世羅町社会福祉協議会のブログ

ともに生きる福祉のまちづくりを目指す 世羅町社会福祉協議会のブログです。

ボランティアバスを運行しました

世羅町社協では、

8/12にボランティアバスを運行し、

三原市において被災者支援活動に参加しました。

当日は世羅町内から23名の参加があり、

三原市に寄せられたニーズに基づき、家屋の清掃や土砂撤去などを行いました。

当家の方からは、

「このことは一生忘れません。本当にありがとうございます!!」

と涙をうかべながら感謝の言葉をいただきました。

ご参加いただきましたボランティアのみなさま、ご協力ありがとうございました。


↓午前の活動を終え、バスに乗り込むボランティアさん
IMG_7527

災害ボランティアセンター(世羅町被災者生活サポートボランティアセンター)からのお知らせ

serasaigaivc7月9日から開設しておりました、災害ボランティアセンター(世羅町被災者生活サポートボランティアセンター)に、各方面よりご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございました。
この度の災害復興支援において、世羅町でボランティア活動してくださった方々は、7月23日(月)の時点で延べ人数207名となりました。

連日の猛暑で過酷な現場となりましたが、たくさんのボランティアの方々のご協力により無事活動を終え、災害ボランティアセンターは7月30日(月)午後5時30分をもちまして閉鎖いたしました。

これまで住民の皆さまの生活支援に係るニーズについて、ボランティアの皆さま等のご協力により作業は一段落しました。今後は通常のボランティアセンター機能に戻し、被災された方々が一日でも早く安心した生活が送られるよう、引き続き支援を続けて参ります。
DSC_0884DSC_0879暑い中ご協力くださったボランティアのみなさん、本当に、本当にありがとうございました。



本日でボランティアの活動を終了しました

DSC_10747月23日(月) 世羅町もジリジリと夏の暑さが厳しい一日となりました。

今日の作業は前日からの継続で、土砂や石などの撤去作業が中心でした。
大きな石がゴロゴロあり、土砂の量も多かったため、これまで少しずつ慎重に進めてきました。
当家の方もご高齢で、力仕事が多い作業はボランティアさんの力が本当に必要となりましたが、ここの現場も今日で無事完了しました。
DSC_1057DSC_1067
7月9日に災害ボランティアセンターを起ち上げ、
今日までの完了ニーズ 14件

活動してくださったボランティアさん 延べ207名

うち、
土砂撤去作業などのボランティア 185名

災害ボランティアセンター運営ボランティア 22名
でした。

世羅町社会福祉協議会では、本日でボランティアの活動を終了いたしました。

連日の猛暑で、過酷な現場となりましたが、災害ボランティアセンターを支えてくださる運営ボランティアさんがおられ、力仕事を一生懸命される、現場でのボランティアさんみなさんのご協力があり、これまで進めてくることができました。

また、ボランティアに入らせていただいた当家の方からの感謝の言葉に元気をもらい、無事終了することができました。

最後に、今回の西日本豪雨災害でお亡くなりになられた方々へ謹んで哀悼の意を表し、ご遺族の皆さまにお悔みを申しあげますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞いを申しあげます。

また、被災された方が少しでも早く安心した生活が送れますことをご祈願いたします。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