2007年02月05日

テスト期間

テスト期間とかいいながらも┘灰泙靴授業がない自分にはあまり危機感もありません。そのくせレポートをギリギリまでやんないので前日に鬼のようにキーボードを連射します。
今日からテストでもうテストは2コで終わりです。
しかし、来年の前期は今までの堕落のツケがまわってきて四年のくせにボチボチ授業はありそうです。まだあんまりシラバスをまじめに読んだことがないので、最後の年ぐらいは自分でとる授業を考えてみよう。今までは先輩と同期と学務のおばちゃん任せでした。

 最近、オレチン人間が増えている現象についての問題を授業で話し合いました。オレチン人間とは、オレ様と僕チンからきた造語で、自分中心の思考にウェイトを置きすぎて、社会と自分における共存やら協調やらをしない人たちです。例で言うと、小泉前首相、中田英、ホリエモン達のことらしいです(決してオレのチンチ○が何ちゃらかんちゃらとかいう話ではございません)。まぁ映画でいうと世界の中心で愛を叫ぶだとか、日本沈没がそれにあたるみたいです。自分の恋愛感情を優先して、まわりとの人間関係が希薄(友達がいないという意味ではなく)に描かれ、主人公と恋人が二人だけの世界観で物語全般が進行していくのです。韓国版(中国版だったかな?)の世界の中心で愛を叫ぶのタイトルが僕の世界の中心は君だとなっていたり、リメイク版の日本沈没では、僕は君のために死ににいくと草薙君が発言するらしいのですが、それらはそのオレチン主義が世間に蔓延していることの象徴らしいです。それは今の時代、特に若年層における時代のニーズのようなものであるからだとある研究者は書いておりましたが、果たしてそれはニーズと呼べるのだろうか?それは脚本家、小説家の主観でそうなるのであって、決して世間がそれをニーズとして出しているのではないのではなかろうか?それらの作品が世間に受け入れられることと、世間がそれらを必要としているということは似て非なるものであり、需要供給の矢印は大きく変わる。自分は、その価値観が悪いとも良いとも思っていないニュートラルだったので、それを批判する学者に好感は持てなかった。そして、その論文だか社説だかを読む人は少なからず、「時代がそれを求めているんだ」、「そういう価値観はあまりよくないんだ」という風に思ってしまうかもしれない。それだけメディアの影響力とは大きいものだ。
 とどのつまり、何が言いたいかっていうと自分の価値観や恋愛感情、それに付随する社会の構造なんてものを他人が評価したり、批判にしたりするもんじゃないってことだ。ましてや否定する権利はないのだから。それでも小泉さんのように暴走したり、ホリエモンのように犯罪に走るのはよくないけどね。だから自分たちは考えるべきだ。自分の愛とはなんなのか。価値観とは何たるかを。そのまわりにある大きな世界を。井戸の中で写真を見てても、本当の海の青さは分からない。

sentyan0522 at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月04日

まどふ少年少女

よく友達とかと喋ってる時に、世間ってせまいよな〜とかいう会話が出てくる。
例、
A『よく通ってたあの服屋の店員さんが実は中学の時に知り合いやった奴やったわ〜。全然顔変わってて気付かんかった〜。』
B『世間ってせまいよな〜。』

こんな時に、その会話にうなずきながらも疑問符が頭に打たれる自分がいたりする。
僕は世間のいったい何を知っているんだろ・・・?社会の荒波に放り込まれてもいないモラトリアム人間のくせに何をもって世間を語れるのだ?
報道ステーションを見たぐらいで世界情勢を知ったふりしちゃいけねえ。
世界の深刻な食糧問題、人口問題、環境問題のどれほどを自分は分かっているんだろう。きっとその側面しか見れていない。深刻さは伝わっているけど、自分に置き換えて見れていないんだろう。そういう点で、自分はきっと偽善者なのかもしれない。
メディアが世界のあらゆる物事、事件を取り上げている中で、それがこの瞬間に起きているリアルだと認識せよ。それらのリアルを自分の感情、思考、論理、行動に組み込め。そして、世界の一部である自分の存在を意識、確立せよ。これぞ日本のモラトリアム人間におけるアイデンティティーの確立。別にPKOに参加せよというわけではない。
緊張感のないワイドショーが平和ボケを生み、感覚を狂わせる。『アニータの一日』とかどうでもいいんだよ。それが人の目を曇らせる。それが主婦の腹をたるませる。

