みうがSEO対策や被リンクをしゃべる

まだYahoo!JPANがYSTを採用していたころ、私の運営しているサイトはTDPによく悩まされました。TDPとはトップページダウンペナルティの略で名前からその意味も想像できる通り、トップページが検索結果においてサブページより下にくるというものです。TDPを受けているとSEO対策を行っても良い結果が出ません。

TDPを調べる方法として、siteコマンドを検索ウィンドウに貼り付け、検索すると自分のサイトのページが一覧で表示されます。この時に、トップページが最上位にいなければTDP濃厚となり、SEO対策において不利な状況となります。TDPの原因はいくつかありましたが、不可解なTDPも当時多く見られました。

現在はグーグルの検索システムを採用しているため、このようなことはめったにありませんが、YSTが復活したときはまたTDPに悩まされるかもしれません・・・。

内部SEO対策は、いってみればサイト作りそのものです。Googleに評価されるコンテンツはそのまま閲覧者の興味をひくコンテンツでもあります。当然労力はかかりますが、自分自身でできる、コストのかからないSEO対策でもあります。できることから対策を行い、検索上位表示へつなげていきましょう。

内部SEOでぜひ取り組みたい施策の1つが、ナビの向上です。構造を複雑にしない他、閲覧者が「サイト内で自分がどこにいるのか」ということをぱっとみて理解できるようにしておく、ということも効果的です。大抵のサイトにサイトマップがありますが、サイトマップ自体は階層地図ではあっても現在地までは示していません。

そこで設置したいのが「パンくずリスト」です。です。よくサイトのヘッドの下にある「○○>○○>○○」となっているものがそれです。このパンくずリストを設置することで、閲覧者は自分の位置を把握し、好きな階層へ戻ることが容易になります。

SEO対策とは簡単に言うとGoogleやYahooなどに代表される検索エンジンに対して、自分のブログなどを最も適した状態に近づけていくことです。日本語にすると検索エンジン最適化。日本語にするとかなり分かりやすくなったのでご理解頂けかと思います。
 そもそもなぜSEO対策が必要かというとすばり検索エンジンが人間のように融通が利かないからなのです。百聞は一見にしかずという諺があります。例えば戦争の悲惨さを訴えるとします。すると長々とした文章よりも一枚の写真がのほうが戦争の悲惨さを雄弁に示すこともあります。しかし検索エンジンは写真の中身を理解できません。そうした融通の利かない部分を人間が補わなければならないのでSEO対策が必要になってくるのです。

SEO対策による検索上位表示が、特に新規顧客の獲得において重要な要素を占めることは既に周知されるところとなっています。つまりSEO対策は限られた人のみがやっている最先端の技術ではなく、営利目的のHPを持つオーナー全てに必須な技術ということです。

それを受けて、アフィリエイトを中心とした、SEO対策のための商材も数多く発売されています。SEO対策を行うためにこれを購入することが必要かというと、そんなことはありません。

もし購入してみようという時には、アップデートが保障されているものを選びましょう。SEO対策はGoogleの検索アルゴリズムの変化に合わせて進化しなければならないものだからです。また、SEO対策入門用に購入するなら、すぐに使えるテンプレートがおすすめです。

SEO対策の中には、市場経済の考えを取り入れて結果を出そうとする考えがあります。

例えば、お店の商品の平均的な売り上げが各々20個程度だったとします。
平均的に売れているわけですから売り上げは安定しますが、そこには爆発力がありません。
お店のシンボルとなる商品がないわけです。
しかし、お店の商品の平均的な売り上げが各々5個程度だったとしても、ある一つの商品に関しては常に100個以上売れるものが存在するとしたら、その商品を推して売り上げアップに繋げようと考えるはずです。

SEOの世界にも、他のワードでは全くユーザーを集めることが出来ないのに、特定のワードに関しては多くのユーザーが集められる場合、他の分野は全て切り捨ててこの特定分野に特化したSEO対策をしようとする考えがあるわけです。
これを、ロングテールSEOなどと言ったりします。

