仙台にパンダはいらない!まとめブログ

仙台にパンダはいらない仙台市民と宮城県民の会のブログです。

広瀬通大イチョウ伐採の次は瞑想の松!止まらぬ奥山仙台市政の杜の都殺し

bassaigo
2017年の奥山恵美子仙台市政の仕事始めは、広瀬通の大イチョウ伐採でした。

hirose_ooichou
伐採前の広瀬通り大イチョウ。
hirose_ichou
喪われた広瀬通の景観。
平成41年(!)の道路交通量の予測をもとに伐採。昨年の最終説明会は明らかに動員されたプロ市民らによる「早く伐れ」の大合唱で住民合意がなされました。

そんな広瀬通のイチョウ並木同様の危機が、仙台を象徴する名木に降りかかっています。

meisounomatsu01
瞑想の松(クロマツ)
仙台市指定保存樹木(1975年指定。推定樹齢650年)
今や樹齢700年近い、仙台市の誇る名木中の名木です。
荒木飛呂彦さんのマンガ『ジョジョリオン ジョジョの奇妙な冒険Part8』にも登場します。

meisounomatsu06
現在、瞑想の松は、「腐朽部治療作業」が行われていますが、なぜか治療中の箇所が、四方をブルーシートで覆われています。
治療の支障にならぬよう、目隠しのブルーシートの隙間や上から撮影してみました。
meisounomatsu02

meisounomatsu03

meisounomatsu05
ブルーシートで覆われている幹全体に、病害虫による穴が、無数に広がっています。
これは、マツノマダラカミキリやカシノナガキクイムシといった虫の食害で、虫を媒介に病原菌が入り込んでマツを枯らすマツ枯れです。
meisounomatsu04
よく見ると枝にも食害を見ることができます。イントレを組み、極めて大掛かりな治療が行われているのが現状です。
仙台市は少なくとも2013年前後から、このマツ枯れをはじめとする針葉樹を中心とした食害が多発していました。

それゆえ、仙台市指定保存樹木のマツ枯れをここまで放置したのは、怠慢と言わざるを得ません。

まして、ブルーシートで四方を覆い、市民の目から隠す行為に及んでは、奥山仙台市政のあり方を疑わざるを得ません。

meisounomatsu07
とにかく、この決して失ってはならぬ瞑想の松の治療が成功することを祈るのみです。

仙台市民の皆様にも一層の注意を促します。
こうした樹木の異常を見つけたとき、仙台市役所や区役所、管理者に連絡するよう、お願いいたします。


杜の都仙台の杜は、今まさに悲鳴をあげています。

駐韓国日本大使帰国!他人事ではない仙台市と韓国慰安婦像問題

釜山の慰安婦像
韓国釜山の日本総領事館前に昨年末、慰安婦像が設置されたことを受け、日本政府は長嶺安政駐大韓民国特命全権大使の一時帰国を決定。1月9日に帰国しました。
nagamine
長嶺大使。
11月23日の日韓両国による「軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)の署名時の写真。
韓国メディアは、「報道しない」というきわめて挑発的なパフォーマンスを、日本の大使に取りました。

日本としては、韓国側が慰安婦像の撤去を努力する内容を含む慰安婦問題日韓合意に反するものとして強く抗議している状況です。

仙台市も、この韓国の慰安婦像の問題について、無関係ではありません。

光州市庁舎前慰安婦像
仙台市の友好姉妹都市である光州市の市庁舎前にも、2015年8月14日に、慰安婦像が設置されています。

光州市庁舎前慰安婦像除幕式。

okuyama_korea
同じ年の2015年10月6日、奥山恵美子仙台市長は日韓国交樹立50周年記念として、チマ・チョゴリのファッションショーに興じていました。光州市の慰安婦像設置に対しては、「遺憾の意」の一言もありませんでした。

sendai_korea_bus
仙台市営バス。
友好姉妹都市の韓国光州市をPRするラッピングバスが走っています。

sendai_korea_bus02
同じく仙台市営バス。韓国観光公社のラッピングバス。
「公社」とは、政府出資の公的企業であり、民間企業ではありません。

日本でもファンの多い、韓国のBIGBANG(ビッグバン)がイメージキャラクターになっています。

仙台市も宮城県も現在、仙台空港の民営化に伴い、仙台・ソウル便を使った韓国人観光客の誘致に必死です。

一方、韓国は福島第一原発事故以降、仙台・宮城を「忌避地」とみなしている状況が続いています。

東日本大震災仙台市震災記録誌
仙台市が2013年3月8日に発行した公式記録『東日本大震災 仙台市 震災記録誌-発災から1年間の活動記録-』では、世界中からの支援を書かず、韓国・中国・フランスだけを記載。
特に、光州市からの支援だけが突出して詳細に記録されています。

