トンちゃん@Google Yahoo SEO対策

GoogleとYahooのSEO対策について。Bingも少し扱います

サテライトサイトの見切りは千両

サテライトサイトの見切りは千両だと思う今日この頃。
一本の投稿記事の価値を考えると、特に同一ドメイン内にサテライトサイトを沢山抱えるのはあまり良く無い。

トンちゃんもサテライトサイトが、どんどん増えて膨れ上がっている為、一部のサテライトサイトに見切りをつけねばならない局面に達している。

この選択を誤れば、SEO対策会社トンちゃんは潰れるだろう。
当然残すべきは、ドメインやIPアドレスの分散されたサイトである。

100個のサテライトサイトを持つとして、その全てのドメインが分散されているのと、20個は同一ドメインで残り80個が異なるドメインならば当然前者のほうが強力なサテライト網になる。

ライブドアブログ内にも複数のサテライトサイトをトンちゃんは持っているので、そのいくつかは見切りをつけねばならない。
全てSEO対策の初心者時代に作ったブログでそれなりの思い入れもある。
しかし、見切りをつけねば他のSEO対策会社との競争に負ける。

トンちゃんも長い事検証してきたが、やはり同一ドメインのサテライトサイトを複数持つよりは、異ドメインのサテライトサイトを複数持つ方が被リンク効果は期待出来る。

そろそろ、決断の時だ・・・。
やるしかない。

SEO対策SEO東京Google SEOBing SEOSEO低価格SEO会社SEOサービスSEO格安被リンクSEO業者Yahoo SEO

Wordpressのタグやカテゴリーで、個別記事のオリジナルコンテンツが全文表示されるのは良く無い
シンプルなブログデザインでコンテンツで勝負
取り合えず、100本くらいSEO記事を投稿しないと、ブログでの集客効果得られないんで頑張ります。
WordpressのデフォルトのテーマそのままではSEO対策では使い物にならない
「Yahoo SEO」というキーワードで現状、無料ブログは駆逐されてる。80位以内に2ページのみ
URLにキーワードは含めるべきか?ドメインにキーワードを含めるべきか?URLには含めた方が良い
同一ページから同一URLへ異なるアンカーテキストで複数発リンクした場合、全て評価されてる気がするでもない・・

加齢臭加齢臭対策加齢臭石鹸宝塚歌劇団加齢臭シャンプー加齢臭サプリ

士業リンク集 行政書士 社会保険労務士 税理士 司法書士 土地家屋調査士 弁護士 特許関連

サテライトサイト同士の相互リンクも検索ユーザーの役に立つならやれば良い

サテライトサイト同士の相互リンクも検索ユーザーの役に立つならやれば良いと思います。

SEO系の検索キーワードでこのサイトに辿りついた検索ユーザーは当然SEOの情報を欲しています。
当サイトのSEO情報の質に満足した検索ユーザーは当然、「もっとこの管理人のSEO情報」は無いのかと思うでしょう。

私は、今までサテライトサイト同士の相互リンク、特にサイドバーからの相互リンクをやらないようにしてきました。
それは、メインサイトへの被リンク供給をなるべく自然な形行い、検索エンジンに「自然リンク」として見せたかったからです。

しかし、最近私の書いたコンテンツを探している方が前よりも増えてきました。
トンちゃんは一般のSEO情報に対してどんな見解をもっているのかを知りたいと考えている方々がけっこういらっしゃるようです。
「サブドメインに関してトンちゃんはどう考えているのか?」」「サテライトサイトに関してトンちゃんはどう考えているのか?」等です。

検索ユーザーのメリット第一に考える事が、そのままSEO対策になるとは現時点では言えませんが、私を支持してくださる方々の為には、サテライトサイト同士をサイドバーからリンクで繋いで検索ユーザーが辿れるようにするべきだという考えに最近変わってきました。

他の個人で頑張っているSEO職人さんたちも皆自分のSEO情報がテーマのサテライトサイトをサイドバーで連結してます。
私も検索ユーザーの事を考えるなら、やらねばならないと思っております。
今日あたりが決断の時でしょうか。

サテライトサイト同士を連結すると、YahooやGoogleでの検索順位に悪影響が出るのではとの意見があるのは承知です。
一応私の調査した範囲では、高密度なサテライトサイト同士のリンク連結はGoogleではマイナスは無いが、Yahooでは影響ありのようです。

どんな影響かというと、サテライトサイトの各ページがあまりYahooでインデックスされないという影響です。
Googleはサテライトサイト同士の相互リンクでもインデックスし、リンク元としても高い評価をサテライトサイトに与えていますが、Yahooではインデックスを意図的に?しないことで検索順位にサテライトサイトの被リンクが影響しないようにしていると感じております。

しかし、このサテライトサイト同士のリンク連結も程度問題です。
サテライトサイトAの被リンクが全て、「相互リンク」で自作サテライトサイトだけの場合、YahooはサテライトサイトAのサイト内ページをあまりインデックスされません。

