MYマウスを再強化してみた。
今までは、レーザーマウスを使っていたんだが、Blue LEDマウス(青色LEDマウス)へ移行した。
Blue LED(青色LED)は、レーザーマウスを超える超高感度マウスだと聞いていたので興味はあった。
SEO対策の作業を効率化出来るなら「買いだな」と思い購入。

使い心地はまあ普通。
今まで使っていたBUFFALO(バッファロー)のレーザーマウスとそんなに変わらない。
レーザーよりもトラッキング性能が少し良いかなというのがトンちゃんの感想。

基本的にレーザーマウスで不便は感じていなかったので感動するほどではないが、未だに光学式マウスや底にコロコロが付いたマウスを使っている方がレーザーマウスやBlue LEDマウス(青色LEDマウス)を使ったら、その性能の高さにビックリするでしょうな。
ビックリというか恐らく、舌を巻く事になるだろう^^;。

PCの作業では、マウスを手で動かして、その動きにしっかりとついて来てくれないと困るわけだが、光学式マウスやコロコロマウスは手の動きに全くついてこれない。
この「手の動作にしっかりついてくる事」をトラッキングと呼ぶ。
トラックとは、英語でTrack(追跡する、跡を追う)という意味。
トラッキング(Tracking)だから、「追跡する事」「跡を追う事」という意味になる。

マウスが手の動作に正確について来てくれないと仕事や情報収集・情報発信の作業効率は大幅に落ちる。
私ならSEO作業をマウスで行うわけだから、マウスのトラッキング(Tracking)性能は極めて重要。
そのトラッキング性能を劇的高めたのがレーザーマウスだった。
大体、どこで操作しても動作を正確に認識する。

そのレーザーマウスでも正確に認識する事が出来なかった、「ガラスの上」や「透明なアクリル素材の上」でもトラッキングを可能にしたのが今回のBlue LED(青色LED)マウスだ。
青色LEDというのは、最近よく耳にするようになった言葉。
このBlue LEDマウスの場合は平面であれば、もう殆どどこでも操作可能だと言えそうだ。
何しろ、「ガラスの上」でマウスを動かしても動作を認識するくらいだから。

私が使っているレーザーを凌ぐBlue LEDマウス(青色LEDマウス)は格安というか激安マウス(2500円くらい)なんだが全く問題なく動作している。
購入したのは、またしても、BUFFALO製のマウスだ^^v。
マウスのサイドに、「戻るボタンと進むボタン」があるのでWeb閲覧で一々ブラウザの戻るボタンをクリックし無くても済むわけ。
マウスのサイドボタンのクリック一つで、次のページに進んだり、前のページに戻ったり出来るのが良い。
Web閲覧の効率化ね。

便利で何代もBUFFALO製のマウスを使っている。
基本的にマウスというのは消耗品なので壊れたり、そのうち動作に不具合が出てくる。
なので、気軽に買い替えられる値段のマウスを選ぶべきでしょうな。
しかも、PCに挿しただけで認識されるマウスである事が重要。
一々ソフトウェアをインストールするのは面倒だ。

今時、光学式マウスや底にコロコロがついたマウスは問題外。
トンちゃんなら、無料でも買いませんわ。
3000円あげるから使ってと言われても却下する。

これからの時代のマウスは最悪でもレーザーマウス。
そして、Blue LED(青色LED)を使うのが普通になるでしょうな。
PCを使った作業を効率化したいなら、Blue LEDマウスかレーザーマウスだ。
SEO作業をするならレーザーマウスは当たり前。
Blue LEDならちょっとリッチ^^v。
リッチといってもBlue LED(青色LED)も、激安・格安で手に入るので、トンちゃんは皆さんにBlue LED(青色LED)マウスをお薦めする。

トンちゃんはマウスを複数使い分けているが、外ではレーザーマウス。
事務所では、Blue LED(青色LED)マウスを利用ですわ。
外での利用だと、さらにマウスが壊れやすいんで、Blue LEDマウス(青色LEDマウス)よりさらに格安のレーザーマウス(1600円くらい)を使うようにしている。
私が実際に使っているレーザーマウスとBlue LED(青色LED)マウスを紹介しておきましょう。
どちらも、高性能ながら格安のレーザーマウス、格安のBlue LEDマウス(青色LEDマウス)だと思うが・・・。
性能・機能、共に文句無し。


Blue LEDマウス(青色LEDマウス)<激安・格安・送料込で2500円以下|バッファロー製

レーザーマウス<激安・格安・送料込で1600円以下|バッファロー製

最後に一言、「マウスはSEO作業の要となる武器だ」。

SEOサービス上位表示SEOコンサルティングSEO激安SEO低価格

帽子というと、量産された安価な帽子をイメージしますが、ハンドメイドで帽子作っている帽子屋さんも存在するようです。
キャスケットという帽子も流行したようですが、皆さんはご存じでしょうか。

帽子 通販帽子屋帽子 通販 大きいサイズハット 通販キャスケット 通販