光州市からの支援
本ブログでこの事実を公表後、仙台市はWeb上で「東日本大震災に対する国際姉妹・友好都市、協定締結都市からの支援」の特設ページを追加しています。
http://www.city.sendai.jp/koryu/shise/gaiyo/profile/koryu/teketsutoshi/index.html
Web上の記録は所詮Web上の記録でしかなく、図書館の蔵書をもって後世につなげる公刊資料とは異なります。

韓国による慰安婦像の問題は、日本全体の問題です。
友好姉妹都市に設置されたのなら、尚更です。
日本国政府や外務省に丸投げし、地方自治体は直接関与しないなどという理屈は、通りません。


それは、尖閣諸島の問題は日本と中国の外交上の問題であり、地方自治体としてのジャイアントパンダの誘致活動とは無関係であると言い放った奥山恵美子市長の中国に対するあり方と、全く同じことになります。

この問題が仙台・宮城の然るべき公的な場で取り上げられることを、切に望みます。

参照Web:
駐韓国大使が一時帰国 少女像設置への対抗措置で
NHK(2017.01.09)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170109/k10010833291000.html

韓国紙、仙台は忌避地域と報道!いまだ続く福島第一原発事故への不安

http://blog.livedoor.jp/sendaipanda/archives/43277918.html

仙台市、「震災記録誌」から動物園ごとパンダ誘致を抹消!
http://blog.livedoor.jp/sendaipanda/archives/25299710.html


参照記事:
あでやか日韓戦 正常化50年で交流
河北新報(2015.10.07)

2017年新年のご挨拶

syougatsu
謹賀新年
本年も仙台にパンダはいらない仙台市民と宮城県民の会をよろしくお願い申し上げます。

昨年は『ジャパニズム』29(青林堂)にて当会よりこれまでの活動と、今後の対策について、秋田市の実例も挙げての記事を寄稿させていただきました。

当会の活動を通してご縁をいただきました、市議会議員・県議会議員をはじめとする地方議員や市長、国会議員の方々とも、パンダ問題にとどまらない、有意義な情報交換を行って参りました。白石市長選挙における山田裕一さんのご当選、庄田圭佑県議の館中・南中山中のいじめ自殺問題に対する取り組み、わたなべ拓仙台市議や和田政宗さんのご奮闘による広瀬通イチョウ伐採前の可能な限りの残置実現をはじめ、微力ながらも様々な呼びかけや働きかけをして参りました。

また、2012年のデモでご協力いただきましたウイグル支援の皆様のご縁で、ラビア・カーディル世界ウイグル会議総裁の来仙と仙台城での記念講演(コーディネーターは和田政宗参議院議員)が実現するなどの、大きな出来事もありました。

一方で、仙台市は奥山恵美子仙台市長のもと、現在もなお、中国からのジャイアントパンダの誘致活動を継続しています。
情けないのは、パンダ誘致の旗を降ろさないとあらためて報道で確認できたのが、熊本地震発生の時であり、今もなお、MarchingJ財団は仙台市のジャイアントパンダ誘致実現の際の経済協力の約束を解いていないということです。


SMAPは解散してもジャニーズの仙台パンダ誘致の旗は降ろさない。
熊本地震の際、SMAPのメンバーの皆様はひたむきなご支援をされていらっしゃいました。そして、2015年には嵐の皆様がARASHI BLAST in Miyagiを宮城の地で開催いただき、20万8千名のファンの皆様と共に東日本大震災からの復興のエールをいただきました。
それだけに、仙台市のジャイアントパンダ誘致の旗を降ろさないという姿勢には、情けない気持ち、申し訳ない気持で一杯になります。

仙台パンダについては、尖閣諸島の領有をめぐって中国が一方的に交渉を打ち切った状態にあります。
それでは尖閣諸島をめぐる日中関係は改善の兆しがあるか?と言えば全く逆です。
中国の公専が連日のように尖閣諸島沖の排他的水域内・接続水域内、領海内に侵入しています。加えて、極めて高頻度に、航空自衛隊による戦闘機のスクランブル発信が余儀なくされているなど、軍事的緊張が最高潮の状態にあります。

ジャイアントパンダの主な生息地であるアバ・チベット族チャン族自治州をはじめとする場所で起こる、中国の民族弾圧に抗議するチベット人の焼身自殺は、昨年末までに少なくとも146件以上行われてきました。仙台市がジャイアントパンダの誘致を開始した2011年から特にその人数は激増し、2012年には30名を超え、2013年には100名を超えています。そして、仙台市はこの悲劇については誰もが沈黙した状態が今なお続いているのです。

繰り返しますが、仙台市は2017年になっても、いまだに東日本大震災の復興のシンボルとして、中国からのジャイアントパンダの誘致を継続しているのです。

当会は一切油断することなく、仙台市の悪政に終止符を打つまで、「仙台にパンダはいらない」と理をもって切々と説き、歴史に刻み続けて参ります。

本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。





記事検索
当会記事寄稿号
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード