こんにちは!
日々暖かくなり、桜の開花までもう少しの
千本松牧場
からお知らせです!

千本松牧場ではJRのディスティネーションキャンペーン

「ようこそ 本物の出会い 栃木(2018 4/1~6/30)」にあわせて、
3月31日(土)・4月1日(日)に、
千本松牧場 feat.小笠原流 at千本松巻狩まつり
開催します。

このイベントは、

鎌倉の鶴岡八幡宮で伝統神事である「流鏑馬(やぶさめ)」を守り伝えている、
弓馬術とともに作法・礼法で知られる小笠原流(
NPO法人 小笠原流・小笠原教場)
全面協力のもと開催いたします。

3月31日(土)は、
戦国武将 甲冑着付け体験(有料)を開催!!
小笠原流の皆さまによる甲冑の着付け体験を行います。
小笠原宗家に伝わる本物の甲冑を着て、映画ロケ地でも有名な千本松牧場で
写真やショートムービーまで撮影する本格的イベントです。

また4月1日(日)は、千本松牧場恒例のイベント
小笠原流門下生による流鏑馬公開稽古(無料)に、
数量限定で、
地元名物料理巻狩り鍋のふるまい(無料)も行います!!


<イベント内容>
3月31日(土)
「戦国武将 甲冑着付け体験」

【費用】 30,000円(おひとりさま)
      ※先着5名様のみとなります。
【時間】 13:00 千本松牧場総合事務所集合
     着付け~撮影終了までおよそ2時間
【内容】 甲冑着付け・記念写真・乗馬しながらショートムービー撮影・おみやげ付き

【申し込み方法】
 ホウライ㈱のホームページから
 お問い合わせページhttps://ssl.horai-kk.co.jp/contact/よりお申込みください。
  (お問い合わせ内容対象は「千本松牧場事業」でお願いします)

着付けイメージ2

体験
着付けイメージ




 
4月1日(日)
「流鏑馬公開稽古」
「巻狩り鍋のふるまい」(先着200名様)
【費用】 無料
【時間】 午前の部 10時30分 
     午後の部 13時30分


 ※巻狩り鍋(無料)はなくなり次第終了いたします。

正装した小笠原流門下生や
千本松牧場のゆるキャラ「モアイちゃん」との撮影タイムもあります。

<巻狩りの歴史> 

1192年に鎌倉幕府を開いた源頼朝が、その翌年の4月2日から23日まで、
自らの勢力を天下に知らしめるために広大な那須野ヶ原(那
須塩原市)を中心に
大規模な狩りを催しました。
この狩りは「那須野巻狩」と呼ばれ、
富士野巻狩に勝るとも劣らぬ規模であったと伝えられています。

巻狩とは、たくさんの勢子(せこ)が、一斉に獲物を追い込み、
武将たちが獲物を射るというスタイルの狩りをいいます。
那須野巻狩では
、10万人もの勢子が狩りに参加したといわれています。

<巻狩り鍋について>

那須野巻狩に参加した鎌倉の武将や大勢の勢子たちの食事は
さぞかし大がかりで賑やかだったことと思われます。
その日獲れた鹿
や熊、猪などの肉がぐつぐつと大きな鍋に煮えたぎり、
周囲にはいい匂いが漂い、一日中走り回った人々の食欲を誘ったことでしょう。
こうした那須野巻狩の史実に基づき、

当時の料理を想像しながら現代風にアレンジした巻狩り鍋を当日おふるまいします。



流鏑馬20160903_017
この疾走感。
流鏑馬20160903_016
本来流鏑馬は神様に奉納する儀式ですが、
近くで見ると激しいスポーツのように、馬のスピード感や迫力に圧倒されます。
流鏑馬20160903_021
みなさんもお気づきかもしれませんが、疾走する馬にまたがり、
しかも両手を離すというのは並大抵の訓練ではできません。
しかもそれでいて姿勢は崩さず背筋は直立、さらに矢を射る。
力強さと美しさが合わさったからこそ人の眼を惹きつけるのでしょうか。

普段はお客さんでにぎやかに楽しく盛り上がっている牧場の一角が、
何やら荘厳で神聖な空気に包まれるような感覚もあります。

公開稽古を間近で見れる貴重な機会です。
この機会にぜひご覧ください。

また、4月1日(日)那須塩原駅から千本松牧場までを往復する
無料送迎バスを下記のとおり運行します。

この機会に是非、千本松牧場へご来場くださいませ!

無料送迎バス
【行き】那須塩原駅発 (千本松牧場着)
     9:45   (10:05)
    10:50   (11:10)
    11:50   (12:10)

【帰り】千本松牧場発 (那須塩原駅着)
    13:10   (13:30)
    14:00   (14:20)
    15:00   (15:20)

※時間は変更になる場合もございます。ご了承ください。