世羅町社会福祉協議会のブログ

ともに生きる福祉のまちづくりを目指す 世羅町社会福祉協議会のブログです。

令和5年広島県要約筆記者養成講座開催のお知らせ

無題 皆さん、こんにちは
 福祉係の久保です!


尾道市で開催される「令和5年広島県要約筆記者養成講座」についてお知らせです。

20230119_083204_0001
聴覚障がい者のコミュニケーション手段として、「要約筆記」があります。聴覚障がい者のコミュニケーション手段として「手話」を思い浮かべる人が多いと思いますが、人生の途中で聞こえなくなった方には手話の取得は容易なことではありません。
「要約筆記」は、話の内容をその場で文字にして伝えていく方法です。


日程は、下記のチラシのとおりです。講座は、①手書きコース、②パソコンコースの選択ができます!
20230119_083204_0002

令和5年は、比較的近場である尾道市で開催されますので、ぜひこの機会に講座を受講してみませんか

詳しくは、
NPO法人広島県難聴者・中途失調者支援協会事務所
電話 082-259-3327 までお問い合わせください


NORMA(ノーマ)社協情報1月号に紹介されました✏(世羅町福祉・介護人材確保等総合支援協議会)

無題こんにちは!福祉係の久保です。
世羅町社協は、世羅町福祉・介護人材確保等総合支援協議会の事務局をしています。

このたび、全国社会福祉協議会が発行する「NORMA(ノーマ)1月号」に本協議会の取組みが紹介されました!
NORMA社協情報は、地域福祉の推進と社協の基盤強化を図ることを目的として組織された、全国社会福祉協議会・地域福祉推進委員会の機関誌です。
1月号の社協活動最前線コーナーにて紹介されています。

平成28年の設立の経緯、これまでの取り組み(①福祉のお仕事見学ツアー、②就職面談会、③パンフレット作成、④各種研修会)、社会福祉法人との連携、今後の取り組みを丁寧に紹介いただいています。
窓口に冊子を置いていますので、ぜひ、ご覧ください!👀

⇓こんな感じです

20230106_130249_0001



今年度は、町内の高齢者施設の職員を対象とした研修会を予定しています✍
研修の詳細については、別途お知らせいたします。





つくし未来塾へ行ってきました!

かお
 こんにちは!世羅町社会福祉協議会の森政です。


今回は、先日津久志地区で行われた「つくし未来塾」についてです!

つくし未来塾とは…?
その名の通り、津久志地区の未来について考える会です。
津久志地区をよりよい地域にしていこうという思いを、
様々な角度から考えていく会です。

その会の第1回が11月30日(水)
津久志自治センターで開催されました!
なんとゲストは、さいねい龍二さんと載寧勝也さんです
お二人が農業を営まれている、世羅町山中福田は、
合併前は津久志村の中にあったということも、
今回お二人にお越しいただいた理由の一つでもあるようです。タイトルなし

タレント業の傍ら、世羅町山中福田で農業を営まれている さいねい龍二さん。
テレビで観たことある方もいらっしゃるかもしれないですね

龍二さんのお兄さんの載寧勝也さんは、元三井ガーデンホテルのシェフです🍴
山中福田でご家族で農業を営まれ、安全・安心・おいしい野菜やお米の生産に取り組まれているようです。

この日は、さいねい龍二さんのお話しの後、載寧勝也さんのお食事をランチにいただきました

まずは さいねい龍二さんのお話しです。
これからの農業について、県内事例を交えつつお話しくださいました。
IMG_4463
時代と共に状況が変わっていき、農業の価値観も変わってきています。
例えば、お米。
昭和40年代をピークにお米自体の価値が下がってきています。
それは、消費量も今の約2倍であったので当然のことです。
重ねて今は、コロナウイルスや世界情勢の影響で、
原油・物価高騰しています。
このような問題は、個人だけでは解決できません。
ではどうしていくのか?
例えば、ブランディングをして価値を高めていく方法、
加工販売の工夫をして販売していく方法、などがあります。

いずれもすぐに結果が出るものではないですが、
早い時点から始めておくべきであるとの考えでした。

近頃よく耳にするようになってきた「半農半X(はんのうはんえっくす)」についても
お話しくださいました。
「半農半X」とは…
農業と様々な仕事を組み合わせ、自分の好きなことや、
やりがいのある仕事をするライフスタイルです。
よく似た言葉に「兼業農家」もありますが、
こちらは、農家以外の収入で生活の基礎を作ります。
半農半Xは、農業が生活の基礎となります。

県内事例をいくつか挙げてくださいました。
その中のひとつ、工業高校出身の友人同士2人でやっている農家さんたちは、
高校時代に学んだ技術を活かして、農機具やビニールハウスの設備の充実を図っています。
日差しの強さの調節などもプログラミングし、
野菜たちが一番よく育つ環境になるよう管理しているようです。
この技術を販売し、世界中の農家さんから信頼を得ているとのことです。

この他にも、自分に自信を持っていくための考え方を話してくださいました。

「みなさんは、100万人に1人の存在になれる何かを持っていますか?」
このように質問をされると、多くの方はすぐには答えられないかもしれません。
得意なことや長年やってきたことでも、100万人という大きな数字が出ると、
悩んでしまうかもしれません。

「それでは、100人に1人の存在になれる何かを3つ持っていますか?」
料理が得意・農業をやっている・〇〇のファン…など何でもいいです。
「100人に1人」になれるものが3つを掛け合わせると、
100×100×100=1000000 で100万人に1人の存在になります!

「自分には何もない」と考えてしまいがちですが、
絶対に何かあるので、自分に自信を持って!とおっしゃっていました。

農業から自己肯定感の高め方まで、幅広くお話しをしてくださった後は、
載寧勝也さんのランチタイムです!
IMG_4472
参加者のみなさんで配膳を行いました

さいねい龍二さんもクラフトコーラの仕上げに参加です!
IMG_4474
ランチメニューはこちらです↓

・山椒キーマカレー
・じゃがいものポタージュ
・世羅野菜のバーニャカウダ
・クラフトコーラ
IMG_4478
おしゃれで美味しいランチでした

ランチの後は、みんなで記念撮影です!

IMG_4486
みなさま、ありがとうございました!

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