ゆきたんぶろぐ

編み物の事だけ書いたブログを別にしました。 編み物だけ見たい方はこちらにどうぞ。 http://blog.livedoor.jp/senachester7-amiami/

STAY HOME

長い間ブログをさぼってしまいました。

GW突入ですが我が家はみんな変わらずの生活で元気です。
世の中がコロナで生活が変わってきました。

私は今何かと話題のお仕事についています。
SNS発信はご法度とお達しが来ているので想像していただくしかありませんが、多分正解です
人が好きなので接客業をしているのですが、最近は本当に疲弊気味。
皆様お休みで他店も休業中が多いので来客が多く仕事量の多さもありますが、
それよりも一番疲れるのはお客様の態度です。
みんな苛立っているのが良く分かります。
本当に信じられないような暴言をはかれ、精神的にきついと感じます。

マスク不足から始まってトイレットペーパーや消毒のアルコール、除菌シート・・
次々と店内の商品がなくなっていきました。
朝、出勤すると開店前の店先には長蛇の列。
本当に店を開けるのが恐怖でした。
そこに点数制限を守ってくれない人や割り込みをする人等がいて、
日本人は民度が高いと言われているはずなのにこれは何なのか?
欠品に対する容赦ないお客様の叱責。
発注しても入ってこないんだから仕方がありません。
そのたびに私達は何度も謝ります。
申し訳ございませんと、一日に何度も謝らされ頭を下げます。
いつ入ってくるのか?予約させろとか、無理難題を吹っかけてくる。
いくら食い下がられてもムリなものはムリ。

最近は行くところがなくて皆様暇を持て余しているようでお店がレジャーランド化しています。
どうか、家族全員でお買い物に来るのはやめて下さい。
店内が混んで三密になります。
レジで家族4人ズラリと並んで囲まれる私達は恐怖です。
お母さんはお買い物に夢中、飽きた子供とお父さんは店内でかくれんぼ、
いい加減にしてほしいです。

何故買い物に子供を連れてくるのか、理解出来ません。
行くところなくてヒマで・・・?
何のために学校がお休みなのか、考えて頂きたいです。
出歩けばそれだけ感染リスクが高まるわけで、そのためにお休みなのですから。

お客様は神様だなんて私は少しも思わないです。
確かに数ある店舗から選んでご来店くださりお買い物してくれるお客様はありがたい存在です。
でもお店側とお客様は対等だと思うのです。
お客様は買ってあげる、こちらも売ってあげる。
お客様は売ってもらう、こちらもお買い上げいただく。
お客様だから何を言っても良いとは思いません。
先日、同僚のパート仲間がレジでお客様から顔に除菌スプレーをかけられました。
恐怖です。
目にでも入ったら大変なことじゃないですか?
こんなめに合わされても私達は抵抗出来ません。
お客様と言い争ってはいけません。とされているのです。
こんなお客様はもう次からご来店お断りとしたいところですが、お店は弱い立場です。
お客様はお店を選べるけれど私達はどんなお客様でも拒否出来ないのです。
それを問題視しない会社にも憤りを感じますが、それが今の社会なのでしょう。

言いたいことはたくさんあるけど、とりあえず今は
「STAY HOME!」 です。

あれがない、これがない、の少し不自由な生活ですが何とか暮らしていけるものです。
私達家族は全員がテレワーク出来ない仕事です。
という事はみんな感染のリスクを抱え仕事をしているということです。
それでも休業に追い込まれた人や仕事を失った人のことを考えると、
働く場があるという事はありがたいことだと思うのです。
テレワーク出来る人は恵まれた環境なのです。
どうか、その恵まれた環境を有意義に使って頂きたいです。

お互いに相手の立場になって思い遣りを持って暮らしていきましょう。

IMG_1100

お口直しに平和な猫さんをどうぞ。

早く緊急事態宣言が解除されてランチに行きたいです。
飲み会したいです。
いつもの生活に戻りたい!


2018 アメリカ旅行記 NY最古のワイナリー

アメリカのワインと言ったらすぐにカリフォルニアを思い浮かべますがNYにもあるんですって。

IMG_4996

ブラザーフッドワイナリー

現存するNY最古のワイナリーで1839年に出来たそうです。
NY州 ハドソンバレー地区ワシントンビルというところらしいです。
娘からは「NY最古のワイナリーに連れて行ってあげる」と言われただけなのですが、
NYも広いんだなーと思いましたよ、NYの北の方にあるって・・
マンハッタンは思っていたよりずっと小さくて、NY州は大きい。
外から想像していたのと違ってびっくらぽん(死語?
マンハッタンの高層ビルとワイナリーの葡萄畑がどうにも結びつきませんが・・

NJの娘のアパートから2時間弱くらいかなー・・
2時間て・・いや、アメリカ人的にはすぐ近くですよ、
何たって6時間ぐらいなら近いって感覚なんですからね。
ほんと、常にアメリカは大きな国だと実感します。

IMG_4997

確かに葡萄畑はありましたが、
ワイン収穫用の葡萄は少し離れたところにあるらしいです。

IMG_4998

ここが入り口みたいですよ。

BlogPaint

すぐ横にランドマーク的なワイン樽
この日は9月9日、日本だったらまだまだ残暑が厳しい日ですけど、
NYの北の方だからか、確か気温は一桁だったと思います。
とても寒かった記憶が・・
お土産のショップは暖房が入っていたしね。

