SEO対策の中には、市場経済の考えを取り入れて結果を出そうとする考えがあります。

例えば、お店の商品の平均的な売り上げが各々20個程度だったとします。
平均的に売れているわけですから売り上げは安定しますが、そこには爆発力がありません。
お店のシンボルとなる商品がないわけです。
しかし、お店の商品の平均的な売り上げが各々5個程度だったとしても、ある一つの商品に関しては常に100個以上売れるものが存在するとしたら、その商品を推して売り上げアップに繋げようと考えるはずです。

SEOの世界にも、他のワードでは全くユーザーを集めることが出来ないのに、特定のワードに関しては多くのユーザーが集められる場合、他の分野は全て切り捨ててこの特定分野に特化したSEO対策をしようとする考えがあるわけです。
これを、ロングテールSEOなどと言ったりします。

サイト運営に慣れ、SEO対策にも少し慣れてきた方はこうした方法を導入しても良いかもしれません。