2018年10月01日

秒速で、おパンティを語る? いいね!

最後のブログを更新したのは6月、そこから既に4ヶ月近く時間が経過していました。
何をしていたかと言えば、旅行に行ったり、美味しいお酒を飲んだり、映画を見たりして今後の身の振りとかを考えていました。
もちろん会社は真面目に出かけ、仕事をしていましたけどね。
「これでいいのかな?」と自問自答しつつ、近い将来の老後についても考えていました。
結局は自分自身、誰かに遠慮し言いたいことの半分も言えずに自己抑制しながら今まで半世紀も生きて来ていると思うんだよね。
自分の人生だから、誰かに遠慮する必要もないけれど、良く言えば協調性があるタイプ。
悪く言えば、自分と言うのを持っていないタイプと言った方が近いかな。

最近、ダイエットに成功した与沢翼さんの動画を見て、ある意味この人は本当に自由に生きたい様に生き、誰かに屈する事、遠慮する事もなく、そして投資家として生きている様は賛否両論あるが、すごいと思う。
堂々と動画配信で「奥さんのおパンティは最高」と言っている姿、何度も連呼し男性諸君の股間を挑発しながら遠慮も無く連呼する姿は、ある意味立派だと思う…っうか、俺も「与沢翼おパンティ連合」に入れてもらって、自由奔放に自己発現しないとね。
与沢風に、残りの人生、誰気兼ねなく遠慮せずに自己表現をしたいと思う。
ただ、悲しむ人が1人でも出さない事が前提だけどね。
10月に突入し、ちょうど調停離婚成立から丸3年が経過し、封印も解きたいと思います。
徐々に、久慈節を炸裂していきますよ〜


sereb1 at 22:58|PermalinkComments(0)

2018年06月10日

バルセロナの朝食代は700ユーロ(約91,000円)

無題そろそろ夏に出かけるスペイン旅行のホテル予約をしなくては...と思い、今回はTrip Advisorで選ぶ方法を行いました。
その中で、まずはバルセロナの宿泊分をBooking.comで予約することにしたけれど、何とホテルは2泊で235.64ユーロ(1泊あたり約15,000円)とリーズナブルな部屋。
写真を見る限り、良い感じのホテルだったのでさっそく予約開始をすることにした。
必要事項を打ち込んで、オプションで1泊あたり14ユーロの朝食を選びクレジットカードで決済を済ませた所までは良かったが、予約確認のメールを見て驚いた!
何と朝食代金は700ユーロで、2泊の滞在で掛かる費用は総額959.2ユーロ(約124,696円)の請求がされることになっていたのだ!
内訳は25名×2泊×14ユーロ=700ユーロの計算なのだが、のべ50名分の朝食って、1部屋に25人が泊まって、朝にゾロゾロ揃って朝食を食べると言う事か?
明らかにシステムエラーで、予約のキャンセルを行うと宿泊代金のチャージがそのまま掛かってしまう事になる。
いや〜驚いた…そんな訳で、予約を入れたホテルと英語で直接やり取りをすることにしたが、当然現地は時差があって、まだ現地は夜明け前の状態。
少々、焦りましたが何度かメール交換をして無事にホテル側から予約の取り消しをしてもらい、改めて別の予約サイトで同じホテルを取り直しました。
やれやれ、出発前からちょっとしたツマヅキでした。
まあ、今までの旅行トラブルからしてみれば、序の口ですが、後は問題なく行けることになりますように♪

sereb1 at 22:19|PermalinkComments(0)

2018年06月07日

米朝首脳会議はシャングリラ?

P8111230今月12日に開催されるトランプ大統領と金正恩委員長による史上初の米朝首脳会談がシンガポールで開催されることになり、有力視されるのがオーチャード・ロードにも近い「シャングリラ・ホテル」と言われています。
一方でセントーサ島とも言われていますが、自分はシンガポールに10年間のうち4〜5回ぐらい出かけており、名前が挙がったシャングリラには4日間ぐらい滞在したことがあります。
ここのホテル、なぜかトリップアドバイザーやAgodaと言ったホテル予約サイトで検索すると安い部屋でも1泊4万円ぐらいするけれど(季節によっても変動あり)、なぜか中華系のCtrip(現:Trip)旅行サイトで申し込んだら、半額の1泊2万円で泊まれて驚いた経験があります。