IMG_5004

イベント広場みたいなのもあって、結婚式も出来るみたいです。

IMG_5005

何しろ寒くて室内へ急ぐ

娘はアメリカに行ってとてもワインが好きになりました。
私達と暮らしていたのは18歳までで、高校卒業と同時にアメリカの大学に行ってしまったので、
彼女のお酒に関しての履歴は分かりませんが、私の体質を受け継いだらしく、
お酒は強いです。
夫は下戸です、体質的に飲めません。
娘はクソがつくくらい真面目なので日本にいるときに未成年でお酒を飲むことはありませんでした。
いつの間にそんなにお酒を飲むようになったんやー・・って感じです。(なぜか関西弁
アメリカは飲酒年齢には厳しくて21歳から(州によるらしいですが)OKが多い様で、
20歳になったらOKの日本より遅いんですね。
お酒を買うときにはしつこいくらい年齢を確認されます。

IMG_5009


IMG_5008


IMG_5007

地下に熟成途中のワイン樽が眠っていて見学出来るみたいでしたがそこはパスしました。

IMG_5010

ここでワインのお勉強をするようです。

娘にせっかくだからテイスティングをしようと誘われ、
こりゃラッキー~と快諾したら、なんとお勉強会でしたよ

IMG_5024

先生が何種類ものワインの説明をしてくれて、その中から飲んでみたいワインを選びます。

IMG_5020

今日の説明してくれるワインのリストです。

IMG_5021

皆さんのお顔は真剣です。

IMG_5023

お勉強好きな娘は説明を聞いたり試飲したりしながらメモメモ。
(モチロン私は飲むだけ
これは好きとか嫌いとか勝手な事を言っておりました。

娘はアメリカのどこが主催なんだか私は分からないけれど、
ナントかのワインの会に入っているので、こういうティスティングやワインの購入が
優遇料金で買えるんですって。

IMG_5016

ワインがいっぱい~

IMG_5017

みんな熱心にお勉強です。

IMG_5018


IMG_5019


IMG_5026

試飲して美味しかったワインを購入します。(欲しければね)
娘も優待料金で買って私にお土産に持たせてくれました。
親孝行な娘やー!

IMG_5014

外を見学しました。

IMG_5015

ワイン以外のお土産屋さんもあります。

ワイナリーを堪能して帰る途中です。
娘がiPhoneで近くの観光場所を探してくれました。
Googleマップすごいですねぇ・・

廃線になった鉄道跡地があるらしくて綺麗らしいから行ってみよう、言います。

IMG_5038

ナルホドー・・
映画の爆破シーンに出てきそうな線路だねー

IMG_5044

こんな単線で貨物列車用だったのかしら?
高いところを走っていて怖いわ。

IMG_5047

まわりは見渡す限り緑色一色です。
ここがNY?

IMG_5048

自然の中を歩く兄弟も良いもんだ。

IMG_5043


IMG_5035

一応、駐車場があって観光スポットになっていました。

この後、ついでだからとアウトレットに行きました。
次はアウトレットです。





2018 アメリカ旅行記 リトルイタリー

今日はいつもに増して写真満載です。

前回はユニオンスクエアでした。

IMG_4373


IMG_4375


IMG_4371

ユニオンスクエアの周りはこんな感じで高いビルも多く、都回のオアシスという感じでした。

あ、忘れてならないのがこれ、

IMG_4376

フラットアイアンビル

この薄っぺらな三角形のビルも観光名所です。
ユニオンスクエアから地下鉄の駅一つ先にあります。
フラットアイアンビルディングは1902年に建設され、
現在ニューヨークにある高層ビルの中で古い歴史のある建物の一つであり、
22階立ての高さ88mの高層ビルは完成当時のニューヨークで最も高い建築物のひとつでした。
昔は22階で最も高かったのですね。


IMG_4392

こんなに薄っぺらいんですよ~

このフラットアイアンビルからすぐのところにある、

IMG_4379

イータリーカフェ

イタリア料理のフードホール「EATALY(イータリー)」は、
「EAT」と「ITALY」を組み合わせた造語なんだそうです。

中は、
IMG_4380

IMG_4381

IMG_4382

IMG_4383

IMG_4384

IMG_4385

IMG_4386

フードコートのようなレストランや食材屋さんがたくさん入っています。
食器やキッチン用具等もあり、全てお洒落な選りすぐりばかりです。
あちこちから美味しそうな香りが漂っていて、お腹が空いている時は危険
ここは前回も来ているのでさーっと見てまわりました。


さて、地下鉄に乗って・・
BlogPaint
娘が切符を買っているところ。
右側が入り口です。
この回転扉が重くて入りずらいです。
無賃乗車対策なのでしょうか?

IMG_4402
電車はご覧の通りで椅子が固い。
日本の様なふかふかなソファー並みのシートではありません。
でも落書きはなかったです。

IMG_4401
到着予定駅が表示されます。
NYはそんなに広くないし地下鉄でどこでも行かれて便利です。
日本の地下鉄よりずっと分かりやすいし運行本数も多くて、5分くらい待てば来ます。
更に、よほどのラッシュ時でもなければ空いているんです。
て、ラッシュ時に乗ったことないですけど。
つまり、普通の時間は空いている、ってことです。

IMG_4411
リトルイタリーに着きました!

IMG_4413

IMG_4415
ここでもやっぱり外のテーブル席が人気。
各店が店の前でお客さんを呼び込んでいますよ。

IMG_4425
楽器を持った人がテーブルまで演奏しに来てくれたりします。
私達は巡り合わなかったけど、そんな時はチップを渡すのかしら?

IMG_4424
何が決め手になったか忘れたけれど、私たちはこの店で食事をする事に決めました。
リストランテ イタリア―ノ! いかにもイタリア~ンな感じしません?
イタリア国旗とアメリカ国旗が風になびいています。

IMG_4420
お昼時とあって、店内も混雑していました。

BlogPaint
当然写真もないメニューで、娘にオーダーしてもらいます。
「何が食べたいの?」と聞かれてもねぇ・・
希望はただ一つ、普通のもの
私と息子はヘタレなので、いわゆるツーの人と呼ばれる人達が好むような、
内臓肉とか、グルメ志向の強いものは食べられません~
娘はチャレンジャーなので、結構平気、すごいです。
さすが、アメリカに住んでいるだけある

BlogPaint
リトルイタリーもアメリカにあるせいか、お水は無料で付いてきた。
飲めないお水を口にする息子、どした?キンチョーしてる?

