仙台にパンダはいらない!まとめブログ

仙台にパンダはいらない仙台市民と宮城県民の会のブログです。

くまがい大さんを参員選・宮城県で応援します!

kumagaiyutaka
2016年の参議院議員選挙(投票日7月10日)は、宮城県のくまがい大さん(自民党)を応援いたします。

くまがい大さんは仙台・宮城の中学校教諭(英語)の前歴をもち、自由民主党が野党だった民主党政権期に、国政に出ることを決意。2010年の参院選で、公募によって当選された議員です。
くまがい大さんが国政に出ることを考えたのは、中学校教諭時代。
当時は小泉純一郎さんの政権期にあり、激しい経済社会の変化の中で、教育現場の乱れが特に酷かった時代だったそうです。いわゆる「でもしか教師」と呼ばれる低意識の教諭の多さを、教育の現場で日本の危機として実感。そして民主党政権期に更なる悪化を見せたとき、くまがいさんはこう決意されました。

教育から、日本を変える。

そうして、選挙地盤も地縁も全くない中、自民党の公募によって、くまがいさんは候補者となり、当選を果たしました。

その直後に、東日本大震災が発生しました。
しかし、その東日本大震災こそが、くまがい大さんの国会議員としての本領発揮でした。
くまがい大さんは、日本中の誰よりも東日本大震災の被災地の「現場」を視察し、被災者の声を聴いた国会議員です。
このことを、宮城県民なら絶対に忘れてはいけません。

kumagaiyutaka_001
kumagaiyutaka_002
kumagaiyutaka_003
kumagaiyutaka_004
国会における東日本大震災からの復興政策は、その多くが、くまがい大さんの視察による一次情報を基礎にしたと言っても、過言ではないと思います。

そして、くまがい大さんのもう一つの本領があります。

外交政策、わけても対中国の識見が大変深い議員です。

くまがいさんは2012年、日本ウイグル国会議員連盟(安倍晋三さん顧問)にも所属され、中国で現在進行形できわめて深刻な民族・宗教・人権弾圧の下にあるウイグル、チベット、南モンゴルへの理解も十分にある方です。

それゆえに、国の安全保障、特に現在議論になっている平和安全法制(反対する人は『戦争法』の蔑称を用います)や憲法第九条の改訂の必要性を、誰に対しても、選挙期間でも、一切臆することなく語られます。

そして、当会にご賛同くださいます宮城の参議院議員の和田政宗さんも、くまがい大さんを全面的に応援しています。
wadamasamune
和田政宗さんは今年2016年6月4日、世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁(写真右)らによる仙台城におけるシンポジウムのコーディネーターをつとめられました。この歴史的なシンポジウムの実現に、くまがい大さんの応援があったことは、言うまでもありません。

 
和田政宗さんによるくまがい大さん応援動画。
(対立候補に対して一切容赦ない内容です。)

くまがい大さんは、議員の世代交代の必要性を強く主張されます。
単に年齢だけの話ではない、次の世代へ、新たな世代へとこの国をつないでいくために、ヒトの癒着や腐敗による停滞をきたさない世代交代が必要であるというお考えです。
仙台・宮城は東日本大震災から、国会議員、県議会議員、市議会議員と、若い世代の議員たちが次々に誕生しています。
そうした時代が必要とする大きな流れの中に、くまがい大さんもいると思います。


今夏の宮城の参議院議員選挙は、日本最大の激戦地です。
くまがい大さん(自民党)と、桜井充さん(民進党)との、一騎打ちを超えた「総力戦」です。


sakuraimitsuru
桜井充さんは今回、日本共産党からの全面支援も受けての出馬。
・戦争法反対
・九条改憲反対
・国民投票による直接選挙の拡大
(憲法第41条改訂)

などを、選挙公約や主張で強調されています。
医師でもある桜井充さんは、民主党政権期においては財務副大臣や厚生労働副大臣として、子宮頸がんワクチンの低額・無償化と、小6から高1の女子生徒への定期接種の実現(2013年4月実施。6月中止)につなぐなどの、「医療面の実績」を有しています。
また、和田政宗さんの提唱から始まり自民党の安倍内閣で検討が進んでいる給付型奨学金を、民進党の桜井充さんは自身の選挙公約とし、東北大学をはじめとする大学生や高校生たちに積極的にアピールしています。桜井充さんはSEALDs TOHOKUやT-nsSOWLといった、日本共産党が実質主導する安保法制に反対する学生団体からも、全面支援を受けています。

これらのこともあってかなのか、それとも全く知らないからなのかは分かりませんが、
「自民党支持だけど、桜井充さんは『保守』だから」
「TVタックルとかに出ててカッコイイから」
「東北大学を出たお医者さんだから」

