美味しいお店、グルメ、名物日記

美味しい飲食店、レストラン、焼鳥、お取り寄せグルメ、お土産、駅弁、ラーメン、そばetc

スーパーめぐりー小金井市・スーパーグレース(GRACE)

ブログネタ
地元スーパーや一般商店で買った美味しいもの に参加中!
仕事のついでに時間があったので、地元ですが東小金井駅北口近くのスーパーグレースを
見学、買物をしました。
小金井市グレース
ここは地元の方の話では元は魚屋さんだったそうで、鮮魚、水産関係の品揃えが豊富で大手スーパーではなかなかお目にかかれない商品が沢山あります。
たまに買物をする店なのですが、そのような商品をまとめて買ってみました。

またこちらは都内では今や珍しくなった独立経営のスーパーマーケットです。

写真は各商品のものです。
★こわれせんべい(南部せんべい・158円)
小金井市グレース南部こわれせんべい
ちなみにたまたま東小金井駅構内で東北フェアなる売店が臨時で出ていてそこで同種の商品が300円で売られていました。
有限会社宇部煎餅店
岩手県久慈市宇部町1−4−5
0194−56−2656

★南三陸気仙沼仕込み「塩辛職人」(350g・298円)
小金井市グレース小野万塩辛職人
おかげさまで小野万復活
この会社はいわき市の水産関係の方から聞いて以前から耳にしたことがありますが、気仙沼でも最大級の水産加工品製造販売会社だと記憶しています。
やっと商材を販売できるようになったようです。通常は東北のスーパーでは代表的なブランドです。特に塩辛は有名なはずです。
株式会社小野万
宮城県気仙沼市松崎馬場12−1

★いとより鯛入り黄金ちくわ3本入(100円)
小金井市グレース黄金ちくわ
福弥蒲鉾株式会社
香川県観音寺市観音寺町甲4047−32
0875−25−1131

★わさび漬(178円)
小金井市グレースわさび漬
奥多摩といえばわさびは名産なのですが、都内のスーパーで奥多摩産は珍しいと思います。
株式会社山崎屋
東京都西多摩郡奥多摩町氷川717−3

★四国八幡浜名産本場の味じゃこ天(2枚入・105円)
小金井市グレースじゃこ天
この商品はほぼ常時販売しているはずです。やすくて美味、おすすめです。
株式会社ヒサシ水産YS
愛媛県八幡浜市松柏丙516

★銚子産魚の繊維つみれ(6個入・188円)
小金井市グレース銚子つみれ
これもほぼ常時販売のはずです。以前銚子に旅行に行ったときに現地で全く同じ商品をこの値段より高く買った覚えがあります。
これもひじょうに美味しく、おすすめです。
有限会社玉田屋食品
千葉県銚子市唐子町30−28

東小金井で降りられたときはぜひ寄られてみては、
商品を見ているだけで楽しめます。

◆スーパーグレース(GRACE)
小金井市梶野町5−2−22
午前10時〜午後8時
042−384−6885

スーパー福袋戦線、ヨーカドー独壇場か?

ブログネタ
地元スーパーや一般商店で買った美味しいもの に参加中!
今年の正月は東日本大震災の影響もあり、祝賀ムードはあまりなく恒例の福袋や年始の大売出しなども比較的地味目だったようです。

正月は親戚まわりなどもあり忙しくあまりいろいろなところには行けませんが、親戚まわりのついでに近くのイトーヨーカドー武蔵境店に行ってみました。

ヨーカドーは毎年実用的な福袋を販売しているようで、食料品、特にパン類やスイーツ類は充実しています。

特に今年はその傾向が強く、地下の食品売り場では例年より多い種類の食品福袋が販売されていました。
ほとんどは税込み1050円でした。

中で特に気になった二つを購入しました。
「フランセ」の洋菓子詰め合せ(写真・1050円)
ヨーカドー福袋12フランセ
これは以前個人ブログでも紹介した懐かしのいわゆる「レモンケーキ」を売っているお店で、今や首都圏を中心に多数の店舗があります。
内容はお目当てのハニーシトロン(レモンケーキ)、ハニーオレンジ(同様のオレンジ版)、マドレーヌ、チョコレートマドレーヌで、各3個ずつで合計12個入でした。

食べてみるとハニーシトロンはもちろん、オレンジやマドレーヌ(プレーン、チョコとも)もひじょうに美味しく食べられました。
甘い物があまり好きではない私がいうくらいですから折り紙つきだと思います。

また値段も定価を計算すると大体1500円分くらい入っているのでかなりお得だと思います。

★東北支援、ご当地ラーメン詰め合せ(写真・1050円)
ヨーカドー福袋12東北ラーメン
これは被災地支援も兼ねてのものだと思いますが、東北地方のご当地ラーメンの生麺の詰め合わせです。
内容は福島の喜多方ラーメンと白河ラーメン、秋田の十文字ラーメン、青森の黒石ラーメンの四種類のセットにメンマが付いています。

特に喜多方ラーメンは五十嵐製麺という地元のラーメン店にも沢山麺を仕出している業者さんの製造で、ちなみに現在震災のために半休業状態になっている私が作っている販売サイト「いわき市小名浜港発うまいもん市場」で取り扱っている喜多方ラーメンの乾麺もこの五十嵐製麺さんの商品です。

こちらも麺どころ東北でも著名なご当地ラーメンで、また個別にラーメンの記事としてご紹介したいと思います。

いずれにしてもほかの地域でのぞいたスーパーなどでは福袋自体ほとんど自粛していた感じなので、スーパーの食品福袋に関してはヨーカドーの独壇場だったようです。
しかも東北などを中心とした品揃えでしたので、少しは足しになっていればと感じた次第です。

SAPPORO MARUYAMA ZOO 円山動物園しろくま塩ラーメン

ブログネタ
即席ラーメン・売っている生ラーメン・カップラーメン に参加中!
円山らーめん1
写真は表題の円山動物園しろくま塩ラーメンです。
パッケージがしろくまの顔になっているようです。
これは家族が新宿の北海道のアンテナショップで買いました。

その時はどうも限定品で、テレビか何かでマツコデラックスが一押しというふれこみだというので買ってみました。

そして早速家で作って食べてみました。

本当はあまり大きな期待はしていませんでしたが・・
円山らーめん2
これがとても美味しくて・・びっくりしました。

即席ラーメンも大変な進化です。
スープも美味しいのですが、麺が細いのにのびなくてコシがあり、さらに風味もあり美味でした。

少々高いのですが、おすすめです。

実は食べたのは年末でしたが、年明けに仕事の関係で八幡山に行き、たまたま駅前のスーパーオオゼキに入ったらそこでも売っていました。ちなみに168円で売っていました。アンテナショップより安く買えます。

年末に知人のスモールさんのブログでマルチャン生麺が美味しいという記事がありました。
実は私も興味があり味噌と醤油を買い食べました。
これも大変美味しかったので後日記事にしたいと思いますが、即席ラーメンも新しい時代に突入した感があります。

今まではサッポロ一番や出前一丁のような即席ラーメン独特の人気商品のマーケットでしたが、大きく地図が入れ替わるかもしれません。

安くて美味しい駅弁ー焼肉弁当(千葉駅・万葉軒580円をそごうで50円引き530円)

ブログネタ
安くて美味しい駅弁・駅グルメ に参加中!

千葉駅・焼肉弁当
写真は千葉駅の駅弁、万葉軒の焼肉弁当です。
値段は580円ですが、夕方になるとそごう地下の万葉軒売店では一部の弁当が50円引きで買えます。
千葉は畜産が盛んで万葉軒の駅弁の中にも豚肉を使用した駅弁が数多くあります。

その中でもシンプルで安価で一番歴史が長いのがこの焼肉弁当です。
値段が安いから質が悪いということはなく、ボリュームもたっぷりです。
この駅のもうひとつの安い名物駅弁であるとんかつ弁当とともに高校生から絶大な支持を得ているそうです。

この焼肉弁当は一部の駅弁サイトなどで硬いなどとコメントされていることもありますが、私が買ったとき(3回目ですが)はすべて全然硬くなく、しかもこの手の弁当ではきわめてよくあるパターンですが、冷めると味が落ちてしまう、ということもないと思いました。

また駅弁では珍しく、肉、ご飯ともにたっぷりでかなりの満足感も得られます。
それから個人的な好みですが、タレが美味しいということも付け加えたいと思います。
いわゆる一般的な焼肉のタレという感じですが、焼肉の味の美味しさのかなりの部分はタレにかかっているといっても過言ではないと思っています。

駅弁大会などでお目にかかることはまずない弁当ですが、長い歴史を持ち、今も確実にリピーターから愛されている名物駅弁のひとつです。

また千葉駅の駅弁を販売している万葉軒は現在でも国内でも指折りの種類の駅弁を販売しています。
そしてNREなどと違い千葉駅かその近辺(そごうデパ地下)でしか入手できません。

千葉に行ったら万葉軒のつゆの美味しい駅そばと駅弁三昧です。

万葉軒ホームページ

美味しい駅弁ー厚岸駅・かきめし(950円)、東京駅で購入

ブログネタ
安くて美味しい駅弁・駅グルメ に参加中!
厚岸駅・かきめし
写真は厚岸駅ほかで販売されている「かきめし」(950円)です。
先日仕事中に東京駅を通った時、時間があったのでので駅ナカの駅弁売場を何ヶ所か見学しました。
そうしたら、中央口の新幹線乗り場前の小さな駅弁売場であの有名な「厚岸駅前氏家待合所のかきめし」を見つけました。
800円以下の駅弁ではないのですが、以前京王の駅弁大会で購入し美味しかったのをおぼえていたので早速購入しました。

