2019年09月12日

日曜 ローズステークス

ダノンファンタジー
牝3歳
調教師:中内田充正(栗東)
父:ディープインパクト
母:ライフフォーセール
母の父:Not For Sale
ここに注目!
阪神ジュベナイルフィリーズ(1着)時がそうだったように、時折パドックでうるさい面を見せるが、よほどひどくなければ問題ない。理想は集中力を保っての周回。折り合いさえつけば、確実に上位争いができるはずだ。

ウィクトーリア
牝3歳
調教師:小島茂之(美浦)
父:ヴィクトワールピサ
母:ブラックエンブレム
母の父:ウォーエンブレム
ここに注目!
パドックでの歩様が硬めに見えるが、レースに行けば問題なく走れている。これは個性と判断していいだろう。以前は持久力タイプのイメージもあったが、近2戦では切れ味も見せており、どんな競馬でもできるのは強みと言える。

シゲルピンクダイヤ
牝3歳
調教師:渡辺薫彦(栗東)
父:ダイワメジャー
母:ムーンライトベイ
母の父:High Chaparral
ここに注目!
パドックまでは我慢が利いても、馬場に入るとグッとテンションが上がるタイプだけに、返し馬は要チェック。春はトモにややボリュームを欠いたので、もうひと張り出てくれば言うことなしだろう。

ビーチサンバ
牝3歳
調教師:友道康夫(栗東)
父:クロフネ
母:フサイチエアデール
母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!
体型的にはマイラーだが、パドックで大人しいように、余計なことには力を使わないタイプ。レースでも折り合いの不安がない。過去の実績は芝1600メートルに集中しているが、今回の芝1800メートルも心配はなさそうだ。

シャドウディーヴァ
牝3歳
調教師:斎藤誠(美浦)
父:ハーツクライ
母:ダイヤモンドディーバ
母の父:Dansili
ここに注目!
まだ1勝馬だが、ハーツクライ産駒らしい雄大なシルエットで、スケール感は重賞勝ち馬にも引けを取らない。春はまだトモの緩さが気になったが、ひと夏を越してたくましくなっていれば、重賞タイトルに手が届いても不思議はない。

スイープセレリタス
牝3歳
調教師:藤沢和雄(美浦)
父:ハーツクライ
母:スイープトウショウ
母の父:エンドスウィープ
ここに注目!
連勝した近2走のレースの前半3ハロンタイムは33秒9(芝1400メートル)、34秒5(芝1600メートル)だから、比較的速めのペースだった。今回は芝1800メートルなので、道中はゆったりと流れる可能性が高い。それだけに、前半でいかにリズムよく走れるかが鍵になる。

アルティマリガーレ
牝3歳
調教師:佐々木晶三(栗東)
父:ハービンジャー
母:アルティマトゥーレ
母の父:フジキセキ
ここに注目!
父がハービンジャーで、母が5歳秋に重賞初制覇を果たしたアルティマトゥーレ。血統的には晩成のイメージだけに、本馬もまだ伸びしろがありそうだ。今回は初の芝1800メートル、そして初の重賞チャレンジだが、春の実績馬とは未対戦で、未知の魅力があるとも言える。

モアナアネラ
牝3歳
調教師:石坂正(栗東)
父:キングカメハメハ
母:ジェンティルドンナ
母の父:ディープインパクト
ここに注目!
470キログラム前後の馬体重で、牡馬勝りのスケール感があった母ジェンティルドンナに比べれば、本馬は明らかに小柄ですっきりと見せる。420キログラム前後の馬体重が増えてくれば、さらに上の舞台でも戦えるだろう。


selvas2 at 00:30コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索