シンガポール探検

2010年10月31日

成田に到着 A380ツアー終了

日本時間早朝、7:30AM 成田空港に無事着陸しました。深夜便は寝るだけですねえ。出発と同じ46番ゲートに到着です。今度はエールフランスかルフトハンザのA380を探検したいですねえ。

46番ゲートに到着






















おお、噂をすればなんとやらルフトハンザのA380がフランクフルトから到着です。その着陸風景もどうぞ。(このあとまた小型機で仙台に戻りました)

ルフトハンザA380到着ぐんぐん近づきます











来ました、来ましたはい、到着です



senorsuperstar at 10:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月30日

SQ638便 機内食(A380ミッドナイトフライト)

チャンギ空港離陸一路日本へ
デカイ翼、そろそろ夜明けです









真夜中に離陸、一路東京に向けてぐんぐん上昇します。(エールフランスのA380は機首と尾翼にカメラが付いていて離着陸と夜明けの映像などを見せてくれるそうです)さて一眠りするか。 午前5時過ぎ朝食とやらでたたき起こされます。(もちろん寝ていてもいいんですが・・・)メニュカードが再び渡されます。和食と洋食を一応頼みます。でもほとんど手をつけませんでしたねえ。食欲がわかなかったんです。



アメリカンBF フルーツ美味い和食 アナゴとネギ

senorsuperstar at 19:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

帰国します (SQ638便 A380)

夜中の便で帰国します。往復ともSQのA380便にしたため23:30発、ミッドナイトフライトです。21時過ぎにはチャンギ空港に到着、チェックインして少しお腹に食物を入れて、第2T B2へ。



T2 B2 成田行SQ638





B2ゲート


senorsuperstar at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

バーゲン開催中(高島屋)

帰国前に少しお買い物がてら地下街を散策して『高島屋』に来ました。シンガポールの有名デパートは伊勢丹と高島屋なんです。そこで繰り広げられていたのは地下2Fのフロアを使った大バーゲン、こりゃすごい。靴が10S$とか服が15S$とか激安ですなあ。しかし、この雰囲気に圧倒され文字通り高見の見物を決め込みました。

シンガポール高島屋の地下大バーゲン開催中

senorsuperstar at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月29日

ラッフルズ ベストスポット

南国の風と青い空エンパイアカフェラッフルズ卿もいます







図々しくもドアマンにタクシーのドアを開けてもらい、中に入ります。残念ながら正面入り口は宿泊客のみ、左側から廊下を進みます。ラッフルズホテルショップに大勢の旅行客(大半は日本語をしゃべっております)がたむろしております。(Tシャツ買いました)1Fから2Fへ階段を上り探検です。トイレも行ってみよう、てな訳でトイレも探検、英国領時代のコロニアル風の建物に南国の風が吹いています。

ラッフルズコートヤード2Fの廊下いい雰囲気ラッフルズのトイレ









senorsuperstar at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

東洋の真珠 ラッフルズ・ホテル

ラッフルズのドアマンセントーサ島から一度オーチャードに戻りちょっと休憩、そうだラッフルズホテルに行ってみよう。ってことでTAXIで正面玄関へ。
ターバン姿のドアマンが迎えてくれます。
サマセット・モームやチャップリンも泊ったホテル。
1泊7万円位だそうですが、まず予約がいっぱいでとれないそうです。
コロニアル風の木造3階建て、『東洋の真珠』と呼ばれる名門ホテルです。



ラッフルズホテル正面入り口

senorsuperstar at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ビーチ・トラム(Beach Tram)

セントーサ島を移動するにはこのトラムが最適、2ラインあります。入島料を払っていれば乗り放題です。デザインなかなかいいですなあ。

これは屋根あり屋根なしは暑いよう



senorsuperstar at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

留座(Reserved)

留座ですそろそろお昼です。セントーサでランチしましょう。おお涼しい・・・では席はどこかな?『留座』って予約席のこと?雰囲気良く分かるなあ。
では留座を見ながらオーダー、もう一度チキンライスを、これは蒸し鶏だったね。英国領だったからもう一品は『フィッシュ&チップス』

チキンライスをもう一度フィッシュ&チップスも

senorsuperstar at 20:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年10月28日

ドルフィン ラグーン(Dolphin Lagoon)

