2005年11月30日

「舞-乙HiME」第8話

舞-乙HiME

第8話:運命の軛

契約を結んでしまったアリカとマシロ、なんとか解く方法を探す。
前話で鳴らした“ハルモニウム”とは?
調べ物のために禁書庫にもぐりこむ皆(アリカ、ニナ、イリーナ、エルスティン)、手引きはナオ。
いろいろありGEMをなくしたことがばれてしまい、新しい物を貰うことに。

放浪者でアリカの知り合いミユ、取れない“蒼天の青玉”のGEMを取り外したりと知識人です。ついでに肩には小鳥姿のアリッサ。
乙女の神祖は二三さん。
シアーズ財団広報四課にいたジョン・スミス、影で暗躍するの? 影薄いけど……。
最後にアスワド首領としてミドリさん登場。
前作のキャラが続々と登場中。

面白いけど前作ほどひき付けるだけの魅力がない気がします。
今回の作品は女の子ばかりだし、主役のアリカとニナには強力な個性があまり無い。と云うか前作キャラが目立ちすぎてる?
でもみていて楽しいの。

久ぶりに感想を書いてみました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/senjuou/50255326
この記事へのトラックバック
「運命の軛」 城の地下で遺跡に触れ、マシロとアリカが契約した事を知ったナツキ。だ
舞乙HiME・第8話【たこの感想文】at 2005年12月01日 01:24
舞-乙HiME: 前回、鐘の音によりGEMを破壊されたアリカ。 一応蒼天のなんたらが収まってはいるのですが、それを公にする訳にはいかないらしく、舞闘の授業をサボってしまい、結果、罰掃
舞ー乙HiME@第08話、運命の軛【Phantom Moon】at 2005年12月01日 02:14
アリカとマシロの契約により物語が大きく動き出し始めたこのアニメ。全てはこれからと言った感じですね。正直かなり楽しみです。さて、今回もプッチャン達にお願いしましょうかね?好評だったかは定かではありませんが・・・。
(アニメ感想) 舞-乙HiME 第8話 「運命の軛」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】at 2005年12月02日 03:22