グランドキャニオン探検

2010年12月15日

ネリス空軍基地(Nellis AirForce Base)

ネリス空軍基地が見えてきました。ここはブルーインパルスの先輩格、エアーショウの主役『サンダーバーズ』の本拠地です。11月にエアショウが開催されるそうですが今年は13~14日、もう終わってますね。
二本の滑走路がよく見えます。
もうラスベガスが目の前です。
そろそろ着陸態勢にはいります。

ネリス空軍基地

senorsuperstar at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

バイバイ! グランドキャニオン

午後3時、グランドキャニオン空港を飛び立ち帰路につきます。進路を西にとりラスベガスにもどります。機上の人となった乗客は心地よい眠りについています。西陽を受けて赤く輝くグランドキャニオン、バイバイ〜〜


西陽を受けて染まる断崖赤い岩肌

senorsuperstar at 16:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年12月14日

MATHER POINT(マザーポイント)

東の端、マザーポイントに来ました。対岸のノースリムの景色を堪能します。


アイランドロック













地球の原形













織りなす岩盤













落ちそうな岩



senorsuperstar at 22:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

YABAPAI POINT から

東へ移動します。サウスリムルートを断崖に沿って歩きます。寒いです。
風は無いんですが多分2〜3度くらいでしょう。
ガイドさんに走るな!!と言われてゆっくり歩いています。
素晴らしい青空です。


ヤバパイポイント















地球の地層が見えます

senorsuperstar at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Bright Angel (ブライトエンジェル)からノースリムを

うっすら雪が残るサウスリムのブライトエンジェル展望台からノースリムをのぞみます。地平線のようにノースリムが広がります。

ノースリムの稜線















ノースリムの陰影

senorsuperstar at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

グランドキャニオン鉄道

ご存知ですか?グランドキャニオン国立公園にはバスでも、自動車でも、なんと鉄道でも来れるんですよ。ラスベガスから7〜8時間かかりますが・・・
駅に列車が停車しています。ビックリです。

グランドキャニオン鉄道

senorsuperstar at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

グランドキャニオン空港に着陸

お昼過ぎ、1時間のフライトでグランドキャニオン空港に無事着陸しました。セスナの事故は結構多いですから無事で何よりです。早速バスに乗り換えてブライトエンジェルに向かいます。お腹が減ってきたのでランチバスケットのサンドイッチを頬張ります。

標高2400mなので少し呼吸が粗くなっているかな?でも天気は最高ピーカンです。

グランドキャニオン空港に着陸帰ってくるまで待っててね








バスに乗り換え、雪道ですブライトエンジェル標識ブライトエンジェルロッジ

senorsuperstar at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

グランドキャニオン国立公園を空から

ラスベガスからほぼ真西に向かって飛行機は飛んでいきます。眼下にはグランドキャニオン国立公園サウスリム、ウエストリムの渓谷が見えてきます。ありがたいことに殆ど揺れません。でも乗客は寝ている人もいますね。時差と疲れからか瞼が重くなってくるんですね。でもバッチリ目を開けて見ましょう。

渓谷が見えてきます
コロラド川が蛇行しています
プロペラが写っていますねえ

senorsuperstar at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

コロラド渓谷の飛行場

フーバーダムを過ぎ、ミード湖も遠ざかる中、グランドキャニオンの景色が見えてきます。渓谷に沿って飛行場が見えます。アメリカで飛行場など珍しくもないんですがこんな渓谷に沿って飛行場がなぜあるのかな?街も人家もない・・・・

調べてみましたが多分テンプルバーエアポート、公営の飛行場のようです。
国立公園の管理下にあり、空から公園をパトロールするための飛行場かな?

テンプルバー空港
渓谷に寄り添う飛行場



senorsuperstar at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月13日

フーバーダムとコロラドリバー橋

フーバーダムはが見えてきました。このダムは1931年に着工し、1936年に竣工し、ルーズベルト大統領のニューディール政策の一環として建設されたと習いました。(でも着工は大統領就任の前です)当初の名称はボールダーダムと呼ばれていましたが、1947年に建設当時の大統領ハーバート・フーヴァーにちなんで改称されたそうです。高さ221m、長さ379mで、ダム湖はミード湖と呼ばれ、貯水量は約400億トン。(日本には約2,500基のダムがあるのですが、それらの貯水量を合計しても250億トンだそうですから凄い量ですねえ)ラスベガスの水はここから来ているんですねえ。デカイなあ。手前の橋は交通渋滞緩和のため大林組が建設したコロラドリバー橋です。

手前の橋は大林組が建設ダムとミード湖

senorsuperstar at 22:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

ドルニエ228

ターボプロップNラスベガス空港を離陸しました。一路グランドキャニオンに向かいます。ドルニエ228の巡航速度は460km/h、約1時間のフライトです。騒音がかなり大きいのでヘッドセットをして日本語chを選びます。操縦席の様子がよく見えます。

機内から操縦席が見えますラスベガス北部の住宅地

senorsuperstar at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ヴィジョン航空でグランドキャニオンへ

ドルニエに搭乗ラスベガスまで来たからにはグランド・キャニオンを観ておかなければ・・ということで(お星様は30年前にセスナで遊覧飛行を経験していますが)妻は初めてのG・キャニオン探訪です。MGMからノースラスベガス空港まで送迎のバスで向かいます。搭乗手続きで体重を量られました。19人乗りの飛行機なので左右のバランスを考え、席を決めるんだそうです。ではドルニエ228:ドイツ製のターボプロップで出発です。Gキャニオンまで約1時間のフライトです。

左19人乗り、右30人乗りドルニエ228

senorsuperstar at 22:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)