お見事 輪くぐり成功水族館をあとにしてすぐそばのLAGOON(プールだけどね)で桃色イルカのショーがあるとかで行ってみました。陰のある観覧席から埋まっていきます。だってかなり暑いですから。アイス食べよう〜〜〜。ピンクドルフィンが3頭お出ましです。まだ2歳とかで半分灰色ですがちゃんと芸をしました。イルカは賢いからねえ。はい拍手拍手!!!ちなみに水族館とイルカのショーで入場料は22.9S$(1500円くらい)でした。

NBAならぬSBA
背泳ぎして拍手の催促です

senorsuperstar at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

アンダーウォーターワールド(水族館)

SCUBA MAN水族館もあります。子供たちの遠足に最高の場所でしょうね。子供たちの嬉々とした声が響きます。エイやサメの肌に直接触れたりなかなか面白い趣向です。今はやりの80mの水槽トンネルもあり、(品川水族館で感激したなあ)水槽のガラスをスキューバを背負って職員が中から掃除してます。ちょっと休憩するには涼しくていい所です。
熱帯魚水槽
変幻自在のコウイカ
クマノミとイソギンチャク

senorsuperstar at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

シンガポールはFINE CITY

シンガポールは素敵な、清潔な街です。整然とした道路、白で統一された建物、高さも制限があります。まさしく素晴らしい街、FINE CITY です。
      『Singapore is a fine city
その一方、電車に落書きをして禁固5カ月、鞭打ちの刑に処されたスイス人もいました。そのほかゴミのポイ捨て、道路への唾吐き、公衆トイレで水を流さないことが罰金の対象となるなど、シンガポールには規則や罰金が多いためFine City、Fine Countryと呼ばれているんですよ。気をつけましょうね。

FINE CITY Singapore

senorsuperstar at 20:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

ここはハワイかモルジブか?いいやセントーサ島じゃ

セントーサリゾートと貨物船青い空、白い砂浜、そよぐ椰子の木・・ここはハワイです。と言ってもまず疑いませんね。しかしよく見るとヨットや客船、サーファーが見えませんね。よーく見てください。貨物船が往来しています。シンガポール海峡は船の要衝です。このセントーサ島のシロソビーチは人工ビーチ(ワイキキもそうですよ)なんです。モノレールの女子学生の集団もここで海水浴してるんだろうなあ。


パラソルと日光浴洋上コテージもありますよ









シンガポール海峡の貨物船ワイキキ?否シロソビーチ

senorsuperstar at 19:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年10月27日

タイガースカイタワー(Tiger Sky Tower)

タイガースカイタワーとマーライオンマーライオンタワーの右側のエスカレーターでシンガポール1高い展望塔、『タイガースカイタワー』に上ります。円盤型のキャビンが360度回転しながら110mまで上昇していきます。おお、これは絶景かな、絶景かな。シンガポール本島、シンガポール海峡、遠くはマレーシア領まで見えます。7分間の空中散歩は12S$です。

北はシンガポール建設ラッシュ
北東はプラニ島と彼方はマレーシア







南西はシロソビーチ
南はシンガポール海峡

senorsuperstar at 21:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年10月26日

マーライオンタワー(The Merlion Tower)

マーライオンタワー全景、右端エスカレーターセントーサ島の中央部に聳え立つシンガポール最大3頭目の全長37mのマーライオンです。(このほかにシンガポールにはあと2頭、全部で5頭のマーライオンがあるそうです。4頭目はマウントフェーバーの丘5頭目は政府観光局の本局の前庭だそうです)
9Fのマウス展望台、12Fのヘッド展望台から絶景が見渡せます。



マウス展望台、目はレーザービム

ヘッド展望台

senorsuperstar at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

リゾートワールド・セントーサ

シンガポール港のクレーンシンガポール港を見下ろしながら、セントーサリゾートにもうすぐ着きます。
おおUSSもマーライオンもお出迎えです。USSは2010年1月オープンのホッカホッカテーマパークです。(大阪のUSJは10年前に行きました)7つのテーマゾーンに24のアトラクションがあるそうで、まだまだこれから拡充するそうです。

セントーサ島のゲートですリゾートワールドセントーサ








ユニバーサルスタジオシンガポールシンガポール港

senorsuperstar at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

セントーサエキスプレス(Sentosa Express)

