2013年04月01日

ソウルの地下鉄駅名の改称ー城北駅ー>光云大駅

一番、新しいソウルの地下鉄の駅の改称。
地下鉄1号線の城北駅が、光云大駅となった。
また、「大学」の名前の駅名である。
韓国の地下鉄の駅名は大学が大好きである。
1つには、大学の宣伝がある。
駅名がついた名前はそれだけでメジャーである。
また、街のイメージがある。
大学、ついただけで駅のある街が文教地区に見える。
大学の名前がついた名前には、いくつかの傾向がある。

1.大学名がそのままついたもの。梨大 高麗大、教大など。 
2.前、がついたもの。成大前 漢大前
3.入口がついたもの。ソウル大入口 弘大入口 誠信女大入口
4,サブ駅名についているものオリンピック公園(韓国体育大学)

イメージとしては、大学名、または前がついたものは、駅のすぐ前に大学があり、入口は、やや離れている場合に使われるとおもわれる。
しかし、実際は当てはまらないこともある。
たとえば梨大駅は、大学とは300m弱離れているが、大学名である。
一方光云大駅は大学とは道沿いに400m以上離れている。
ところで、合併前の城北駅は、なぜ変えられてしまったのだろうか。
城北は、ソウル=市内=城の北を示す地名である。
実際、区名としても使われている。
この駅は以前、1911年に誕生したヨンチョン駅であった。
それが1963年に城北駅に改称された。この時、駅は確かに行政的にも城北区にあった。
しかしその後の行政区の変遷(分区)により、現在は蘆原区になっている。
実際、城北区役所の駅の最寄り駅はこちらではない。
このあたりに一般生活で誤解は生じることはあったと思われる。
この点では城北駅と名乗る根拠が揺らいでいたともいえる。
今回の改称も、この区の違いは要因の1つであったようである。
しかし、城北を区名ではなく、ソウルの北という意味で捉えれば、城北という駅名にそれほど違和感がない。
では、大学以外の他の駅名はどうであったのか。
区名の蘆原はすでに使用されている。
現在の住所的には月渓洞だが、。月渓駅もすでにある。
実は、駅の改称にあたって、住民の意見集約がおこなわれている。
http://blog.daum.net/syj5000/4181778
それによると・・・
1位 光云大 599
2位 光云大入口 325
3位 ヨンチョン 103
上記以外 127
城北 
ピョルマル
月渓聖堂
月光
であった。
この結果について、会議参加者の意見も、載せられている。
まず、地下鉄を運行し駅を保有する鉄道公社は改称に反対した。
特に「光云大」は固有名であり、規定上不可能と返答している。
たしかに、鉄道公社の路線の大学駅名はいずれも「前」がついている。
また、蘆原区長との協議でまだ改称する空気ではないとしている。
アンケート結果にも、聞いた範囲など根拠に疑問を呈している。
一方、区の方は、アンケート結果により改称の住民の希望が得られたとして、鉄道公社に改称の検討を要望を出した。
また光云大も、鉄道公社駅名委員会に1位の光云大駅の選定を希望、複数駅名の提案時は上位の3つを提案するように希望した。
結果、駅名委員会には上位3つが新しい駅名の候補として挙げられ、検討の結果、2012年12月、当初改称が不可能と言われた「光云大」への改称が決まったのである。
どうして公社側は従来の方針を変えたのだろうか。
この駅の改称は、かなり影響が大きかった。
なぜならこの駅始発、終電の地下鉄もかなりあるからである。
となると、すべての地下鉄駅、地下鉄車内の案内を、変えなくてはならない。
しかし実際は、改称から1ヶ月たっても、まだ旧駅名が使われている。
固有名を避けるには、元のヨンチョン駅という候補もあった。
しかも、城北駅に改称される前の駅名である。由来がないわけではない。
実際に、3位には入っている。
しかし、採用はされなかった。
地図を見る限り、現在、ヨンチョンという地名はこのあたりで使用されていない。
すでにあまり馴染みのない地名になっていたのだろうか。