P8111306ちょうど、その時はシンガポール建国50周年(SG50)の記念イベントの日で、ホテルはどこも満室、空は建国を祝うジェット機が低空飛行をして盛り上げていた時期で、なぜこのプライスで表示されて、普通に予約が出来たのか不思議ですが...
もちろん部屋のクオリティも良く、ホテル内のレストランも絶品で、何と言ってもプールは広くて最高でした。
マリーナベイサンズも泊まるホテルの候補には入れていたけど、あそこはカジノとショッピングに寄るぐらいで十分、ちょっと人が多くて、人酔いする場所でしたが、何と言っても屋台で食べたガーリックの良く効いたエビと貸し切りで乗ったシンガポールフライヤー(大観覧車)は良い思い出です。

P8121402ディスるなら、金正恩委員長はマレーシア経由のLCCに乗って入国して欲しいのだが、きっと鬼門でしょうね。(金正男が暗殺された空港)
何はともあれ、平和な世界になって欲しいと思いますが...


sereb1 at 02:45|PermalinkComments(0)

2018年06月03日

ドン・ファン

先月お亡くなりになった「紀州のドン・ファン」さんの事がニュースに取り上げられていますが、俺も一歩間違えれば「ロト6で3億2千万円当てたドン・ファン」になっていた可能性もあり、決して他人事には思えずブログに追悼を兼ねて書き記したいと思います。

彼は4000人の女性に対し30億円の金をつぎ込んだとされていますが、1人あたりいくらの金を使ったのか?
単純計算すると、30億円÷4000人=75万円の計算になり、以前のインタビュー動画では一晩のお手当は2〜3回のHをして30〜40万円と言っていたので、平均すると1人あたり2度はお会いして75万円ぐらい渡していたのが平均的なお付き合いだったと思います。
自由になる金を手にして遊ぶようになった期間を27歳〜77歳の間と仮定すると、50年間になり、4000人÷50年=80人が1年あたりのお相手になります。
1人当たり平均で2度はお会いするので、年間では、のべ160人となり2.3日に1度のペースで2〜3回は性交されていたのが、紀州のドン・ファンさんの計算です。
動物的、雄の本能から言えば、何とも羨ましい話ですが・・・

仮に自分のロト6の当せん金3.2億円を同様に1人あたり75万円ずつ女性に使っていたら、427人の女性とドン・ファンできた事になります。
でも、こんなの絶対に疲れるし、自分には無理だろうな〜
紀州のドン・ファンさんは、非常にマメな人で自身の手帳には関係を持った日付、名前、年齢、金額、連絡先も書いていると言っていましたが、警察も過去の関係者に対し聞き取りをするのでしょうね。

関係を持った女性が労働としての対価として、お金をもらっていたのなら所得税を納税する義務があり、労働では無く単なるお小遣いとして貰っていたのなら年間110万円を超えた分には贈与税を申告する必要が出てきます。
税務署が4000人に対して課税を行えば、2〜3億円は税の徴収が出来ると思うが、体を売って「ふるさと納税」して節税する女性も居るかも知れませんね。
頂く返礼品は「冷凍マグロ」か「数の子」などは良いかと思います。

ちなみに本家のドン・ファンはWikipediaによると17世紀スペインの伝説上の放蕩児だそうで、自分もちょうど夏にスペインに出かけるので少しドン・ファンに関する場所を探して訪れたいと思います。



sereb1 at 19:07|PermalinkComments(0) ああ人生ってやつは 

2018年05月27日

投資不適格者の俺

taijyo前回のブログでFXについて損切りをした事を書きましたが、タラレバを言うなら「あの時損切りしなかったら、今は逆に利益を伸ばせる事が出来た」と言うのが結論。
そこで実際にいくつかFX口座をある中の1つ、DMM FXの口座の約定履歴を今回紹介してみたいと思います。
この口座には最初にまとまった金額を突っ込んでいたけど、毎月資産を減らし続け5月初めには口座に100万円ほどしか残って居ない状況になりました
ただ起死回生で資源国通貨の1つでもあるCAD/JPYに注目、トレンドから見ても下がると見ていたので、売りポジション継続して持ち続け結局は高値の86.847円で買い戻しの損切り(損失の確定)を行いました。
どんどん資金を減らしても続ける姿は、本当にタコが自分の足を切って食べている姿と変わらず、もうダメと判断し相場から残り少ない残りの資金を引き揚げました。
昔のハイレバレッジの時には1時間足らずで数百万単位の金を溶かしていた頃と比べたら、可愛い金額ですけどね。
…で、損切りした時点で23LOT持っていたので、今週末まで持ち越ししていたら84.41円まで下落したので2.437円×23万カナダドルだから56万円のプラスになっていました。
ただ、改めて考えるとFXは投資では無く大人のギャンブル、いやギャンブル以上かも知れません。
増え続ける赤字数字を見つめつつ、チャートを気にしてパソコンの前にへばりつく毎日。
もう少し、強靭な精神力があればFXの世界で戦えるかも知れませんが、ポジションを持たないと言う事は、何と平穏な生活が過ごせる事か。
そして改めて、自分は足元しか見ていない投資不適格者だと思った次第です。
でも、また少し経ったら忘れて同じことを繰り返すのだろうな〜


