映画『マンマ・ミーア!』:3作目も誕生しそう

まどか:れなです。製作者ジュディ・クレイマーさんが発信の情報で、ミュージカル映画『マンマ・ミーア!』には3作目の誕生も有力なようですね。まだ使用したいアバの楽曲を選んで調整中の段階で、劇中の曲に合わせた筋書きは決まっていませんが、ミュージカルの中では映画史上屈指の大ヒットとなった第1弾に続いて、余り話題が盛り上がったように扱われなかった前作でさえ、実際には十分高額の興収を残しました。数字が伴えば止まらないのが映画の世界で、お馴染みの顔ぶれ+一部新キャストで、第3作なのでしょう。

いきなり脇道に逸れますが、メリル・ストリープ、ジュリー・ウォルターズ、コリン・ファースの皆さんは、揃って映画版『マンマ・ミーア!』の主要キャストですが、他の近作映画でも名前が並んでいたのをご存知でしょうか。互いに絡む場面は無い関係性でしたが、『メリー・ポピンズ リターンズ』に3人とも出演していますね。

話は戻って有名作品を多数手掛ける製作者ではないためか、ジュディ・クレイマーさんの名前は日本で広く知られているとは言えませんが、『マンマ・ミーア!』を生み出し映画化で収めた大成功の原動力として、その存在は軽視など絶対に厳禁ですね。まだ学校を出たばかりの若いクレイマーさんが、製作の責任者を務めた作品が『CHESS』で、題名の知名度は除いて残念ながら商業的な成功に結び付きませんでしたが、同作で築いたビョルン&ベニーのお二人との関係は、後に舞台『マンマ・ミーア!』で大きな実を結びます。

映画・舞台とも一般的なメディアに製作者の名前が登場する機会は稀で、こんな記事を書いている私も重く扱っているとは言い難いのですが、作品を送り出す過程で本当の主役は演者や書き手、演出家ではありません。歴代の成功作が得た栄誉を手にしているのは製作者の皆さんで、私たち観客が忘れないように心掛けたいですね。舞台〜映画『マンマ・ミーア!』とクレイマーさんの道程が、今後も実り多くありますように。

『インディアナ・ジョーンズ5』の新たな情報を

まどか:れなです。大人気の映画シリーズ『インディアナ・ジョーンズ』5作目に関して、現在の段階で明らかにされた情報を書き残しておきます。女性の筆頭キャストは、フィービー・ウォーラー=ブリッジさんですね。

映画 インディアナ・ジョーンズ 第5作 監督:ジェイムズ・マンゴールド
 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:ハリソン・フォード、フィービー・ウォーラー=ブリッジ
☆米国では2022年7月29日に公開される予定。日本での日程は発表されていません


《↓ この記事に貼り付けた画像は、シリーズ過去4作品のサントラ盤です ↓》
インディアナ4作

ルーカス&スピルバーグ体制を離れて、さらにディズニー傘下に移ってから初の新作です。音楽にジョン・ウィリアムズさんの続投は安心の話題なのに対して、フィービーさんの出演は驚きの発表でした。演技専門ではなく劇作家として素晴らしい才能を発揮していて、インディアナ・ジョーンズの主要な女性キャストには、正直なところ想像出来ませんでした。或いはシリーズの将来像に、重要な意味を持つ起用なのでしょうか?

ホリプロが『ジャック・ザ・リッパー』の日本版

まどか:れなです。チェコ生まれで韓国で人気作品に育てられたミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』が、白井晃さん演出でホリプロの日本版として初演を迎えます。何年も前に、韓国キャストによる来日公演が大規模に開催された作品ですが、今回発表の日本版キャストは、華やかさと重みを十分に感じる陣容ですね。
リッパー速報
ミュージカル 『ジャック・ザ・リッパー』(日本版初演) 企画制作:ホリプロ
 演出:白井晃 翻訳:石川樹里 訳詞:高橋亜子 音楽監督:島健
 出演:ダニエル(外科医)役〜木村達成/小野賢章(=ダブルキャスト)、
   アンダーソン(刑事)役〜加藤和樹/松下優也(=ダブルキャスト)、
   切り裂きジャック役〜加藤和樹/堂珍嘉邦(=ダブルキャスト)、
   グロリア(娼婦)役〜May'n、ポリー(娼婦)役〜エリアンナ、
   モンロー(新聞記者)役〜田代万里生、
   朝隈濯朗、天野勝仁、伊佐旺起、石井雅登、齋藤桐人、常川藍里、水野栄治、
   りんたろう、碓井菜央、岡本華奈、熊澤沙穂、香月彩里、菅谷真理恵、
   ダンドイ舞莉花、永石千尋、橋本由希子
【東京公演】 日生劇場 2021年9月 ※詳しい日程やチケット情報は未発表
【大阪公演】 フェニーチェ堺・大ホール 2021年10月上旬 ※詳細は未発表


