2019年09月08日

柏木集保先生の見解 セントウルステークス 京成杯オータムハンデ 

母方の競走成績は欧州芝に集中している

 今年のセントウルSは、GIスプリンターズSを目標にする1200mのGII別定戦とすると、レース後に評価一変の可能性はあるものの、人気の58kgミスターメロディは芝1200m1戦1勝だけ。タワーオブロンドンは芝1200m【0-1-1-0】。6歳牝馬ダイメイプリンセスも、勝った1200m重賞は1分08秒2の前回の北九州記念が初めて。

 本番のGIは好メンバーが揃うが、このレースのランクは必ずしも高くないという見方がある。強気に先手を主張する快速馬も少ない。

 伏兵マテラスカイを買いたい。一本調子でもろいのが死角だが、父スペイツタウンの秘めるセクレタリアトの「3×4」が関係するのか、快調教が実戦に結びつく傾向がある。ツボにはまると激走するタイプ。

 米チャンピオンスプリンターのスペイツタウン(全10勝がダート7F以下)は、ダート巧者の産駒が多いが、輸入馬モズスーパーフレア(今春のオーシャンSの勝ち馬)は、1分07秒0-1での3勝を含み、全6勝が芝1200m。猛調教を生かし、17年のNHKマイルCを1分32秒5で2着(13番人気)したリエノテソーロもスペイツタウン産駒。芝がダメという父系ではない。

 マテラスカイの母方の競走成績は欧州の芝に集中し、祖母の半兄バーリ(父リヴァーマン)はマイルの英GI2勝。種牡馬として凱旋門賞馬サキーなどを送った。08年の函館2歳Sを制し、11年の京成杯AHを1分31秒9で快勝したフィフスペトルの母の父がバーリだった。

 マテラスカイが昨年夏のプロキオンS(ダート1400m)を1分20秒3のJRAレコードで独走した際の1200m通過は、芝と同様の1分07秒5だった。


京成杯AHは“伝説のファミリー出身”の馬に注目

 3歳クリノガウディーの中京記念の1分33秒6(上がり34秒4)は目立たないが、行きたがる気性をみせず、朝日杯FSでアドマイヤマーズの2着した際と同様、控えて差す形が取れたのは大きな進境。ハナ差だけ及ばなかった1着グルーヴィットに、上がりは0秒2上回っている。

 ハンデ戦の今回はグルーヴィットと比べ負担重量が1kg軽いプラスもある。凡走とはいえ皐月賞2000m、スプリングS1800m(0秒4差)のコース経験も大きな強みになる。

 超高速馬場ではなくなった近年の京成杯AHは、極端にタイムが速くならないと同時に、1800m、2000m級にも対応できる総合能力が求められるケースが多い。

 クリノガウディーの父スクリーンヒーロー(その父グラスワンダー)は、2008年のジャパンC制覇などの中距離タイプ。活躍産駒の適距離もゴールドアクター、モーリス、グァンチャーレ、ジェネラーレウーノなど、1600m-2400mに集中している。この馬もやがては2000m級が合う馬になりそうに思える。

 スクリーンヒーローの祖母は、1987年の京王杯AH(当時)を1分32秒2で圧勝したダイナアクトレス。最初はマイラー色が濃かったが、古馬になってジャパンCを3着してみせた。

 クリノガウディーは、その母方も伝説のファミリー出身。7代母にあたる鶴藤(競走名ワイド。第一回のオークス3着馬)は、史上最強牝馬と称されるクリフジ(繁殖名年藤。父トウルヌソル。オークス、日本ダービー、菊花賞など11戦不敗)の全姉にあたる。

 繁栄をつづける現代の名牝系とはいえないが、牝系に古い新しいはなく、勢いがあり発展しているかどうかだけ。南関東で目下【8-2-0-8】の活躍馬4歳メテオバローズ(父シニスターミニスター)の8代母は、クリフジ(年藤)である。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索