この駅弁は伝統の駅弁です。厚岸は牡蛎の産地で良質な牡蛎が獲れるそうです。
ただ一時期は販売が中止されていたように記憶しています。
ところが近年の駅弁ブームで復刻版として駅弁大会で復活、その後は駅売りも復活し、主にイベントや各種駅弁大会などで販売されるようになったようです。

来週(1/12〜)から新宿の京王百貨店で開催される「第47回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」でも販売されるようです。

シンプルな炊き込みご飯に大粒の牡蛎がのっていて、素材の味をめいっぱい活かした傑作駅弁と思っています。
参考に下記にURLを掲載しておきます。

厚岸駅前氏家待合所

駅弁大会への道'12

兵庫県・出石の黒豆の枝豆

ブログネタ
地元スーパーや一般商店で買った美味しいもの に参加中!
出石黒豆枝豆
写真は秋に山陰を旅行したときに立ち寄った、兵庫県出石(現在は町村合併により豊岡市出石)の商店で買った丹波黒豆の枝豆です。
たしか一株で300円くらいでした。

出石といえばそばがあまりにも有名で、私もツアーの昼食はそばが中心の定食でした。
またこちらは黒豆の産地であり、黒豆といえば、煮豆で土産屋さんではほとんど煮豆ばかり置いてあり、お客さんもほとんどといっていいほどの人が煮豆を買っているようでした。

私はたまたま三田に叔母が住んでおり、黒豆の枝豆は以前からもらったりして何度か食べたことがありました。
黒豆は厳密にいえば大豆の一種で、一般の枝豆とはほとんど変わらないのですが、独特のコクと甘みがあり大変美味しく食べられます。

これは一般の商店(万屋さんのような店でした)の店先に朝取れ野菜のような感じでほかの農作物と一緒に並べられていたので、迷わず購入しました。
同時に普通の3倍くらいあるおくらも買いました。
これも100円くらいで安いうえにひじょうに美味しかったです。

前にもらった時に聞いた話では、大阪のデパートなどではこの黒豆の枝豆はかなりの値段になるそうで、新鮮でしかも安く買えたのでラッキーでした。
もちろん大変美味しかったです。

また出石ははじめて行きましたが、昔の街並みを保存してあり情緒があり最高でした。

甲州とりもつ弁当

ブログネタ
安くて美味しい駅弁・駅グルメ に参加中!
甲州鳥もつ弁当
写真の駅弁は小淵沢駅の駅弁業者「丸政」の「甲州とりもつ弁当」(900円)です。
本来甲府、小淵沢で販売していますが、東京駅の駅ナカ、新宿駅、八王子などでも販売しています。

一昨年のB1グランプリで優勝した甲府の鳥もつを題材に考案された駅弁で、ある意味流行に乗った形ですが、全国的にはひじょうにめずらしい駅弁でもあります。

食べてみると個人的にはもつそのものより砂肝の美味しさが際立っていると感じました。
また鳥のそぼろご飯が思いのほか美味しく、さすが小淵沢でさまざまなアイディア駅弁を考案、販売して全国にその名をとどろかせている「丸政」だけのことはあるなと感じました。

この駅弁を購入した東京駅中央口コンコースの駅弁売場では東日本各地の主要駅弁が多数取り揃えてあり、半端なデパートやスーパーの駅弁大会よりもはるかに楽しむことが出来ます。

800円という予算を若干オーバーしますがこれはおすすめできる味でした。

安くて美味しい醤油、老舗醤油屋の正田醤油・・スーパーいなげや・桜堤店で購入

ブログネタ
地元スーパーや一般商店で買った美味しいもの に参加中!
正田の醤油・館林市・いなげや
写真は先日スーパーのいなげや桜堤店で購入した、正田醤油の醤油です。
値段は安くたしか1リットル入りで158円でした。
以前はちょうど安売りをしていて100円前後で買うことができました。

ところがこの醤油は個人的には香りもよく大変美味しいと思っています。
確認はしていませんがいなげやは一部店舗でこの正田醤油を常時販売しているようです。
しかもお取り寄せなどで販売している高級品以外の安価な物も買うことができます。

正田醤油は群馬県館林市の東武伊勢崎線の館林駅の裏にある北関東屈指の老舗の醤油屋さんです。
その工場は文化財になっているほどです。

個人的な意見ですが、香りだけでなく味もすごく良く、あまり濃い感じはなくさっぱりめな感じです。

東京都内などではほかのスーパーには置いてあるのを見かけたことはありません。
麺どころの館林では長く親しまれているようで、醤油の派生商品も充実しているようです。

また数年前にバスツアーで足利フラワーパークに行ったときに売店で正田醤油を使用したというのが売りの濡れせんべいを販売していました。
東京からのツアー客には正田醤油はあまり知られていないようで、買う人はほとんどいなかったようですが、10枚で値段が500円以下ということもあり迷わず買いました。