sereb1 at 10:58|PermalinkComments(0) 投資 | FX

2018年05月22日

行くぞスペイン!

OI000114毎年JALカードから「世界の美女カレンダー」が送られてくるが、今月5月はスペインのバルセロナにあるグエル公園で美女が腰かけている写真だ。
左奥にはサグラダファミリアのクレーンが少しだけ見えるが、せっかくなら自分の目で彼女が座った同じ場所に俺も出かけて同じポーズを取ってみたいと衝動に駆られてしまった。
そんな訳で、ゴールデンウィークにはどこも行かなかったリベンジとして今年の夏休みにスペインに出かけることに決めました。
2週間前からずっと航空券を探していたがJALだとサーチャージ込みでエコノミーでも40万円近くしてしまう。(FXの1日の損失と比べたら鼻くそみたいな金額なのだが...)エコノミーでこの金額なら閑散期には余裕でビジネスに乗れる料金なのだが、ここは節約の格安航空券で行く事で予約も完了した!
ルートはバルセロナから入ってマドリッドから帰国するオープンジョーで、自分の旅行のスタイルは周遊でルートを繋ぐパターンが多い。
もちろん、封印してある東南アジアは単純往復で話が別ではあるが、そんな感じでスペイン語を勉強中です。
あと3ヶ月後、ユーロ円が130円を割って円高に振れてくれれば良いのだが…
そうそう、FXは今日限りで強制決済しました。
カナダドル円を85円台前半の売りポジションで持っていて、最近の暴騰で87円まであがり200Pipsの損失が出た段階で退場となりました。
持っていたポジションが半端無く大幅に資金を溶かしてしまいました。
まだまだ上昇の余地があるので、願い目だとは思いますが、逆にポジションを持っていない生活がこれ程ストレスフリーなのかと思うとホッとしています。
さすがに追証の毎日は疲れたので、まじめに働こうと思います。



sereb1 at 23:48|PermalinkComments(0) 近況報告 | 

2018年04月27日

GW突入し久しぶりに近況報告

OI000108いよいよ本日4/27(金)から10連休で非常に長いゴールデンウィークに突入しましたが、いざ振り返ってみると最近は近況報告もしておらず、久しぶりにブログの更新をすることにしました。

まずは最新のニュースですが、毎月私がロト7の予想記事を書いている「ロト・ナンバーズ超的中法」は、今月初めに年末ジャンボ宝くじで1億円を当せんされた方と対談をさせていただき、その事が記事になっています。
「当て方対談」と言う事で特集で、カラー4ページに渡る大企画ですが、我ながらスリムに痩せてカッコ良く写っていますので、ぜひとも書店並びにAmazonでお買い求めください。(下にリンクを貼っておきますが、表紙は画像のとおり6月号になります)

昨年末からの出来事としては、年末からモルディブに出かけた事。
マレ国際空港からスピードボートで30分の島に渡って8連泊したけど、オールインクルーシブの食事付き、グアムやハワイの半分以下で済むイメージ、プーケットに滞在するのと変わらなかったので毎年定番のリゾート地として自分の旅リストにランクインです。

2月〜4月は投資に明け暮れ神経を使った。
利益率で最大140%まで利を伸ばしたが、ポンドのショート(売り)で火傷を負い、最近ではファンダメンタル重視でシリア情勢が緊迫した時にドル円をこちらもショートを入れて耐え切れずに昨日109.45でロスカット、株価指数CFDでは日経225にこちらもショートを入れていて含み損が増え撃沈となりました。
トータルで軽くメルセデス1台分が吹き飛びました...
そんな訳で、FXとCFDは現在ノーポジション、株の方では今話題の武田薬品を¥4877円で現物株でかなり持ってますが、さらに買い増しナンピンを入れていくつもり。

