2018年09月16日

インドネシア企業視察団

今日は、


この一か月色々ありましたね。

台風の西日本直撃、皆様方のご被害は如何でしたか。


私の方は、お蔭様で壁にひびが入った程度で済みましたが。


当日は、会社は当然休日にして 家の2階の書斎で少し纏めものをしていましたが 台風が通り過ぎるまで、家が時折大きく揺れ、軋み、少し、恐怖を感じました。


又。北海道の震度7の地震等、世界的に自然の異常気象が続いていますね。


どうぞ、北海道の被害にあわれた方々は、体調に留意され一刻も早く復興されますことを祈念しています。


又、私自身も50年振りの入院等ありまして、何かと、大変な一か月でした。


その入院の話は次回にご報告させていただくとしまして、先般 インドネシヤ企業経営研修視察団が 海外人材の育成を支援する日本政府の補助事業として、一般財団法人海外産業人材育成協会の企画により 9月3日に日本に視察にこられました。



私自身は昨年度も同時期ぐらいに視察団が来日され、私の10数年研修のお手伝いをさせていただいていますご縁のある幸南食糧様をご紹介させて頂き、団員の方々と幸南食糧様にご一緒に視察させていただいた経緯があります。


そのようなご縁で 今年の視察団では、二週間の日本滞在中に、私に講義をお願いできないかとのお話を頂きました。


私自身インドネシヤの国を代表されるような、又将来のインドネシヤを支えていかれるような経営者の方々に交際親善としてお役に立てるのか、一瞬躊躇しました。


しかし、意を決っして、私が40数年前に、30数回の海外視察で日本にとって欧米からまなばさせていただいた事。

そして、マネジメントの道を歩み40数年の実践学習から、又、国際親善を含め、インドネシヤ国の繁栄の一助にお役に立てるのであるならば、向こう見ずの思いでお受けした次第です。  


その視察団は、今回は9月3日に来日され、14日に帰国されるという2週間の視察旅行を組まれていました。


視察目的はインドネシヤの企業を成功に導く経営の特質と経営者にとって必要な資質を日本の優秀な中小企業の事例を通じて、企業経営のあるべき姿を考察する。


又、企業の競争力の源泉と経営機能について学び、自社の抱えている経営の問題を把握して、競争力と経営基盤の強化のための問題解決のイニシヤティブを取れる経営者になる。


そのような主旨の視察団でした。

2週間の研修期間で、日本の経営手法を経営コンサルタントから学習したり、数社の日本を代表する企業を、百聞は一見にしかずで、工場見学等を取りいれたり、最終日の視察スケジールで私が担当で半日程、通訳の方を交え、ハシリテーター役で、講師を務めさせていただいた次第です。


今回の私に与えれらテーマは、「企業の経営理念と組織化」ー上に立つ資質ーで当日は21枚のレジュメを作成させていただきお手伝いをさせていただきました。


視察の最後の研修として、どこまでお役に立てましたか、こうして振り返ってみますと、大変心もとない気持ちですが、私としましては国際親善として、精一杯がんばらさせていただいたと自らを慰めていると言った心境です。


講義終了時に団員から感謝の拍手とお礼の言葉、インドネシアの正装であるバッティックとコーヒー豆をいただき、その心遣いに大変嬉しく思いました。

頂いた服は 早速その場で着させて頂き、20余名の団員と記念写真とか、個々の団員より握手とかお礼、記念写真のお誘い等あり、大変嬉しい一時になりました。


研修内容は兎も角として、国際親善として和気藹々とした機会を持ち、素晴らしいインドネシヤの経営者の方々とご一緒させていただき、私のほうが、皆様方より、一番心に触れた素晴らしい機会を当てていただいた1日となりました。                
                                              このような機会を与えて頂いた主催者並びに、団員に強く感謝の身持ちを持った次第です。


団員の方々は台風での関空での閉鎖で 二日遅れの月曜日に東京に出て、成田空港より無事帰国された由、両国が手を携えて、自らの企業の繁栄のみならず 共に世界に貢献する思いを持ちたいと 強く思った一日でもありました。


これから日毎に過ごしやすい天候になります。


お互いに健康管理には充分注意をしまして、素晴らしい毎日を過ごしたいと思います。


今回は 私自身の40数年間前の海外視察を振り返って 素晴らしいインドネシヤの経営者の方々と 素晴らしいひと時をごご一緒させていただいた折のお話しをさせていただきました。


今回も最後までお付き合い頂きまして、誠に有難うございました。


 

senba206 at 11:55│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