2013年03月20日

宮一へ。

水温9度台の瀬戸内海へアタックしてきました、by 伸光渡船さん in 宮浦一文字。

ここは2度目の竿出し。コーナー部分の少し北側から攻めてみます。が、左沖から右手前におっつける、メンドクサイ潮が止まず、10時過ぎまでなーんにも釣れないので、赤灯台の近くまでトボトボ歩いて移動。

藻が生えている手前で再チャレンジです。赤灯台付近は急激に浅くなっており、そこの手前のカケアガリに焦点を絞ってみます。藻もビッシリ生えていて、魚は絶対いそう。

実は、朝一に、激流会のF原さんが、2つくらいそこで釣ってたのを遠目に目撃してました(・∀・)。

しかも、ここは右沖へ微妙に潮が出ていて、かなり雰囲気が良かったので。
で、昼前にやっとこさ1枚ゲット。

RIMG0095




















タナは竿2本でした。

1枚出たことで、他の皆さんのモチベーションもアップ。めっちゃ広い一文字なのに、なぜか観音回りで順番に流したりしてました(笑)。

RIMG0096




















こんなに広いのに(笑)

潮が満ちに回してからは、ポロポロアタリが出て、納竿までにチヌ4枚、シャァ専用1枚ゲットしましたー。

RIMG0097




















卓さんは51センチのチヌを水揚げ。

RIMG0102RIMG0100RIMG0101
















































































今回のタックル

竿:シマノ極翔硬調黒鯛0.6-50
リール:シマノNEWBB-Xテクニウム2000
道糸:東レブラックマスター1.75号
ハリス:東レL-SE1.2〜1.5号
針:ハヤブサ鬼掛シリーズ・競魂チヌ遠投仕様3〜4号
ウキ:ソルト・ブレイク・ジャパン MFスラッシュM B〜3B
エサ:オキアミ生3キロ 赤アミ2キロ、チヌパワー遠投G1袋 ナンバー湾チヌ1袋 チヌの道1袋(いずれもマルキュー)
サシエ:シャキ生(マルキュー)


sensen_marukyu at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)チヌ釣り 

2013年02月05日

チーム鬼掛 岡山支部第1回大会

RIMG0036

去る1月20日(日)、チーム鬼掛の親睦大会が、日振島を舞台に開催されました。

参加者は32名。例年になく参加者が多く、はまかぜは、満杯の大盛況であります。

前日の情報は、色々な方面から収集していて、午前中はサッパリで、昼から良く釣れていたらしいこと。

ある磯では、2人で70枚近くのグレが食い盛っていたこと、などなど景気のいい話も。

そして、クジの順番で乗った磯は、日振17番。同礁者は、鬼掛フィールドスタッフの山縣さんと魚神会のおしょうさん。
RIMG0024
17番。この正面から釣りました。


お二人は、前日よくアタリがあったというワンド向き、オイラは表向きで竿出し。ちょっと横からのサラシが邪魔で、道糸が干渉されるのがウザい状況。

情報どおり、朝のうちは全くの無反応で、たまに食い付いてくるのはイソベラのみ。ダレた時間だけが過ぎていきます。

お二人の隣にお邪魔させてもらうも、当て潮がきつ過ぎて釣りにならず、あっちゃこっちゃウロウロしますが、結局昼ごろまで目ぼしい釣果ナッシング。

途方に暮れつつ、再び沖向きに釣り座を構えると、なにやら邪魔なサラシが落ち着き、軽い仕掛けでもしっかり馴染むようになった感じ。

と思った途端に、ウキがスルスルと海中へ。半信半疑で合わせると、ズドンとした引き。ボーズ回避のグレは40センチの良型でありました。
RIMG0019
RIMG0022
おしょうさんも良型揃えてました(・∀・)

RIMG0021
ストイックに釣る山縣さん。


こうなれば、あとは数を稼ぐために手返し良く釣るのみ。2時間ほどで、なんとか12枚捕獲できました.。゚+.(・∀・)゚+.゚RIMG0025
オイラ的には納得なのです。


一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたけども、結果オーライってことで、してもって順位は6位でした(笑)

RIMG0028
RIMG0029
RIMG0030
RIMG0032
RIMG0033
RIMG0035
RIMG0037
みなさん会心の笑みですな!



今回のタックル

竿:シマノプロテック1.5−50
リール:NEWテクニウム2000
道糸:東レスーパーストロングNEO1.75号
ハリス:東レスーパーL EX 1.5〜2号
針:ハヤブサ沈め探りグレ6~7号
ウキ:ソルブレ 石村トーナメント0〜G2、アズール(TYPE−F)2B
エサ:オキアミ生6キロ 赤アミ3キロ  
遠投ふかせTR グレジャンボ 爆寄せグレ (いずれもマルキュー)
サシエ:食わせオキアミスーパーハードグレ ボイル

sensen_marukyu at 20:11|PermalinkComments(3)TrackBack(0)ハヤブサ 

2013年01月22日

初矢が浜は、熱かった。

今回は、ちょっと趣向を変えて、矢が浜へ行ってみました。

1月3連休の日振は、どこも満船なのに加え、釣況も芳しくないのと、矢が浜が絶好調との情報を聞きつけてのアタックです。

ただ、初めての場所でもあり、日振と違ってアウェー感がハンパないので、今回は宇和島市在住のお友だち、W泉さんに予約をお願いしちゃいます。

よくよく聞くと、W泉さん、若林渡船の船頭さんの後輩らしく、快く引き受けてくださいました。感謝であります(´▽`)