単純にダブルキャストと表記しましたが、どちらかの役で加藤さんは毎回出演で、演じない方の人物で松下さんか堂珍さんが登場する配役だそうです。加藤さんの名前を見ると『フランケンシュタイン』を思い出しますし、松下さんなら同時代が設定の『黒執事』が浮かんで来て、演出の白井晃さんと共に作品と合う予感がして楽しみです。そして従来と別の位置に入る田代万里生さんも、どんな姿を見せてくれるか注目ですね。

『夜は短し歩けよ乙女』に新しい舞台版誕生

まどか:れなです。以前にも舞台化されている原作ですが、アニメ映画版に参加した上田誠さんが脚本を手掛けて、新しい舞台『夜は短し歩けよ乙女』が誕生します。男性の筆頭キャスト=中村壱太郎さんですね。
舞台夜は短し
舞台 『夜は短し歩けよ乙女』 原作:森見登美彦 脚本・演出:上田誠
 美術:長田佳代子 音楽:伊藤忠之 振付:EBATO 企画・制作:フジテレビ
 出演:中村壱太郎(先輩役)、久保史緒里(黒髪の乙女役)、
   玉置玲央、白石隼也、藤谷理子、早織、石田剛太、酒井善史、角田貴志、
   土佐和成、池浦さだ夢、金丸慎太郎、日下七海、納谷真大、鈴木砂羽、
   尾上寛之、藤松祥子、中村光、山口森広、町田マリー、竹中直人
【東京公演】 新国立劇場・中劇場 2021年6月6日(日)〜22日(火) 全19回
【大阪公演】 CJP大阪 WWホール 2021年6月26日(土)・27日(日) 全4回
 《共通》 料金:全席指定 9,800円 2021年5月9日(日) チケット一般発売


これが古典的な演劇公演での女方出演だったら、驚きがあっても意外性は感じなかったでしょうが、今回のようなお芝居に中村壱太郎さんを引っ張り出すとは思いませんでした。各情報が揃っているので、この公演を私のブログで取り上げるのは1度限りだとしても、どんな出来栄えになるか気になる新・舞台版ですね。

2022年ビートルズ楽曲で新作ミュージカル

まどか:れなです。ビートルズ楽曲を使用の新作ミュージカル『シー・ラヴズ・ユー』が、2022年の世界初演予定です。デンマーク・チボリ公園でお披露目後は、スウェーデン、ノルウェー、アイスランドでの上演が明らかになっていますが、北欧だけツアーするための企画ではなく、他の地域でも上演が企画中だそうです。物語はビートルズと無関係で、既存作だと『マンマ・ミーア!』(アバの楽曲)と同じタイプの成り立ちですね。
シーラヴズユー
新作ミュージカル She Loves You (シー・ラヴズ・ユー) 《世界初演》
 音楽:ビートルズの楽曲 脚本・演出:トム・サザーランド 脚本:ショーン・マッケナ
 振付:ニック・ウィンストン 美術・衣装:モーガン・ラージ 編曲:スティーヴ・シドウェル
☆デンマーク(チボリ公園〜オーフス)の後、スウェーデン、ノルウェー、アイスランドで上演


世界初演は台詞がデンマーク語で、楽曲は英語で歌われる予定です。脚本は日本でお馴染みのサザーランドさんと、英国の劇作家マッケナさんの共作で、英語で書かれた台詞を翻訳しての上演となりますね。つまり本来書いてある通りの姿なら、台詞/歌唱は全て英語の新作ミュージカル『シー・ラヴズ・ユー』です。

創作面に携わっているのは英語圏の舞台関係者ですが、北欧の製作者が発信する企画なので、これが世界中に広まったら痛快です。欧米の脚本家や演出家、或いは作曲家による新作ミュージカルは、韓国や日本でも製作されていますが、まだ本当に拡大を成し遂げた例は無いですから、例えばアバが音楽活動で収めた成果が残せたら、世界中のプロデューサーが刺激を受けるでしょうね。そんな話題を紹介したいです。
宝塚大劇場で上演中
花組大劇場
宝塚大劇場で5月開幕
月大劇場
東京宝塚劇場で上演間近
星組東京
豊島区の劇場で上演中
宙組ホテル東
  • ライブドアブログ