セントーサエキスプレス インビア駅にてシンガポール島の南端、『セントーサ島』へ向かいます。何があるのかって?USS(ユニバーサルスタジオシンガポール)、マリンライフパーク、水族館&ビーチリゾートです。本島南端のビヴォシティからセントーサエキスプレス(モノレール)でセントーサ島に向かいます。2両編成の日本製、日立の車両です。色は青、緑、ピンク、パープルの4種類、次のインビア駅(マーライオンタワーがあります)まで約5分です。女学生がいっぱいです。朝なのに学校でもあるのかな?いいえ、終点のビーチ駅で海水浴なんだそうです。入島料込みで3S$です。


ブルー車両が来ますシンガポール港を行くグリーン車両ピンクとグリーンが交差



senorsuperstar at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月25日

トラムに乗ってナイトサファリへ

日本語トラムにエントリー、3両編成の電気バスで出発です。約45分、うっすら明るい中を進みます。動物との境は濠で隔絶されています。フラッシュは禁止ですからまずカメラはX,目に焼き付けましょう。ゾウ、マレートラ、インドサイが動いて餌を食んでいます。静かですが動物は確かに生き生き活動しています。そのあとはアニマルショーで楽しみました。

電動トラムに乗ります
唯一撮れたウンピョウ



炎のショー

senorsuperstar at 20:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

チリクラブ(Chili Crab)

先ずは腹ごしらえ、チリクラブをオーダー、なかなか豪華な料理です。蟹を食べると何故人は無口になるのでしょうか?それは我を忘れ食うことに熱中するからであります。ボウルで手を洗い、洗い格闘中です。7皿位でてきました。フルーツはスイカが一番美味しかったです。

チリクラブ中華?



ナイトサファリレストラン

senorsuperstar at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ナイトサファリ(Night Safari)

世にも珍しい夜にのみOPENする動物園(動物たちは夜行性のものが多いからね)、ナイトサファリに出発です。シンガポール島の北部へエキスプレスウェイを走ります。夕方のラッシャワーですから結構混んでます。みんないい車に乗ってますねえ。BMW,LEXUS,BENZ などなど日本の3倍くらいしますから1000万円から2000万円ですぞ。まあそんなことを思いながら30分ほどで到着です。隣はシンガポールZOOです。

ZOOとSAFARIですナイトサファリ

senorsuperstar at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月24日

シンガポールの通貨

ではシンガポールドルを紹介しておきましょう。1シンガポールドル=約65円くらいでした。(今は円高だからね、高いときは1S$=90円のときもあり)
さて紙幣の絵柄は全て初代大統領:ユソフ・ビン・イサークさんです。
2,5,10.50S$この辺までがよく流通しており、プラスチックがつかわれています。100、1000,10000S$は殆どみません。なお10000S$は世界で一番高額な紙幣だそうです。コインは1、5、10、20、50C & 風水の発想からできた八角形の1ドル硬貨があります。

シンガポールのお金


シンガポールコイン


senorsuperstar at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

フード・ジャンクションでランチ

定番フードコート、フードジャンクションで昼食です。まず『チキンライス』蒸し鶏とジャスミンライスが定番ですが、ここでは焼き鶏でした。このほうが食べやすいなあ。次は『ラクサ』を探したけどメチャクチャ並んでいるのでエビワンタン麺風をチョイス、もう一品頼むか・・・チリ唐揚風をオーダー・・・・う〜〜んお腹が減っていたのでB級グルメとしては合格、さてどうしても『アイス・カチャン』が食べたい。コーンと小豆がマッチしてますなあ。ココナッツジュースも飲んでみるか?薄い砂糖水ですな。ほぼ3〜5S$安い。そうそう暖かいスーイーツとしてシンガポール風イモとココナッツのお汁粉、『ボボチャチャ』も飲みました。えーと、いまいちです。

チキンライス&ワンタン麺チリ唐揚
アイス・カチャン&マンゴージュース







ココナッツ
温かいボボチャチャ

senorsuperstar at 19:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

ドリアン シアター

形がドリアンに似てませんか?正式名は『エスプラネード・シアター・オン・ザ・ベイ:Esplanade Theater on the Bay』と少し長ったらしいのでドリアンと呼ばれています。劇場、コンサートホール2000名収容です。

河辺に建つドリアン


ドリアン全景

senorsuperstar at 16:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

シンガポールフライヤー

半径80m、高さ165mマリーナのもう一つの名物、現在ロンドン・アイを抜いて世界最大の観覧車です。これもかなりの地点から見えるランドマークです。故黒川紀章さんのデザインです。30人乗りで28基が一周約30分の空の旅を演出します。最高到達地点は165m、42階建てのビルに相当します。ちなみに料金は29.5S$(約2000円)です。


