まどか:れなです。まだ速報段階で、会場名と日付くらいしか発表されていませんが、パルコ・プロデュース公演として、ジャン・アヌイ作『アンチゴーネ』の上演が明らかになりました。題名役を演じるのは蒼井優さんです。

舞台 『アンチゴーヌ』 作:ジャン・アヌイ 翻訳:岩切正一郎 演出:栗山民也 企画・製作:パルコ
 出演:蒼井優(アンチゴーヌ役)、生瀬勝久(クレオン役)、
    梅沢昌代、伊勢佳世、佐藤誓、渋谷謙人、富岡晃一郎、高橋紀恵、塚瀬香名子
【東京】 新国立劇場・小劇場≪特設ステージ≫ 2018年1月9日(火)〜27日(土) 11月11日(土) 発売
【長野】 まつもと市民芸術館≪特設会場≫ 2018年2月3日(土)・4日(日)
【京都】 ロームシアター京都・サウスホール≪舞台上特設ステージ≫ 2018年2月9日(金)〜12日(月)
【愛知】 とよはし芸術劇場≪舞台上特設ステージ≫ 2018年2月16日(金)〜18日(日)
【福岡】 北九州芸術劇場・大ホール≪舞台上特設ステージ≫ 2018年2月24日(土)〜26日(月)
 ※東京公演以外の発売日と、各会場の詳しい日程やチケット関連情報は確認していません。


決して娯楽性が高いとは言えない作品を含めて、蒼井優さんは舞台出演に取り組んでいますね。これも明るいお話ではないので、応援しているファンの人が通うには大変かも知れませんが、幅広い演劇の世界に触れる好機なのは確かで、他の作品に興味を持ってもらえたら嬉しいです。それにしても、以前だと劇団四季のレパートリーという認識だった演目が、最近では様々な形で登場するようになって、お芝居の在り方に変化を感じます。