まだYahoo!JPANがYSTを採用していたころ、私の運営しているサイトはTDPによく悩まされました。TDPとはトップページダウンペナルティの略で名前からその意味も想像できる通り、トップページが検索結果においてサブページより下にくるというものです。TDPを受けているとSEO対策を行っても良い結果が出ません。

TDPを調べる方法として、siteコマンドを検索ウィンドウに貼り付け、検索すると自分のサイトのページが一覧で表示されます。この時に、トップページが最上位にいなければTDP濃厚となり、SEO対策において不利な状況となります。TDPの原因はいくつかありましたが、不可解なTDPも当時多く見られました。

現在はグーグルの検索システムを採用しているため、このようなことはめったにありませんが、YSTが復活したときはまたTDPに悩まされるかもしれません・・・。