sentyan0522 at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月17日

文学のススメ

僕は何を隠そう国語科です。んでもってゼミは近代文学ゼミです。高校時代はジャンプしか読んでなかったくせに今となっては小説を愛してしまっている始末です。
部屋にはいつの間にか小説が40冊はあります。昔の愛すべき著者は阿佐田哲也だったのに、今は村上春樹です。それでも麻雀小説はいつ読んでも飽きることはありません。
ここで、僕なりの楽しい小説の読み方というものをみなさんにすすめてみたいと思います。それによって少しでもみなさんが小説好きになってもらえれば、これ幸いと思うわけなのです。
まず一つ目は、自分なりに問題意識を持ってその作品を読むことです。これは僕の崇拝するゼミの先生の教えでもあります。問題意識というと何やら難しいことのようにも思うかもしれませんが何のことはありません。言い換えるとすると、ただ作品を黙々と読み進めていかないということです。ここで作者がいわんとすることを考えてみたり、登場人物の気持ちを発狂するほどに想像してみたり、この作品を筆者はどういう思いで書いたのか・・など想像してみるのです。『自分が作品を通して言おうとしていることが読者に悟られてしまうようなら小説家として終わりだ』と有名な小説家が言っていましたが、その作者の心理に近付いてみようと思いながら小説に向き合ってみるのです。それは、いうなれば手品を見るときに、絶対に種を暴いてやろうと思いながら真剣に手品に向き合うときの心理のようなものです。
二つ目はその場その場の情景を自分でイメージしてみることです。春樹の作品を読んでいるとたくさんの情景描写、メタファー、音楽的趣向が凝らされています。そこにおける比喩を自分の脳内でイメージしてみたり、そこでビートルズのレコードが流れていたらビートルズを聴いてみたり、夏の香りを想像してみたり、雪が地面に落ちて溶けてしまうその刹那を思い描いたりしてみたり・・・。これらのことはその作品をよりよく読むだけでなく、あなた自身の感受性を豊かにもしてくれます。ほんのちょっとロマンチストであってもいいじゃないですか。その美しさをイメージできることで、作者との気持ちをシンクロさせてみたりするわけです。
それが出来たころには、あなたは四季の移り変わりに涙しているはずです(妄想)

sentyan0522 at 14:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年01月15日

OB戦

昨日はOB戦でした。前日の飲み会後の徹マーのせいで朝は相当な眠気でした。
あいかわらずM弓さんの雀力は恐ろしいものがあります。彼が僕を雀鬼と呼びますがそれは間違いです。ただの麻雀好きです(ヨチヨチ歩きレベル)。

注目のOB会の結果は・・・・・・・・・・・・・・・・!!!
見事優勝!!三位リーグで。けど商品はなかなかかわいらしくて良かったです。
OBさん達と仲良く卓球して会話できるのはとても良いことです。
世代をこえて共通のものを楽しめるといういうことは素晴らしい。僕らみたいな若造も、社会の荒波にもまれる先輩も、団塊の世代と呼ばれる中高年の方も、一つの白球に思いをこめて青春を取り戻せる。OB会での先輩方の生き生きとした姿を見ていると、自分も絶対にOB会には皆出席したいと思いました。

前日の飲み会はせまい場所ながらもかなり楽しかったです。唯一の心残りがあるとすれば、酒を飲んだときの自分の絡みっぷりのうざさですね。(泣)あのときTしゃんとD輔のフォローがあれば・・・。もうすこし溝は浅かったかもしれませんね(笑)。
それでも僕は飲み続けます。酒がこの世にありつづけるかぎり。

sentyan0522 at 17:18|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年01月10日

ラケット

ラケットがなくなった。新年早々。

初夢は自分でチャック層をはがしたらスポンジがボロボロになる夢だった。夢の中で人に頼まなかったことをひどく後悔した。

近鉄の落し物で聞いてみたが見つからず・・。
学連に電話したもののつながらず・・。
どこにいったの?僕の孔令輝SPさん・・。むしろオニューに近いカタパルトさん。
道で拾ったら誰か教えてください。


あと、最近ノートパソコンを買おうと思ってます。一番安い買い方を僕に手取り足取り教えてください。何なら一緒に電気屋にも行ってください。マックチキンおごります。

sentyan0522 at 18:57|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年10月25日

最近よく思う

世の中って、とてもうまく出来ている。
便利とかそういうんじゃなくって。
朝があるから人は目覚めたりとかそういう話。何かしらの因果関係があるゆえに、物事は成立してる。原因と結果。
人がいるから国がある。当たり前のように体にはつちふまずがあって、靴にはかかとがついてる。繁栄のためにたんぽぽは進化した。美しい。あの子がいるから胸がときめく、暴走。
コーヒーカップは何であるんだ?コーヒーを飲むため。そのコーヒーは?ネスカフェとかが輸入してる。その前は?ブラジルでおっさんが作ってる。おっさんに涙。
じゃあおっさんは?母さんから生まれてきた。母に感謝。じゃあその母親は?知らねえよ。乱闘。

昨日バイトの帰り道は星がキレイだった。
夜の闇があるから星も瞬く。夜があるから人は夢を見ることができる。


毛を刈られるために羊は生まれてきたんじゃねえ。
二次元の中心で愛を叫ぶ。

sentyan0522 at 18:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年10月17日

更新したら・・

みんなが驚いてました・・.
普通にこれからはしていくのにね.
実習が終わってのんびりな毎日に戻りました.
久しぶりの授業は何だか違和感があって,自分が授業を受ける時間は長く感じてしまいます.