seoulbouz at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月14日

大学が名前についたソウル地下鉄の駅名

ソウルには大学名のついた地下鉄名が多い。

地下鉄2号線 弘大入口、梨大、ソウル大入口、教大、建大入口、漢陽大
地下鉄3号線 教大
地下鉄4号線 誠信女子大入口、漢城大入口、淑大入口、総神大入口
地下鉄6号線 高麗大
地下鉄6号線 崇実大入口
また乗り入れている国鉄区間にも、大学名の駅がある。
京元線 外大前
京釜線 成均館大、烏山大
盆唐線 キョンウォン大
安山線 漢大前

駅名に、大学名がつくことは、大学の宣伝になる。
しかし、地名の公共性としてはどうだろうか。
あまり知られていない大学の名前を駅名にするのは、駅名としての公共性にそぐわないのではないだろうか。
たとえば、漢城大入口駅。
こちらは、本来の地名である三仙橋(サムソンギョ)のほうがしっくりくる。
淑大入口駅も、すぐ近くに1号線の南営駅がある。
別の名前であることが、かえって紛らわしくなっている。
総神大入口駅も、同じ駅でありながら、7号線の駅名は梨水(イス)のままである。
駅のある地区に、まさにその大学しかなく、大学がメインの利用駅であるのならば、その大学名とすることはわかる。
そうでない場合は、公共性を欠き、駅名としては不適切と思われる。
特に安山線の「漢大前」は問題である。
なぜなら、4号線には、漢城大入口駅、2号線には漢陽大駅がある。
しかも安山線には4号線に乗り入れている。
距離が離れているとはいえ、同じ路線で似た意味のある駅が2つあるのは、利用者には不適切と思われる。。

seoulbouz at 05:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月16日

銀ブラ、本ブラ

ソウルの忠武路(チュンムロ)は、昔、日本統治時代に本町通りと言った。
当時も繁華街、今も繁華街である。
日本の銀座をぶらぶらすることは、銀ブラ。
同じく本町通りをぶらぶらすることも当時、本ブラといったらしい。
忠武路は現在、明洞(ミョンドン)の一部となっている。
日本人は明洞をぶらぶらすることを明(ミョン)ブラと言ったりする。
ほかの外国の都市でも同じような例があるのだろうか。

seoulbouz at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月15日

駅名からみる韓国の固有語地名、その1

韓国の地名は、漢字語がほとんどである。
たとえばミョンドン=明洞、チュング=中区といったように、ほぼ漢字語に置き換えられる。
駅名も同じ。
ただその駅名でも漢字語ではない駅名がある。
たとえば
6号線ボティコゲ駅。
語感からして、韓国の地名ぽくない。
ほかにも見てみると、漢字語でない駅名がいくつかある。
(一部、漢字を含む地名を除く。)
2号線 トゥクソム駅
4号線 タンコゲ駅
5号線 クブンタリ駅
6号線 セジョル駅、トルコチ駅、トッパウィ駅
7号線 マドゥル駅、モッコル駅、ポラメ駅
7号線 チャンスンペギ駅
9号線 ノドゥル駅

その語源の由来と、採用理由を見てみることにする。

(つづく)

seoulbouz at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月26日

新潟州の名前について


新潟県と新潟市が合併する構想を発表した。
その際、気になるのが名前である。
出てきたのは

○新潟都

○新潟州
である。

新潟都は、システム的に類似する東京都を意識したものと思われる。
これは、大阪都(大阪府+大阪市)、中京都(愛知県+名古屋市)
と同じものと思われる。
ただ「都」の問題は、これは制度として「都」ではなく、東京という「都」を意識して命名された行政単位ということである。大阪は名古屋は副都、ということでまだ応用は可能かもしれない。ただ新潟の場合、日本海側の首都、という解釈もできるかもしれないが、新潟都はやや苦しい。

