まんぞうは、仕事上、いつでも鞄に入れて、気がついたときにすぐ取り出せるカメラが必要です。
用途は、主に建物や敷地の状況を記録しておくことです。

まんぞうは、このためにRICOHのGRD3をずっと使ってきたわけですが、正直、ズームがついていないので不便に思ったことが何度もありました。

ということで、オリンパスのXZ-1に鞍替えしてみたものの、サイズが少し大きかったり、水準器がついていなかったりと、何となく使いにくいんですよね・・・
まあ水準器は、ベルボンのデジタル式のやつをアマゾンで購入して装着したからあまり不便には感じないのですが、その分かさんでしまうのがちょっと残念。


というか

建物を撮影していると、XZ-1のほうが歪んで見えることが多いような気が。白飛びしちゃうことも増えたみたい。

気のせいかなあ・・・
修正前
(XZ-1)


素人まんぞう、無茶をします
センター南駅に出かけた際、たまたま両方もっていたので、実際に比べてみることにしました。
撮影するときは大抵オートなので、今回も何も考えずにシャッターを押しています。

まず、GRD3です。
GRD3
(GRD3:f/3.2 1/810秒)


次にXZ-1
XZ-1
(XZ-1:f/3.2 1/640秒)


色は、XZ-1の方が実際に近い気もしますが、ゆがみはGRD3の方が小さいように感じるのは、思い過ごしでしょうか。

今まで使っていて慣れている分ひいき目もあるのかも・・・