てなことで、元ヒロリーさんとのタンデム釣行とあいなりました。

宇和島市内から、さらに山道を約30キロほど走ると、三浦半島の先端に程近い矢が浜港へ到着。
駐車場は、好調さを反映してほぼ満車に近い状態。やっぱり、徳島ナンバーが多い場所です。

荷物を渡船に載せ、ゴチャゴチャしていると、船頭さんが声を掛けてくださったので、厚かましくもキャビンの横をジャック。

そして船頭さんがチョイスしてくれた磯は、カバの5番。初めてなのに、こんなステキな場所をアリガトウゴザイマス。
RIMG0004
ヨダレが出そうな潮です。カバ1番〜3番を望む。


カバの1〜4番は既に釣り人が竿を出しておりまして、隣の4番はよく竿を曲げておりました。
確か、お正月には、Y生ちゃんと、W泉さんが、4番で大爆釣劇を繰り広げていたとの報告もあったはず。

んで、ここ5番はしばらく沈黙。日振みたいに軽い仕掛けをゆっくり差し込む方法じゃ、なんとなく違和感ありなので、2Bの遊動仕掛けでもって、しっかりタナを取ってやると、きっちりアタリが出て良型が連発。RIMG0012
見よ、この針掛かり(笑)針は鬼掛の広層グレ7号。


モヤモヤっとしたアタリはきっとグレだったんでしょうねー。もっと早く頭を切り替えればよかったです。
ここ矢が浜は、お弁当もあるってんで、せっかくなのでお願いしてました。
RIMG0010
温かくてウマーでした。


パターンが分かるまでに時間がかかりましたが、それからはそこそこに釣れて、満足な釣行でありました。
RIMG0008
元ヒロリーさんもやっちゃってます。


納竿までに、良型ばかりが7枚。数はどうあれ、楽しかったです♪
RIMG0018
すごいグラマラスなグレたちでした。


RIMG0016
お世話になった若林渡船さんです。


なんせ、距離が遠いイメージと、グレのサイズが小さいイメージが先行していた矢が浜ですが、カバ周辺をはじめ、なかなかどうして大場所がけっこう点在している素晴らしい所でありました。

今回のタックル

竿:シマノプロテック1.5−50
リール:NEWテクニウム2000
道糸:東レスーパーストロングNEO1.75号
ハリス:東レスーパーL EX 1.5〜2号
針:ハヤブサ沈め探りグレ5~7号
ウキ:ソルブレ 石村トーナメント00〜G2、アズール(TYPE−F)2B〜3B
エサ:オキアミ生6キロ 赤アミ3キロ  
遠投ふかせTR グレジャンボ 爆寄せグレ (いずれもマルキュー)
サシエ:食わせオキアミスーパーハードグレ 自家製むき身 ボイル


sensen_marukyu at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)グレ釣り 

2013年01月16日

初釣りは、恒例の日振島。

今更ですが、あけましておめでとうございます(笑)

恒例の年末年始日振ツアーは、荒天により元旦だけの1日釣行になりました。

まぶたの裏に、昨年の9番先端の残像を残しつつ、第5はまかぜが向かった先は、裏磯。

本年一発目の磯は、才蔵の奥に決定。高場をチョイスします。

朝一からエサ取りのオセン、キタマクラが元気ですが、ポロリポロリとグレは当たってくれます。

が、マキエがこぼれているであろう遥か潮下とか潮上、あるいはスーパー遠投じゃないと、全くエサ取りが交わせませず、連発が望めません。遥か沖でもキタマクラが食ってくる状況は凄いイヤですわ(笑)

水温は結構下がっているのですが、エサ取りが思いのほか多く、先シーズンまでの好調さは影を潜めています。

サシエ・マキエの工夫が必要不可欠なんじゃないかと思いますよ〜。

とりあえず、なんとか騙し騙しグレのアタリを拾い、納竿までに40オーバー2枚を含め、二桁釣果をいただきました。

ってことで、今回は単独の磯上がりなので、写真はこれだけです(汗)

RIMG0001
良型のバラシもあったのです。


今回のタックル

竿:シマノプロテック1.5−50
リール:NEWテクニウム2000
道糸:東レスーパーストロングNEO1.75号
ハリス:東レスーパーL EX 1.5〜2号
針:ハヤブサ沈め探りグレ5~7号
ウキ:ソルブレ 石村トーナメント00〜G2
エサ:オキアミ生6キロ 赤アミ3キロ  
遠投ふかせTR グレジャンボ 爆寄せグレ (いずれもマルキュー)
サシエ:食わせオキアミスーパーハードグレ 自家製むき身 ボイル



sensen_marukyu at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)グレ釣り 

2012年12月27日

無名人納竿大会in日振島

12月16日(日)、毎年恒例の無名人納竿大会が開催されました。場所は、日振島諸島。渡船は、お馴染みまーくん号。

例年ならば、前の日から入って2日釣りを楽しむのですが、今年は誰とも予定が合わず、大会当日のみの参加であります。

参加者は29名。はまかぜチャーターの形で一路日振島へGO。なお、第5はペラの故障でドック入り休業らしいです。

本日の規定は、一番大きなグレと、一番小さなグレの長寸差が大きい人が上位。毎年変わった趣向で順位が決まり、誰にも優勝のチャンスがあるところがミソです。

1人で降りた磯はムラコシ1(?)番。長いこと日振に通っていますが、ここは初めての磯。足元からシモリが張り出しており、地付きの口太がいかにも好きそうな場所であります。この手の磯は、厳寒期にポロっと巨グレが揚がったりするんですけどね。