となると
新潟州
の方が現実味があると思われる。
ここに道州制の話がからんでくる。
もし道州制が導入された場合、都道府県の合併、あるいは都道府県の上部団体として北海道を除き「州」が導入される。
新潟州ができると、この道州制を先取りしたものという意味を持つ。
となると、大阪都も、中京都も、大阪州から関西州へ、中部州へと道州制への流れを作る可能性がある。
また先に新潟州が成立すれば、都道府県は都道州府県となり、道州と都道府県が混在する事態となる。当分は都道府県と同じレベルとして州が存在することになる。


seoulbouz at 06:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)最近聞いた気になる地名 

2010年11月02日

空港の愛称


日本の地方空港では、正式名称のほか、愛称を持つ空港がある。

○高知龍馬空港
2003年11月から。いわずもがな、坂本龍馬から採られた。日本で人名がつく公共機関はめずらしい。外国ではいくつかあるが、いずれも第2次世界大戦後に活躍した政治家の名前である。(パリのシャルル・ド・ゴール空港、ジョン・F・ケネディ空港)。これを日本であてはまれば、羽田は吉田茂空港に、成田は佐藤栄作空港になる。新潟空港なら田中角栄空港でもいいかもしれない。


○米子鬼太郎空港
2010年4月から。まんがのキャラクターからとられた。イギリスでいえばハリー・ポッター空港ができるようなものであろう。
これは作者の出身地に由来する。鬼太郎の名前はすでにバスの名前や、タクシー、フェリーの名前に使用されている。作者の名前も商店街や郵便局の名前になっているが、空港はキャラクターの名前になったらしい。まだ存命中だからだろうか。まんがのキャラクター(作者の出身地)なら、Q太郎空港やバカボン空港もありえそうである。ただ鬼太郎以外ではそこまで話はまだ聞かない。

○南紀白浜パンダ空港
これはまだ正式決定ではない。そのような話が出ている程度である。これは白浜にパンダが6頭いることに由来するらしい。パンダという観光性の高い動物だから出た話といえる。
動物がついた空港では同じく、
○コウノトリ但馬空港
○対馬やまねこ空港
がすでにある。

○出雲縁結び空港
出雲といえば出雲大社。出雲大社といえば縁結び。というわけで空港の名前も縁結び空港となった。2010年10月からJAL機内アナウンスでも呼ばれることになった。
同様に、人名でも、キャラでも、ないパターンとしては
○徳島阿波おどり空港
がある。


seoulbouz at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月11日

菅大臣町

菅大臣町は愛知県春日井市にある地名。愛知県春日井市菅大臣町。かんだいじんちょう、と読む。以前、この町に菅原道真をまつる神社があったことに由来するらしい。

また京都にも菅大臣町がある。京都市下京区仏光寺通西洞院東入菅大臣町。こちらには現在も近くに菅大臣神社がある。こちらは菅原道真を祀った神社で、菅原神社の邸宅があった場所という。

ちなみに現総理大臣の菅直人の管という苗字も、菅原道真と関係があるらしい。中世に菅原道真の末裔と称した武士集団「菅家党」の子孫の一族が住んだ村が、管直人の祖父の出身地であるそうだ。実際に子孫かどうかわからないが、どちらも菅原道真とゆかりがある、とは言える。

面白いのは、菅原神社、菅原町ではなく、菅大臣と「大臣」がついていることである。これは、右大臣から太宰府に左遷され、死後に太政大臣となった経歴が関係しているように思われる。ほかの大臣の名前がついた神社は見当たらない。

