2019年01月27日

贋作者役者紹介-熊吉→よしたくの巻-

本日は、雅朝役、吉本琢哉くんをご紹介させて頂きます。

2FBD3242-34B8-4C06-9CEF-D8731AE52179


稽古場ではみんなから「よしたく」と呼ばれています。
なので、これからは「よしたく」で文章を書き進めていきたいと思います。

「よしたく」は今回の出演者の中で最年少!
お肌がピチピチで、いつも光り輝いていて眩しいです!!
直視できないです!!若い!!!
若いのに、性格は落ち着きがあって、穏やかで、本当に最年少なのだろうか?と思う時があります。
たまに帰り道が一緒になる時がありますが、私の話をうんうんと聞いてくれるので、きっと穏やかで優しい子なのだと思います。

「よしたく」は、いつも稽古場でパンを食べています。
しかもほぼ毎日、渦巻きになっていてどーんと厚さがある存在感があるパンを食べています。
ごはん派の私は、パンを食べている「よしたく」を見ては、お腹空かないのだろうかと思ってしまいます。

「よしたく」は贋作者の稽古が終わった後、さささっといなくなる時があります。
どうやら、さっぽろ市民ミュージカル『ノロウェイの黒うし』というお芝居の稽古に行っているようです。
稽古の後にまた稽古とは…忙しい!!!
その市民ミュージカルは3月8日〜3月10日までコンカリーニョで公演があるようです。

「よしたく」を稽古場で見ていると、ものすごいスピードで変化していって、その姿を見ているのがわくわくします。
贋作者の本番時には今とはまた違う「よしたく」に出会える、そんな気がします。

皆さま「よしたく」要チェックでございます!!!

23763D63-3F76-4ADC-8202-8616CBB69549


熊木志保

sennen8948 at 22:13│Comments(0)mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード