FX

2018年05月27日

投資不適格者の俺

taijyo前回のブログでFXについて損切りをした事を書きましたが、タラレバを言うなら「あの時損切りしなかったら、今は逆に利益を伸ばせる事が出来た」と言うのが結論。
そこで実際にいくつかFX口座をある中の1つ、DMM FXの口座の約定履歴を今回紹介してみたいと思います。
この口座には最初にまとまった金額を突っ込んでいたけど、毎月資産を減らし続け5月初めには口座に100万円ほどしか残って居ない状況になりました
ただ起死回生で資源国通貨の1つでもあるCAD/JPYに注目、トレンドから見ても下がると見ていたので、売りポジション継続して持ち続け結局は高値の86.847円で買い戻しの損切り(損失の確定)を行いました。
どんどん資金を減らしても続ける姿は、本当にタコが自分の足を切って食べている姿と変わらず、もうダメと判断し相場から残り少ない残りの資金を引き揚げました。
昔のハイレバレッジの時には1時間足らずで数百万単位の金を溶かしていた頃と比べたら、可愛い金額ですけどね。
…で、損切りした時点で23LOT持っていたので、今週末まで持ち越ししていたら84.41円まで下落したので2.437円×23万カナダドルだから56万円のプラスになっていました。
ただ、改めて考えるとFXは投資では無く大人のギャンブル、いやギャンブル以上かも知れません。
増え続ける赤字数字を見つめつつ、チャートを気にしてパソコンの前にへばりつく毎日。
もう少し、強靭な精神力があればFXの世界で戦えるかも知れませんが、ポジションを持たないと言う事は、何と平穏な生活が過ごせる事か。
そして改めて、自分は足元しか見ていない投資不適格者だと思った次第です。
でも、また少し経ったら忘れて同じことを繰り返すのだろうな〜


sereb1 at 10:58|PermalinkComments(0)

2018年05月22日

行くぞスペイン!

OI000114毎年JALカードから「世界の美女カレンダー」が送られてくるが、今月5月はスペインのバルセロナにあるグエル公園で美女が腰かけている写真だ。
左奥にはサグラダファミリアのクレーンが少しだけ見えるが、せっかくなら自分の目で彼女が座った同じ場所に俺も出かけて同じポーズを取ってみたいと衝動に駆られてしまった。
そんな訳で、ゴールデンウィークにはどこも行かなかったリベンジとして今年の夏休みにスペインに出かけることに決めました。
2週間前からずっと航空券を探していたがJALだとサーチャージ込みでエコノミーでも40万円近くしてしまう。(FXの1日の損失と比べたら鼻くそみたいな金額なのだが...)エコノミーでこの金額なら閑散期には余裕でビジネスに乗れる料金なのだが、ここは節約の格安航空券で行く事で予約も完了した!
ルートはバルセロナから入ってマドリッドから帰国するオープンジョーで、自分の旅行のスタイルは周遊でルートを繋ぐパターンが多い。
もちろん、封印してある東南アジアは単純往復で話が別ではあるが、そんな感じでスペイン語を勉強中です。
あと3ヶ月後、ユーロ円が130円を割って円高に振れてくれれば良いのだが…
そうそう、FXは今日限りで強制決済しました。
カナダドル円を85円台前半の売りポジションで持っていて、最近の暴騰で87円まであがり200Pipsの損失が出た段階で退場となりました。
持っていたポジションが半端無く大幅に資金を溶かしてしまいました。
まだまだ上昇の余地があるので、願い目だとは思いますが、逆にポジションを持っていない生活がこれ程ストレスフリーなのかと思うとホッとしています。
さすがに追証の毎日は疲れたので、まじめに働こうと思います。



sereb1 at 23:48|PermalinkComments(0)

2018年04月27日

GW突入し久しぶりに近況報告

OI000108いよいよ本日4/27(金)から10連休で非常に長いゴールデンウィークに突入しましたが、いざ振り返ってみると最近は近況報告もしておらず、久しぶりにブログの更新をすることにしました。