もちろん、大臣のつかない「菅原神社」も実際には多い。町田(東京都)、国府津(神奈川県)、川越(埼玉県)、堺(大阪府)、奈良、栃尾(新潟県)、小倉(福岡県)、津(三重県)など、全国にある。菅原天満宮や菅神社もある。

seoulbouz at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月16日

韓国の新しい市名〜京畿道城南市、河南市、広州市合併の新市名

京畿道城南市、河南市、広州市が合併することになった。合併すると必要になるのが合併後にできる新しい地方自治体の名称である。

今回の市名選定にあたっては、2010年の2月2日から8日まで、合併する3市では新市名の公募が行われた。
対象は3つの市に住所を持つ市民、団体と3つの市に本籍を持つ人で、1人2つまで応募することができ、ホームページ、ファックス、郵便、訪問などの手段で可能であった。
また最優秀作品には500万ウォン、優秀作品に300万ウォンという賞金もつけられた。

この公募では 1,232件の公募があり、314件の名称が集まったという。

このとき、上位にあがったのは、以下の市名であった。

ハンソン市 ???
クァンナム市 ???
ハンサン市 ???
クァンジュ市 ???
サンソン市 ???

そして2月8日に発足した統合準備委員会2月18日、新しい市の最終候補5つを決定した。

クァンナム市 ???
クァンジュ市 ???
ハンサン市 ???
ハンソン市 ???
ハンジュ市 ???

なかでも一番多かったのはハンソン市であった。

それでは候補となった新市名について、1つ1つ見てみることにする。

クァンナムは漢字で書けば広南。つまりはそれぞれの市の一字をあわせた合成地名である。ただ、もともとこの地域は広州郡の一部であった。したがって広州郡の南という意味とすることもできる。またソウル市南部の地名、カンナムも連想させる。ただカンナムとクァンナムが隣接すると、間違いは多くなると思われる。

クァンジュは漢字で書くと広州。この地域の郡名にあたる。ただ、合併元の行政体に同じ地名である。日本の市町村合併では、その地名がふさわしくても、避けられるケースが多い。また、まったく同じ読みのクァンジュが韓国南部にある。人口規模も同じになるので、間違いが多くなると思われる。

ハンサンは漢字で書くと漢山。ソウルの古名にあたる。確かに現在は使われていない。この地域に南漢山城(ナムハンサンソン)があり、駅名にもなっている。この一部をとったものとも考えられる。

ハンソンは漢字で書くと漢城。ソウルの李朝時代の、漢字名にあたる。最近まで中国語の表記として使われていたが、別の名称「首爾」に改められた。ここにきて復活である。このハンソンは最近まで実際に使われてきたという生きた実績がある。ただ厳密に言うと、この地域はソウルではない。川越や船橋あたりが江戸と名乗るようなイメージとなる。また、近くを流れる漢江(ハンガン)で漢(ハン)という字が使われ、ハンは広いという意味もあり、韓国のハンにもつながる。いいイメージがあるようである。

ハンジュは漢字で書くと漢州。これも上の漢城または漢山と広州の合成地名。

サンソンは漢字で書くと山城。先程も触れた南漢山城の一部から由来するらしい。


ちなみに公募の際、市名の条件とされたのは
○歴史性:地域の由来、神話、伝説、伝統など歴史的意味
○象徴性:相生協力と市民和合の未来志向的意味
○大衆性:親近感があり誰でも覚えやすい意味
○国際性:英語、中国語など外国語で表記または発音しやすい意味
○都市特性:世界と交流するグローバルブランド都市として跳躍とビジョンまたは市民幸福な自足都市の意味

などであった。


2月18日、統合市準備委員会は3つの市に住む19歳以上の男女3000名を対象に、5つの新市名に対する選好度調査を行れることになった。その結果は19日ソンナム市民会館で開かれる市民公聴会で発表、検討され、22日には3つの市議会の意見を求めた上で、23日に最終決定、国の行政安全部に提出することになっていた。
ところが合併自体が2010年6月の地方選挙まで保留となってしまった。2010年5月現在まだ新市名は決定していない。

http://ihanam.net//woori/board/board01/1480997_2922.html?big_temp=5(韓国語)
http://ihanam.net//woori/board/board01/1481211_2922.html?big_temp=5(韓国語)
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2010/02/18/2010021801746.html(韓国語)
http://www.chosun.com/site/data/html_dir/2010/02/08/2010020801709.html(韓国語)
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20100203024013(韓国語)


seoulbouz at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)合併市町村名の研究 | 韓国の地名研究