朝一の満ち潮が効いている間、モーニングサービスで45センチをゲットしたあと、たまたま釣れた20センチチョロの木っ端をキープ。

その後は、全くグレを食わすことができず、潮が下げに回した途端に、エサ取りまみれになったムラコシを後に、横島北の7.5番へ転戦することに。

RIMG0097
こんな磯です。遠くには尾島が。


ここは隠れた大場所で、前の日にM川親分から結構な良型を釣った話を聞いていたので、否が応でもテンションが上がっちゃいます。

北東の風がけっこう吹いていますが、ここ北の7.5番は、磯の両側が微妙に前に張り出していて、軽く風裏になっており、案外向かい風も優しげ。右に遠く見える北の7番は、K上さんが乗っていますが、案の定爆風に晒されております(笑)

さっそく、一緒に降りたA吹さんと並んで竿を出します。ムラコシと違い、足元マキエさえ切らさなければ、ここはちゃんと沖で食ってくれる感じなので、そこそこ退屈しない程度にグレを追加。

RIMG0095
A吹さんグレゲット。でも、ドンスカをスカリにしてたら、破れて逃げられてました(爆)


途中タモ入れに失敗して、竿の1番をヘシ折ったり、グレをぶり上げようとして失敗したうえ、ウネリをまともに食らって腰まで浸かったりしたものの、まずまずの釣果でありました。

結局、検量には、ムラコシで釣った2匹のグレが頑張ってくれまして、5位をゲット。無名人位を1点いただきました。

RIMG0098
よく頑張ったグレ(笑)

大会リザルトは次のとおり。(敬称略です。ごめんなさいです。)

        大   小   差
山縣 忠義 46.3 14.2 32.1    優勝
坂手 浩一 46.3 14.6 31.7  準優勝
村岡 洋   50.3 20.8 29.5    3位
政田     42.2 15.4 26.8    4位
千田 敏文 45.0 20.2 24.8    5位


sensen_marukyu at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会関係 

2012年11月27日

今シーズン ラストチヌ in 牛窓

11月24日(日)、連休最後の日に行ってきました、まこちゃん渡船。

前日急に思い立って決めた釣行なので、今回は単独で。

渡船場に着いてみると、おなじみ新之介さんが同じく単独釣行に。ゴニョゴニョと情報収集して、場所を決定。

初めての場所にトライしてみます。そこは上筏。最初に着けてくれました。

RIMG0087
釣り人の特権、特権。

朝一からチヌがやる気満々。出だしの4投でチヌ3枚ゲットとは初めての経験であります。

ここは見やすい潮が流れるので、なんか教科書通りの釣りができる感じ。大きい潮の時はわからんけども。

あ、あと得体のしれないヤツに4発イかれました。2つは間違いなくチヌと、あと1つは恐らくコブさま。

もう1つが分かりません。いきなり沖へグ〜〜〜〜〜〜〜ンと行っちゃいました。0号竿に1.2号ハリスじゃ、なんちゃ相手にされませんでした。

誰か仇取ってきてくださいです(`・ω・´)

ってことで、納竿までに28枚の釣果あり。手の平込みですけどね(・∀・)もちろんリリースですよー。

RIMG0090
ベイビーは海へお帰りやす。

たぶんこれでチヌの釣り納めですけど、なんかまだまだ牛窓釣れそうですよー。エサ取りも減って、すごい釣りやすいです(`・ω・´)

4113
special thanx photo by "captain MAKOTO"

今回のタックル

竿:ダイワ銀狼ゼロファイター52、シマノ極翔硬調黒鯛0.6-50
リール:シマノNEWBB-Xテクニウム2000
道糸:東レブラックマスター1.75号
ハリス:東レGAIA1.2〜1.7号
針:ハヤブサ鬼掛シリーズ・競魂チヌ遠投仕様2号、底攻めチヌ3〜4号
ウキ:ソルト・ブレイク・ジャパン MFスラッシュM 00〜G2、アズール(TYPE−F)G2
エサ:オキアミ生6キロ Bチヌ1袋 白チヌ1袋 チヌパワームギ1袋(いずれもマルキュー)
サシエ:くわせオキアミスーパーハードL(マルキュー)


sensen_marukyu at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)チヌ釣り 

2012年11月20日

MFG中国支部懇親チヌ釣り大会in 境水道

11月18日(日)、無名人5人で参戦してきました。
参加者は60名。30人に一人の割合でMFGカップ本選へ出られるため、今回は切符2枚です。

朝7時スタートのキャノンボール、クジ引きをして、15秒ごとに番号順でスタートです。車で移動して、どこへないと行ってらっしゃいってなもんで、勝手知ったる人たちは目指す方向へ散っていきます。

我々は、とりあえずなんとかの一つ覚えで江島大橋のたもとへ。前日、N西さんがそこでマキエしてくれていたので、柳の下のチヌを狙う作戦。

でも、目指すポイントへのルートがわからず、結局橋の対面側へ。空いた場所で、N藤ちゃんと竿出しです。

ここは排水が出ている場所で、そのおかげで潮がヨレていい感じ。しかも、横風で膨らむ道糸を排水の勢いが抑えてくれるのであります。

釣り始めて30分ぐらいに、オイラに1匹目のチヌが食いつきました。目測で45センチオーバー。

そして・・・境港周辺でチヌを釣ったことがないこの人が(笑)

RIMG0083
なんか、魚掛けてますよ(・∀・)

結局この人、調子に乗って3枚もチヌ釣ってました。


RIMG0084
最大は49センチオーバー。

オイラもチヌ4枚ゲット。この時点では、けっこうデカいチヌ釣っちゃった感マンマンだったんですけども、いざ検量に持ち込むと・・・50オーバーがわっしょいわっしょいしとりました。

優勝のK島さんにいたっては、55.9センチ!そして上位9名が50超えでした(((( ;゚д゚)))

49センチを釣ったN藤ちゃんも順位に絡めず(笑)

RIMG0085
オイラのキープはこれだけ。

今回のタックル

竿:シマノ極翔硬調黒鯛0.6-50
リール:シマノNEWBB-Xテクニウム2000
道糸:東レブラックマスター1.75号
ハリス:東レGAIA1.5号
針:ハヤブサ鬼掛シリーズ・競魂チヌ遠投仕様2号、底攻めチヌ3号
ウキ:ソルト・ブレイク・ジャパン MFスラッシュM 00〜G2、アズール(TYPE−F)G2
エサ:オキアミ生6キロ Bチヌ1袋 白チヌ1袋 チヌパワームギ1袋(いずれもマルキュー)
サシエ:くわせオキアミスーパーハードL(マルキュー)


sensen_marukyu at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会関係 

2012年09月30日

秋チヌは小豆島。

今年も殺人的な夏でございました。
絶対死ぬ自信があったので、磯には断じて近づきませんでした。7〜9月後半まで。

で、ぼちぼち釣り自体を忘れそうだったので、リハビリ兼ねて小豆島です byまこちゃん渡船。

9月29日(土)大潮、満潮は午前10時。場所は、弁天の地。台風が近づいているとあって、適度に涼しい風が吹いていますが、まだ直接の影響はNothing。

この場所は魚が多いですけども、沖まで浅くて難しいです。おまけに根が荒くて、道具の消耗がハンパない。針は2袋いかれちゃいました。

てことで、チヌは4枚。あとシャァ専用と呼べるヤツは1枚、チャリは多数でした。得体のしれないヤツに仕掛け毟り取られましたけど、たぶん赤いすい星。

RIMG0075
キープはこれだけ。

RIMG0077
魚より、鬼掛クールジップシャツに着目してほすぃ(笑)

来週は、この地で某メーカー本選が開催されます。福山の蟻爾気鵝広島のN西さんもプラクティスにお見えでした。ぜひぜひ頑張っていただきたいものですな。

RIMG0080
Ishimuraトーナメントよろしくです!N西さん、遠くてすみません(笑)

sensen_marukyu at 21:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)チヌ釣り 

2012年06月17日

乗っ込み終盤の小豆島へ。

牛窓は、ほぼ間違いなく深場落ち。大部方面ならなんとかチヌ拾えるかも、とのまこと船長のお言葉に甘えて行ってきました小部小島の離れ。
RIMG0056
こんな場所です。


乗っ込みど真ん中なら、かったいかったい鉄板磯ですが、終盤はどうなんでしょう?不安どおりのフグ地獄でした。
針は、まるっと1袋持ってかれましたよー。ならばこれ!
RIMG0060
底攻めチヌ4号参上。


これで、フグのおちょぼ口(゚o゚)を交わす作戦。
手前はフグ・ベラの巣につき、大遠投の練りエサ浅棚狙いでウキはこれ!
シモらせないようにG2です。ハリスは東レGAIAの1.2号を1ヒロ半。
RIMG0050
アズール(TYPE-F)な気分。よく飛んでくれます。


黄色いトップは、遠くでもよく見えるので最近のマイブーム。沖目はチヌの警戒心も薄いのか、ウキが入ると竿先まで一気に来て楽しい(笑)。

ただ、浅い棚は小型が多く、良型には出会えませんでした。

N藤ちゃんも、沖目狙いに切り替え、両型ゲット。深い棚を狙っていたので、型はオイラよりはるかにデカいの量産してました。
RIMG0052
RIMG0054
45オーバーのBlack Knight。


これからの時期は、エサ取りとの戦い。あんまりマキエとサシエを合わさない方が得策ではないかと。

しつこく手前ばっか狙ってたら危うくボーズ食らうとこだったかもしれません。

そんなこんなでマダイ含みのにぎやかな釣りになりましたー(・∀・)型には恵まれませんでしたけどね!3627_large
special thanks photo by Captain"MAKOTO"

