2009年04月16日

ブログ更新休止のお知らせ1

 ここ数年、記事の投稿頻度が非常に低くなった当ブログですが、期限未定で更新停止にしたいと思います。最近はカラーダイヤ収集等もすっかり止まっていますし、鉱物関係イベントに行っても長文の記事を書く気力がorz
 美術館ブログの方も、この後停止してきます。

 すっぱりさっぱり消さないのは、ある方が確かに居た証をウェブ上に残したいからです。また、このブログのほうに書くのに相応しいネタが出てきたら、記事投稿したいと思います。見て下さってる皆様いままでありがとうございました。

 なお、管理人はいま別名義で別ブログをやっています。少し探せば見つかると思うので、ご縁がありましたらそちらでお会いしましょう。

ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 01:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年01月01日

あけましておめでとうございます3

おせち

 あけましておめでとうございます。また新しい一年が始まりました。最近立て込んでてこっそりやってる写真ブログ以外に全く手をつけて無くて申し訳ないです。ミネショの記事も結局書かなかったし……orz
 直近で石関係の最大イベントはIJTですね。招待券来たし、ちょっとのぞき見に行くの楽しみにしてます。

ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 23:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!その他 

2008年10月26日

ジョン・エヴァレット・ミレイ展5

 今日終了した、ミレイ展。感想書くのずっと忘れてたー;

 ミレイと言えば、ラファエロ前派の絵でも最も有名な作品の一つ「オフィーリア」の作者。チケットやチラシにもばっちりオフィーリアが掲載されてましたね。本とかでよく見かけますが、実物はやっぱり凄い。何というか周囲の自然の描写やオフィーリアの表情や水面、その全てが静かなのに鬼気迫るような感じがする。モデルさんはこの絵のためにバスタブにつかってポーズをとり、ひどい風邪を引いてしまったそうですが……すごいなぁ。それだけの情熱が画家とモデルさん両方にあったんだな、きっと。

 この有名な絵画以外にも、ミレイの様々な時代の絵画がたくさん、紹介されていました。とても面白い展覧会だったと思います。

ランキングにご協力お願いします!

2008年09月23日

Vivitar Vivicam50505

Vivitar Vivicam5050

 ポストカードが作れるぐらい画素数がそれなりにあって、かつトイカメラの感じの写りのデジカメが欲しいなぁ、と思っていたところ、面白そうなものを見つけたので注文してみました。ほんとは旅行に間に合うと良かったんだけど、今日夕方やっと来た……。付属品も、売り切れの三脚以外揃えてみました。
 Vividモードに憧れたんだよな、わくわく。

最初に撮った作品

 最初に撮ったのは、会社のちょっとしたセミナーで作ったプリザーブドフラワーのアレンジメント。ピント合わせがモード切替しか無いといういかにもトイデジなカメラですが、ここまできれいに写る! 感動!

じょうろ

 調子に乗ってベランダに置いてあるじょうろを撮影してみた。

Ameya Eitaroの飴

 これは新宿で買ったロリポップ。

クローズアップレンズで撮影

 最後に、クローズアップレンズストラップというのを装着して撮ったおやつの写真。これかなり上手く撮れたと自分は思ってるんですけど!
 まだサンプル画像のような強烈Vividな作品は撮れてないけど、色々遊ぶつもりです。

ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!その他 

2008年09月22日

ラヂオ焼き4

ラヂオ焼き

 東急東横店で大阪の物産展やってたので、ちょっと覗いてきました。二月に本場のたこ焼き食べて感動した身としては、絶好のチャ〜ンス!
……だったのですが、買ってみたのは「ラヂオ焼き」。具は柔らかく煮込んだ牛すじとこんにゃくです。
 ちょっと焼きたてじゃなかったのが残念だけど、ソースつけなくてもしっかりと生地に味がついていてすごーく美味しかった! 大阪でねぎ焼きを食べたときも思ったけど、私は粉もんに関してはソースではなく醤油の味のほうが好みなのかも。

ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!食べ物 

2008年09月21日

一泊二日の伊香保旅行5

 今年の家族旅行は、まだうちの誰も行ったことのない伊香保温泉行きになりました。飛び石連休使って、久々に車で遠出です。東京から伊香保はそんなに遠くないので結構ゆっくり家を出ました。高速もあんまり混んでなかった。台風懸念でやめてた人多かったのかな。でも実際は昼間はすごく良い天気でした。雲模様が奇妙だったのはやっぱり台風のせいかも、と気象にあまり詳しくない身で思います。

助手席から見た景色

 途中、高坂SAでの休憩を経た後、伊香保温泉近くの水沢観音に。思ったよりこぢんまりとした感じのところでしたが、建物の意匠はよっく見るとかなり豪華。
 回すと御利益のありそうなお地蔵様をぐるぐる回してみた。ちなみにおみくじは中吉。失せものは出てくるらしい。あと名を成すことを望んでいるとか。

水沢観音

 石灯籠の苔とか火鉢とかわけわからんもの撮影したりしてみた。

石灯籠の苔

火鉢

 参拝の後は、近隣のうどん屋「元祖田丸屋」でお昼ご飯。母は水沢うどんがずっと食べてみたかったらしい。かなりコシが強くて、のどごしつるつる。
 内装も観光地的にはおもしろかった。

水沢うどん

 その後ちょっと揉めたけど榛名湖まで足を伸ばすことに。本当に、目的はただ見るだけ。思ったより小さかったかも。湖畔はコスモスが咲き乱れててきれいでしたが、その写真を撮っている最中道路の向こう側から「これを撮れ!」と言ってくるおじいさんが。その対象物はかの有名なトリカブトでした。確かに紫の花は結構きれいだったけれども。

榛名湖

コスモス

トリカブト

 で、ほんとにちょっとだけ湖を見て榛名富士ロープウェイに。団体客とかぶって結構混んでた。ゴンドラ二連で座席なし。行きと帰りでアナウンスの力のいれ具合に明確な差があったのがおもしろかった(笑)
 晴れてたんで眺めは良かったです。

榛名富士の頂上から

 その後、今回の宿となる「ホテル木暮」へ。まだ日が高かったんですが、土曜最終日の伊香保祭りはご飯食べてから行こうね、ということに。これが大きな間違いだった……。とりあえず広い客室に荷物置いてのんびりして、暫くして大浴場併設の足湯に。鉄分を含むお湯なので酸化して茶色い。浴槽を歩き回ったら足の裏がオレンジ色になりました。でも足湯でぼーっとするのは気持ちいいですね。

足湯

 食事は、会場は各部屋ごとに個室あって、内容もなかなか豪華でした。松茸の土瓶蒸しや牛しゃぶ、久しぶりに食べたな−。それよりも活鮑の踊り酒蒸しがかなり衝撃的だったのですが(笑) うわーうねうねしてる……のが蒸されてキュッと(;´д`)
 量も相当あって、締めがきしめんより幅広のうどん&ご飯、で妹なんかはリタイア気味でした。

使用前

使用後

 食後、石段通りで開かれている伊香保祭りに行こうとしたのですが――今更になって雨! しかももの凄く激しくておニューの靴がびしゃびしゃ……。台風通り過ぎたから新しいの出してきたのにー! しかもホテルに戻ったら止んだんですよなにこの嫌なドンピシャタイミング。ちなみに石段に向かって雨の中行軍中、母と妹がいなくなったと思ったら「母が射的やるって……」と妹から連絡が。私は引き返しましたが父はその場で待って、耐えきれずに先行しました。戻った私は積み木にボール投げて台からたたき落とすゲームをして、あと三本という惜しいところまでいってパラパラロボットなるチープなおもちゃを貰いました。

ここまではたどり着いたんだけど

パラパラロボット

 帰還後はいよいよお風呂ー。流石にここは写真撮れない(笑) 大浴場は浴槽たくさんあって楽しかったです。ジェットバスがすごくいろいろあった! 全部もれなく浸かってきました。ああ楽しかった!
 妹は貸し切り風呂に申し込んだので、「こっち見に来る?」と連絡が。貸し切りだけあって脱衣所にテレビあったりとすごかった。。

美しの湯

 その日は疲れてたから早く寝て、翌朝またお風呂に。夜とは男湯・女湯が入れ替わってて、こっちも頑張って全制覇−。こっちは露天風呂が充実してました。

 朝食はバイキング。でも朝から天麩羅揚げるとこは初めて見た。

 もし天候が回復したら石段通りに行こうか、という話してたんですが、生憎の雨なのでそのまま東京へ帰還となりました。家族全員、満足したのでまた行きたいね−、ってことになりました。今度は石段通りを昼間に散策したい。東京から近いのがいいなー。