ただし、被リンク元の殆どがサテライトサイト同士であっても、「相互リンク」でない一方向リンクなども含めたリンク構造を作った場合はまた違います。

しかし、単純にサテライトサイトAとサテライトサイトBとサテライトサイトCを一方向リンクでトライアングルになるような形でのリンク構造を作っても相互リンクと同じものと看做されるから駄目だいうのがSEO業界の常識ですが、これが効く場合もあります。

このサテライトサイトA・B・Cの中にYahooからの評価が高いサイトが入っていると話が変わります。

Yahoo!検索アルゴリズムUpdateとYahoo!検索Index Updateの違い。米YSTとの比較
「Yahoo!SEO」と「Yahoo! SEO」ではYahooの検索結果は異なる。
Wordpressで投稿画像が表示されない時の解決法


SEO対策サービス被リンクSEO会社トンちゃんのメインブログ一覧SEO会社トンちゃんの顧客サポートブログSEO対策会社トンちゃんのメインブログの中のメインブログ


士業リンク集 行政書士 社会保険労務士 税理士 司法書士 土地家屋調査士 弁護士 特許関連

メインサイトとサテライトサイトを明確に分けよ。目的は違うがSEO対策はサテライトサイトにも必要

メインサイトとサテライトサイトを明確に分ける必要がある。
私が、過去にそうだったのだが、メインサイトとサテライトサイトの境界があいまいでどのサイトも上位表示させようとしていた時期があった。

全サイトを上位化させる事自体は、出来なくもなかったのだが、その上位化させようとする試みの為に心身に相当の負荷を与えていた。
続けていたら、心身が今頃ボロボロになっていただろう。

あの当時は、サテライトサイト数が増えすぎて、各サテライトサイトの被リンク数などの把握が、困難になっていたのを思い出す。
同じサイトの同じページにやたらとリンクしてしまい特定キーワードでの評価を大きく下げた事もあった。

とにかく、サテライトサイトとメインサイトの境界がごちゃ混ぜで何を自分がやっているのか分からなくなっていた。
サテライトサイトも、長く運用していると、当然ある程度検索需要のあるキーワードで20位だとか30位くらいまで上がってくるようになる。
そうなると、当時の私は「しめた!」と言ってサテライトサイトのSEO対策に力を入れたりしてした。
当然、その間メインサイトのSEO対策は放置状態になるので、順位が下がったり等色々な悪影響があった。

今の私なら、サテライトサイトの順位が上がっても何もしないだろう。
順位を上げる為の逆SEO対策もやらない。
完全に無視するだろう。
サテライトサイトはあくまでサテライトサイトだからだ。

しかし、昔のSEO対策初心者だった頃の私は違ったわけだ。
有頂天になってしまい、サテライトサイトのSEO対策に力を入れ始め、自分の力と時間を「分散」するという「選択」をしていたのだ。

そこら中のSEOホームページSEOブログで書いているが、弱者が生き残る為にとるべき戦略は決まっている。
弱者がとるべき戦略は「差別化戦略」である。
具体的な戦法としては「一点集中主義」である。
この「一点集中主義」からブレれば長期的視点で見れば必ず弱者は敗れる。

当時の私は、一点集中主義では無く、強者の戦法である「総合主義」で戦っていた。
自分がクライアントに戦略を教える立場でありながら、愚かにも弱者の私が「総合主義」で戦っていたのだ。

もう一度繰り返すが、メインサイトとサテライトサイトは明確に分けねばならない。
サテライトサイトの順位が需要のあるキーワードで上がってきても無視する事。
メインサイトに一点集中せよ!という事だ。
絶対にブレてはならない。
ブレて総合主義に走れば弱者は必ず負ける。

サテライトサイトに力を入れ過ぎてはいけないが、力を入れ無さ過ぎるのも駄目だ。
最低限、サテライトサイトとして機能するだけの、サテライト自身のSEO対策はやる必要がある。
サテライトサイトに統一性を持たせて検索エンジンからの評価を高めたりだとか、インデックス対策など、必要最低限のSEO対策はやらねばならない。

<まとめ>
・メインサイトは、ターゲットキーワードで上位表示させる為のSEO対策をやる。
・サテライトサイトは、メインサイトのリンク元として機能するだけのSEO対策をやる。


特許申請・特許出願のことなら東京の国際特許事務所
http://www.matsuda-pat.com/

特許出願・特許申請の方法
http://www.matsuda-pat.com/tokkyo-houhou/

特許申請・特許出願の流れ
http://www.matsuda-pat.com/tokkyo-nagare/

商標登録申請は国際特許事務所
http://www.matsuda-pat.com/gyoumu/

特許事務所弁理士ブログ
http://www.matsuda-pat.com/blog/

弁理士 東京の国際特許事務所
http://www.matsuda-pat.com/profile/
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