サイト運営に慣れ、SEO対策にも少し慣れてきた方はこうした方法を導入しても良いかもしれません。

インターネットで探してもらうと分かるのですが、無料で尚且つ便利なSEO対策ツールはたくさんあります。SEO対策ツールを導入する事によって、今までは見えてこなかった部分が見えるようになります。SEO対策ツールを使用する事によって、より上手くSEO対策をする事ができるようになります。あまりにもSEO対策を行ってしまいますと、検索エンジンなどからはじかれてしまう可能性があります。はっきりとした基準が決められていないので、ガチガチなSEO対策をしてしまうのはとても危険です。SEO対策ツールを使用する事によって、柔軟に対応することができるようになります。これからサイトやブログを作成したり、変更しようと考えている方はSEO対策ツールを活用して、対応していただきたいです。

アフィリエイトの成功にはSEO対策は不可欠だと思いますが、アフィリエイトの普及によって、検索結果の質の低下が見受けられるよったと思います。アフィリエイトは販売サイトのランディングページともなるものですが、本サイトよりアフィリエイトサイトの方が上位表示されているキーワードも多く見受けられます。確かに最終的に販売サイトにたどり着けば同じことにはなるのですが、同じようなアフィリエイトサイトが上位を占めていると、一般ユーザーはとても混乱してしまいます。SEO対策によって上位表示されているアフィリエイトサイトがこれ以上増えてしまうと、検索エンジンの質はさらに低下していくと思います。一般ユーザーにとって役に立つ検索エンジンの実現を願っています。

改めて考えると現在の検索エンジンというものは
ものすごく高度な処理を素早くしているのだと驚愕しますが、
SEO対策を担当する立場からすると時に頼もしくあり、
時には恨めしくもある手強い相手です。
最近ではまずます小手先のSEO対策は通用しなくなってきていて、
特に外的なSEO対策についてはより正しい認識が必要だと思います。
以前であればとにかく被リンクの数を集めることが
一番手のかかる課題でしたが、
最近では量より質が大切だという傾向も見られていて、
このことは外的SEOが一長一短にはしにくくなったという
ことでもあると思います。
なるべく自然な形での被リンクを作り上げるには
どうすればいいのか考えることの繰り返しですが、
費用と時間がかかることでもあり、
計画的に行うことの大切さが増していると感じます。

SEO業者のサービスを見ていると、被リンクの数を増やすことで検索サイトでの上位表示を実現するといった内容を良く見かけます。これはSEO上理にかなっているだけにとても魅力的に感じるかもしれませんが、実際には効果がそれほどないこともあるので注意しましょう。
被リンクによってSEO上の効果を得られるのは、リンクを設置しているサイトのページランクが高かったり、ドメインが古いものである場合などです。言ってみれば信頼出来るサイトからのリンクを得ることが、高いSEOの効果を生み出すのです。
SEO業者によってはほとんど検索エンジンに認識されていないようなサイトからの被リンクを提供するケースもあり、そうしたサービスを利用してもお金だけかかるだけでSEOの効果は望めないことが多いのです。

みうの信条。被リンクを付けて順位が上がるサイトは上がるべくして上がる 。

SEO対策は何が一番難しいかというと どれだけ被リンクを付けたら飛ぶのか。付けてみないと分からないことだと思います。飛んだあとに被リンクを付けすぎたことが分かります。 このことについての根本的な解決策はない。

同じように被リンクを付けても順位が上がるサイトもあれば下がるサイトもあります。これは内部の強さが関係しています。 内部が強ければ被リンクを付けたら順位が上がります。内部が弱ければ被リンクを付けたら順位は下がります。 このことがSEO対策を難しくしています。

被リンクを付けて順位が下がったらどうすればいいのか。被リンクを削除すれば元の順位に戻りますが、被リンクを削除するくらいなら被リンクを下位ページに付け替えたほうがいいでしょう。みうは順位が下がっても被リンクを削除しません。内部を強化すれば順位は上がるので被リンクはそのままで内部を強化します。

今日の朝、検索したらうれしいことがありました。
SEO対策」66位⇒49位⇒25位 と上がってまいりました!

やったことは、被リンク×5本(すべて『SEO対策』でリンク)付けました。 「SEO対策に効くリンク」は被リンクの付けすぎの状態ではないから普通に上がります。 

seo対策25位

このページのトップヘ