IMG_4417
というわけで、グルメなお料理を期待していた方には申し訳ないのですが・・
まずはパンが来まして・・
これはお料理についてくるんですかね?
特にオーダーしていないと思います。

IMG_4421
何か忘れたけれど、トマト味のパスタ。

IMG_4423
こちらはクリーム味のパスタ。

IMG_4422
ピザ、これ何ピザだったんだろう???

一応、いろんなものを食べてみようということになって、オーダーしてもらったはず。
で、ミートボールが入っていたのですけど、トマト味のパスタだったのかしら?
このピザはアンチョビかしら?
もう一年半経ってしまい忘れちゃいました
お味は・・可もなく不可もなく・・だったような・・
こういう食べ物は日本でも食べているし、それが慣れた味で美味しいんですね。
特別スパイスが違うとかはなくて、普通のイタリアンて感じでした。


IMG_4426

IMG_4428
この通り、ゴッドファーザーのパレードを思い出します。

IMG_4427

IMG_4431
ここから地下に入れるようになっています。
もちろんお客様用ではありませんよ。
倉庫になっていたり、キッチンになっていたりするみたい。
夜になると、ここからベルトコンベアーでゴミが出てきたりするのを見ました。
こんなロープ1本で通行人は危険じゃないんですかね?落ちてしまいそう。

IMG_4433
ここのジェラートは前回娘が食べました。
いつも行列が出来ています。

IMG_4435

IMG_4439
素敵な景色でしょう?

IMG_4442
今回、娘はこのお兄さんのお店のジェラートにしました。

IMG_4443
私はあまりジァラートは好きじゃないのでパス。

IMG_4449
車は恰好良いけどさー、二重駐車ですよ。
世の中は自分の為にあるとでも思っているのですかね?
秩序を守って欲しいものです。

IMG_4441
突然現れるATM
せっかくおろしたお金、すぐにひったくられてしまいそうな・・・
物騒だし、違和感ありますよね。

IMG_4440
これは有名ですよね。
今回は前にベンチが置いてあり休憩出来るスペースになっていましたよ。
何で??

IMG_4451
アートがいっぱい。

IMG_4458
これもアート?

IMG_4457
こういう路地には引きずり込まれたくないなぁ。

IMG_4459
タトゥー屋さん。
アメリカ人、タトゥーしている人がとても多いです。
タトゥー屋さんはモールの一角にも入っていたりして身近なところにもあります。
若い白人の女の子も体にびっしり入れていたりして驚きますがファッションなんですかね?
どんなタイプの人が入れているのか、一貫性が感じられません。
フツーの女の子が入れていたりして・・

IMG_4497
このブランドはスペイン発ですが日本にもたくさん店舗がありますよね。
でもショーウィンドウが全然違いました。
こちらはとても大人っぽくてファッショナブルです。
日本人は可愛いのが好きなのかなー・・?

IMG_4498
こういうヘンな日本語のTシャツ多いです。

IMG_4500
フォーエバー21

IMG_4478
アメリカンイーグル

リトルイタリーはチャイナタウンと並んでいるのですが、
前回チャイナタウンは行ったので今回は行きませんでした。

前回のチャイナタウンとリトルイタリーの記事はコチラです。
ジョーズ・シャンハイを食べています。

名前を忘れちゃったんですけどNYの老舗のスーパーだというお店がありました。
スーパー好きの私なので早速探検。

IMG_4502
ふむふむ

IMG_4503
これ、下段はホールケーキです。
デザインがスタイリッシュではありませんか?

IMG_4504
見たこともないようなチーズがいっぱいです。
どんな味がするんでしょうね?

息子がいるのでそこそこにお暇。

IMG_4505
フレッシュジュースとスムージーのベンダー。
アメリカ人は肉食で野菜不足なせいか、
スムージーは人気でNYにはベンダーがたくさん出ています。
みんな飲みながら歩いています。

ポートオーソリティーに向かうためミッドタウンに戻りました。

IMG_4520
都会は夜が綺麗ですね。
特にこのタイムズスクエアの辺りはとても明るくて
ハドソンリバーを挟んだNJからもすぐに分かります。

IMG_4525
このNYPDはニューヨーク市警察です。
よく映画にも出てきますけど、普通のポリスの白黒のパトカーとの違いが私は分かりません。

IMG_4526
息子大好きなハードロックカフェ前

BlogPaint
写真を売っている人

BlogPaint
息子、長考

IMG_4527
すっかり暗くなってきたタイムズスクエアです。

2018 アメリカ旅行記 ユニオンスクエア

ユニオンスクエアガーデンはニューヨーク市マンハッタン区にある公園。


チェルシーから比較的近くです。
まず、まわりの建物が素敵なので見て下さい。

IMG_4321


IMG_4323

こういう建物、映画に出てきますよね。

IMG_4322

抹茶バー?