食べてみると私だけではなく一緒に行った人たちは皆「これ美味しいね」と言っていました。
濡れせんべいなど皆同じ様なものと思われるかもしれませんが、美味しい醤油で作ると本当に美味しいのだ、ということを知りました。

最近ネットで調べたところ群馬県沼田市にある「つるまい本舗」という会社が土産用やネット通販用に作っているということがわかりました。

多分日本全国で考えれば、美味しい醤油などいくらでもあるとは思いますが、リーズナブルで都会でも購入できるということになるとかなり限られてくると思います。

お近くにいなげやがあったらもしかしたら正田醤油を取り扱っているかもしれませんので、ためしに購入されてみてはと思います。
(ちなみにいなげやのどの店舗が取り扱っていて、どこが取り扱っていないということはわかりませんのでご承知置きください)

参考のために前述の会社のホームページのURLを記載しておきます。

正田醤油

いなげやYahoo店・お取り寄せ

Matsuzawaグループつるまい本舗

安くて美味しい駅弁・復刻鳥めしー新宿駅田中屋

ブログネタ
安くて美味しい駅弁・駅グルメ に参加中!
新宿駅・復刻鳥めし
以前ほかのブログで紹介しましたが、新宿駅で以前名物駅弁として販売されていた田中屋の「鳥めし」の復刻版(写真)です。
値段は500円。コンビニ弁当風の容器に入れられていますが、掛紙、中身ともほぼ昔どおりの内容です。

新宿といえば1月12日から京王百貨店で恒例の第47回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会が開催されます。
この駅弁も以前この催しで復刻名物駅弁として販売されたことがある記憶があります。

シンプルですが食べてみるとそぼろの味がしっかりしていて美味しくいただけます。

田中屋は今は駅弁屋さんとしてはNREの傘下に入ってしまい、この駅弁も田中屋さん直営の売店(地下通路、中央快速線高尾方面駅行ホーム売店など一部)でしか販売されていません。

数量も少ないのでお求めの方はタイミングが悪いと入手が難しいかもしれません。

京らく(寿司・府中市中河原駅すぐ)の絶品のいなり寿司、ます寿司、太巻き

ブログネタ
B級グルメ満載 に参加中!
日曜日に用事で元住んでいた中河原に行きましたが、帰りに多少時間に余裕があり、久しぶりに駅近くの寿司屋さん・京らくで持ち帰りの寿司を買いました。
かなり前にこのブログでも簡単にご紹介しましたが、もちろん店内で普通の握りずしを食べることもできますが、こちらで特におすすめなのはテイクアウト(持ち帰り)中心になりますが、いなり寿司や押し寿司、のり巻きなどがとても美味しいということです。
しかも安いので気軽にたっぷり食べられます。

京らくいなり寿司
京らくます寿司
京らく太巻き寿司
この日はいなり寿司(写真上・1個70円)、ますの押し寿司(写真中・1本400円)、太巻き寿司(写真下・1本分で500円)を買いました。
早速家に帰って食べましたが、以前同様すべてとても美味しかったです。

特にいなり寿司は安いのと、照りが出るほどよく仕込んだ油揚げが絶妙の味をだしています。
また押し寿司や、太巻きも注文するたびに作ってくれるので、ご飯がやわらかくて持ち帰りの寿司としては相当なレベルの味だと思います。
そして上記のようにスーパーの安売りパック寿司並みの値段というのもうれしい話です。

ぜひ一度食べてみてはと思います。
ホームページはありませんので、下記のページで地図がご覧になれます。
京王線の中河原駅からすぐです。(徒歩2〜3分くらい)

京らく - 中河原/寿司 [食べログ]

・お店のデータ
東京都府中市住吉町4−4−4 住吉ビル1F
電話042−362−6615

駅そば・千葉駅構内東口「万葉軒」つゆが美味!

