そういえばついったのアイコン変えたんだったなぁ
って気付いて、ブログを確認。
うん、やっぱりアイコン表示壊れてたね。
確認の流れで記事投稿がもう1か月前と気付いて、
これはちょっと、って思ったので写真の整理をしました。

遡ること、2か月近く?
GW前の空いてそうな時期に旅行しよう、ってことで行って来た、伊東旅行のことを書いておきましょう。
きっかけは、まぼろし博覧会にまた行きたいんだよねーって友達と話したこと。
お互い前回は一人で行ってて、じゃあ今回は一緒に行っちゃう?と盛り上がって計画。
前回私がバスで四苦八苦した結果行けなかった、ねこの博物館も行けた。
自家用車のちから、ありがたし。
というわけで、以下雑な画像ぺたぺたとコメントを。
ねこ
ねこの博物館、住宅地みたいなところに、ぽつっと現れた。
近くにあったのは、ワンコさんと泊まれるホテルっぽいもの。
それ以外は観光者が来るような雰囲気じゃないところだったので、まぁ、バスの本数が少ないのも仕方なしかなと思った。
中は1階が剥製と骨の展示で、2階は半分くらいが猫グッズとか、アーティストさんの作品が並んでるところ。
残り半分がナマ猫さんと触れ合えたりする区画だった。
剥製の展示、虎ばっかり何種類も、とか、見ごたえあったんだけど、
写真を撮るには光源がたりなくて、マトモに撮れた写真がほとんどない。
ねこ1ねこ2
かろうじてというか、凛々しく撮れてたので載せてみる。
ネコ科の剥製って、目に違和感があることが多いんだけど、ここの展示はどれも生々しいというか、違和感なく受け入れられる子が多かった。
作り方で違和感なく仕上げることも出来るってことなんだろうか。

移動日はもう一カ所、近くにある怪しい少年少女博物館へ。
ここ、車移動したらホントに近かった。
あの日、晴れてたら歩いて移動も頑張れたのかなぁ。
お化け屋敷的なところがさぁ・・・すっごく怖くて。
一人で来た時も入ったけど、その時はまだ日が高いような時間で、かつ他にも入ってる人がいたのよね、たしか。
今回は友達と一緒だったのに怖かった。
他に人がいなかったし、閉館間際くらいの時間だったのも怖さの要因かなぁ。
このあと、夕食。
ついったに画像を載せた、山盛りのどんぶり。
半分も食べられなかったやーつ。
自分の食欲過信するの良くない。

ご飯お腹いっぱい食べて、ホテルに移動。
チェックインしたときに、泊まってる人が少ないですよって言われてはいたんだけど、
大浴場に行ってみたら、誰もいなくて私たちだけの貸し切り状態。
おんせんーーー!って埋まるように浸かってた。
広いお風呂って、じっとしてるともったいなくて中でうろうろしたくなる。
他人の目がほぼないなら、なおさら。
そろそろ出ようかねぇ、って話してたあたりで、一人入ってきた。
あがって身支度してたら、さらに数人。
いいタイミングだったらしい。こういうの嬉しいなぁ。
(別記事に続きます)