IMG_4324

このファイヤーエスケーイプ、避難通路ですかね、
これ、装飾が施されていてとても素敵です。
プリティ―ウーマンでリチャードギアが薔薇を一輪口にくわえてよじ登ったところですよね。
アメリカの住いはこの様になっているアパートが多いですけど、
これって、危なくないんでしょうか?
外から侵入してくださいと言っている様な気がします。
ふと窓を見たらいるはずのない人がいた、見たいな・・
なんせ物騒な国なのにちょっと怖い。

IMG_4333

こういう何気ない風景が好きです。

IMG_4334
何処もそんなに混んでいませんよね。

IMG_4337

IMG_4325
住宅街に来ると町はあまり綺麗じゃなかったりもします。

IMG_4330
特にニューヨークのゴミ事情はイマイチかなー・・

IMG_4327
年代物の車ですね。
これ、持主さんはこだわりなんだと思います。
ピカピカの新車よりもこういうの、私は結構好きです。

IMG_4328
盗まれないように掛けられているハンドルロック。

IMG_4326
犬を連れている人とかお買い物をしている人。
生活の匂いがします。

IMG_4369
ヨーロッパもそうだったけど、アメリカ人も外のテーブルが好きみたい。
外で食べた方が美味しいの?
車が通っているから空気が良いとも思えないんですけど。
外は満席でも中はガラガラだったりします。

IMG_4338

前回も来た古着やさん。
息子が好きなのでまた来ました。

IMG_4339

これって、お洒落なの?
スタイル抜群に引き締まった黒人女性だったら似合いそうだなぁ。
白くてぷよぷよっとしたお腹はダメよね

さて、ユニオンスクエアガーデンの周りにはお店がいっぱい出ています。

IMG_4345


IMG_4347

都会の中にある公園で、ちょうど日比谷公園みたいな感じかなー・・
色々と催し物をやっていたりします。

IMG_4348

この独特な雰囲気の人達はユダヤ人らしいです。
黒いスーツを着て帽子を被り髭を伸ばしていて黒ずくめです。
何していたのかなー?
テントの中にいるから何かしら催し物をしていたんだと思うけど。

IMG_4356

ユニオンスクエアは「ユニオン・スクエア・グリーン・マーケット」というのが開催されています。
地元NY産の野菜や果実、手作り食品等のお店が出ています。

IMG_4353

ひと口に人参と言っても種類がいっぱい。

IMG_4350


IMG_4354

手作りパンですね。

IMG_4351


IMG_4352

展示の仕方1つとってもセンスが感じられてお洒落な気がするのは
日本人的な劣等感なのか?

IMG_4355

ラベンダーの製品を売っているお店。

IMG_4357

お花も売っています。
アメリカはお花が安いです。
贅沢品ではなく生活の一部として飾りたいよね。

見たこともない食べ物を見るのは面白いです。
お店の人に調理法とか聞いて料理もしてみたいけど言葉が話せないからムリ。
本当に悲しい。

IMG_4359

休憩出来るスペースがあります。
日本だったらこういうスペースは何処も満席なのに
何でアメリカは空いているのかわかりません。

IMG_4375

ユニオンスクエアを後にして次はロウアーマンハッタンのリトルイタリーとチャイナタウンです。



おまけ

チェルシーで見掛けた老舗の食器屋さんの写真です。

IMG_4308

クジラの絵

IMG_4309

キリンの絵

IMG_4310

 何? プードル?

ちょっとこのセンスは分からないなー・・と思った一コマでした。
これらにお料理を盛り付けするのでしょうかね?
高級なお皿でお値段が高かったです。

2018 アメリカ旅行記 ワールドトレードセンターとウォール街

NJからNYに行くのにはいくつも方法がありますが、
今回は地下鉄で行きました。
目指すはウォール街。

IMG_4568

これに乗って知らない間にハドソンリバーを超えてNYへ。
地上に出た覚えがないのでもしかしたら地下鉄は川の下を通ったのかなー?

IMG_4572

ここはNY側、ワールドセンター駅。
前に着た時はまだ完成していませんでしたが今回は出来ていました。

IMG_4571

この曲線の骨組みが個性的ですね。

IMG_4573


IMG_4576

改札口はあちら。

IMG_4577

天井も個性的。

IMG_4578

これは催し会場になっているのか?

IMG_4579

場所によっては人がいますけど、日本と比べて何処も空いています。

IMG_4580

駅ビルに相当するのでしょう、ショップも少しありました。

IMG_4582

とても解放感があって白いせいか清潔感溢れる清々しい駅です。
まだ出来たばかりという事もあるかもですが。

IMG_4584

外に出ました。
目の前のビル、高いですねー

IMG_4585

これはワンワールドトレードセンターです。

IMG_4588

駅の前はこんな感じで少し賑やか。
漏れなく星条旗

IMG_4598

まだ全てが出来上がっているわけではなくて工事中のところもあります。
そこは塀が出来ていて、こんな風に絵が書いてあります。

IMG_4599


IMG_4600

重機や建設資材がむき出しになっているよりずっと良いですよね。
そういう遊び心ってどこから来るのでしょうね?
余裕?
センス?

IMG_4589

実は駅の入り口はココなんですよ、とても小さくないですか?

IMG_4590

なんだか国立競技場みたいだ・・

IMG_4593

硝子のビルに写るビル。

IMG_4597

ワンワールドトレードセンターはすぐそこです。

IMG_4601

駅の入り口正面。
ここはご存知のように同時多発テロが起きた貿易センタービル、ツインタワーがあった場所です。
アメリカはテロなんかに負けないぞ、というメッセージを込めて、
この駅はフェニックスをモチーフにしたデザインなんだそうです。
何度でも蘇る不死鳥ですね。
なるほど、それでこのデザインなのかー・・と納得。

IMG_4622

ここも駅ビル入り口だから、あの小さな入り口しかないわけではありません。

IMG_4607

少し歩くとメモリアル ミュージアムがあります。

IMG_4609

ここは前来た時もありましたしミュージアムも見学しました。
最初は深く考えずに見学していましたが見ているうちに心がずーんと沈んで行きました。
なかなか見ごたえのあるミュージアムで考えさせられます。
チャンスがあったら是非見て頂きたいとお薦めです。

IMG_4613


IMG_4617


IMG_4616

まわりのビルもすっかり出来上がり・・

IMG_4620

バスツアーの観光客にガイドさんが案内しています。

IMG_4623

アメリカですねー

IMG_4625

少し歩いてまた違う地下鉄の駅だと思います。

IMG_4626

駅が綺麗にデザインされてまいすよね。
建物って四角く無くても良いんだねー。

IMG_4627

お中が空いたという事でシェイクシャックです。
シェイクシャックは滞米中に何度も食べました、美味しいです。
最近は日本にも出来て、横浜と丸の内にあるみたいで、
私は横浜で2回ほど食べましたがアメリカと全く同じ味でした。