ブログネタ
駅そば、立ち食いそばめぐり に参加中!
千葉駅万葉軒そば
前回の記事で千葉駅の駅弁を紹介しましたが、駅弁は持ち帰りで、その場で東口改札近くの「万葉軒」の駅そばを食べました。
食べたのは「かけそば」(写真・250円)です。以前に西口改札横でそばを食べましたが、このブログに掲載するには至りませんでした。
ところが今回は紹介したいと思います。

いろいろとネットで調べると、万葉軒のえきそばも一般的にはそんなに評判にはなっていなかったので、あまり期待はしていませんでした。
ところが実際に食べてみると、個人的にはかなりおいしいと思いました。

特につゆが美味です。少し甘めで醤油の濃度が濃い感じです。そういえば千葉県は全国でも有名な醤油の産地、いい醤油を使っているのかもしれません。
好みは個人差があるので一概なことはいえませんが、ちょうど長野県などで食べるそばつゆのような甘口系です。

値段も250円ときわめてお手頃です。かけそばだと物足りないという人も多いと思いますが、ここはかけそばで十分美味しいと思います。
お蕎麦屋さんには怒られちゃうかもしれませんが・・。

安くて美味しい駅弁・千葉駅「潮干狩り弁当」「千葉元気豚めし」

ブログネタ
安くて美味しい駅弁・駅グルメ に参加中!
千葉駅万葉軒潮干狩り弁当1108
千葉駅万葉軒千葉元気豚めし
先日仕事で千葉に行きました。
まず駅構内売店で以前にもご紹介した駅弁「潮干狩り弁当」(写真上・750円)を買いました。
またそごう地下の万葉軒売店で「千葉元気豚めし」(写真下・650円のところを550円)を買いました。

潮干狩り弁当は駅のみの販売でしたが、包み紙のデザインが変わっていました。中身は以前同様、炊き込みご飯にあさりとはまぐりが乗っています。
おかずもけっこうたっぷりで美味しくいただきました。千葉といえば「焼蛤弁当」が有名で、駅弁大会などではこちらが販売されていますが、個人的には値段が安いだけではなく、中身や食べやすさも考えるとこちらのほうがおすすめだと思っています。

千葉元気豚めしは本来650円のものですが、そごうでは夕方以降は値引きをしているようで、100円引きで買うことができました。
中のプラスチック容器はレンジで加熱もできるとのことで、温めるとまた美味しさも増します。
ただ個人的な見解ですが、正直同じ万葉軒でこれよりも安い580円で販売されている「焼肉弁当」のほうが美味しいかな?と思っています。

それぞれ好みもありますので、食べ比べてみてもいいかもしれませんね。いずれにしてもそごうの地下で夕方以降に値引きをしているので、こちらで買ったほうがお得かもしれません。
次回は焼肉弁当をご紹介したいと考えています。

万葉軒ホームページ

立川・伊勢丹デパ地下の「ます寿司」と懐かしの「オリエンタルマースカレー」

ブログネタ
地元スーパーや一般商店で買った美味しいもの に参加中!
【前説】
音楽ブログ「かくれた名曲をさがして」の記事を復活しました。第3回目は「小柳ルミ子・たそがれラブコール」です。

先日用事で立川に行ったときに帰りに伊勢丹の地下で買物をして表題のものを買いました。
伊勢丹立川店・丸龍庵・ます寿司
★富山のます寿司(写真・780円)
富山はます寿司が名産です。駅弁の源の「ますのすし」が超有名ですが、昔から北陸地方は押し寿司を食べる習慣があり、特に富山県では笹で包んで押した「ます寿司」は郷土料理ともいえると思います。
富山駅ビルの2階のます寿司売場には地元業者が多数、ます寿司を販売しています。またスーパーの食品売り場では当たり前のようにますの押し寿司ミニ版を他よりもはるかに広い売場面積で販売しています。

写真の商品は富山県射水市の丸龍庵という会社が製造した「ます寿司」です。
デパ地下は割高、というイメージを持ってしまいますが、400グラムで780円と手頃な価格で本場の味が楽しめます。

北陸の押し寿司の大きな持ち味は、笹の香りもありますが、なんといっても美味しい米で作っていることです。
特に富山県や新潟県頚城地方(直江津、糸魚川)の押し寿司の米は絶品と思っています。

射水ブランド情報総合サイト・丸龍庵「ますの寿し」のページ

伊勢丹立川店・オリエンタルマースカレー1
伊勢丹立川店・オリエンタルマースカレー2
★オリエンタルマースカレー(写真上・210円)
小さい頃、テレビのCMで「オリエンタルスナックカレー」というのをやっていたのを憶えている方も多いと思います。
名古屋弁の兄ちゃんが出てきて、「オリエンタルスナックカレー」「ハヤシもアルでよー」というフレーズが流行り言葉になったくらいです。

オリエンタルスナックカレーCM

その懐かしいオリエンタルの「マースカレー」というレトルトカレーを見つけ、買ってみました。
「マース」というのは「MARS」で「マンゴ・リンゴ・干しぶどう・スパイス」ということだそうです。

家で早速温めて食べてみました。(写真下)

肉はさすがにレトルトなので硬く小さい状態ですが、果物類の甘みとカレーの辛さが程よく調和して、レトルトカレーではかなりのレベルだと思います。
今流行っている「ご当地レトルトカレー」はほとんどが4〜500円以上しますが、この値段で、この味で、名古屋のご当地の味?が味わえます。
それはともかくとにかくおすすめです。

