omegabefore11

オメガ スピードマスター オートマティックです
電池交換が必要でない機械式の時計は
お手入れをするタイミングがなかなかつかめないようですね。

オメガのクリーニングで一番恐いのが
ベルトピンの劣化(サビ)です
omegabefore16
このように 汚れやサビが進行している場合は
ベルトピンがやせてしまっていて
クリーニングをすると
ピンがスルスルとしっかり止まらなくなってしまいます

都合の悪いことに ピンが錆びているかどうかは
ピンを外してみないと分からないのです
オメガのピンはとても高い!!
ですから 全部のピンが錆びてしまって使えない状態のときは
クリーニングと全ピン交換で¥38,250ー
クリーニングだけなら¥5,250ー
どちらになるか あるいは数本だけ交換になって
その中間価格になるか
洗ってみなければわかりません。
omegabefore14
本体とベルト取り付けのピンもサビて曲がってしまっていましたが
通常品ですので 交換サービスさせていただきました

omegabefore12

拡大して映してありますので よくわかりますが
時計の汚れは意外と気づかれないことが多いようです

omegabefore15

今回は分解掃除ではなく
時計クリーニングのご依頼でしたので

omegaafter11
ムーブメントはいったん取り出して 
時計のケースとベルトのみのクリーニングです

omegaafter12

omegaafter14
心配していたピンの状態も今回はギリギリセーフでした。
オメガのこのタイプはベルトピンが外れて
(殆どサビが原因)ベルト修理にお持ち込みいただくことが多い時計です

定期的なクリーニングは
美観を保つだけでなく、ベルトピンの劣化を防ぐことにもなります。
大切にしたい時計は クリーニングを
習慣付けにしていただきたいですね



 

時計クリーニングが常識になるよう応援していただけると嬉しいです。ポチッと クリックお願いします。人気ブログランキングへ

▲このページのトップへ移動する