2018年11月25日

大阪万博

今晩は、


2025年大阪万博が決まりましたね。


私の所属する経済団体が大阪万博誘致に力を入れていまして、私自身も、ことのほか関心を持っていました。


誘致委員にもなり、昨年から、機会かあれば、色々な会合で、万博誘致の署名活動のPRをさせていただいていました。


誘致の条件の一つにどれだけの一般市民が万博誘致に積極的に取り組んでいるのかが決めての一つになるとのこと。


二年後に東京オリンピックがあり その後の日本経済を考える時、やはり何か日本の活性化にもうひとつイベントかあればと切に思っていました。


又、日本の財界、そして、安倍総理もテコ入れをして誘致に取り組んできた関係上、落選となると 日本経済にとっても メンタル面を含め、相当の痛手になる事は明白な事実でした。


11月23日の現地時間の深夜にパリの博覧会国際事務局(BIE)総会で決まると言うことで、正直 23日の朝から、ドキドキしていました。


今年の春頃は まあ大阪で決まるだろうと楽観視していましたが、夏頃から 何となく、色々な情報が入ってきて 私は、なぜかアゼルバイジャンが、発展途上国として、先進国よりも是非初めての万博をやらせてほしいと言う強い訴えを 盛んに170余の加盟国に投げ掛けが始まりました。



そしてその訴えが、だんだん強くなつてきたとの事でした。。


また ロシアも、プーチン大統領自ら何度もロシアでの初めての万博をと 盛んに加盟国に訴えていました。


情として 二国の訴えに根拠が多いにあるように思われて来ました。


そのような経緯が 報道されるにつれて、何となくいままでの日本が選出されるという甘い思いが影を潜め、不安になつてきました。


心情的に 日本は今まで、大阪そして名古屋と二回開催されているので、二国の気持ちもわからない事もないと言う思いが強くなってきました。


私と同じような気持ちを 現場の第一線で担当しておられた方々も持たれたようで、23日の投票が近づくにつれて、全く票が読めなくなってきたと報道されていました。




どちらにしても、今回の大阪万博の決定は 日本の活性化には本当に良かったとホットしています。


今回のテーマは「命輝く未来社会のデザイン」と言うことですが、BIE加盟国の170カ国の方々に、日本という狭い枠で考えないで、人間賛歌として、地球規模で、世界に対して 素晴らしい万博になるように 一日本人としてと強く願う次第です。


まさか一生の間で、東京オリンピックと 大阪万博と体験できるとは 正直 夢にも思っていませんでした。


55年前の大阪万博は 直接仕事として関わりあいがあり 何度も仕事で現地には行きましたが、当時ソビエト(旧名)が 人類初の月の石を展示し、その石を見るのに 今は亡き母と二人で6時間〜7時間並んで、5秒程の時間で これが月の石かとガラスに入った小さな黒い塊が懐かしく思い出されます。


 55年前の東京オリンピックはテレビ観戦でしたが、2年後の東京オリンピックは、どのような試合でもいいので 東京まで行って観戦したいと思いますし、又 7年後の大阪万博も楽しみです。

まだまだ、元気ハツラツですが、そのために、健康管理には 充分留意したいと思っています。


今回は 丁度大阪万博の誘致が、決まりホットする今の心境と 儀弍勅圓箸靴董ヾ慇招从僉日本経済の更なる発展を願い終わらさせて頂きます。


日毎に寒くなってきます。

どうぞご自愛ください。


今回も最期までお付き合いいただきまして誠に有難うございました。



senba206 at 21:49│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