2016年11月09日

新暦の11月、旧暦の神無月

今の時期は何か中途半端な気持ちになります。
何が中途半端かって?
残すところ今年も1ヶ月ちょっとしか無い時間的な中途半端さだったり
寒くなってきたから「灯油を買おうか?」それとも「もう少し我慢するか?」と迷ったり
雪の備えでスタッドレスに換えようか? いや、まだ大丈夫かと考えたり
こんな少し曖昧さが、実は心地良かったりもしています。

そして今の時期、思い浮かべる2人の女性が居ます。

1人は離婚した元妻
ちょうど11月が誕生日です。
昨年、離婚してから電話もメールも連絡をお互いに一切取っていない。
(取る必要も無いし、関わりたくも無い…そんな感じだと思う。悲しい事にね。)
一方、いま付き合っている彼女は離婚経験があるものの、一切別れた元旦那の悪口は言ったりしないし、別れた後も相手の事を男としてでは無く人として、昔自分が愛した人だから…尊重と言う言葉がふさわしいか判らないが人として大事に扱っている。
だから、自分と元妻の関係と比べると真逆で、自分の場合は喧嘩別れの憎悪の固まりで終わった夫婦関係だと思う。
こんな話を彼女にすると…
「悪口を言うのは、自分に取って都合が悪いから文句が出るの」
「自分の思っていた通りにならないとか、期待はずれな事が愚痴として出るのよ」と言う。
なるほど、と思う。
妻に「あなたが悪い!」と言われるのは、「あなたは私にとって都合が悪い!」と言っている事だったのです。
そう言い換えると、「なるほど」と思えてきます。
日ごろ、奥さんや旦那さんから「おまえが悪い!」と言われている人は、一度「相手に取って自分は都合が悪い」と思われている。
このように変換してみると、相手の欲望や、実際に望んでいる希望が見えます。
そして世の中の多くの人は、相手に対し利害関係や私利私欲を求めていたりすると思います。
結婚すれば生活が楽になる、金持ちと結婚したらセレブ妻になれる、働かなくても三食昼寝付きだと考える女。
若いピチピチのセクシーな女と毎日エッチ三昧で快楽の生活、掃除洗濯してくれて毎日手作り料理が食べられると考える男。
狸の化かし合いで、直ぐに「こんなハズじゃなかった」となり「自分にとって都合が悪くなり」それが最終的に「相手が悪い」そうなるケースが多いのでは無いでしょうか?
うわべ面の、本当に浅い考えが多い(自分も含め)のだと思います。
神髄を求めていくと、欲望は無くなって神か仏の世界に成るでしょうが、神無月なので神様は出雲に行っているかも知れません。

そして、もう1人の思い浮かべる女性は、既にこの世に居ない人です。
知り合って20数年に渡り関わって参りました。
今日でちょうど亡くなって3年、今週末はお墓参りに行って来ます。

後悔する事無く、毎日を楽しく笑って過ごせることが何よりの幸せだと思います。
さあ、灯油でも買って冬支度しないとね♪

sereb1 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月03日

PPAP

久しぶりにビビビッと来た!
パイナポーペン
いいわ〜♪
週末ワイドショーを見て、Youtubeも見て、ずっとブログを放置しっぱなしの俺を興奮させ、思いっきり股間をピピピィ!!!とさせたのだからピコ太郎最高っす!
何が最高か?
それは単純だけど、みんなを幸せにするパワーを感じたのよ!
ツボにガッチリとハマッて人を笑わすことができる彼は、才能の持ち主であり最高で最強です。
悩める子羊達100万人を救っていると俺は思うよ@断言!

改めて、3ヶ月半のごぶさたです…久慈六郎です。
最近の自分の心境&状況を報告しますね。

自分の周りには2人の「人間関係で悩んでいる人」「過去に負った辛い経験からパニック障害になった人」がいます。
2人とも診療内科に通い、自問自答して薬を飲みながら「これじゃない」と自分で自分を責めながらも賢明に頑張っている人たちです。
そんな2人と相反する自分は、人生中途半端、自分自身が一番可愛くて、己に惚れ込んでいて毎日が楽し仕方が無い。
だから2人に対し自分は「本当に些細な事に悩み苦しんでいる人」って写ってしまう。
世の中には彼らのような人が多いと思うし本当に気の毒だ。
別に否定しているつもりも無いし、一生懸命頑張っているから彼らに何か出来ないか…と自分は思っているが、口で言うのは簡単、行動するのは大変です。
…で
「最近面白いことあった?」とか「夢は何?」なんて聞いたりすると、「健康になること」「ぐっすり眠れること」って返してくる。
健常者から見れば「健康」や「眠ること」は意識しなくても普通にできることなのだけど、普通の事を「デキナイ」と言う事はプレッシャーの極みだと思う。

俺も数年前は小さな文字や暗闇でもバッチリ文字が見えたが最近では見えなくなって来ている。
最初は+0.5から始まった老眼鏡も今では+1.75まで進行していたりして思わず _| ̄|○
普通が普通じゃなくなってきているのは痛恨の極みだな〜

最近頑張っていることや興味があること、そして私生活についてザックリ報告…
1、メンタルヘルス・マネジメント検定試験の2種に合格、11月6日に開催される1種の試験に向けて目下勉強中です。
2、赤ワインとチーズに凝ってボルドーワインを買い込みソムリエの真似事をしていること。
(目下、ソムリエ修行中で大型のワインセラー購入をするか悩んでいる)
3、コンサート・ミュージカルには興味を持ち頻繁にドーム会場のアリーナ席に出没しまくり?
4、体重が10Kg減、体脂肪率16%台、メタボ脱出で6Packになり服を全部買い換えたことになった。
大豆プロテインよりもホエイプロテインはオススメです!
5、車の買い替え検討中…メルセデスのCクラス@カブリオレを買うか検討中だけど今のEクラスからのダウングレードに少々納得がいかずに自己処理中。
(オヤジがオープンカーに乗って痛くないか?と考えている)

最後に…
離婚から1年経過
「愛」とは言葉で表すものでは無く行動が全て、立ち振る舞いが全て。
真実の「愛」は言わずして行動に表れるものである。
今の自分は最高の愛に包まれており、ゆるぎないと確信している。
あ〜幸せですよ(^^)@パイナポーペーン


sereb1 at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)近況報告 

2016年06月19日

愚か者

「一生あなたを恨むから・・・」

これは俺が女から別れ際に浴びせられた言葉で、しかも1人だけじゃなくて2人いる。
実際に口にしてなくて心の中で思っている人も含めれば、もう少し人数が増えるかも知れない。
これだけ聞いたら「こいつはヒドイ男だ!」と思うかも知れないが、逆に尊敬と感謝の気持ちをお互いに持って別れた場合だってある。

多くの場合、失恋や離婚をする理由は「相手の事が嫌い」になったから・・・
だから別れた相手に対して「恨む」と言った言葉を投げかける。
自分が選んで「この人だ!」と決めた相手なのに、せっかく恋人や夫婦になったのに、最後は真逆の行動で締めくくることは、完全な自己否定であり愚かな事。

別れの中には相手の事を考えて想っているが故、別れることが最善の選択と判断し別々の道を歩む場合もあるだろう。しかしこれは少数派、一握りのカップルしか存在しないと思う。

このブログを卒業してから「再起動」までの3年ちょっと、振り返ると自分は自己否定者で愚か者だとつくづく思う。
結婚してから10ヶ月後には別居、別れる時には弁護士を雇って離婚調停の裁判を起こして離婚した。
お互いに「結婚しよう」と決めたのに、最後は夫婦間で話し合いにならずに調停では激しい言い争いにもなった。
結局は無駄な国民の税金と時間とお金を使って、最後は他人に尻拭いをしてもらったのだった。

教訓:「自分のケツぐらい、自分で拭けや!」


sereb1 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)男と女 | 離婚

2016年03月29日

第2章 再起動

ブログの更新を辞めてから3年3ヶ月、久しぶりにブログの管理ページを見たら毎日300名ほどの訪問者があるのですね。
少し驚きましたが更新しないページに足を運んでくれて本当にありがとう。
久慈六郎、道迷いしながら長旅から帰ってまいりました。

今は昔のように浮世を流していた頃とは間逆の生活をしています。
セレブな私生活ではありませんが、心はセレブな気持ちで満たされています。
ブログの冠タイトルを少し変えて「ロト6成金のセレブな相談所」として再起動します。
少しずつですが自分の感じたこと、嬉しかったことを書きたいと思います。
だれかの目に留まり元気をあげられたら、迷っている人の背中を押してあげられたら、これ幸いです。

2016年3月29日 久慈六郎


sereb1 at 17:33|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

2012年12月08日

ありがとうございました。

久慈六郎は本日2012年12月8日を持ちまして「ロト6のセレブな私生活」ブログを卒業します。

思い出せば2005年4月から始めたブログも7年8ヶ月と言う長い月日を書き続けて参りました。
飽きっぽい性格で継続する事が苦手な私でしたが、今日まで書き続けてきたのは何か?

「他人に注目をされたい、され続けたい」
「幸せになりたい、しかし波乱万丈の人生も楽しいと感じ、リアルに行動しブログに書いてた」
「自分の将来に対し着地地点(どうなりたいか)を全く考えず、時間の消費と迷走していた」

主にこの3点だと思います。

これに対し根本的に間違っていたと今さらながら「気づき」ました。
既にいい歳のオヤジですが、恥ずかしい話、自分は人生に対し真剣に向き合ってなかった。
本当に幸せになりたいなら、幸せになるためにどうするべきか、その努力をしてなかった。
自分の今までの弱かった部分は何処で、どうすれば変えられるのか考えていなかった。

残りの人生、折り返し地点は既に過ぎました。
あまり時間もありませんが、自分が望む事は...

「自分と自分の大切な人が健康で毎日平々凡々に仲良く暮らせる事。」

健康で平々凡々って簡単なようで非常に難しい事だと思います。

お金があれば、大抵の事は何とかなる。
確かに間違えでは無いと思います。
でも、何ともならない「プライスレス」の部分はどう頑張っても何ともなりません。

ブログのキッカケとなった3億2千万円
このお金があっても治せない病気は沢山あります。
お金があっても、本当に信頼できる家族を作ることはできません。

何が大事で、何を守るべきか。
要らない物は何で、何を捨てるべきか。
そう考えた時、このブログも不要な物となりました。

今後は自分に対し色々と「気づき」を与えてくれたNさんと、これからの人生を一緒に頑張って行こうと思います。

【最後に...】
週間プレイボーイの掲載から単行本の発売をして頂いた集英社様、書籍化から連続ドラマ「ロト6で3億2千万円当てた男」に携わった皆々様、色々とブログを取り上げて頂きましたマスコミ各社の皆々様には厚く御礼申し上げます。

読者の皆様、多くのコメントをお寄せ頂きました皆様、誤字、脱字が多く不適切な表現も多々ありましたが、お許し頂くと共に長きに渡り読んで頂きありがとうございました。

最後に、ブログを読んで心を痛めました皆様。
本来ならばお一人づつお詫びを申し上げなければいけませんが、本当に申し訳ありませんでした。
ごめんなさい。

また、どこかでお会いできる日が来るかも知れません。
皆々様が健康で幸せな日々を過せる事を祈っております。
ありがとうございました。

                                               久慈六郎



【コンタクトについて】
ブログのトップ画面は残しておきますが、過去記事は12/16までに消去します。
書籍とDVDも発行されていますので、気になる方はお買い求めください。
書籍: 集英社発行 「ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇」
DVD: 「ロト6で3億2千万円当てた男 DVD-BOX」

「AmazonのKindleストアで過去ログとシークレット記事が電子書籍化になってます!」
全1巻〜全10巻 詳しくは下記リンクをクリック下さい。

久慈六郎ブログKindle出版中

連絡用のメールアドレスは以下の通りです。
kujiroku@gmail.com
メル友、悩み相談、借金申込みは求めていません。

sereb1 at 12:44|PermalinkComments(83)TrackBack(0)

2005年04月15日

貧乏からの脱出作戦

77ab1fe1.JPG独身38歳、彼女居ない歴5年、楽しみと言えば月に1度のキャバクラ通い。
唯一、俺が女性と接点を持てる幸せなひとときだが、50分6980円で買う擬似恋愛とは、情けねぇ〜
出来ることなら、毎週とは言わなくても、月に2回は通いたい。
自慢じゃないが、店の女の子から同伴出勤を誘われたことがあった。
しかし財布の中身は250円、苦し紛れに「仕事が忙しくってさぁ〜ゴメン」と断った時は辛かった。
社員8人の小さな会社で、給料は税込みで27万、昨年の冬のボーナスは31万円しか無かった。
ハッキリ言って、勤めている会社も、そして俺自身も人生の負け組みだよ!

しかし、神は俺を見捨てなかった!

忘れもしない、今年の1月13日、第221回ロト6で「8、27、30、31、38、42」で見事に1等を引き当ててしまった!
選んだ数字のうち、8、27、31、38は会社や自分の年齢に関係する数字。
そして、驚いた事に賞金は320,380,000円だった。
やったぞ!
3200万円当たったと思ったら、3億2千万円で2度驚いた。

さあ、今年は俺の年。
負け犬の杉田かおるもセレブ婚したが、俺もセレブの仲間入りだぞ。

sereb1 at 21:53|PermalinkTrackBack(9)