タイトルタグ内でのキーワードの位置についてちょっとお話する。
先ず、結論だがSEO対策上タイトルタグ内でのキーワードの位置は前方配置がベストだ。
前方配置がベストなんだが、キーワードをタイトルタグ内の後方に配置しても問題は無い。
但し、キーワードを後方に配置した場合は、検索順位には多少影響が出る。

検索上位を狙うキーワードを前方配置から後方へと移動させた場合、通常検索順位は落ちる。
当たり前の事である。
タイトルタグ内の前方に出てくるキーワードほど検索エンジンが重要視するからだ。
これはトンちゃんが、多くの管理サイトでタイトルタグをあれこれいじくりまわしていて気付いた事。

とにかく、SEO対策上、「タイトルタグ内のキーワードの位置」は、以下の一文を覚えておけば十分。

「タイトルタグ内では検索上位を狙うキーワードを前方配置したほうが検索順位が上がる」。

ところで、タイトルタグとは何ぞや?
タイトルタグというのは、Webページ(ホームページ)を作成する時に使用するHTMLの<title></title>タグの事だ。
<title></title>タグはHTMLソースを表示した時にソースの上の方に出現するHTMLタグ。
そのWebページの「テーマは何か?」を1行要約で伝えるのが<title></title>タグの役目。
「<title>トンちゃんSEO対策</title>」とあれば、そのページのテーマはトンちゃんの語るSEO対策という事になる。

この<title></title>タグというのは、そこらじゅうで活躍する。
貴方が使っているWebブラウザの一番上の左上隅のバーの部分に表示されてる文字があるでしょう?
それが、<title></title>タグ。
トンちゃんも、ブラウザの左上隅のバー部分は良く見る。
このバー部分を見れば、「ページのテーマは何か?」が分かるからだ。

今、トンちゃんはライブドアブログの管理画面で記事を打っている所だ。
ブラウザの左上隅のバー部分を見ると「記事を書く」と表示されている。
つまり、このライブドアブログの管理画面ページのHTMLソースの<title></title>タグ部分は、こうなっているわけだ。
「<title>記事を書く</title>」。
このページのテーマは一目瞭然ですな^^。

それ以外にもタイトルタグは、ブラウザでお気に入り登録(ブックマーク)する時のページの名前として使われるし、RSSページを購読する為にフィード登録する時にもページの名前として使われる。

SEO対策の初心者はご存知無いかもしれないが、YahooやGoogleやBingの検索結果に表示されるページリンクのタイトルとしてタイトルタグが利用される。
検索結果で上位化してもタイトルが悪いとクリックされない。
タイトルタグ内のテキストは検索結果画面でのクリック率(クリックポピュラリティ)を左右するとても重要な部分である。

とにかくこのタイトルタグ内のテキストはSEO対策以外でも大活躍するので、いい加減なタイトルを付けない事だ。

最後に繰り返すが、「タイトルタグ内では検索上位を狙うキーワードは前方に配置するのがベスト」である。
前方に配置すると検索結果画面でのクリック率(クリックポピュラリティ)が下がりそうなら、タイトルタグ内の後方に配置する事。
キーワードを前方配置する場合と比べると、多少順位を落とす事になるが、他の部分で補えば良い。

SEO対策は部分最適では無く、全体最適を意識して施す事。
これが、SEO対策の基本である。

検索上位SEO実績SEO料金キーワードSEOバックリンク

歯の矯正というと子供時代に友達で銀の痛々しい装置を付けている人がいたのを思い出します。
歯並びというのは結構虫歯にも影響するようです。
歯並びが悪いと歯ブラシが届かない為、虫歯になりやすくなります。
歯の矯正治療を頑張っておくと将来虫歯治療があまり必要なくなるのかもしれません。

港区の矯正歯科医院
相模原市の歯科医院

岩手の温泉でゆっくりしたいもんです。
私は週7日仕事してますので^^;
身体の疲れと、心の疲れを癒したいです。本音です。
岩手 温泉

カスタマイズ可能な単身引越しサービス
一人暮らしの引っ越しは引越し単身便