2019年09月09日

セントウルステークス 結果

9月8日の阪神11Rで行われたサマースプリントシリーズ最終戦・第33回産経賞セントウルステークス(3歳以上オープン、別定、GII、芝1200メートル、13頭立て、1着賞金=5900万円)は、
C.ルメール騎手騎乗の1番人気タワーオブロンドン(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が直線の坂を駆け上がると一気に突き抜け勝利。
タイムは1分6秒7(良)のコースレコード。

2着はファンタジスト(6番人気)、
3着にはイベリス(3番人気)が入った。

タワーオブロンドンは3走前に京王杯スプリングCを勝った後は、スプリント路線に転向。
函館スプリントS3着、キーンランドC2着と勝ち切れなかったが、
3戦目にして得意の阪神で重賞4勝目。逆転でサマースプリントシリーズ王者に輝いた。

産経賞セントウルSを勝ったタワーオブロンドンは、
父Raven’s Pass、母スノーパイン、母の父Dalakhaniという血統。
北海道日高町・ダーレー・ジャパン・ファーム(有)の生産馬で、
馬主はゴドルフィン。
通算成績は13戦6勝。

selvas2 at 00:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索