マンダリンオリエンタルHとSフライヤー30人乗り28基1周30分

senorsuperstar at 15:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

マリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)

地下のサンズホテル入口
これは何だ?とにかく度肝を抜く建物です。3棟からなる200mのホテルの屋上に巨大な舟が・・・・これはカジノ、ホテル、屋上階は150mプールと言うとんでもない建物なんです。シンガポールの夜に浮かび上がる不夜城という感じですかね。左の下には蓮の花をかたどったミュージアムもあります。この地域、現在さらに開発中です。地下の駐車場も大型バスが入れます。どこからでも見えるシンガポールの新しいランドマークです。(お星様はナマズビルと呼んでいます、先端に髭をつければ CAT FISHに見えませんか?)


マリーナ・ベイ・サンズ全景


















先端部分 ナマズに見えません?

senorsuperstar at 15:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年10月23日

マーライオン Merlion

小ライオン2mくらい本家マーライオン8m世界三大がっかりと揶揄されるマーライオンにご対面です。マリーナ湾のマーライオン公園に二頭いますよ。2mほどの小ライオン、8mの三大がっかりマーライオン、二頭は背中合わせに建っています。あとセントーサ島に37mの大マーライオンもいます。(後ほど紹介します)改装されてデッキも整備され結構楽しめますよ。ここからはマリーナ対岸に色々な建物が見えます。

横からマーライオンを
まるで猫さんみたいだよ二頭の位置関係





senorsuperstar at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

シンガポールの街路樹

鳳凰木、マメ科の赤い花、街路樹としてたくさん植えられています。火焔樹と間違われるそうですがマダガスカル島原産の木です。大きな豆ができています。台湾、タイにも多く見られるようです。もう一つはオオサルスベリ、ブーゲンビリアみたいです。ホテルの庭には蘭が咲いています。熱帯なので一年中花が絶えない楽園ですね。

鳳凰木オオバナサルスベリ




バイケイラン

senorsuperstar at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ロングビークルとトライショー

シンガポールは国土が狭いため、車はとても高い、日本の2〜3倍します。そのためバス(0.7~1.7S$:50~100円)、MRT(1~2.2S$:65~150円)、タクシー(初乗り2.8S&:200円)がとても割安です。このロングビークルの横の青いタクシーはトヨタコンフォート、赤いウイッシュも多いです)いまは観光用のみみたいだけど三輪自転車(トライショー)も時々走ってます。これは3時間ぐらいで1人6,000円、ちょっと高いね。

2連式のバスも、タクシーも安いトライショー2人乗り




MRT Mass Rapid Transit





senorsuperstar at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

シンガポールのトラックの荷台には人が乗れます

シンガポールの開発は凄いなあ、と思います。林立するクレーン、セントーサ島にUSS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)やカジノを誘致したり投資を呼び込む積極策は感嘆に値します。建設工事が大量の労働者を呼び込んでいます。インド、バングラデシュ、パキスタンの出稼人が朝夕のトラックの荷台に乗って現場に向かいます。この数字の読み方は左の数字60とか70は最高速度、右の11とか10は荷台に乗せられる人の数です。インシュアランスをかければステッカーが公布され人を乗せられるそうです。日本ではいくら保険をかけても荷台に人は乗せられませんね。なかなか面白い光景です。

このトヨタは70km11人
三菱荷台に乗っています

senorsuperstar at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Raffles Landing Site)

ラッフルズ卿右側ラッフルズ卿正面シンガポールはイギリス東インド会社のトーマス・スタンフォード・ラッフルズ卿が1819年1月に上陸、イギリスの植民地としたもので上陸地点に白亜の像が建っています。(建物表側には黒い像が建ってます)、彼は45歳で亡くなっていますが、シンガポールに居たのは3〜4年でラッフルズホテルも彼の名前から来ています。そうそうあの世界最大の花(臭い花)ラフレシアも彼が発見、彼の名前が語源だそうです。

Q.さてシンガポールの由来は何でしょうか?
A.シンガプーラSingapura(「ライオンの町Lion City」を意味するサンスク  リット語がその語源だそうです。