IMG_4631

アメリカは外食が高いのでシェイクシャックもファーストフードとは言えど、
マックのようなお値段では食べられません。
ハンバーガーが一つ1000円近くします。
でもチップをあげなくて良いので気が楽です。

IMG_4634

これは娘お薦めのマッシュルーム入りのハンバーガー。

IMG_4635

お高いだけあってボリュームたっぷりです。
油分も多いのでこれにポテトで十分お腹がいっぱい。
美味しいけどカロリーが心配です。
店名が「シェイクシャック」
お店側はシェイクもウリのようですが私はシェイクそのものが好きではないので
いつも注文しないのですが、娘は美味しいよと言っています。

ついでにトイレをお借りしようと思ったら・・

IMG_4641



IMG_4638

これです、鍵がかかっていて入れません。
戻って行って娘に言ったらお店の人に暗証番号を聞いてくれました。
変な人が入って何かされたら大変、という事?
テロがあった場所ですからね、用心しているのかなぁ?
というか、ジョアン(手芸屋さん)もそうだったし、段々アメリカ全体がそうなって行くのかも・・
日本じゃ考えられません、平和で良かったよ。
アメリカではトイレに入るのにも英語が話せないと困るんだー

IMG_4639

トイレウオッチャーとしては一応写真も
きちんと便座もありアメリカのトイレは綺麗です。
ヨーロッパの公衆トイレは便座がなかったもんねぇ。

BlogPaint
手洗いも清潔。

IMG_4642
さて、腹ごしらえも済んだところで駅を出て・・

IMG_4645
同時多発テロの際、みんなが駆け込んだトリニティ教会。
ニューヨーク最古の教会だそうで1697年創設ですって。
ニューヨーク証券取引所のすぐそばにあります。

IMG_4646
観光ツアーのバスも来ています。

IMG_4650
ここがニューヨーク証券取引所です。

IMG_4662
すっかり観光地化してる~

IMG_4661
まわりにベンダーやお土産屋さんもたくさん出ています。

IMG_4663
すぐ横にはフェデラホール。
アメリカ合衆国の初代大統領のジョージワシントンが就任宣言を行った場所。
ここは絶好の記念写真スポットで賑わっています。
今は植民地時代や連邦政府時代の記念館になっているそうです。

IMG_4668
これはウォール街にある「突進する雄牛」

IMG_4667
対する「恐れ知らずの少女」

突如として現れたこの二つの像。

突進する雄牛」像は、1987年の「ブラックマンデー」の株価大暴落に反応して、
「米国民の力強さ」を表すものとしてディ・モディカさんが製作。

となっていますが、著作権がどうのとか、撤去するだのしないだのと揉めたようです。
ディ・モディカさんは自分の像の前に少女像が建ったのが気に入らないようですね。
ちょー、ちょー、簡単に現在風に解説すると、
世界経済の中心地であるウォール街を強い男性が牛耳っている。
それに対して女性だって負けていないよ!と少女が対抗している。
これは男女賃金格差や性差別問題なんですね。
ウォール街のエライ人に女性が少ないのは差別ではないか?
といった問題の象徴としてあるような事が調べると書いてありました。

IMG_4669

IMG_4671
突進する雄牛はお土産にもなっています。

ニューヨーク証券取引所は前にも来ました。
でも今回は息子も一緒だったので見せたかったのです。
息子にアメリカの経済の中心地、ウォール街を見て欲しかったんです。
でもねー・・彼の反応はイマイチ
まぁね・・グローバルなんていう言葉には程遠い人種だもんね

前回に行った時の記事はコチラです。





2018 アメリカ旅行記 NYフェリー初体験しました

前回、自由の女神はバッテリーパークから見ただけでとても小さかったです。
その時の記事はコチラ

フェリーにも乗れなかったので今回は娘が乗せてくれるそうな。
と言っても、女神さまが君臨するリバティー島には上陸しませんよ。
あそこに行くにはお金がかかるし、女神に上りたいとも思ってはいませんし。

今回行ったのはスタテン島です。
ここは住宅がありマンハッタンに通勤や通学する人の為の足としてフェリーが無料なのです。
もちろん観光客も無料で乗れるのですよ~素晴らしい
このスタテン島に行くフェリーから自由の女神さまがよく見えるんです。

BlogPaint
ここがフェリーの発着所です。

IMG_4734

乗るフェリーはこれ、スタテンアイランドフェリー

IMG_4676

もうホントにアメリカ人、愛国心の塊。
どこに行っても星条旗。

IMG_4677

フェリー乗り場入り口ではワンちゃんがご活躍でした。
お仕事、ご苦労様だねー

IMG_4682

フェリー内部です。
簡単な売店やトイレも完備。

IMG_4683

出航です。

IMG_4684

船なんてディズニーランドのマークトゥエイン号以来だよー。

IMG_4688

ヘリが飛んでるところがニューヨーク湾ぽい。

IMG_4693

ワンワールドトレードセンターが離れて行きます~

IMG_4702

船って意外と早いのね。

IMG_4717

今回はかなり近くで自由の女神が見られましたよ!
あの前にいるフェリーは違うコースみたいです。

IMG_4749

でも私は十分満足!