まずは最新のニュースですが、毎月私がロト7の予想記事を書いている「ロト・ナンバーズ超的中法」は、今月初めに年末ジャンボ宝くじで1億円を当せんされた方と対談をさせていただき、その事が記事になっています。
「当て方対談」と言う事で特集で、カラー4ページに渡る大企画ですが、我ながらスリムに痩せてカッコ良く写っていますので、ぜひとも書店並びにAmazonでお買い求めください。(下にリンクを貼っておきますが、表紙は画像のとおり6月号になります)

昨年末からの出来事としては、年末からモルディブに出かけた事。
マレ国際空港からスピードボートで30分の島に渡って8連泊したけど、オールインクルーシブの食事付き、グアムやハワイの半分以下で済むイメージ、プーケットに滞在するのと変わらなかったので毎年定番のリゾート地として自分の旅リストにランクインです。

2月〜4月は投資に明け暮れ神経を使った。
利益率で最大140%まで利を伸ばしたが、ポンドのショート(売り)で火傷を負い、最近ではファンダメンタル重視でシリア情勢が緊迫した時にドル円をこちらもショートを入れて耐え切れずに昨日109.45でロスカット、株価指数CFDでは日経225にこちらもショートを入れていて含み損が増え撃沈となりました。
トータルで軽くメルセデス1台分が吹き飛びました...
そんな訳で、FXとCFDは現在ノーポジション、株の方では今話題の武田薬品を¥4877円で現物株でかなり持ってますが、さらに買い増しナンピンを入れていくつもり。

車は相変わらずメルセデスのEクラス、先代のW212と乗り比べると、とにかく電子化が顕著に進んでいて、巨大なタブレットが鎮座している感じ。
アナログな部分と言えば、センターコンソールに設置されたアナログ時計(電波時計)ぐらいかな。

まあこんな感じで楽しく毎日を過ごしています。




sereb1 at 18:19|PermalinkComments(0)

2017年05月31日

禁断のFXを再び!

lion今年の3月からFXを再び行うようになり、北朝鮮問題などの情勢不安と小さな火傷(損)を受けて一旦はGW前にすべて資金を引き揚げたものの、今回はトルコリラのスワップ金利で生活できないか?と企み「ヒロセ通商」に口座を開設してみました。
ちなみにスワップポイント(金利)はFXでポジションを持っていると、その持ち分に対し金利相当分がもらえると言うもので、保証金30,000円を元手に1万リラを買ったら毎日104円の利息がもらえると言うものです。
つまり、1ヶ月で3,120円、1年だと計算上は37,960円の利息が手に入ることになります。
今は1トルコリラが31円だけど、そろそろ底の予感もするし、仮に1年後に10円上昇したら、為替差益でも10万円入る計算に!(下がらず、ロスカットを受けなければ)
まとめると、3万円の保証金で金利37,960円+為替差益10万円=13万7960円になる計算です。
年利に直したら約460%の利息が付く計算とは驚異的!
保証金を300万円にしたら1379万円になる計算ですが、当然ながらトルコリラが下落すれば持ちこたえるだけの追証を入れる必要が出てくる...

こんなシュミレーションをやりながら、行きついた先は取引量に応じてキャッシュバックや食料品がもらえるキャンペーンをとやってるので、地道にそこから狙うことにした。
しかも一番条件が良いポンド/円の取引。
結局、3時間ほどで200万ポンド分の売り買いを行ったが、これだけで口座開設キャンペーンで2万円はもらえる計算なのだが、それでもってパスタ詰め合わせまでもらえるらしい。
現金も嬉しいが、食べ物も人間の本能をくすぐる部分で自分は弱いなぁ〜と実感です。

あとビックリしたのは売り/買いのスプレットが一瞬、9.9まで広がってロスカットを食らったのには驚いた。
同時刻にDMM-FXはスプレットが1.1だったのに、完全にヒロセ通商のロスカット狩りに合ってしまった!
通常スプレットでもヒロセは1.3だから1万ポンドの取引で20円の差が出るんだけど、これも景品代か?と考えればツジツマが合ってくる。
これだけ取引しても、結局はプラスで本日の取引終了です。


sereb1 at 01:21|PermalinkComments(1)