ラッフルズ卿上陸地点の像


表側の黒い像

senorsuperstar at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月22日

次はイスラム教のモスクだ

イスラム教モスクですマレー系住民はムスリムの方が多くいたるところにモスクがあります。
金色のドームがモスクを象徴しています。シンガポールは多民族国家ですねえ。
マラダーモスクって書いてあります。地名かな?

senorsuperstar at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

仏教の次はヒンドゥ教 スリ・マリアマン寺院へGO

15mの塔 ゴーブラムシンガポールの人口は470万人、その8%はインド系です。リトルインディアもありますが、この寺院はチャイナタウン中心部にあります。変な感じですが1827年建立時には周りには中華街がなかったのかも知れません。とにかくシンガポール最古のヒンドゥー教寺院です。高さ15メートルの5段の塔、ゴープラムと呼ばれる高い門が聳え、極彩色で彩られたヒンドゥーの神々の彫刻で埋めつくされています。入口で靴を脱ぎ(靴箱なんてありません、脱いで並べておくだけ、盗られたらお終いだなあ)裸足で中に入ります。なになに中で写真を撮るなら3ドルだそうです。撮りませんよ・・・しかしヒンズー教徒も敬虔な人たちが多いですねえ。真剣にお祈りしてました。




この極彩色凄い聖なる牛が塀の上に










ヒンズーの神々聖なる獅子も

senorsuperstar at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

新嘉坡仏牙寺

膝まづいてお祈りしますチャイナタウンに御釈迦様の歯を祭る新嘉坡仏牙寺があります。立派なお寺ですねえ。香港、台北のお寺を彷彿とします。善男善女がお参りをしています。膝をつくところにロングクッション、座布団があります。ではお釈迦様にお祈りを!!『家内安全』『健康第一』です。しかし金ピカです。ミニスカとかタンクトップは入口で肩掛け借りられます、露出の多い衣装はNO GOODです。

仏牙寺 五層の寺です金ぴかの仏様



senorsuperstar at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月21日

市営住宅の物干し

市営住宅は市内いたるところに高層住宅として建てられています。
中に市場、スーパー、学校、銀行とすべてそろっているようです。
市営住宅と一般マンションの見分け方。

1.市営住宅にはベランダがない
2.だから洗濯物は物干竿をのばしてこのように満艦飾に干します。
3.一般のマンション(4〜5000万円するそうです)はベランダがあるので
  洗濯物が見えない・・・・(国旗で隠してるのかな?)

市営住宅 洗濯物
一般マンション ベランダあり

senorsuperstar at 21:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

屋台で朝食をとるおばあちゃんと孫

孫とばあちゃん屋台で朝食シンガポールでは独身者は家を持つことができません。結婚するとシンガポール国民は市営住宅を購入する権利が与えられます。(独身はダメ、ただし高級マンションは買えますよ。)共働きで1000万円ほどで3〜4DKが手に入ります。大家族で同じ家に住むのが一般的なのです。子どもの面倒は同居している祖父母がみるのです。このあとお嬢さんはスクールバスに乗って学校へ行きました。

senorsuperstar at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

チャイナタウンマーケット

シンガポールのチャイナタウンシンガポールの住民は中華系が77%、マレー系が14%、インド系(印僑)が8%、チャイナタウンはその中華系の住民の街です。ではマーケットを探検しましょう。蛙、亀を生きたまま売っています。もちろん食材としてです。






蛙3匹 10ドル(650円)亀も売っています










野菜も売っていますが、一般の主婦は買物には来ません。なぜならほとんどが共働きで自宅で食事は作らないからです。主な客は食堂の買い出しということのようです。食事は外の屋台、ホーカー等でとるんです。もちろんすべて輸入品で、シンガポールで作られたものは皆無です。食料はマレーシア、インドネシアから輸入されています。

八百屋さんです 客がいません野菜は日本と変わらない





senorsuperstar at 20:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年10月20日

シンガポールの高層ビル群

シンガポールは琵琶湖ほどの面積で、国土がせまいので効率よく土地を利用することが必要です。よって高さでその効率を追求する結果、高層の建物が多く建っています。それを可能にしているのは地震がない、台風が来ないという立地条件なんです。スマトラ、ジャワは巨大地震が起きているのに不思議ですねえ。

必然的にビジネスビルもマンションも上に上に伸びていくことになります。緑も多く区画も綺麗に整理されており、美しい街です。

マリーナ地区尖塔は戦争記念公園シティ街 左側通行ですよ










シンガポールは緑が多い市営住宅も高層

senorsuperstar at 21:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年10月19日