車は相変わらずメルセデスのEクラス、先代のW212と乗り比べると、とにかく電子化が顕著に進んでいて、巨大なタブレットが鎮座している感じ。
アナログな部分と言えば、センターコンソールに設置されたアナログ時計(電波時計)ぐらいかな。

まあこんな感じで楽しく毎日を過ごしています。




sereb1 at 18:19|PermalinkComments(0) 近況報告 

2017年12月09日

プライスレス

今日はお金の話です。
多分、このブログにたどり着いた人は少しばかり、いやいや非常に?お金に興味を持っているのか、それとも私に興味がある人のどちらかだと思います。

何かね、今日ふとしたことから自分の正体が会社の人にバレたかも知れないんです。
まあ良いんですけど、私の事を風の噂で気付いたならば、そっとしておいてくださいね。
定年退職まであと約8年、でも自分は55歳でリタイアして悠々自適な生活をしたいと考えているので、それまでは口元はYKKのファスナーでチャックをお願いします(^^)

ちょっと前置きが長くなったけど、今の時期はどこでもボーナス♪の話題をよく耳にします。
今年は少し景気が良いせいか自分の会社も少しばかりの賞与が貰えるようですが、社会人@4年目の子からの愚痴話で「ボーナスを貰ったけど、笑っちゃうほど少ない金額で...金が欲しいなぁ〜」と言ってきました。

彼から見れば、私は少しお金持ちに映る様で、毎年年末は海外旅行に出かけているし、乗っている車はメルセデスだから羨ましく思っている様です。
でもね、私自身はそんなにお金って大事なのかな?と思うのよ。
そして彼を始めとして多くの人に共通して言える頭の中の思考回路は、「お金が欲しい=汗水垂らして働いて稼ぐ」 では無くて、「お金が欲しい=楽して金持ちになりたい」
が大半の状況です。
ダメ押しするならば、メジャーな人のモノサシは、,金があるのは偉い事 ⇒名大学を出た人は偉い N匹ぜ屬望茲辰討い襪楼里ぁ´ぢ膣覿箸筝務員は偉い ...なんて、どーでもいいスケールで優劣をつけているんだよね。

別に、高給取りが偉いわけでも無いし、金持ちが偉い訳でも無いと思う。
1億円持っていても健康でなければ、旅行だって行けないし、まして登山とかハードな行動もできないと思う。
逆に貧乏であっても、健康であれば富士山の頂上から雲海の合間から登ってくる日の出を見て、決して金では買うことが出来ないプライスレスの感動を得られる事が出来る。

何が言いたいかと言うと、肝心なのは「プライスレス」の部分であり、そこが満足できてさえいれば幸せを掴めることが出来る。
そう自分は思うんだけどね...

60歳で定年退職して、誰の介護も必要としない健康寿命を考えたら、せいぜい10年しかない。
55歳で定年退職したならば、余分に5年は会社に奉仕しなくて済むしフリーな時間が5年も余分にもらえることになる。

大事なのは貯金通帳の数字では無く、今しかできない、今のタイミングでした出来ないプライスレスな感動をいかに得るかだと思う。
札束に囲まれての寝たきり老人を選ぶか、飯は食べれて健康で愛する人と一緒に過ごす事が出来る方を、あなたならどちらを選ぶ?

そんな訳で、久慈六郎、今年も年末年始に海外に出かけます。
プライスレスの思い出と感動を求め、南の島に行って来ます♪
行き先? それはヒミツ...

sereb1 at 02:11|PermalinkComments(1)

2017年11月03日

飲み会の宴、結婚とはを考えてみた

今日は会社の飲み会があり、既婚者の男性と女性、40歳過ぎの独身で結婚をしたくて結婚相談所に登録した男性、そしてバツ有りの自分と言う組み合わせで飲みながら色々と結婚や恋愛について話しが盛り上がりました。
いわゆる立場の違う四者三様なんだけど、「結婚感」について面白い展開になったので忘備録も兼ねて、そして後からの自分の考えや反省も兼ねてブログにUPします。