 今回の記事は、以前買ったトイデジで全ての画像を撮影してます。

ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!旅行 

2008年09月19日

Rakiraさんのカフェライブ5

Rakiraさんの電子ピアノ

 一昨日久々に町田でRakiraさんの路上ライブに遭遇して10thアルバム購入! そのとき今月のタリーズカフェでのカフェライブの案内を貰いました。いつも忙しくて行けてなかったんですが今日はたまたま暇があって、最終回に間に合いました。座ってコーヒー飲みながら癒しミュージックを聴ける幸せ。

 構成は真ん中あたりで盛り上がる曲が入る感じ。定番のChange of airやたんぽぽも入ってました。1stと4thからは二曲ずつ、とちょっと多め。6th、7th、9thからは無かった。リリース曲が多くなって全アルバムから採るのは無理になってきたのかな。

【本日の演目】
風宮寺
レイン
Transfer of a feeling
モダンス
リズム
Explosion
プロセス
Change of air
たんぽぽ

演奏中のRakiraさん

ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お出かけ話2008 

2008年09月15日

トイデジを買ってみた4

箱。

 最近トイカメラに興味持ってたんですが、お店で小さくチープなデジカメを売ってるのを発見しました! 「SUPER DIGITAL CAMERA K/H」というものです。どうやらトイデジってカテゴリがあるみたいですね! チープ写りに興味があったけど現像に出すのはめんどい、という自分みたいなのには良い感じ。これは内蔵メモリだけなんですがミニノートPC買ったから、すぐに移せば問題なさそう。

オレンジベリルの指輪

 トイデジで撮ってみた画像。去年の池袋ショーで作ってもらったオレンジベリルの指輪。(確か記事にし忘れてた)
 むかし買ったアクアマリンとおそろいのデザイン(翼の向きは逆)にして貰ったんですよねー。モルガナイトにおんなじようなカボションがあれば、三つ目つくってもらいたいなー。……かなりむつかしいんだけど。zenjuさん最近彫金メインっぽいし。青オレンジピンクでセットって可愛いと思う。まぁモルガナイト探しが相当に大変な気もする。モルガあったら両翼かな。

ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 | 装身具

2008年09月13日

ポンド硬貨のセット4

ポンド硬貨のセット

 縁あって、知人のつてで入手することができました。今年変更されたポンド硬貨のセットです。硬貨の図像を全部あわせるとイギリスの紋章になります。(1ポンドの図像は全体像) こういう格好良いの、普通に流通させる硬貨でやるのっておもしろいですね−。
 実は袋に入ってるんですが劣化が怖くて出せてません。同梱のパンフも読みたいんだけど。硬貨コレクションの専門店で保存方法を尋ねればいいのかな?

硬貨のアップ

ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2008年08月30日

F&Mニッカボッカー・グローリー5

15836c22.jpg ハリー・ポッターの原書に出てくるらしいニッカボッカー・グローリー、何か聞いたことあるなと思ったら、フォートナム&メイソンの特別メニューにあったのを思いだし猛烈に食べたくなりました。
 昨日問い合わせたら、ららぽーと横浜店では終了してるけど日本橋三越店ではまだやってる(でも八月いっぱいで終わる雰囲気)みたいなので、即行。
 イチゴアイスとラズベリーソース、底にはパイナップルのシロップ漬けを混ぜたバニラアイス。生クリームとイチゴ、シガークッキー二本で飾られているパフェでした。ラズベリーソースのお陰であんまり甘すぎることもなく、ぺろっと行けちゃいました!
 お供はこれも限定のアイスグリーンティーだけど、名前覚える前にメニュー下げられちゃった(´・ω・`)


ランキングにご協力お願いします!

2008年06月13日

パーカー「デュオフォールド ノーマン・ロックウェル」5

 むかしむかし、入学祝をきっかけに万年筆にハマったばかりの女子高生が、一本の万年筆に一目惚れしました。
 ところがその万年筆、月々のお小遣いが3000円の高校生には到底手に届かないぐらい高額で、お年玉だって何年分貯めればいいのか分かりません。それでも諦めきれず、母親に「……宝くじで百万円以上当選したら買ってね」と微妙かつ無茶極まりない約束をさせるほどでした。そして毎年、クリスマス時期の新宿伊勢丹の紙袋を見るたび切ない気持ちを味わったものです。
 自分で稼げるようになってこつこつと小金を貯め、石とか石とか石とかに浮気しまくりながら、気が付けば十二年もの歳月が経過していました。そして漸く目標の金額を手にし、いつもただ眺めているだけだったショーケースを指して「これください」と店員に言う事ができたのでした――。