こうした声をあげる人が、宮城の中高年層の有権者に根強く多いのも、また現実です。

そうした中高年層は、インターネットをほとんど閲覧されません。
皆様によるご両親や祖父母、ご親戚といった親しい方々へのお声がけの有無こそが、宮城の「総力戦」の左右を決すると考えます。



安倍晋三さんも選挙期間、実に二度も宮城を訪れ、くまがい大さんを応援されています。
それだけ宮城の選挙区が、総力戦となることの証左といえます。

akibakenya
くまがい大さんを応援する秋葉賢也さんと安倍晋三さん。秋葉賢也さんfacebookより。
kumagai_wadamasamune
和田政宗さん国政報告会における、くまがい大さんの必勝祈願。

まるで運命であるかのように、これまで当会にご理解・ご協力くださいました、ご縁のある議員さんのほぼ全員が、くまがい大さんを応援されています。

kumagai_yutaka

「教育から、日本を変える。」
くまがい大さんを心より応援申し上げます。


参照Web:

くまがい大 公式
Web http://kumagai-yutaka.jp/
Twitter https://twitter.com/kumagai_yutaka
Facebook https://www.facebook.com/YutakaKumagaiOfficial/

参議院議員熊谷大(くまがいゆたか)2011-2012活動の記録(YouTube)

https://www.youtube.com/watch?v=PNZDAI06bRA

2012年4月23日 日本ウイグル国会議員連盟と日本ウイグル地方議員連盟が設立
http://uyghur-j.org/news_20120423.htm

6/4ラビア・カーディル女史仙台講演のご報告
http://blog.livedoor.jp/moribitonokai/archives/61159137.html

我が党が推薦 宮城・くまがい大候補の応援動画公開!
和田政宗オフィシャルブログ(2016.06.22)
http://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12173206303.html

子宮頸がんワクチン副反応問題 推進した桜井充氏は疑問の声に説明を
同(2016.06.28)
http://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12175166693.html

和田政宗参議 国政を語る会を開催 党推薦の熊谷大氏への支持を呼びかけ
政治プレス新聞社(2016.05.31)
http://seijipress.jp/tohoku/miyagi/10577-54/

「悪魔とでも手を握る」 宮城の民共連携に勢い 自民は運動量不足で押され気味
産経ニュース(2016.5.17)
http://www.sankei.com/politics/news/160517/plt1605170045-n1.html

ウイグルのラビア・カーディルさん6/4仙台講演のお知らせ

uyghur_kaiken
ラビア・カーディル世界ウイグル会議総裁仙台講演会

アジアの「孤児」 - ウイグル政治亡命者の現状と日本の役割

日時:2016年6月4日(土) 13:00開場 14:00開演
会場:青葉城本丸会館
会費:1,000円 ※ご予約不要。定員200名。

登壇:
ラビア・カーディル(世界ウイグル会議総裁)
セイット・トゥムテュルク(同会副総裁)
ウミット・ハミット(同会副総裁)

仙台講演コーディネーター:
和田政宗(参議院議員)

通訳・進行
トゥール・ムハメット(世界ウイグル会議日本・東アジア全権代表)

主催:日本ウイグル連盟
共催:呉竹会/宮城ビジョンの会/和田政宗交流会 杜人の会/利他利他友興会
協力:日本会議/日本ウイグル地方議員連盟/南モンゴル自由民主運動基金/内モンゴル人民党

----------
当会は2012年のデモ行進より、パンダの生息地におけるチベット人の窮状とあわせて、日中とアジア諸国との関係で決して無視できない問題として、ウイグルや南モンゴルや台湾といった諸民族と地域を合わせてご紹介させていただき、また、ご協力いただいております。

世界ウイグル会議総裁のラビア・カーディルさんは、ウイグルの自由と民主主義を訴える民族的指導者として、チベットのダライ・ラマ14世にならぶ著名人であり、ノーベル平和賞候補者にもノミネートされたことのある人物です。

仙台講演のコーディネーターが、当会の趣旨にご賛同いただいております和田政宗さんであることも注目です。中国によるウイグルやチベットへの民族弾圧・人権侵害に関して積極的な国会質疑を行われていらっしゃいます。

皆様お誘い合わせの上、是非ともご来場ください。

uyghur_omote_02

uyghur-ura-02

熊本地震でパンダがやってくる!?マーチングJ財団の粘り腰!!