スタテン島から上陸せずに同じフェリーでとんぼ返りしましたが、
観光客はそのコースの人がたくさんいました。



NYフェリーといえば、実はダンボに行くときもフェリーで行ったのでした。
スタテン島フェリーを下りて娘がどうせならダンボもフェリーで行ってみようか?と言いました。

IMG_4790

距離的にはほんの少しだけど色々体験してみたいし。

IMG_4794

ここからダンボに行くフェリーが出ているみたいです。

IMG_4791

$2.75

このチケット売り場のお嬢様がガムを口から出してべろーんと伸ばした後またお口へIN
そして何事もなかったように「いらっしゃいませ」も言わずチケットを販売していてびっくり
「何なの あの子は
「チケット販売が仕事で、一応チケットを販売してるんだから良いんじゃないの?」
「ガム噛みながら?」
「うん」
「仕事中なのに?」
「ママ、そんなことを一々気にしてたらアメリカには住めないよ」
「・・・信じられん・・」
「別にやるべきことをしていれば良いでしょ、って言うのがあの人達の考えだよ」
そうなのかぁ・・・
アメリカ人て寛容なのね、すごいわ~

実はこういうアメリカの生活が私的には楽しかったりします。
こういうのって観光バスに乗っている旅行では絶対にわからないですよね。
とっても面白い

BlogPaint

乗ったフェリーはこれです。
これはこれで面白かったです。

IMG_4798

ブルックリンブリッジです。

IMG_4807


IMG_4806


IMG_4814

こちら、ダンボ側。


2018 アメリカ旅行記 ダンボ地区

もう歳が明けて15日も経ってしまいました。

旅行記が進みません。
写真が多いのと記憶がどんどん薄れていっているからです。
もう旅行記なんて書かなくても良いじゃないのと思ったりしますが、
前回の旅行記を読み返すととても面白いのです。
ああ、そうそう、こんなこともあった!とか、
こんなところも行ったなぁ・・とか思いだすのです。
なので、自分の記録の為にも書き続けたいと思います。
新年あけて恒例の確定申告も始めないといけないし、編み物もしたいし、
お仕事もあるし・・あぁ、時間がいくらあっても足りないよー
ピッチを進めねば・・・


今回はブルックリンのダンボ地区に行ったお話です。

娘に「行きたいところある?」と聞かれていつも「ない」と答える私ですが、
今回は行きたい所が一つだけありました。
でもそれがどこなのか、わからなかったのです。
で、多分、写真を見せたのじゃなかったかなぁ?定かではありません。
でも娘はドンピシャで当てて連れて行ってくれました。
さすがです!

それがここ。

IMG_4902

ダンボでした。

ダンボは前にも来ているのですがここには来なかったのですね。

私と夫が何度も見ている映画があるのですが、
一つはゴッドファーザー、もう一つがワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
この二つ、何回見ても飽きなくて、毎回新たな発見がある奥の深い映画なんです。
その象徴と言える場面がこの場所。


いきなり画面が大きくなってスミマセン。
お借りした写真が大きくて・・

ニューヨークの貧民街ロウアー・イーストサイドを舞台にした、ユダヤ系ギャングたちの友情ドラマです。
ロバートデ二-ロ、カッコ良いです。
特に私はこの映画が大好きで是非この場所を見てみたいと思ったのですよ。

で、感激しました~!
ここかー!
映画とそっくりじゃん!(当たり前です)

でもすごく混んでいましたよ、私と同じ様にこのロケ地を見たい人がたくさん。


IMG_4874

すっかり観光スポットです。
この橋はマンハッタンブリッジ。

ここダンボは昔は治安が悪く危険な場所だったみたいなのですが今は違います。
ギャング映画のロケ地としてこの倉庫街はぴったりだったのでしょうね。
でも今はレンガ造りの倉庫などは若者に人気のお店に生まれ変わり情緒たっぷり。
ブティックやカフェ、アートギャラリーやスタジオになっています。
なんせ、マンハッタンブリッジのたもとなので陸路あり水路あり、地下鉄あり、
非常に好立地でマンハッタンから近い。
更にマンハッタンに比べて物価が安い。
イーストリバー沿いの公園なども整備され現在はすっかりブルックリンの新名所だそう。
なるほど・・そうなのかぁ・・・

BlogPaint

写真を撮るのも順番待ちです。

ココもウエディングドレスの人達たくさんがいましたよ。
結婚の写真撮影場所として定番?


IMG_4838

安心して歩けます。

IMG_4925

すぐそばのブルックリン ブリッジパークです。

IMG_4948

IMG_4947

IMG_4944

IMG_4936

これがブルックリンブリッジ。
これは夜景が綺麗そうですね。

IMG_4959

これはメリーゴーランド
JANE’S CAROUSEL
このメリーゴーランド、たったの$2で乗れるんですって。
乗ってみる景色がすごく素敵って・・乗れば良かったな、ちょっと後悔。

IMG_4814

左にワンワールドトレードセンター、右にブルックリンブリッジ。

IMG_4807

てっぺんはお決まりの星条旗、
この橋は歩いても渡れます。

IMG_4972

自然豊かな公園です。

全然話が変わってスミマセン

IMG_4768

これ、どうですか?

IMG_4769

いったいどうやって駐車したのでしょうねぇ??
そして、どうやって出るのでしょう??
フシギだー

IMG_4674

よく映画に出てくるアメリカの公衆電話です。
ところ変われば、ですけど、ずいぶん日本のと違いますね。
いろいろと突っ込みどころあって面白いです。








2018 アメリカ旅行記 ベトナム料理を食べた

今回はずいぶん外食もしましたがあまりアップ出来ていません。
せっかく食べたので記録しておかないとね。



まず、ベトナム料理のお店です。
私たち家族はとてもグルメとは言い難く、
一応美味しいものは食べたいけれど、あくまでも一般庶民。
分相応の食べ物で十分満足です。
なのであまりご期待に応えられませんが・・

IMG_3699

娘はよく行く店のようで、アパートの近くみたいです。

IMG_3701(1)

ベトナム人が経営しているお店です。
奥で調理をしているのは年配の人だったので家族でやっているのかな?