株式会社オリエンタル(愛知県稲沢市)

羽田空港グルメ、空弁ほかやすくて美味しいもの

ブログネタ
B級グルメ満載 に参加中!
先日羽田空港へ行ったときに食べたり、テイクアウトで買ってきたグルメをご紹介します。
行程の詳細は、個人ブログ「穴狙い千ちゃんの旅行記PART2」をご覧ください。

◆空弁
新装オープンしてさらに充実したいわゆる「空弁」を見学、購入しました。

ーーー最初に第二ターミナル2階の「ARTデリ」を訪ねました。こちらは一般的な駅弁のような「お弁当」を多種販売しています。種類は豊富で選ぶのに迷ってしまうほどです。
また一部パンも販売しています。

★やわらかとんかつ弁当(写真・750円)
羽田空港グルメ・むかしの味とんかつ弁当
シンプルな昔ながらのとんかつ弁当です。値段が手頃なわりに大きなカツが入っていて満足できます。
またカツがすごくやわらかくて、冷めても美味しく食べられるように工夫がされているように思いました。
かなりおすすめです。

★三色稲荷(写真・300円)
羽田空港グルメ・三色稲荷
大船軒の伝統のいなり寿司が復活してブレイクして以来、今はやりのミニ弁当スタイルです。
いなり寿司が3種類、ゆず、黒糖、ふつうのいなりが入っています。いなり寿司としてはまあまあの味で、値段も手頃で用途も多そうです。

★チーズフォンデュパン(写真・150円)
羽田空港グルメ・チーズフォンデュパン
一見メロンパンのようですが、実はこれはかなり美味しい!と思いました。ふわふわのパンの中に軟らかいチーズがたっぷり入っています。
店の中に小さなパンのコーナーがあり、そこで売っていますが、最後の一個でした。ほかのパンもほとんど売り切れでした。
食べてみたら、納得。おすすめです!

ーーー次に、同じく第二ターミナル2階の「空弁工房」
に行きました。
こちらでもさまざまな種類の弁当を置いてありますが、ARTデリより派手な感じで、魚介類の押し寿司などがかなりの種類置いてあります。
もちろん有名な若狭の焼鯖寿司などはどこでも販売していますが、こちらでは棒寿司や押し寿司の部類は相当な種類がありますので好きな方は楽しめると思います。

★くしろさんぼう寿し・ミニ(写真・600円)
羽田空港グルメ・くしろさんぼう寿し
ちょうど到着したばかりとのことで、購入してみました。さんまの棒寿司を昆布で巻いたものです。
ミニ版で4切入ってこの値段なので、ほかと組み合わせたり、軽食にはピッタリだと思います。
実はふつうの棒寿司で、そんなに期待していませんでしたが、食べてみてビックリ、しょうががきいていて大変美味しいと思いました。
青魚なので、生臭さが気になる方もいると思いますが、ほとんど気にならないくらいでした。常温で日持ちもするようですから(約1日半くらいだそうです)、お土産にもピッタリだと思いました。


ーーー第一ターミナルのJALグッズ販売店に行きました。

★JRの列車内の通販パンフレットなどでもよく見かける「ですかい」シリーズ(写真・各126円)
羽田空港グルメ・ですかい
4種類ありましたが、無難そうなラーメンとカレーうどんを買いました。
思ったよりサイズが小さく、軽食用みたいです。
少し物足りないのでは、と思いながら、自宅で食べてみたら、結構美味しくいただけました。
特にカレーうどんは他ではあまりない「魚介だし」がきいているようで、くせになりそうな味でGOODです。
羽田空港グルメ・ラーメンですかい
「ラーメンですかい」(写真)は少しこくのあるカップヌードルという感じです。カップラーメンの中ではかなりハイレベルだと思います。

ーーー帰り際に食事で第一ターミナル地下・京急改札近くの「東京シェフズキッチン」
に行きました。ここはフードコートになっていて、有名店の味を手軽に味わえます。

★羽田あずみ野「そば」(写真・500円)
羽田空港グルメ・羽田あずみ野そば
せっかくなのでビールも軽くいただいてしまいましたが、上のレストラン街に出店している「あずみ野」の系列店のようです。
そばはゆで方もうまく、よく冷えていて美味しかったです。ミニごはんもの付きのお手頃価格のランチもあるみたいです。
空港は食事が高いのがネックですが、ここはそれなりに美味しい物がお手頃値段で食べられるので、ゆっくりしたい方でなければひじょうにおすすめだと思いました。
ほかのお客さんは有名店「よしかみ」のオムライスを食べている方が多かったです。

