IMG_2439

今回は、無印のアルミ丸軸万年筆でボトルインクを使う方法を書いてみようと思います。

無印から交換用のカートリッジインクが販売されていますが黒しか無いですし、一応ヨーロッパ規格のカートリッジが適合するため、モンブランやエルバンなどのカートリッジが使えますが、やはり、カートリッジよりもボトルインクのほうが種類が多く、コスパも良いため、ボトルインクを使いたくなるでしょう。

そんなわけで、アルミ丸軸万年筆を購入された万年筆初心者の方向けに、今回はボトルインクを使う方法を紹介していきます。

 IMG_3182

用意するものはこちら。

アルミ丸軸万年筆と、使いたいボトルインクと、ペリカンのコンバーター。

コンバーターはペリカンでなくとも、ヨーロッパ規格のものであれば使えますが、今回は安価なペリカンのものを使います。

IMG_3183

コンバーターを用意したら、胴軸を外し、カートリッジと同じ要領で装着します。

IMG_3184

そしたら、あとはコンバーターのノブを回してボトルからインクを吸い上げるだけ。

IMG_3185

こんな感じでちゃんと書くことができます。今回はペリカンのロイヤルブルーを吸引してみました。

4、5年前に買って以来ずっとコンバーターで使っていますが、今のところインク漏れなどのトラブルは起きていません。

インクも様々なメーカーのものを使っていますが問題はないです。

ですが、これはメーカーが推奨している使い方ではないため、この方法で使用される場合は自己責任になります。

それでもボトルインクを使いたい方は必ず自己責任で、この方法を試してみてください。