We're  hungry! Tenemos hambre!  腹へったあ〜

お腹ペコペコ、何食べる〜〜?とにかくオーチャードロードの近辺で捜します。この辺りは屋台(ホーカー)は無いみたいでIONビルの地下に潜ります。涼しいなあ〜〜  寿司屋の前は長蛇の列、世界は寿司ブームだね。麺類でいこう!!最初は中華でした。


豚カツラーメン?みたい 美味い天婦羅うどん?いけるよ中華風粥?辛い

senorsuperstar at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

オーチャードアイオンの夜景

夜のシンガポールフォーシーズンズホテルから歩いて食事に出かけます。もう8時すぎです。このオーチャード・ロードとスコッツ・ロードの交差するところはいわば銀座4丁目の三愛、和光といったところです。非常にHUMID,夜とはいえ30度近くあります。若い女性も多く、シンガポールは安全な街ですね。





オーチャードIONビルスコッツロード

senorsuperstar at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ホテルにチェックイン

緑の中の4シーズンズHチャンギ空港はシンガポール島の東端、市の中心部オーチャードRDのホテルに向かいます。車が多いですねえ。シンガポールの車は日本のほぼ2.7倍(国土が狭いので車は制限されています)カローラクラスでも5〜600万円します。
旧英国領だったので右ハンドル、左側通行で違和感なしです。整然としたクリーンな街、国です。フォーシーズンズホテルに到着、チェックインです。



ホテルの中
Wドレッサー
バスR&シャワーR

senorsuperstar at 21:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年10月18日

とてもOPENなイミグレーション

OPENなイミグレーションUSAの入国審査場(Immigration)に比べたらなんとOPENな入国審査場でしょうか。(感激!!)一番右端がシンガポーリアン、左側が外国人用です。当然右端が空きだしますとどうぞと手招きします。カウンターにキャンディの置いてあるイミグレーションは初めてでした。下の2枚はチャンギ空港の大きさを撮りました。広いでしょ。

向こうが見えないぐらいです広いターミナル

senorsuperstar at 21:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

チャンギ国際空港に到着

アジアの三大ハブ空港というとソウルのインチョン国際空港、香港の香港国際空港、そしてこのシンガポール・チャンギ国際空港でしょう。三空港とも利用しましたが確かに便利で大きいですね。残念ながら成田はハブ空港としては認知されていません。チャンギ空港はオーストラリア、アジア、欧州へのカンガルールートの乗り継ぎ空港として24時間稼働しています。

第1〜第3ターミナルに92のゲートがありどのターミナルにもA380用のWボーディングデッキが装備されているそうです。SINは11機のA380が
就航しておりあと8機が納入される予定です。

B4ゲートに到着、なんと2機のA380が並んでいます。 

SQ637到着向こうにもA380ひいて撮ってみました

senorsuperstar at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

シンガポール上空です

シンガポール俯瞰図東京成田から約6時間半、北緯1度21分(もう赤道直下だね)のチャンギ空港に着陸します。シンガポール島と周りの島嶼(とうしょ)地域がシンガポール共和国です。気温は30度、湿度75% と報告されております。

機長の操縦とても素晴らしかったですねえ。この空飛ぶ鯨:A380が滑るようにランディングしましたよ。


senorsuperstar at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

A380のウイングレットとお月さま

南支那海、12000mの上空です。巨大な翼の先にウイングレットが付いています。エアバスのウイングレットは矢印型ですね。まるで信号みたい、青、黄、赤のトリコロールカラーが紺碧の空に映えます。お月様ものぞいてますね。
入道雲もお出迎えです。もうすぐシンガポールシティ上空です。

入道雲お月様とA380の翼続きを読む

senorsuperstar at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月17日

シンガポールガールのサロンケバヤ

サロンケバヤシンガポール航空といえばあの民族衣装のサロンケバヤ、世界中の空港(SINが就航している)で見かけます。フランス人デザイナー、ピエール・バルマン氏のデザインによるユニフォームです。

青:FlightStewardesフライトスチュアーデス、緑:Leading Stw、赤:Chief Stw、紫:Inflight supervisorと制服の色でポジションが分かると機内紙にも紹介されています。

機内紙機内紙のCREW GUIDE
入社の際、採寸からカットまで3回の工程を経てジャストフィットのサロンケバヤがつくられ、着れなくなるとCA失職とか・・昇進しないと30歳が定年とか・・厳しい労働条件のもと頑張ってサービスを提供しているんですね。しかし男女雇用機会均等法?とかジェンダーに抵触しないのかなあ?