これは相当イケます!「ししゃもきくらげ」

ブログネタ
お取り寄せ グルメ情報 に参加中!
前々回ご紹介した所と同じ販売元が販売しているのがししゃもきくらげ(写真)です。

ししゃもキクラゲ1
先月仕事でいわきのその業者さんに行ったときに買いました。
お取り寄せも可能だそうです。
見た目はきくらげの佃煮ですが、歯ごたえが抜群で、プチプチの魚卵がさらにそれを引き立てます。
ししゃもキクラゲ2
もうひとつのポイントは程よい味付けに加え、しその実が入っていて香りも抜群です。
食欲増進にもなります。ご飯が進むだけでなく、お酒の肴には本当にピッタリだと思います。

私も妻の親戚などに配ったのですが、きわめて好評でした。
また行く機会があったら絶対買ってきてくれと頼まれたぐらいです。

値段も525円でたっぷり入っているのでお得です。
昆布の佃煮と似ているように思われそうですが、歯ごたえははるかにこちらが上回っていると思います。
都市圏などで一般の方になぜ広く販売しないのか不思議なくらいです。

販売業者の社長によると、取り扱っている商品のなかではリピーターが極めて多い商品だとのことです。

地域は特定できませんが、全国の観光地のお土産やさんで販売されているようです。
下記に再度しじみ汁同様、販売業者さんのリンクを貼っておきますのでご覧ください。

とにかく一度食べてみてください。
個人的には絶対おすすめです!

ちなみに繰り返しになりますが、このご時世で心配されている方が多いので申しますが、販売は福島県いわき市の会社ですが、この商品も製品の原材料の産地、製造地とも福島県とはまったく関係のないところです。
本意ではありませんが、一応念のために・・。

有限会社いのいホームページ

いわき市小名浜港発うまいもん市場

かんずり

ブログネタ
お取り寄せ グルメ情報 に参加中!
かんずり1108
以前に他のブログでも紹介しましたが、写真は「かんずり」という新潟県上越地方の調味料です。
唐辛子を醗酵させて、ゆずを混ぜた醗酵調味料です。

唐辛子の辛さとゆずの香りが混ざって、独特の香りがくせになる風味です。
今の季節はあまり食べませんが、特に鍋料理やうどん・そばに少量入れるとぐっと味が引き立ちます。
関西風のうどんなどに入れると絶品です。

お好みでどんな料理にも使えますので、いろいろためしてみると楽しいと思います。
日持ちもするのであわてて使い切らなくていいのもありがたいところです。

私はいつも「立川駅そば・中村亭」でご紹介した「石坂商店」さんで買いますが、都内でも有名デパートやアンテナショップなどで販売されているはずです。
直江津駅の売店ではさまざまなバージョンの「かんずり」がたくさん販売されていて一番目立つところに陳列されています。

石坂商店ホームページ

タウンクリニックドットコム・石坂商店

しじみ汁の美味しいレシピ「和風スパゲティー」

ブログネタ
おうちでごはん に参加中!
昨年くらいから健康にいいということもあり「しじみ汁」や「しじみ味噌汁」などが流行っています。
そこで以前にもご紹介しましたが、「有限会社いのい」さんやこちらの会社が合同運営しているグルメお取り寄せサイト「いわき市小名浜港発うまいもん市場」で販売しているしじみ汁を再度ご紹介します。
しじみ汁1
このしじみ汁(写真上)は濃縮タイプです。300ml入りで税込840円です。15倍に薄めるという話ですが実際に使ってみると、約30倍に薄めるくらいがちょうどいい感じです。
おすまし、味噌汁などでも美味しいのですが、今日は新しい食べ方をご紹介します。
しじみ汁2スパゲティー
それは和風スパゲティーに入れる食べ方(写真下)です。
そうとう美味しいと思いました。

◆作り方(約2〜3人前)
まずゆでたスパゲティーとあらかじめいためたきのこや野菜などをあえます。
そして肝心の味付けですが、このしじみ汁をビンのキャップにお好みですが1〜2杯ほど入れます。(通常1杯で十分です)
そのほかにはめんつゆと粉末の鶏がらスープを少々入れます。

そして青ネギ(ネギでも可)、すりごま、きざみのりなどをのせると完成です。
ひじょうに簡単に作れて、普通の和風スパにくらべるとグッとコクも増して美味です。

ぜひためしてください。1回で使う量が少ないのですごく便利で効率よく料理に使え、有益です。
ちなみにこのご時世で心配されている方が多いので申しますが、販売は福島県いわき市の会社ですが、しじみの生産地も製品の製造地も福島県とはまったく関係のないところです。
本意ではありませんが、一応念のために・・。

