2008年02月20日

今年の短答は

今年の短答は、免除制度が導入されたことにより、ボーダーラインが上がるといわれています。

では、何点上がるのでしょうか。
短答の勉強をする上では気になるところだと思います。

私の予想は、試験の難易度が同じであれば1点か2点だと思います。

今年の試験は確かに短答式試験だけを目指して、論文の勉強をしていない人が多いのですが、今年の論文はそれだけにチャンスということで、いつも通り論文の勉強をしている人も少なくないのです。

そうすると、短答の勉強だけをしている人というのは、多くとも全体の半分ではないかと考えられます。

いつも通り論文も勉強している人は、単純に考えれば短答式試験のボーダーを上げることに寄与せず、ボーダーを上げるのは短答の勉強だけをしている残りの半分ということになります。

単純に考えれば、半分の人数でボーダーを1点上げるためには、その半分の人は平均で2点上げなくてはならないということになります。2点上げるなら4点、3点なら6点です。

確かに短答の勉強だけをしていれば得点は上がりますが、論文の勉強をしていても全く短答に役に立たないということではないので、論文の勉強の分を全て短答に回したところで、6点上げるというのは難しいと思います。

したがって、今年のボーダーは、試験の難易度が同じであれば、上がったとしても3点。妥当なところ1点か2点でしょう。

とはいっても、やはり模試等で自分の位置を常に確認しながら勉強するということが一番です。




senkosensei at 23:35│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