IMG_3702(1)

メニュー
テーブルにも一応メニューはありますがテイクアウトも出来ます。

IMG_3703(1)

これ、肉まんかしら?

IMG_3704(1)

お客さんはベトナム人らしき人も多いですが、白人も来ています。

せっかく来たんだから色々なものを食べてみたいと言う私と息子。
私たちが食べられそうな物をちょっとずつ娘が注文してくれました。

IMG_3706(1)

ご存知、生春巻き~
安定の味。
左のはベトナムサンドウィッチです。
ビーフを甘辛に味付けしたものが生野菜と一緒にはさんで(巻いて?)あります。

ベトナム料理といえば知人からお土産に頂いた甘~いコーヒーとフォーくらいしか知らない私。
サンドウィッチなんか食べるのか、ベトナム人は!と驚いたよ
生春巻きは自分でも家で作るけどベトナム料理だったのかぁ・・と知らなかった

IMG_3708(1)

そして、フォー。
これが100度あるんじゃないかと思うほどアツアツで・・
(熱いから気を付けてと言いながら持ってきてくれたけど)
この左の生のもやしとグリーンのピーマンみたいなの、唐辛子?とパクチー、ライム。

IMG_3709(1)

これを丼ぶりに投入!

IMG_3710(1)

パクチーはみんなが嫌いなので退けました。

IMG_3711(1)

汁がアツアツなのですぐに煮えてしまいます。
ライムをたっぷりと娘が絞ったのでちょっと酸っぱい。
まぁ、さっぱりしているといえばそうなんだけど、私は唐揚げにレモン絞らない派です。

臭みもなくさっぱりとしていて、これが本場ベトナム人が作ったフォーかぁ~と思いながら食べました。
考えたらアメリカで食べてるんで本場じゃないんだけど、ベトナム人が作ったってことで。
でも思っていたよりずっとさっぱりしていて、フォーそのものはお米だから、
麺がポソポソしている。
しこしこしている日本の生ラーメンに慣れている私はちょっと食べ辛かったかな。

でも娘はけっこうこのベトナム料理店はお気に入りみたいでした。
会社のそばにあるのでランチとかでも利用していたのかも知れません。
因みにランチメニューはありません。

IMG_3712(1)

で、最後はお決まりのタピオカ入りのドリンク。
これもベトナム料理なんですかね?
香港とか韓国とかの料理だと思っていたんですけど・・

2018 アメリカ旅行記 プリンストンの街並み

暮れも押し迫り世の中は大掃除の真っ最中だというのに、
のん気にブログ書いてる場合かとも思いますが書いてます
だってなかなか進まなくてまだ東海岸、西海岸もありますから。

今回はプリンストンです。
綺麗な街でした。

IMG_3655(1)

娘のアパートを出てハイウエイに乗ります。
片側3車線+路肩、更に1車線が日本の道路より全然広いんです。

IMG_3660(1)

アメリカの道路標識は日本より分かりやすくて単純明解。
こっち行くと南とか北とかです。

IMG_3662

のどかな風景が続きます。

IMG_3664(1)

ハイ。ここからプリンストンですね。

IMG_3667

どこかに車を停めないとです。
パーキングメーターがあるみたいです。

IMG_3676

こんな街並み。

IMG_3677


IMG_3679(1)


IMG_3688(1)

人が少ないよね~

IMG_3689(1)

この大きな樹の木陰、ステキ
こんなところに寝転んで読書なんて気持ち良さそうです。

IMG_3690(1)

街並みが綺麗でしょー?

IMG_3668

歴史を感じさせる教会。

プリンストンはニュージャージー郊外でプリンストン大学がある学術都市です。
治安もよく前記のNJとNYを結ぶトランジットでNYに通勤も出来る閑静な住宅街。
NJ州の知事さんなどはココに住んでいる方が多いそうな。

IMG_3680(1)

どれどれ、不動産屋さんのポスターを見てみると・・
お家の中、スゴイね。
ベッドルーム2つにバスルーム2つ・・日本とは間取りが全然違いますね。
アメリカは家具付きのお部屋が多いらしいけど、この家具全部付き?

IMG_3681

ネットフリックスのTVドラマに出てきそうなお部屋ばかりですな・・
一般市民がこんなお部屋に住めるんですかね?


IMG_3693(1)

さて、ここがプリンストン大の門らしいです。
実はここ、大学の構内にもう入っちゃってます。
大学の中から門を写したところ。

私は何も知らないでこの正面から出入りしましたけど、真ん中の門は通らないらしいです。
真ん中を通ると卒業出来ないというジンクスがあって在校生はこの両端の門を通るそうな。
真ん中を通るのは卒業式の時だけ、だそうですよ。
そんな恐れ多い中央の門を通りましたが、
ま、私はそもそもプリンストン大学の生徒じゃないし~(入れないし)
でも、どこの世界にもそういうジンクスがあるって面白いですよね。

IMG_3692(1)

端っこを通っていた学生たち。

IMG_3695(1)

構内はとても静か。

IMG_3696(1)

空が高ーい!

IMG_3697(1)

自然豊かな構内です。

IMG_3698(1)

ここは大学の前です。

IMG_3685(1)


IMG_3682(1)

アメリカ国旗が飾られているのはフツー。
日本では普通の日に日の丸が飾られていたら怖いですよね?
右翼団体の拠点か?って思います。
日本でも昔は祝日に門に日の丸を飾っていた家があったけど今は皆無ですよねぇ・・
アメリカ人て愛国心が強いのでしょうか・・・?