話の切り出しは結婚したい婚活中の彼
11万円を払い、大手の婚活業者に登録して今週末に本登録に行き写真撮影に挑むと言う。
「何で結婚したいの?」と聞けば、そろそろ年だし...と言う
今後の将来を見据えての婚活らしいが、相手は結婚歴が無い25〜35ぐらいの女性が希望の様だ。

一方で既婚者の2人の男女(2家族)
結婚してから相手に対して「Lineでハートマークを送ったり、好きだよ、と言った愛情表現はする?」と尋ねたら、そんな事はしないとどちらも言う...
「それって、照れ?」と聞くと、そうでも無いらしい
結婚する前に同棲をして、相手の習慣とかだらしなさをを知ったら、結婚はしなかったと言う。
でも、「好きで結婚をしたんだとね?」⇒(おいらの自分の勝手な解釈)

「何で結婚して何年か過ぎると言わなくなるのだろう?」
と聞くと、ストライクゾーンから大幅にハズレていない(自分の妥協できる範囲に収まっているから)との事。
多分、これって日本の9割の家庭がこんな感じだと思う。
いわゆるメジャーな大多数の家庭は、同じような現象で、結婚して数年、いや結婚する前から愛情表現の言葉は言わくなり、結局は自分の私欲による部分が多くを占めている結果だと思う。

相手は自分にとって都合がいい
生活が安定する
今はバツイチの母子家庭、大変だから再婚して楽になりたい
働きたくない、楽をしたい
金持ちと結婚してリッチな暮らしがしたい

ちょっと違うくない?
好きだから一緒にいたい、一生離れたくない、ずっと一緒にいたい、だから結婚する
だと思うんだけどね。
相手に結婚してと言われ、流されるままにしてしまった。
欲望があって結婚した。
人生様々

原点復帰、ゼロリセットで
あなたが好きだから、一緒にずっと居たいから
それが基本の様に思うのですが...

ちなみに、自分の春は...
当分無さそうですわ〜
アナザースカイ、私の国は...
タイランドですかね〜

年末に一人旅でも行って来ますか?

sereb1 at 23:32|PermalinkComments(1)

2017年05月31日

禁断のFXを再び!

lion今年の3月からFXを再び行うようになり、北朝鮮問題などの情勢不安と小さな火傷(損)を受けて一旦はGW前にすべて資金を引き揚げたものの、今回はトルコリラのスワップ金利で生活できないか?と企み「ヒロセ通商」に口座を開設してみました。
ちなみにスワップポイント(金利)はFXでポジションを持っていると、その持ち分に対し金利相当分がもらえると言うもので、保証金30,000円を元手に1万リラを買ったら毎日104円の利息がもらえると言うものです。
つまり、1ヶ月で3,120円、1年だと計算上は37,960円の利息が手に入ることになります。
今は1トルコリラが31円だけど、そろそろ底の予感もするし、仮に1年後に10円上昇したら、為替差益でも10万円入る計算に!(下がらず、ロスカットを受けなければ)
まとめると、3万円の保証金で金利37,960円+為替差益10万円=13万7960円になる計算です。
年利に直したら約460%の利息が付く計算とは驚異的!
保証金を300万円にしたら1379万円になる計算ですが、当然ながらトルコリラが下落すれば持ちこたえるだけの追証を入れる必要が出てくる...

こんなシュミレーションをやりながら、行きついた先は取引量に応じてキャッシュバックや食料品がもらえるキャンペーンをとやってるので、地道にそこから狙うことにした。
しかも一番条件が良いポンド/円の取引。
結局、3時間ほどで200万ポンド分の売り買いを行ったが、これだけで口座開設キャンペーンで2万円はもらえる計算なのだが、それでもってパスタ詰め合わせまでもらえるらしい。
現金も嬉しいが、食べ物も人間の本能をくすぐる部分で自分は弱いなぁ〜と実感です。

あとビックリしたのは売り/買いのスプレットが一瞬、9.9まで広がってロスカットを食らったのには驚いた。
同時刻にDMM-FXはスプレットが1.1だったのに、完全にヒロセ通商のロスカット狩りに合ってしまった!
通常スプレットでもヒロセは1.3だから1万ポンドの取引で20円の差が出るんだけど、これも景品代か?と考えればツジツマが合ってくる。
これだけ取引しても、結局はプラスで本日の取引終了です。


sereb1 at 01:21|PermalinkComments(1)