神戸メリケンパークの世界最大級のクリスマスツリーが12月26日に撤去されたという。

ペルーに発つ1週間前に、インバウンドミーティング忘年会で知り合った、
ツリーの故郷、氷見市関係者の方に誘われて夜のメリケンパークに出た。
IMG_20171209_022701_579

賛否両論があったこととはつゆとも知らなかった私。
ただ、DELE(スペイン教育省認定世界共通スペイン語検定)C1試験対策のレッスンで、
スペイン人の先生に
「世界最大級のクリスマスツリーが神戸港に来たらしいけど、12月26日に撤去されるって」
と言うと、
私が26日に撤去という部分を強調したために、私の意図をすぐに理解して、
「そうだよねペルーもスペインもクリスマスは1月6日まで続くから。日本ではハロウィンが終わるとすぐにクリスマスキャロルがかかり始めるから」

まったくだ。
勉強に行った西舞子のスターバックスでは11月初旬からクリスマス気分で頭が痛くなった。

ペルーではまだクリスマス。
馬小屋飾りとも生誕飾りともいわれるナシミエントがまだまだ飾られている。
昨日行ったダンスパートナーのアカデミーでも見られた。

NACIMIENTO 2

東方の三賢王の訪問を受ける幼子イエスの人形。
NACIMIENTO 1

中央市場にも巨大なのが・・
IMG_20171218_184415_539

IMG_20171218_184415_538

12月28日は幼子殉教者の日。
イエスの誕生で、将来の王が生まれたということを恐れたヘロデ王が
そのイエスを探すためにベツレヘムの2歳以下の幼児を虐殺したという日。

この日はペルーでは嘘をついてもいいとされている。

今日も練習中、先生がスマホのメッセージを読んで飛び出していった。
帰ってきて言ったのが、
「交通事故にあった、って言うから連絡したら、嘘だって。冗談がすぎるよ!」
って。

嘘もほどほどに・・