2007年04月07日

 楽天(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、4月2日からインターネットショッピ ...

図解定年後のお金〈完全〉マニュアル
 [東京 6日 ロイター] 三井生命保険は、2007年度の一般勘定資産の運用計画で、国内債を2000億円程度積み増す方針であることを明らかにした。日銀が07年7─9月、08年1─3月と半年に1回ペースで利上げに踏み切ると想定。国債のイールドカーブにフラットニングがかかりやすいため投資環境が厳しいと判断している。クレジット物への投資を増やしてインカム収益(利息収入)を確保する。
 米長短金利の逆転(逆イールド)現象でヘッジコストが上昇して投資妙味が薄れているヘッジ付外国債券は3500億円程度売却する計画。国内債のほか、エマージング債や海外株などに投資して超過収益を狙う意向だ。

最新生命保険情報は・・・
ランキング




国内株は銘柄入れ替えを中心の運用姿勢を行い07年3月末の残高を維持。07年3月末の国内株式含み益が3000億円程度と06年9月末(2500億円程度)に比べて増加した。
三井生命・資産運用部長の松多洋一郎氏が、ロイターとのインタビューで述べた。詳細は以下の通り。
 <国内株>
 基本的に世界経済は過熱することなく、緩やかな経済成長が続くのではないか。国内経済について巡航速度の成長を維持するとみている。リスクシナリオは米景気が腰折れとなり、世界的に波及すること。特にサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手への住宅融資)問題が深刻化すれば、米個人消費に悪影響を及ぼしかねない。米連邦準備理事会(FRB)は利上げを休止しているが、次の金融政策が利下げになる可能性もある...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆生命保険関連ブログ記事

春眠暁を覚えず - ゆうゆう日記 (4月7日10時9分)

サンダーパンチにやられたっ! - ムンカミ日記byコオル兄ィ? (4月7日10時1分)

重大な懸念 - delphis manta blue (4月7日9時35分)

住まいのミミよりTopics - 最新の住宅情報ですよ? (4月7日9時32分)

自分を信じて・・・(飯島愛)&たし... - tosennaの日記 (4月7日9時19分)

振込 - 私の視点 (4月7日8時34分)

駄洒落(だじゃれ、ダジャレ)生命保... - 駄洒落(だじゃれ、ダジャレ)の王様 ... (4月7日8時24分)

自動車保険ならここだ〜オススメ自動... - 自動車保険ならここだ〜オススメ自動... (4月7日8時1分)



◆生命保険関連の無料のレポート情報

関連のレポートはありません

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
シニア保険とは・・・
シニア保険は、保険に加入することが難しくなる50歳代以上を対象とした、簡単に入れる保険のことをいいます。

もっと詳しい説明はコチラ


最新コメント
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)