仙台パンダ誘致のために立ち上がったMarchingJ財団が、いまだにパンダの誘致をあきらめていないかのような記事が、2016年4月19日のサイゾーウーマンで紹介されました。
下記、記事抜粋引用です。
==========
ジャニーズ事務所、震災で募金活動呼びかけるも……「何に使うのか」とファン不信のワケ

 4月14日に熊本県益城町で発生した「平成28年熊本地震」を受けて、ジャニーズ事務所は所属タレントが出演する舞台の劇場に募金箱の設置を開始した。2011年3月11日に起こった東日本大震災の復興支援として誕生した「Marching J」プロジェクトを通じ、今回も支援を呼びかけている。

(中略)

 これら舞台を観劇したファンから、「募金してきた」との報告が上がる一方で、中には同活動に不信感を露わにする書き込みも少なくない。「Marching J」プロジェクトが立ち上がった当時、近藤が打ち出した宮城県仙台市・八木山動物公園への「パンダ招致」計画にファンから批判が噴出。その後、近藤が「皆さんからの募金は、パンダ関係には一切使いません」と明言したことが大きな注目を集めた。

「パンダにかかる費用は、ジャニーズグループ10社から募った資金で賄うため、ファンからの募金は一切使わないと説明していましたが、この一件でジャニーズや近藤にはマイナスイメージがついてしまいました。また、同プロジェクトは『Marching J奨学金』という取り組みも始め、14年には中国、インドネシア、タイなどの7名の高校生が日本にホームステイをしながら日本の文化を学び、関ジャニ∞のコンサートを鑑賞したとか。今年2月6日には、KinKi Kids・堂本光一主演ミュージカル『Endless SHOCK』を奨学生が観劇していたようで、『パンダが来るまでの間、災害にあった国からの留学生を支援しております』と堂本が話していたそうです」(ジャニーズに詳しい記者)

 高校生の交換留学を主な活動とした「公益財団法人AFS日本協会」のサイトによれば、「Marching J奨学金」はジャニーズのグループ各社からの拠出金で運営されているため、パンダ招致と同様にファンから募った資金を充てているワケではないようだ。しかし、一部のジャニーズファンからは「何に使われるかわからないから、Marching Jにはお金を出せない」「留学生とかパンダに使おうとするから、Marching Jは信用できない」「寄付先を公表してくれたら、気持ちよく募金できるのに」との声も噴出している状況だ。

==========
引用終わり。

news20140909_marchingJ01
2014年3月に来日した第一回MarchingJ奨学生は、中国、インドネシア、タイ、インド、チリの高校生9名でした。
東日本大震災で被災した孤児らが対象ではなかったことは、ジャニーズファンの皆様でも知らない方が多いのではないでしょうか。

では、「パンダが来るまでの間」とは、どこに「パンダが来るまでの間」なのでしょうか?
kumamoto_panda
熊本市動植物園です。

熊本地震発生以降、中国の皆様は熊本へのエールを熱心に送ってくださっています。そして、熊本県の「クマもん」に、中国の国宝であるジャイアントパンダがタケノコを贈るイラストなどが、話題になっています。
熊本県は全国第二位の竹林面積を誇り(1位は隣県の福岡県。3位も隣県の鹿児島県)、タケノコの生産も全国有数です。そのため、ジャイアントパンダの餌となる竹に困ることは、決してありません。

この絵がきっかけとなって熊本パンダが実現する可能性は、決してゼロではないのです。

仙台市は、「尖閣諸島はわが国固有の領土」と市長が発言したことで誘致が完全に頓挫しましたし、福島第一原発事故における竹に含まれる残留放射性物質の問題も、中国に対して誠実な姿勢を一切見せていません。
何より仙台市議会では、ジャニーズが5年分の費用を出すと言っているのだから、5年借りてそれまでにすればと、相手の気持を踏みにじる質疑答弁が平然と行われています。それゆえ、事実上頓挫しています。

一般財団法人MarchingJ財団がどうしても発足当初の目的であるパンダ誘致の実現にこだわられる場合、もともと仙台市よりも前に震災復興を謳ってパンダ誘致を開始した秋田市か熊本市に協力するほうが、はるかに現実的と言えるでしょう。

パンダ誘致とは関係なく、東日本大震災や熊本地震でご尽力くださるジャニーズの皆様、ジャニーズファンの皆様には感謝と敬意の言葉以外ございません。

しかしながら、MarchingJ財団のパンダの誘致支援におかれましては、少なくとも中国にもジャニーズの皆様にも不誠実極まりない仙台市からは早々に撤退していただくこと、他県の県民・市民の皆様との話し合いを持たれることを、お勧めいたします。

仙台にパンダはいらないのです。

参照Web:
ジャニーズ事務所、震災で募金活動呼びかけるも……「何に使うのか」とファン不信のワケ
サイゾーウーマン(2016.04.19)
http://www.cyzowoman.com/2016/04/post_19732.html

くまモン励ますパンダの絵 中国の老舗雑誌がアイデア「拡散大歓迎」 大陸でも「部長」と呼ばれる人気者
livedoorニュース(2016.04.27)
http://news.livedoor.com/article/image_detail/11460820/?img_id=10285615

Marching J 奨学生 夏のイベントに参加
公益財団法人AFS日本協会
http://www.afs.or.jp/news-and-events/article/?article_id=6706

記事検索
当会記事寄稿号
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード