2007年11月11日

第32回 エリザベス女王杯。

c621eef3.jpg心身を鍛えた美女が魅せる。その強さを歴史に刻む一瞬。

朝いちばんにウインズ錦糸町に貼られた「ウォッカ出走取り消し」。
来場していた人たちはパニック・・場内は騒然としていました。
どうせウォッカ本命じゃないのにな・・という穴党、
なんだよそれ!それじゃ意味ねぇだろうがョーと声を荒げるねずみ色の競馬オヤジ、
んー・・ダービーも勝ってるし、繁殖入りかな・・という血統派、
急きょ予想、買い目を修正する冷静な理論派・・
競馬の聖地、ウインズ錦糸町にはじつにいろいろな勝負師たちの姿があります。
いちばんたいへんなのは、ウォッカ取り消しをアナウンスし続ける場内整理の方々かもしれません。お疲れ様です。

前売りの段階から断然の一番人気だっただけに、ちょっと残念です。
走破時計も一番で、ダービーの時計を出せれば圧勝もあっただけに・・・

同じ3歳牝馬のダイワスカーレットは7戦5勝、2着2回です。ウォッカにも勝っていますし、もちろんここも好走する可能性は高いですが、走破時計自体は他の有力馬、歴戦の女傑と差がありません。女帝スイープトウショウ、前走府中牝馬Sが強かったデアリングハートなど、早くも波乱の予感です。こっそりアサヒライジングも買って・・と。
発走15時40分。さてさて・・・



selvas2 at 09:51コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索