サロンケバヤが行く

senorsuperstar at 21:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

MENU付き機内食

MENU BOOK昼食メニューお腹も若干空いてきました。CAさんがMenu Book を配っています。路線ごとに違うメニューみたいで英語:日本語、英語:中文のようにパターンが違います。緑の表紙で経費かかってますよ。インターナショナルセレクションと和食から選べます。デザートはハーゲンダッツです。

INT:チキンキエフ      和食:和風ハンバーグ      ICE
INT:チキンキエフ和食、蕎麦付きハーゲンダッツ

senorsuperstar at 20:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

座席周りはこうなってます

Yクラスなら広く感じます。Knee clearance は十分かな。フットレストも付いています。モニターは10インチだからとても大きく隣の席のモニターは見えないようになっています。コントローラーもモニターの下に格納されていますし、すっきりしています。PC用のUSBなども接続できるようです。ただし、ソフトはいまいちです。日本の成田<=>シンガポールを往復しているのにサブタイトルに日本語がありません。英語、ハングル、ロシア語、中文です。それは無いだろう???韓国映画のラインナップに比べ邦画はお粗末のひとこと、新作もToy story 3くらいで残念です。6時間半の飛行だから我慢しますが、13〜4時間ならもうすこしソフトを考えてほしいですね。

10インチモニター

モニター全景









フットレスト

イヤホーン貸出

senorsuperstar at 16:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2階建エアバス A380(A  three  eight  o)の機内です 

機内最後尾の階段成田APのお昼前は出発便のラッシュアワーです。ゲートを離れたのが(正確に言うとこの離れた時刻が出発時刻だそうです)11:45AM、いよいよ離陸に向けて滑走路へ向かいます。中に乗っていても結構静かです。さあいよいよ離陸です。滑走距離が長いですねえ・・・ようやく離陸し南西へ向かいます。Yクラスのメインデッキ(1F)座席配列は3−4−3、アッパーデッキ(2F)は2−4−2ですが狭くは感じませんねえ。1Fから2Fへはこの階段を使います。





メインデッキ                アッパーデッキ
メインデッキ後方3−4−3アッパーデッキ2−4−2






senorsuperstar at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

シンガポール航空SQ637便に搭乗

11:30SQ637搭乗中エアバスA3802階建









11:30発シンガポール行きエアバスA380,SQ637便に搭乗します。メインデッキとアッパーデッキに搭乗口が分かれています。お星様はメインデッキ(1F)の搭乗口へ。



ダブルボーディングゲート搭乗中

senorsuperstar at 13:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

成田空港地下連絡通路

無事第1ターミナルにてSINのチェックインを済ませました。SQ637便成田発シンガポールチャンギ空港行きエアバスA380に乗ります。(もちろんYクラスです)少し時間があるので第5サテライト、第4サテライトの地下通路に降りてみます。ここを使うと移動は3〜4分、通常3Fの通路を使うと10分はかかるので早いです。以前も紹介しましたが殆ど誰も(空港関連職員が時々使うみたい)通りません。滑走路と同じ目線で飛行機が見れますよ。では46番GATEに向かいます。

地下通路 異空間でしょ地上から見たA380




senorsuperstar at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ボンバルディア成田の滑走路で立往生

成田空港に無事着陸、『ああ良かった、良かった』と少しほっとしました。
タキシングしてゲートに向かいます。あれなんかおかしいなあ。北ウイングで
動きません。機長のアナウンス『管制システムの異常でトートカーで牽引します』とのこと、なんじゃそれは・・・飛行時間30分、空港道路上で50分
ああやはりボンバルディアは信頼性がないなあ。乗客はすべて成田から国際線に乗り継ぐお客さんばかり・・・みんな『乗り継ぎ大丈夫ですか?』とCAに質問します。携帯の使用を許可されたのでターミナルで待っているSONに遅延を連絡します。(CAも大変ですね。)移動路上でプロペラ停止、牽引されて1時間遅れで到着です。こりゃ先が思いやられるなあ〜〜〜

プロペラ停止牽引されています事故対策車到着をパチリ




senorsuperstar at 10:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)