IMG_2031
聖ローレンス教会  聖老楞佐教堂  St.Lawrence's Church

       にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
応援クリックよろしく!

しげPの美食健康ライフ

 さて、マカオ世界遺産巡りの途中で陽は落ち始め、建物には照明が灯ってきた。
IMG_2009
仁慈堂大樓

 このセドナ広場に面した
仁慈堂大樓もこの通り。

 こちらは
かつては医療・慈善活動行った施設とのこと。病院+αという感じか。こういうのが植民地支配に重要な役割を果たしてきたんだよな。当初は西洋の薬などは魔法のように思えただろうし。
 
IMG_2008
 こちらは記念撮影スポットになっていた。
IMG_2007
目の前に見えるのが民政総署 ポルトガル統治時代はマカオ市の市役所だったらしい。これも世界遺産。

IMG_2011
 地図を見るが、ようわからん。
IMG_2012
 まあなんとかなるべ。
IMG_2013
 ルートらしい坂を登っていく。
IMG_2014

IMG_2015
 色や作りがポルトガル感。
IMG_2017
 石畳もポルトガルが持ち込んだんだろうな。
IMG_2022
 なんだろう?時間があったら立ち寄る所だが。
IMG_2023

IMG_2024
 そしてこれは?

 どうやら聖オーガスティン教会のようだ。

 しかしこぶりの教会が多いな。ポルトガルの教会内で派閥争いでもあったのだろうか?本当に大きな教会はあの焼けてしまった聖パウロ天主堂のみ?
IMG_2026
 こういう花をつるすのは可愛いね。
IMG_2027
 雰囲気のある坂を下っていく。
IMG_2028
 微妙に標識が分からない。分岐点も多い。常に車通りの多そうな通りを選んだ。
IMG_2029
 うん?なんだこれ?
IMG_2031
 帰国して調べて分かったのだが、これは聖ローレンス教会らしい。
 IMG_2030
  すげー当て字だなとか思ってしまうが、日本人なら少しは分かるよね。勘の良い人なら当てられるかもしれない。
IMG_2032
 いよいよ暗くなってきた。
IMG_2033
 この辺に座ってくつろぎたいが、進む。
IMG_2034
 標識はすぐなくなるけど、車通りはあるし合っているよね? ずっと確信のないまま歩き続けた。