の本レース連覇を狙う。

カラクレナイ
牝5歳
調教師:松下武士(栗東)
父:ローエングリン
母:バーニングレッド
母の父:アグネスタキオン
ここに注目!
前走のオープン特別・バーデンバーデンC(福島・芝1200メートル)で、3歳時のフィリーズレビュー以来約2年4か月ぶりの白星をマーク。勢いに乗っており、芝1200メートルでの初勝利を挙げた点も見逃せない。もうひと皮むけた感があり、ここで久々の重賞タイトル奪取に挑む。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索