2010年03月16日

富士川町の「移動」



2010年3月8日、山梨県にある増穂町と鰍沢町が合併し、富士川町が誕生した。
南巨摩郡富士川町である。
しかし2008年10月31日まで、静岡県に富士川町が存在した。
庵原郡富士川町である。
こちらは富士市と合併し、消滅した。
つまり、富士川町は、県を越えて、1年8ヵ月後に復活したことになる。
また、場所も比較的近い。
自然地形を市町村名の由来とすると、このようなことになる。
県は違うとはいえ、まったく同じ町名である。
場所もかなり遠いわけでもない。
郵便物の誤配などの実害も懸念される。
また現実にバイクのナンバープレートがかぶるという事態になっている。
そのために「山梨県」といれることになったらしい。
ためしに富士川町で検索しても以前あった静岡県が出てくるほうが多い。
常識的には同名の町名は避けるべきであったと思われる。

またもう1つ、この合併で残念なことがある。
「鰍沢(かじかざわ)」という珍しい魚の名前がついた市町村名がなくなってしまった。


seoulbouz at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)合併市町村名の研究 

2010年01月19日

ソウルの固有駅名

韓国の地名は基本的には漢字で書かれる地名である。おそらくは本来の固有語に漢字をあてはめ、漢字読みに変化したものも多いと思われる。 しかし、すべて漢字化するものはむずかしかったらしい。 ソウルの駅名でも、漢字化されていない駅名がいくつかある。

最近、地下鉄の駅に、「スンウリマル(純粋にわれわれの言葉)」の駅名について由来を書いた張り紙があった。
そこにあがっていた駅名と、説明を見てみる。

エオゲ ???  地下鉄5号線
小さな峠または小さな子供と関連がある峠。

クブンタリ ???? 地下鉄5号線 
朝鮮時代、この地域の村にあった橋が折れ曲がっていて、折れ曲がった橋(クブンタリ)とと呼ばれた。

トルコジ ??? 地下鉄6号線
村の東側の山が紺色の石を突き刺したように見え、トルコジ(石差し)村と呼ばれた
トッパウィ ??? 地下鉄6号線
岩の形が瓶(トク)のようだからとつけれられた説と、岩が多くて隠れやすいのでつけられたという説がある。

マドゥル ?? 地下鉄7号線
昔ここに宿駅の基地があり、馬(マ)を野原(ドゥル)で育てたためという説がある

モッコル ?? 地下鉄7号線
朝鮮時代、墨(モク)をつくっていたムットン(墨洞)という名前を純韓国語で表記したという説と
学問を奨励するためにモク(墨)を村の名前として定めたという説がある。

チャンスンペギ ????  地下鉄7号線
チャンスン(=村の守り神として立てる男女の木像)がある場所をチャンスンペギといい、朝鮮中期、王の正祖(チョンジョ)が悲痛で死んだ父思悼世子サドセジャを忘れないためスウォンの墓所を参拝に通い、森が生い茂るこの場所で休んでいた間にひっそりとチャンスンをつくったという

ポラメ ???  地下鉄7号線
ポラメは狩りのために育てた生後1年以内のタカのことで、空軍士官学校の象徴する鳥がポラメ。
空軍士官学校だった場所を公園としてポラメ公園と命名。


上記以外にも、以下の固有語の駅がある。

トゥクソム 地下鉄2号線
タンコゲ 地下鉄4号線
ボチコゲ 地下鉄6号線
セジョル 地下鉄6号線

seoulbouz at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)韓国の地名研究 | 駅名研究