SEIKO DOLCEのクリーニングと電池交換です。
1 

SEIKO DOLCEの超硬質タイプです。
お預かりの時はこのような感じでした。
2 
ベぜル周りに汚れが付着しています。
3 
裏蓋を開けると本体との接合面に汚れの侵入が見られます。
4 
裏蓋側も同じように異物が付着しパッキンにも張りがありません。
5 
リュウズの周りもご覧のとおりです。
6 
ここからは超音波洗浄機を使いヤシノミ洗剤でクリーニングした
アフターの写真です。
7 
リュウズの内側に輝きがでてきました。
8 
裏蓋も艶があります。
9 
ケースの裏側はまるで新品のようです。
10 
裏蓋を閉めて完成です。
超硬質タイプの時計はキズには強いのですが、衝撃に弱いので
落下などに注意が必要です。

時計クリーニングが常識になるよう応援していただけると嬉しいです。ポチッと クリックお願いします。人気ブログランキングへ

▲このページのトップへ移動する