IMG_3686(1)

シンプルで綺麗なウインドウ。

IMG_3669

アメリカではこういう掲示板がよくあります。

IMG_3670

これは合気道教室の案内みたいです。
興味がある人は下にある連絡先を切り取って行くんですね。

IMG_3672(1)

歩道にあるフリーペーパー。
ほとんどは無料のフリーペーパーだけどたまに有料の新聞も紛れていたりする。

IMG_3675

CDショップです。
並べ方一つ撮ってみても日本と違いますが・・

IMG_3674(1)

アメリカは英語だから横置きが良いのね。
日本語は基本縦書きだもんね。
でも日本のCDって最近は英語が多いし、そんな時は顔を斜めにしなきゃならないじゃない?
英語読み難いよね?私だけかな?
英語書きのCDに関しては横置きの方が全然見易いけど、
やっぱり日本語で書いてあるタイトルもまだあるし・・仕方ないことですかね



アメリカって、ぽこっ、ぽこっ、って街やモールがあります。
最初不思議だなーって思っていたんですけど、これは電車があまりないからなのね。
日本の様に駅があってその周りに街が発展していく、というパターンじゃない。
だから大学とかあるとそこから発展していったりしているみたい。
面白いなーと思います。

2018 アメリカ旅行記 ハイラインとチェルシー

ハイラインとチェルシーは3年前にも行っていて記事が重複してしまうのですけど、
写真を見るとやっぱり載せたい、となります。

ハイラインは昔の貨物線で廃線になっていたところ。
それが綺麗な公園になっています。

IMG_4222(1)

こんな感じでビルとビルの間を抜けていくことが出来ます。

IMG_4221(1)


IMG_4224(1)


IMG_4225(1)



IMG_4236(1)

途中にアートがたくさんあって、それを探しながら歩くのも楽しみの一つ。

IMG_4244(Edited)


IMG_4248(1)


IMG_4255(1)


IMG_4233(1)



IMG_4245(Edited)


IMG_4234(1)

拡大するとわかりますが屋上にトランプ大統領の人形がいます。

BlogPaint


IMG_4242(1)

ここ、素敵。
ルーフバルコニーになっています。
ハイラインから見えるよそ様のビルですが。
こんなところで日向ぼっこしたり、ワインを飲んだりしたいなぁ。

IMG_4252(1)

ビルの形もデザインされていてただの四角じゃないんですよ。

IMG_4241(1)

素敵ですよね。

IMG_4253(1)

きれいな流線型のビル

IMG_4263

IMG_4264

IMG_4226
このビルは有名な建築家のデザインだそうです。

IMG_4227(1)
こんな形の窓は確かに独創的ですね。

IMG_4232(1)
アメリカは広いから工事現場もなんだか大きくて重機がすごいね。

ハイラインは公園になっていてたくさんの植物が植えてあるのですが、
その植物のチョイスがまたセンス良いんです。

IMG_4228
それらをきれいにして支えているのはなんとボランティアの人達。
どっかのお役所の公園課とかじゃないんですね。

IMG_4231(1)
こうして赤ちゃんを連れてブランティアとして参加している人もいます。
子供がまだ小さいから出来ないとか、それは言い訳なんだと反省。
なんだか赤ちゃんと一緒に楽しんでいるように見えます。
要は自分の考え方ひとつなのね・・・
参加するほうも受け入れるほうも自然体。
この風景はちょっと考えさせられました。

IMG_4270
途中にこういう休憩所のようなカフェがあります。

IMG_4268

IMG_4267
ハイライン公認ショップです。
お土産になるようなグッズもありますよ。

ハイラインは3年前に来た時よりもずっと先まで延びていました。
でもまだ工事していました。
どこまで続くのでしょうか。



IMG_4237(1)
ハイラインを下りてチェルシーへ

IMG_4314
チェルシーにあるチェルシーマーケット。
ナビスコの工場跡地が生まれ変わりました。

IMG_4312
いろいろなお店が入っていて楽しいです。

IMG_4273


IMG_4274


IMG_4278


IMG_4279

椅子の形が面白い。
でも座り心地は悪いかもね。

IMG_4280

左側の棚はベンチになっていて休憩出来ます。

IMG_4282

この女性のお洋服、どうなってんの?
前が気になる・・・
誰かを待っている風。

IMG_4284

ここはオイスターバー。

IMG_4290

立食でロブスターや牡蛎を手づかみで食べてる。
ワイルドだろ~?
高級店なのか庶民の店なのかわかりません。

IMG_4292

ちょっとロブスターを立ち食いする気にはなれなかったので、
蟹のスープを飲んでみることにしました。
カップを渡されてセルフで入れます。

IMG_4293

さすがムスメ、なみなみ~
だってセルフだもん、好きなだけよそって良いんだよ
これは美味しかったと記憶!

IMG_4295

アメリカ人は結構シーフードが好きみたいです。
イカやタコは苦手な人が多いらしいですが、お寿司は市民権を得ていて・・

IMG_4287

高いです。

IMG_4286


IMG_4285


クリックすると読めるかもしれませんが、名前が面白い。
日本のお寿司とは違った形で浸透しているようです。

IMG_4288

お刺身も高くてこれで2300円くらい・・
高級品ですね。

IMG_4296


IMG_4306


こういう部分に工場の跡地なのね~と感じますが、
それはそれで良い雰囲気になっています。

IMG_4298

ここはスパイス屋さんです。
インド人もたくさんいるもんね。

IMG_4300

立食スタイルなのにこんなテーブルセッティングって面白いです。

IMG_4301

あのベーグルの色を見て下さいな、アメリカっぽい。

IMG_4302


BlogPaint

私はカリフォルニアワインが好きです。
でもこの店は結構高いワインばっかりだったなー・・

IMG_4303

ギフトにする人も多いらしく袋も売っていてデザインも楽しいですね。




ハイラインとチェルシーは3年前の旅行記にも詳しく書いているので、
よかったらこちらもご覧ください。

Twitter プロフィール
手作りと猫が大好きなぐうたらママ  布施さん命
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
blogram.jp
blogram投票ボタン
プロフィール

ゆきちゃん

  • ライブドアブログ