今回のタックル

竿:ダイワ銀狼ゼロファイター52
リール:シマノNEWBB-Xテクニウム2000
道糸:東レハイポジションフロート1.5号
ハリス:東レGAIA1号〜1.2号
針:ハヤブサ鬼掛シリーズ・競魂チヌ遠投仕様2号、底攻めチヌ3〜4号
ウキ:ソルト・ブレイク・ジャパン MFスラッシュM 00〜G2、アズール(TYPE−F)G2
エサ:オキアミ生6キロ 瀬戸内チヌ1袋 白チヌ1袋 チヌパワーDASH1袋(いずれもマルキュー)
サシエ:くわせオキアミスーパーハードL、食わせ練りエサチヌ(いずれもマルキュー)




sensen_marukyu at 22:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)チヌ釣り 

2012年06月02日

チーム鬼掛 岡山支部第3回大会

5月27日(日)、下津井で開催されました。対象魚はチヌ。3匹までの重量で順位を決めます。

参加者は28名。2船に分かれて、片方は瀬戸大橋から西へ。もう片方は東へ。

RIMG0029
みんな頑張って釣ってくださいねー。


で、オイラは、橋より西へ向かう船の2番目の渡礁で六口島のヒナダンへ。ここは初めてですが、なんかメチャクチャ浅くて釣る場所がありませんヽ(#`Д´)ノ

RIMG0031
こんなとこです。


しかも苦手な横流れで、潮が下げるにつれて、いよいよアカン状況に。まともに釣りができる時間は、納竿まで2時間ぐらいなもんでしたヽ(TдT)ノ

その2時間はグレが元気で、思わず本気で狙っちゃいました。徳山湾なんかだと、矢引きとか浅いタナでグレ狙ってると、たまにでかいチヌが食って来たりしますしね。

RIMG0030
こんなサイズですが。

RIMG0032
こんだけキープ。


でもって、そんな波乱もなく、粛々と納竿を迎えました。

ここでハタと気づいたことが。

「しまった、ここは徳山じゃなくて、 し  も  つ  い   だった(爆)」

RIMG0037
たいさん、お世話になりましたー(´▽`)


RIMG0038
選手の皆様、お疲れ様でした。




sensen_marukyu at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ハヤブサ 

2012年05月21日

牛窓へ

5月20日(日)、行ってきました、まこちゃん渡船。

実は前の週、N藤ちゃん、こぅじさん、ふじきゅーさんと伊吹に様子伺いしに行ったんですけど、特筆する釣果もなかったので、手堅くチヌが釣りたいという、N藤ちゃんの、たっての希望っていうそんな感じです。

RIMG0022
これ、伊吹島。

RIMG0019
こんなちっちゃいのとか

RIMG0020
これは49センチ。

RIMG0017
N藤ちゃんは、底を切れないヤツをバラシたりとか。

久しぶりに島の巡査さんとも再会できたし、そこそこ楽しめた伊吹島でしたが・・・




一番船が大会のため先発してたので、2番船はゆっくり7時出船です。

RIMG0023
N藤ちゃん。出船前に、すでに黄昏てます(笑)

今日は、千振方面に向かうってんで、それはスルーして、牛窓で途中下車。黄島のワレへ降ろしてもらいます。

RIMG0024
ワレのハトバナ向き。オイラはここで一日頑張った。


ハトバナへ向かって下げ潮が出だしたら、シャア専用(赤いの)が出るかもってまこちゃんのうれしい言葉をいただき、それをモチベーションに一日頑張りました。

期待の潮は一瞬だけで、その間、オイラは辛抱に潮の壁狙ってました。なんせチヌの釣果が寂しかったので(笑)
結果、25〜30センチの黒いのを何とか5枚、N藤ちゃんは1枚、と3バラシ(笑)

RIMG0027
この後バラシ(笑)

イワシが湧いて、予想外の大苦戦でした。まさか牛窓の磯で練りエサ使うとは思わなんだ(笑)

一時のモリモリ釣果は期待できないかもですが、潮と場所を外さなければ、まだまだチヌさんは顔見せてくれると思いますよー。

RIMG0026
ウキは、スラッシュな気分。

今回のタックル

竿:ダイワ銀狼ゼロファイター52
リール:シマノNEWBB-Xテクニウム2000
道糸:東レSSチヌハイパー1.75号
ハリス:東レスーパーL EX1号〜1.2号
針:ハヤブサ鬼掛シリーズ・競魂チヌ遠投仕様1〜2号
ウキ:ソルト・ブレイク・ジャパン MFスラッシュM 00〜G2
エサ:オキアミ生6キロ 瀬戸内チヌ1袋 白チヌ1袋 おからだんご1袋(いずれもマルキュー)
サシエ:くわせオキアミスーパーハードL、食わせ練りエサチヌ、魚玉ハード(いずれもマルキュー)

sensen_marukyu at 20:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)チヌ釣り 

2012年05月07日

チーム鬼掛 岡山支部第2回大会

RIMG0012


5月6日(日)、小豆島にて開催されました。参加者は40人。チヌ3枚までの重量で順位を決めます。

30人をまこと渡船さんにて小豆島、10人は長瀬渡船さんにて牛窓へ。当日は、強い西風が予想されての措置です。


RIMG0009
RIMG0002



オイラは、1番くじで見目の波止へ。同礁の藤原さんとご挨拶をし、波止の先端をやらせてもらいます。

いい潮が沖に出ていたので急いで準備、3投目で期待どおりの1枚をゲット。約40センチのまぁまぁサイズです。
しばらくして、藤原さんにもヒット、まずまずのサイズのようです。


RIMG0003
RIMG0004
藤原さん1枚目。


潮が緩んできたので、試しに大遠投の0スルスルをトライしてみることに。シモるスピードをジンタンで調整していくうちの何投目かに、指を弾くほどの大アタリ。こいつがヒットしてきました。

RIMG0005
今日イチのサイズ。白子つき(笑)


この仕掛けが当たったようで、同じパターンで数を稼ぐことができました。
途中デカいチヌを2回バラしましたが、3枚で3,800グラムを獲得、3位入賞できました

RIMG0007
キープはこれだけ。その他ちっこぃのはリリースです。


RIMG0014
右から、2位の大石さん、優勝の光田テスター、オイラ。


今回のタックル
竿:シマノ極翔黒鯛0.6-50
リール:NEWテクニウム2000
道糸:東レSSチヌハイパー1.75号
ハリス:東レスーパーL EX1.2号〜1.5号
針:ハヤブサ鬼掛シリーズ・競魂チヌ遠投仕様2〜3号
ウキ:ソルト・ブレイク・ジャパン MFスラッシュM 00〜2B
エサ:オキアミ生6キロ 瀬戸内チヌ1袋 チヌパワーDASH1袋 白チヌ1袋(いずれもマルキュー)
サシエ:くわせオキアミスーパーハードL、食わせ練りエサチヌ(いずれもマルキュー)

sensen_marukyu at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ハヤブサ 

2012年05月05日

無名人春の親睦大会

5月3日(木)、44人の参加で行われました。

大会委員長は、グレの大会で優勝された、なおさん。お世話になりました。

場所は小豆島の南海岸。朝日丸をチャーターしての大会でした。

RIMG0002
お世話になった朝日丸さん。


本大会の審査方法は、チヌの自己申告サイズにいちばん近い大きさのチヌ1匹長寸。

出船前に、自分の釣るチヌのサイズのあらかじめ申告しておき、それに近いサイズのチヌを検量に持ち込むというもの。

ちなみに、小豆島の乗っ込みサイズを考え、オイラは48センチを申告。

朝日丸は、途中アワラ島に寄ったあと、小豆島に選手を下していきます。オイラの下りた磯はたぶん谷尻の近くにある「花寿波島」だと思います。たぶん(笑)

o0800060011086371203
こんな場所。


近くにはけんた君。容赦なくチヌやマダイをガシガシ釣ってます。
オイラの場所はというと、名物コブダイに翻弄され、チヌのアタリは5つのみ。そのうち取れたのは3つ(汗)

RIMG0001
これは小さいおチヌ


サイズを選別できるほど釣れなかったので、とりあえず一番大きいチヌを検量へ。結果45.5センチで、マイナス2.5センチの誤差。

順位は、後ろの方でした(笑)


RIMG0003
優勝の山根さん。無名人デビュー戦での快挙。鳥取からの参戦お疲れ様でした!
RIMG0004
準優勝の川上さん。RIMG0005
3位の堀さん。
RIMG0006
4位はご存じ、たかっさん。

5位は柏さん。画像が飛んでました!柏さんごめんなさいです(´;ω;`)
たかっさんがブログアップしたら、画像パクってきます(笑)


今回のタックル
竿:シマノ極翔黒鯛0.6-50
リール:NEWテクニウム2000
道糸:東レSSチヌハイパー1.75号
ハリス:東レスーパーL EX1.2号〜1.5号
針:ハヤブサ鬼掛シリーズ・競魂チヌ遠投仕様1〜2号
ウキ:ソルト・ブレイク・ジャパン MFスラッシュM 00〜3B
エサ:オキアミ生6キロ 瀬戸内チヌ1袋 白チヌ1袋 おからだんご1袋(いずれもマルキュー)
サシエ:くわせオキアミスーパーハードL、食わせ練りエサチヌ(いずれもマルキュー)

sensen_marukyu at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会関係 

2012年04月30日

牛窓へリハビリに。

またまた長らくのご無沙汰!
言い訳じゃーないんですけども、2月に身内の不幸があって、喪が明けるまでは完全に竿を封印してました。
ま、仕事も忙しくなったり、PC立ち上げる時間もあんまりなかったし。

てことで、4月29日に釣り解禁いたしまして、N藤ちゃんと最近好調の牛窓へ行ってきました。by長瀬渡船さん
リハビリ重視なので、鉄板場所をチョイス。まーなんとかボース食らわないところに行かないと(笑)
CA3B04910001
N藤ちゃんチヌ掛けましたの図。


前島の南側・・・とりあえず石切り風味の場所でした。この周辺は深いので、マダイも視野に入れてのこと。
CA3B04890001
ウキはスラッシュがメインです。


結果チヌ13枚、マダイ1枚でした。数が出るときは型が出ない、のセオリーどおり25センチ〜30センチクラスが大半で、40ノシたのは2枚。
CA3B04870001
鬼掛競魂チヌ1号メイン。。。見えにくいか(笑)


ビカビカの夏チヌを思わせる真っ白なヤツがいっぱいいます(笑)
ただ、食えばチヌで、エサ取りは全く釣れませんでした。サシエ拾ってるのはほとんどがチヌかチャリコなんでしょうねー。
CA3B0495
いっぱい釣れますよ。今がチャンス。

今回のタックル

竿:ダイワ銀狼ゼロファイター52
リール:シマノNEWBB-Xテクニウム2000
道糸:東レSSチヌハイパー1.75号
ハリス:東レスーパーL EX1号〜1.2号
針:ハヤブサ鬼掛シリーズ・競魂チヌ遠投仕様1〜2号
ウキ:ソルト・ブレイク・ジャパン MFスラッシュM G2〜3B
エサ:オキアミ生6キロ 瀬戸内チヌ1袋 白チヌ1袋 おからだんご1袋(いずれもマルキュー)
サシエ:くわせオキアミスーパーハードL、プレミアムボイルM(いずれもマルキュー)

sensen_marukyu at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)チヌ釣り 

2012年01月22日

納竿and初釣りat日振9番の先端 Vol.2

さて明けて元旦、今日は、とも君渡船に乗船です。ヒロリーさんと一緒に釣ろうって話してたんですが、クジの結果、また9番の先端が当たってるってんで、御好意に甘えてまたまた同じ先端へ(笑)

昨日のおさらいをしながら、同じコースを流してポロポロとグレを釣って行きます。なにしろ型が良いので、ハナからハリス2号の男仕掛け。

ヒロリーさんも快調に数を稼いでいます。

CA3B0389
なにこの男前な後ろ姿。


ただ、潮の角度が微妙に違っており、遥か沖で食ってくるのがこの日のパターンでした。8番からの潮が効いていないせいかもしれません。

それでもやっぱり9番は良い所。尾長は当たってくれませんでしたが、50近いサイズがそこそこ釣れてくれ、最高の釣り初めができました。

キープバッカンが満タンになったため、タイドプールに放していたグレが5枚ぐらい波にさらわれちゃいました(爆)

CA3B0390
お持ち帰りはほどほどに。


今回のタックル
竿:シマノプロテック1.5−50
リール:NEWテクニウム2000
道糸:東レSSちぬハイパー1.75号
ハリス:東レスーパーL EX 2号
針:ハヤブサ沈め探りグレ5~7号
ウキ:ソルブレ 石村トーナメント00〜G2
エサ:オキアミ生6キロ 赤アミ3キロ  
遠投ふかせTR グレジャンボ V9 (いずれもマルキュー)
サシエ:食わせオキアミスーパーハードグレ 自家製むき身 ボイル



sensen_marukyu at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)グレ釣り 

2012年01月21日

納竿and初釣りat日振9番の先端

今ごろになっていつのネタ書いてんねんってハナシなんですけども、行ってきました二日釣り in日振島 byまーくん渡船。

大晦日と元旦に釣りに行くなんて、どんだけ非国民なんでしょうか。そして、どんだけ贅沢なんでしょうか。

ってことで、初日は、なおさんと9番の先端へ。

CA3B0384
名礁9番。良い潮出てます。


満ち潮は8番のが本命とはいえ、さすがの名礁9番。

潮が動く時間帯には、グレのスイッチが入りっぱなしで、二人とも余裕の二桁釣果。ほとんどが40アップの

良型でありましたー。

CA3B0388
グレがてんこ盛り。

CA3B0385
トイメンの8番も、良く竿曲げてました。


ヒロリーさんは、一人で12番へ登礁。やっぱり良い釣りしてはりました。

CA3B0386
ホースヘッドには会心の笑みbyヒロリーさん

sensen_marukyu at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)グレ釣り 

2011年12月08日

TFT懇親釣り大会in日振島Vol.2

今日のリミットは、規定サイズなしの5匹重量。4匹までは割りと早く揃ったのですが、まだ水温が高い分、アジ、オセンなどのエサ取りに邪魔され、さらに予想以上の向かい風とで思うような釣りが展開できない時間帯が続きます。

バラシも何発かあり、さらには超良型のキツに弄ばれながらも、木っ端グレ込みでやっとリミット達成。40オーバーが3枚、木っ端2枚。

親睦とはいえ、選りすぐりのトーナメンターが集うこの大会、こんなサイズじゃ土俵にも上がれません。強い風と、高い波でアタリがうまく出せないため、なかなか魚の入れ替えがままなりません。

そこで、ちょこっと仕掛けをいじって気分をリフレッシュ。やっと鮮明なアタリが出て45オーバーをゲット。サラシがきれいに沖へ払い出す時には、マキエの投入を工夫してダイレクトに狙うと良型のアタリが出てくれることに気づきました。

111204_1207~01
こいつが威力を発揮しました(`・ω・´)



結局納竿までに45オーバー4枚、40オーバー2枚、その他含めて8枚の釣果でした。
ただ、サラシをもっと上手く攻略できれば、もちっと良い釣りができていたことは反省材料であります。

CA3B0377
7番のグレは、スマートなのが多かったです。



んで、港へ帰って検量。5枚で6キロなんぼ(覚えてない(笑))。優勝は宮川親分。2位がオイラ。3位が宇和島のW和泉さんでしたー。9位にはA西名人。10位にはたかっさんも食い込んでました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

CA3B0379



今回のタックル
竿:シマノBB−X XT1.2−50
リール:NEWテクニウム2000
道糸:東レSSちぬハイパー1.75号
ハリス:東レスーパーL EX 1.5〜1.7号
針:ハヤブサ競魂グレ5~7号
ウキ:ソルブレ 石村トーナメント00〜G2
エサ:オキアミ生6キロ 赤アミ3キロ  
遠投ふかせTR グレジャンボ V9 (いずれもマルキュー)
サシエ:食わせオキアミスーパーハードグレ 自家製むき身 ボイル

sensen_marukyu at 23:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)東レ 

2011年12月07日

TFT懇親釣り大会in日振島

12月4日(日)、関西・中国・四国の東レファンが集う、親睦大会が日振島を舞台に開催されました。

この大会、前日の3日(土)からの2日間あるのですが、オイラたち(中さん、たかっさん、A西名人)は日曜のみの参加です。

前日は結構な荒れ模様で、12時には撤収食らったとのこと。上位はいずれも横島周辺の、比較的シケの影響が少なかったところに集中していました。

で、当日抽選の結果、オイラはま〜君船の8番目。キマグレ横、キマグレと釣り人を降ろした後、舳先は一目散に早磯方面へ(;・∀・)

と、これはフェイントで、無事?7番の本島向きに渡礁しました。ここは、いつぞやMやすし君と爆釣した場所。ただ、あの年は異常なまでの日振フィーバーに沸いた年だったため、あまり参考にはなりませぬ。元々底物場の印象が強く、木っ端がやたら多いイメージです。sya-hivuri_7ban
釣り座はこの反対側でした。

ジャンケンに普通に負けて、高場のサラシがきついポイントに釣り座を構えます。風は真正面からまともに吹き付け、一日修行の様相。とりあえず、風にくじけていてはグレは釣れません(`・ω・´)



と、ここまで書いたところで本日は限界であります(笑)…続く


sensen_marukyu at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)東レ 

2011年11月26日

秋磯本番in日振島

11月23日、中さん、たかっさん、なおさんと行ってきました、まーくん渡船にて日振島。
今シーズンは、早くから好調と聞いていたので、おのずとテンションが上がります。

じゃんけんで磯上がりの順番決め、横島へ中さんとたかっさんが。オイラはなおさんと18番のシモリへ。磯上がり後、すぐに雨が降り始め、おまけに正面からの風がきつく、結局なおさんが40アップ含め3枚、オイラは30チョロ1枚のみゲット。おまけにアジが湧いてしまい、大場所の割には大した波乱も起きませんでした。

で、いよいよ荒れてきたので、とも君船が早めの見回り。才蔵の奥奥では、マルキューカップのプラの方が磯替わりするってんで、ほな入れ替わりにお願い!で久々の裏磯へ転戦となりました。

入れ替わりざまに状況を聞いてみると、「35までで、型が小さいのが多いですわ。」とのこと。いきなりテンションが下がりますが、気を取り直し、ハリスは1.7号から1.5号に落としてリ・スタート。

1投目からコッパが飛びついてきます。その間になおさんはアオリを1杯ゲットしております。
たるんだ潮の時間帯はコッパが多いのは刷り込み済み。とりあえず潮待ちの時間帯はこんなもんでしょう。

そして、やっとこさ上げ潮が動き出した途端、良型のグレが動き始め、ソンシ方面に50メートル以上流したところで一気に持っていくアタリ。久々の底を這う引きを堪能できました。で、上がってきたのは47センチのグレ。

これを皮切りに、なおさんも良型連発。おいらは、納竿までに40オーバー4枚含む納得の釣果でありました。
CA3B0362
キープしたのはこれだけ。


が!横島の某磯では、シャレにならん乱獲が発生しとりました。詳しくはこちらをご覧ください(笑)

今回のタックル
竿:シマノBB−X XT1.2−50
リール:NEWテクニウム2000
道糸:東レSSちぬハイパー1.75号
ハリス:東レスーパーL EX 1.5〜1.7号
針:ハヤブサ競魂グレ5~7号
ウキ:ソルブレ 石村トーナメント00 MFスラッシュ00〜G2
エサ:オキアミ生6キロ 赤アミ3キロ  
遠投ふかせTR グレジャンボ V9 (いずれもマルキュー)
サシエ:食わせオキアミスーパーハードグレ 自家製むき身

sensen_marukyu at 08:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)グレ釣り 

2011年11月22日

鬼掛シャクホルダー

CA3B0356


もはや、ふかせ釣りのマストアイテムになったシャクホルダーですが、鬼掛からもついにリリースされました(`・ω・´)キリッ

逆テーパーの形状になっており、口が大きいので、いちいちバッカンに目線を落とさなくてもシャクがきちんと納まります。

上部枠・留め金ともサビに強いステンレスを使用しています。使い心地は上々でありました!

カラーは、ホワイトとブルーの2アイテム。もう店頭に並んでいますよー。

sensen_marukyu at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ハヤブサ