学生のうちが一番自由だっていうのもやはり間違いではないですね.これからの毎日はその自由をかみしめつつ,勉強も頑張っていこ.
最近打ち上げや飲み会が多くてお金が全然ないっす.
何とか次の給料日までは食いつないでいきたいな・・.

肩が痛い・・.
これは重症やね.

sentyan0522 at 03:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年10月12日

実習が終わった。

夏休みは九月の頭で終わっちゃって、一ヶ月間の教育実習が始まって、そして終わった・・。
何でこんなに更新してなかったかと言いますと、アパートにネットがつながってないからでした。
これからは合間を見つけてちゃんと書こう。自分の気持ちや今日あったこと、最近のニュースへの感想を文字にしてると何だか自分っていう人間を客観的に見ることができる。何の変哲もない毎日に意味を感じることもできるし、悲惨なニュースにも他人事にならずに向き合うことができる。
無関心は罪だってどっかの評論化が言ってたっけ。文字にすることで何かが生まれる。これホンマ。世論に流される自分を濁流から救ってあげませふ。

というわけで、教育実習は終わってしまったんですが、この四週間で教師という仕事の大変な部分と楽しい部分をしっかり満喫できました。自分が教師に抱いていた理想と重なる部分は多々あったものの、その影にはたくさんの労力と努力があることを知りました。仕事は楽しいことばかりではない。親父がそう言っていたのを僕は放課後の教室で思い出していました。しかし、苦労から生まれる楽しい面は素晴らしく、子供が大好きな自分にとっては、子供達と一番近くで真剣に向き合う教師という仕事に改めて魅力をもつことができました。それはもちろん、出会った生徒達が素晴らしかったということもありますが、実習先で出会った先生方がとても輝いていたからです。口ではめんどくさい、しんどいと言いながらも、生徒たちのことを一番心配し、一人一人の毎日の変化に常にアンテナをたてていいました。
たとえ1コの幸せなことのために10コ大変なことがあったとしても、自分はその1コの幸せのために、教師になる夢を捨てません。
自分にとって大切なことをたくさん気付かせてくれた四週間でした。

「知ろうとする努力と、知ってもらおうとする努力」

生徒と向き合う姿勢のモットーとして、尊敬する先生はこの言葉を残してくれました。

sentyan0522 at 18:18|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2006年08月09日

無気力な時間帯

今は集中講義の時間なのですが、この授業は正直自分のためになってないです。
ひたすらネットサーフィンをするような授業なんです。先生は怒りません。
どーでもいい話ばっかりしてます。
けど、最近かなり忙しいからこの時間だけは心休ませていられるからチョッピリ幸せです。これが終わったらバイトに行って、明日は講義と部活とバイトで・・・。何かと忙しいんです。
どっかの有名人が言ってた言葉で、
「今という時間は存在しない。今は過去の進行形である。つまり過去と未来しかこの世には存在しない。」
というのがある。簡単に言うと、現在という時間は意識した瞬間に過去であって、今は過去という時間が侵食を続けている瞬間だってこと。今タイピングをしたことも時間としてはもう過去のことだってこと。
最近この言葉をすごく思い出してしまう。トイレにいる時や忙しい瞬間やカメを眺めている時・・いつでも。
この言葉を発した人がどういう意図をもって言ったのかは分からないけど、僕には時間はすぐに過去となり、今を直視するヒマなどないと言われているような気になる。
過去と未来しか理論的に存在しないのなら、未来を見据えるべきか、過去を振りかえるべきか・・。
この時間にも今は過去に侵食されている。
立ち止まってるヒマはねえ。

sentyan0522 at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月07日

今日から

集中講義。
正直つまらん。
明日は附中に指導案を提出せなあかん。
まだ八割しか終わってない・・。

早く12日のOB会でみんなに会いたい。
んでもって翌日に猪木にあう。
ビンタされたい。
あわよくばカウンターを狙いたい。

〜したい。
したいことがいっぱいある。
目の前のことを処理するので精一杯。
がんばらなな。

カメ吉の水槽はほんのり臭っている。
けどカワイイ。


sentyan0522 at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)