2019年08月16日

週末重賞展望

例年、レベルの高い有力馬が集まるG2札幌記念が今週の注目のレース。
今年は春の天皇賞馬フィエールマンをはじめ、G1馬4頭が出走する。

過去10年、1番人気馬は2勝、2着5回。3着1回。連対率は70パーセントとまずまずだが、
勝率は物足りない。ここ7年に限れば、1番人気馬は2着4回、3着1回のみで、勝利がなく、波乱の傾向も見える。
指数上は、前走指数上位馬の勝率と連対率が高い。

今年は、クロコスミア、フィエールマン、サングレーザー、ランフォザローゼス、サクラアンプルール、ブラストワンピース、ペルシアンナイトなどが指数の上位馬たち。

G1勝ち馬は、菊花賞を勝って、今年の春の天皇賞を制したフィエールマン、
昨年のダービー馬ワグネリアン、昨年の有馬記念を勝ったブラストワンピース、
マイルCSの勝ち馬ペルシアンナイトの4頭。

5歳馬ペルシアンナイトを除けば、他の3頭はともに同世代の4歳馬たちで、素質の高さと基礎能力、成長余力を考えても、この4歳馬3頭が中心になるだろう。

その筆頭は、菊花賞、春の天皇賞を制したフィエールマン。
デビューが遅れて3歳クラシックには参戦できなかったが、ここまで(4200)と、全成績では最上位だ。前走、天皇賞春は中団から、4コーナーで早くも先頭に立ち、直線、グローリーヴェイズとの長い叩きあいを制して、長距離適性の高さを示した。

札幌記念の後、凱旋門賞に向かう予定で、ここで負けるわけにはいかないだろう。
ただ、ここまで、2着2回は、ラジオNIKKEI賞の1800メートル、AJCCの2200メートルで、2000メートル前後の距離での2度の取りこぼしは気になるところ。
札幌記念の2000メートルも素質からすれば問題にはならないかもしれないが、長距離の能力と適性が高い分、ペースにも左右されるかもしれない。杞憂であればいいのだか。

ダービー馬ワグネリアンはここまで(5111)。菊花賞は出走しなかったので、フィエールマンとは初対決になった。
初の古馬相手のレースになった前走の大阪杯は、直線、最内からじりじり差し脚を伸ばしたもののアルアイン、キセキに続く3着。
7着のブラストワンピースには2馬身近く先着しており、ここはフィエールマンの対抗馬として、2番手に評価したい。

ブラストワンピースは(5004)の全成績。
毎日杯、新潟記念、有馬記念と、重賞は3勝している。
有馬記念勝ちの後は、大阪杯6着、目黒記念8着と、いずれも1番人気に支持されながらも、苦戦続きはどうしたものだろう。今回、川田騎手に乗り替わるようだが、巻き返しはあるだろうか。

3頭の4歳馬たちに割って入るとしたら、昨年の勝ち馬サングレーザー、牝馬のクロコスミア、4歳馬ステイフーリッシュなど。

北九州記念は芝1200のハンデ戦。

過去10年、1番人気は1勝もできず、2着2回、3着2回のみと不振。
トップハンデ馬も1勝、2着1回、3着2回と苦戦続きだ。
牝馬は10年で5勝をあげているが、そのうち4頭は指数上のランク外馬。
牡馬で指数ランク外の馬が勝ったのは、2012年の1度だけだ。
指数上は前走指数の上位馬が連軸の中心だろう。

今年の指数上位は、シャドウノエル、アレスバローズ、ディアンドル、アンヴァル、モズスーパーフレア、キングハート、ファンタジストなど。

短距離の差し脚は、ファンタジスト、ディープダイバー、ナインテイルズ、シャドウノエル、ディアンドル、ミラアイトーンなどが上位だ。

注目は長期休養をはさんで目下4連勝中のミラアイトーン。
デビュー以来(6012)の成績だが、特に1200メートルにシフトしてから、4連勝の快進撃が始まった。
前走は出負け気味のスタートになって中団後方から。
直線も前が詰まる場面もありながら、ラスト200メートルで一気に差し切り勝ちを決めた。
平均ペースでの決め手の鋭さは最上位だろう。
小倉の芝は3戦3勝、浜中騎手とも2戦2勝。休み明けも問題なく、ここは不動の中心に思えるが、しかし、そうはいっても5連勝は至難の技。そろそろ負け頃かもしれない。

逆転候補は3歳牝馬のディアンドル。
未勝利戦から5連勝中で、前走は重賞戦でも勝利をあげた。
ここは初の古馬戦になるが、前々でレースができて、差し脚もある。
52キロの軽ハンデは魅力的だ。

差し脚に懸けたい馬が多いなか、楽に先手が取れて、マイペースで逃げられるモズスーパーフレアの逃げ切りに要注意。前走、高松宮記念は15着に大敗したが、もともと指数の高さは、ここでは最上位だ。55キロのハンデなら、勝ち負けになるだろう。

selvas2 at 18:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索