有限会社いのいホームページ


いわき市小名浜港発うまいもん市場

立川駅そば・中村亭

ブログネタ
駅そば、立ち食いそばめぐり に参加中!
立川駅そば中村亭かけそば写真
写真は立川駅の南武線ホームで食べた、中村亭のかけそばです。
ここは昔から立川駅の立ち食いそばの営業をしています。以前は駅弁も販売していましたが、NREに併合後についに販売を中止してしまいました。
「鱒寿司」「鮎寿司」「多摩弁(旧かながないので悪しからず)」など人気の駅弁もありました。
もうひとつの中村亭の人気商品はこの駅そばの看板メニューである「おでんそば」です。煮玉子2ケ、さつま揚げ、がんもから選んで380円です。
前は八王子、高尾などの駅そばでもおでんそばというメニューがありましたが、なんと言っても立川が本家本元で今でも健在です。
今回は食事のついでだったのでかけそばにしましたが、ここの色の薄い、上品なつゆにぴったりです。
実はつゆは立川市にある「石坂商店」の販売している万能調味料「もとだれ」を長年使用しています。
このつゆは長年の研究の末に同社が開発したヒット商品で、有名デパートなどで1リットル入りで1050円で販売されている高級品です。

石坂商店ホームページ

タウンクリニックドットコム・石坂商店

立川駅の駅そばでもう一軒青梅線のホームで営業していた「更科」はかなり前に閉店してしまいました。
上野駅、秋葉原駅とともに首都圏でも屈指の人気を誇る、有名そば店の経営だったのですが残念です。

安くて美味しい駅弁ーミニ駅弁・こゆるぎ茶めし

ブログネタ
安くて美味しい駅弁・駅グルメ に参加中!
個人ブログ「穴狙い千ちゃんの旅行記PART2」でつまらない冗談みたいな話をたまに書いています。
寒い話が好きな方はご覧ください。

新宿駅小田急線地下ホームの売店で、小田原駅の東華軒の駅弁や大船軒、崎陽軒の駅弁などを販売している売店があります。
新宿駅・東華軒・ミニこゆるぎ茶めし
写真はそこで売っているミニ駅弁・こゆるぎ茶めし(420円)です。
同様のスタイルで同じ東華軒のたいめし、じゃこめしのミニ版がやはり420円で販売されています。

こゆるぎ茶めしは小田原駅の古くからの名物駅弁のひとつです。
茶めしの上にいろいろなおかずがのっています。エビフライは売り物のひとつですが、個人的には鳥そぼろがひじょうに美味しいと思っています。
このそぼろは東華軒自慢の逸品で、小田原駅では鳥そぼろを単品で販売しているくらいです。

見た目はミニですが、意外とご飯の量は多く小腹がすいたときなどは充分な量ですし、ほかのミニとセットで買えば、840円でボリュームたっぷり、品数も豊富な食事を楽しめます。
ただ夕方遅くなると売り切れていることが多いので注意です。

あとこの売店ではあじの押し寿司で有名な大船軒の製品で、「あなご押し寿司」「ますの押し寿司」なども販売しています。
こちらもそれなりの量が入っていますが、550円とお手頃です。

上板橋・石田屋の栗饅頭とチーズ饅頭

ブログネタ
スイーツに夢中♪ に参加中!
個人ブログ「穴狙い千ちゃんの旅行記PART2」でWIN5の結論以外につまらない冗談みたいな話をたまに書いています。
寒い話が好きな方はご覧ください。

さて本題ですが、東武東上線の上板橋駅の南口の階段を降りると、大きくて賑やかな商店街が川越街道まで続いています。
駅から1〜2分ほど歩いた右側に、石田屋さんというお菓子やさんがあります。
ここは都内でも相当有名なお菓子屋さんで、テレビなどでも頻繁に紹介されています。

いつも店の外まで行列が続いているくらいです。

こちらでは和菓子とケーキなどの洋菓子を両方製造販売しています。

直接聞いたわけではありませんが、何度も訪れているとほとんどのお客さんが名物の「栗饅頭」を買っていきます。
後でテレビで知ったのですが、ここの本当の人気商品は「栗入りのどらやき」だそうで、こちらは朝一番で並んでも買えるかどうかというほどの人気だそうです。

上板橋・石田屋・栗饅頭・ちーず饅頭
写真はいつも行くたびに買う、「栗饅頭」と「チーズ饅頭」です。(写真)

私は「栗入りのどらやき」は食べたことはありませんが、個人的にはこの「栗饅頭」と「チーズ饅頭」で大満足です。
特に「栗饅頭」は甘い物が比較的苦手な私がおすすめするくらいなほどの美味しさです。

中の栗も大きくて、外側のまんじゅうもくどくなくてどちらかというとさっぱりした感じです。
そのわりにしっかりした味と甘さを感じます。

またチーズ饅頭は上位人気の商品ではないようですが、チーズと饅頭のコラボがすばらしく、我が家ではひじょうに美味しいという評判です。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC