ラパスのバスターミナルで見つけた。大きな看板。

potosi 5
コカ・アンディーナというエネルギードリンク。
ラパスの街や空港で探したがなかった。
空港売店の店員が「よく訊かれるが、入荷したことがない」
とのこと。

ウユニの街で見た看板。
potosi 6

アルコール抜きのモルツドリンク。
これも試したいと記録したが・・。


リャマ肉と一緒に飲むのは何がいいかな?

ポトシのビール、ポトシナに興味があったのだが、中瓶しかなかったので、一人では飲みきれないのであきらめる。
かわりにDel Valleなる飲み物があり、ピーチのネクターだということだったので頼んだ。
 
potosi 4
おじさんが注いでくれたのだが、こちらが驚くほど必死の形相で振っていた。

ボトルはこんな感じ。
potosi 1

懐かしの不二家ネクターよりも薄い感じがする。

大きな容量ではピーチ以外の味もあるよう。http://www.delvalle-bo.com/

ペルーでは口にできないリャマ肉(ペルーでは干し肉となる)とネクターを口にして満足だったのだが、あきらめきれず、ポトシーナビールをコンビニのような店に探しにいく。
15ボリビアノス。高い!ペルーだと7.5ソーレス?クラフトビール並みの値段。

日曜の夜9時近く。早くしてくれと言わんばかりの態度のオバチャンに、栓抜きで開けてもらい、プラスチックの使い捨てコップを一つだけもらってホテルの部屋に戻る。

potosi 2



 potosi 3

アルコール度数が高い・・。

Cerveceria Nacional Potosiとなっていて、国営企業のような印象をうけるが、インターネットで沿革 を調べると民間企業のようだ。
http://potosina.bo/historia
有名なパセーニャヤワリといったビールはCerveceria  Boliviana Nacionalだが、国営ではなく、民間の株式会社。

わからん!ボリビアのスペイン語。
ナシオナルとは全国規模の・・ということなのだろうか?

マイルドな味でこのあとよく眠れた。

ペルーでは手に入らないものをもう一つゲットしてハッピーな気分に

しかし、ホテルチェックアウトから空港への出発まで5時間の間。
マルティタ・ポトシーナもコカ・アンディーナも探すことはなく、インターネットと読書で時間をツビしてしまった。



少し心残り・・。


にほんブログ村