月末は名古屋・京都で劇団四季の観劇です

まどか:れなです。職場の事情も障壁で、月組『エリザベート』の大劇場公演はチケットの確保を断念したため、7月〜9月の観劇遠征は諦めるつもりでいたのですが、仕事の隙間を突けば劇団四季の公演を観に行けると気付いたので、名古屋『ノートルダムの鐘』に『恋におちたシェイクスピア』京都公演を組み合わせる形で、以前の詰め込み方に比べたら相当緩い日程ながら、短期間の遠出を決めました。10月に入ればトム・サザーランドさん演出の『タイタニック』が東京に来ますし、最近は忘れがちだった劇場通いの感覚を、取り戻す半月になりそうです。

昨年の今頃までは、先に観劇チケットを押さえておいて、多少無理を伴っても勤務予定の方を合わせていたのですが、それも相当難しくなってしまって、各地を飛び回る自由な観劇日程は組めなくなりました。でも余計な何かさえ起きなければ、この先1か月くらいは時間に余裕が増えそうですし、ちょうど観たい舞台公演が集中する時期でもあるので、一部には関西を目指す小旅行など含めつつ、劇場の特別な空間を楽しむ秋にしたいと思います。

松坂桃李さん主演で映画版『居眠り磐音』を

まどか:れなです。その昔は侍戦隊のシンケンレッドだった松坂桃李さんが、2019年5月に公開予定の『居眠り磐音』で、時代劇映画に初主演と発表されました。その他の出演者は、記事作成時点で明らかになっていません。
居眠り映画1居眠り映画2
映画 『居眠り磐音』 2019年5月17日(金) 公開予定 原作:佐伯泰英 
 脚本:藤本有紀 監督:本木克英 出演:松坂桃李(坂崎磐音役) ※他の出演者は現時点で未発表です


2018年・春に撮影済みだそうですから、何か不祥事でも起きない限り、情報解禁待ちという態勢ですね。NHK放送のTVドラマでは、山本耕史さんが本当に長く演じ続けた役で、印象に残る人が多いのでしょう。ドラマ放送がスタートした頃の山本耕史さん、映画公開時の松坂桃李さんの比較では、ほぼ同じ年代での磐音役だと思います。

注目・ロンドン『イヴの総て』で日程など続報

まどか:れなです。2人の主要キャスト共演(マーゴ役・イヴ役)とヴァン・ホーヴェさん演出で注目の舞台『イヴの総て』ロンドン公演で、最新情報を紹介します。世界の主要劇場に拡大するくらいの決定版が誕生するでしょうか?
イヴの総てロンドン
舞台 『イヴの総て』 All About Eve 〜1950年公開(日本は翌年)の同名映画より〜 《ロンドン公演》
 作:ジョゼフ・L・マンキウィッツ(映画版の脚本・監督) 脚色・演出:イヴォ・ヴァン・ホーヴェ 
 音楽:PJ・ハーヴィ 製作:ソニア・フリードマン、フォックス・ステージ・プロダクションズ
 出演:ジリアン・アンダーソン(マーゴ役)、リリー・ジェームズ(イヴ役)、モニカ・ドーラン、シーラ・リード ほか
 ノエル・カワード劇場 2019年2月2日 上演開始、12日 開幕〜5月11日 9月28日 チケット一般発売

ジリアンとリリー
とても有名なお話で、舞台版も『アプローズ』があるものの、まだ非ミュージカルの決定版は存在しません。ジリアンさんとリリーさんの共演にヴァン・ホーヴェさん演出で、舞台版としても古典の領域まで進めるでしょうか。音楽をPJ・ハーヴィさん(日本では通常ハーヴェイと誤表記)が手掛けるのも、贅沢で注目を集めるのは当然ですね。

NYオフ『乙女の母』:再び公演を3週間延長

まどか:れなです。グレン・クローズさんがジャンヌ・ダルクの母親役を演じるNYオフブロードウェイ公演で、上演期間を3週間再延長(当初の予定に比べて5週間)と発表されました。NY『乙女の母』は、間もなく上演開始です。
MOTMOBs
パブリック・シアター公演 『マザー・オヴ・ザ・メイド』 Mother of the Maid(乙女の母) 《NY初演》
 作:ジェイン・アンダーソン 演出:マシュー・ペン 美術:ジョン・リー・ベイティ 衣装:ジェイン・グリーンウッド
 出演:グレン・クローズ、ダーモット・クロウリー、ダニエル・ピアース、グレイス・ヴァン・パタン(ジャンヌ役)
 アンスパチャー劇場 2018年9月25日 上演開始、10月17日 開幕〜12月23日 ※チケットは販売中


この公演は当初発表から2週間の延長で12月2日までとなり、今度は3週間追加で23日まで伸びました。パブリック・シアターは並行して、ボブ・ディラン楽曲『北国の少女』を上演で、こちらも延長を重ねています。日本で私しか取り上げていない話題ですが、上演が開始して好評なら、多少は状況も変化するのでしょうね。続報に注目です。

『キャッシュ・オン・デリバリー』を小劇場公演

まどか:れなです。マイケル・クーニー作の喜劇『キャッシュ・オン・デリバリー』(言葉の意味は着払い)が、2018年10月下旬から大阪と東京で、小劇場の舞台に登場します。熱心なファンにも、チケット確保は大変そうですね。
CODsnowman
舞台 『キャッシュ・オン・デリバリー Cash on Delivery』 SHY BOYプロデュース 第1回公演
 脚本:マイケル・クーニー 翻訳:小田島恒志 演出:野坂実 美術:吉野章弘 衣装:岩田洋一
 出演:深澤辰哉、佐久間大介、
    清水順二、菜那くらら、武藤晃子、狩野和馬、佐藤圭右、殖田育夢、飯塚志織 、原扶貴子
【大阪公演】 松下IMPホール 2018年10月24日(水)〜28日(日) 全9回 ※初日のみ夜公演1回
【東京公演】 シアタートラム 2018年11月2日(金)〜5日(月) 全7回 ※初日のみ夜公演1回
 《2会場共通》 料金:全席指定 7,900円(一律) ⇒ 当日100円増し 9月29日(土) チケット一般発売


ジャニーズのお2人がダブル主演で話題の公演ですが、長年花組娘役だった菜那くららさんも退団〜始動です。なお記事作成時点で役柄まで公式には掲載されていないので、明らかになれば追記する形で情報を載せます。全然違う題名を含めて、日本でも上演されている作品なので、初演作のような消化不良の不安は少なそうですね。
宝塚大劇場で上演中
月大劇場エリザ
宝塚大劇場で10月開幕
宙組大劇場
宝塚大劇場で11月開幕
雪ファントム
東京宝塚劇場で上演中
花組東京
台湾公演は10月に開幕
星組台湾
  • ライブドアブログ