えっ

一年もブログ更新してなかったの?!自分では2,3ヶ月のイメージでした……。

格差

日本はようやくAUD、DOTなどをいじり始めた。米国では2008年に、いじり初めている。10年の格差があり、追いかけているが、離されている。米国ではCDIの第一選択をVCMにするようだ。これは、追いかけたほうがいいのか。追いかけたくない気がする。格差が、いろんな面で気になる。

WHO手術部位感染SSIの予防ガイドライン2016「ガイドラインで強く推奨」

WHO手術部位感染SSIの予防ガイドライン2016「ガイドラインで強く推奨」

  • 鼻腔に黄色ブドウ球菌を保菌していると分かっている患者には、2%ムピロシン軟膏の鼻腔内塗布塗布を行い、グルコン酸クロルヘキシジンでの全身入浴と組み合わせても良い。
  • 成人の腸または直腸の待機手術において、経口抗菌薬なしで腸を動かして術前に排便させることはすべきでない。
  • どのような外科的手術を受ける患者でも剃毛してはならないし、もし絶対に必要なのであればクリッパーで切るべきである。シェービングは術前でも手術室に入ってからでもいつでも、すべきではないことを強く勧告する。
  • 手術時の予防的抗菌薬は、もし適応があるならば、切開の前に投与すべきである。
  • 手術時の予防的抗菌薬は切開前の120分以内に投与すべきだが、抗菌薬の半減期も考慮して投与する。
  • 手術時手洗いは適切な抗菌石けんと水で行うか、アルコールベースの擦式消毒剤を行ってから、滅菌手袋を装着すべきである。
  • 手術部位の消毒にはアルコール含有グルコン酸クロルヘキシジンを用いるべきである。
  • 気管挿管して全身麻酔下に手術を行う患者は術中に80%濃度の酸素吸入を行い、可能ならば術直後の2〜6時間も行う。
  • 手術が終了した後も予防的抗菌薬を使うべきではない。
記事検索
プロフィール

sepsis

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

トップに戻る