――やばい、自分で書いてて泣けてきた(超絶馬鹿)。
 ひたすらに欲しいと焦がれ続けたただ二つの万年筆、その片割れであるパーカー「デュオフォールド ノーマン・ロックウェル」を遂に、やっと、漸く、買う事ができました……!(ちなみにもう一つはお馴染み?セーラー「シータ」蘇枋紅)
 当時からの友達は万が一にもうっすらと、私が喚いてたの憶えてるかもしれないなぁ。ほんとに、ほんとにずっとずっと欲しかったんだよう。
 ちなみに購入したのは月曜日、こっちに遊びにきてた従妹と一緒に、銀座に行ったときです。(お互い年休取ってた)

 さてこの万年筆について。超有名高級筆記具メーカーのひとつ・パーカーの限定生産品です。デュオフォールドは、ソネットと並ぶ代表的シリーズで、これまでに色々なモデルが発売されています。私がぱっと思いつくので有名なのはビッグレッドとマンダリンイエローあたり。ちなみに(今は)イギリスのブランドなのでハリー・ポッターモデルもあったりして、しかも実は持ってたりするのですが、「買う万年筆=使う万年筆」な私が珍しく未開封状態で仕舞い込んだまま。理由はデュオフォールドはノーマン・ロックウェルを買うまで絶対に使わない! と固く心に誓ってたからだったりします。何で万年筆一本にそこまで義理立てするか私。
 ノーマン・ロックウェルは、言うまでも無くアメリカを代表する画家のノーマン・ロックウェルのことです。クリスマス時期になると伊勢丹の紙袋の柄がこの人の絵になります。非常に有名だし絵も色々なところで使われているので、誰しも一度は見た事があるんじゃないでしょうか。1929年、ノーマン・ロックウェルは「デュオフォールド ブラック&パール」のクリスマスギフトキャンペーンの広告を手がけており、そのときのモデルを復刻したものが「デュオフォールド ノーマン・ロックウェル」になるのです。ちなみにパール&ブラックというモデルもありますが別物です。パール部分の色合いがかなり違う。

買ってきたばかり

 購入時に暫く待ったのですが、梱包されたもののサイズにびっくり。――まさかこんなにでっかいとは思わなかった。しかもダン箱に英語で取り扱い注意、壊れ物と書いてある。

段ボール箱・「こわれもの」

 中から出てきたのは白い袋に入った革製アーティストケース。

さらに布袋に包まれていた

アーティストケース

 さらにこのケースを開けると、中央に絵筆入れを模したウッドボックス。更にその中に万年筆が入っています。マトリョーシカを解体してる気分だ。同梱されているのは説明書と、ノーマン・ロックウェルの作品のポートフォリオ四枚組――あれ?

パーカー「デュオフォールド ノーマン・ロックウェル」

 ポートフォリオ入ってない??

 アーティストボックスの中敷をはがしてまで捜索しましたが、ネットショップ等の商品画像にもあるポートフォリオのケースは陰も形もありませんでした。ので、即行で電話確認。
……幸い、ポートフォリオは単に梱包時の入れ忘れということで、すぐに送ってもらえることになりました。

後から届いた

ポートフォリオ

ポートフォリオの中身

 二日後、届いたポートフォリオです。時代がかったにおいがする(笑)

ランキングにご協力お願いします!

2008年04月12日

F1 疾走するデザイン4

 ギャラリーに行ったついでに、近かったので東京オペラシティで今日から開催の「F1 疾走するデザイン」展を見てきました。今年度のぐるっとパスも欲しかったし! でもスタンプラリーの難易度がやたら上がってる……多摩地区行かないよー!
 関係ない話はおいといて、今回見てきたのは、元々イギリスで開催された展覧会だったそうですが、実はイギリスってモータースポーツ産業が盛んな国らしい。初めて知りました。というよりF1もよく解っていないのですが……。レースだけじゃなくて車体製造技術のグランプリもあるんですね。度重なる規定の改定にどう対処しそのうえでスピードを上げるのか……メカニックにも凄く高度な思考が要求されるんだろうな。

 展示されているのは大きく分けて二種類。年代毎にF1チームや名レーサー、グランプリ関係のパンフやチケット、そして当時の最新技術を紹介するものと、ほんもののF1レーシングカーです。
 前者は色々なカテゴリの情報があって、F1知らない私のような人間でも楽しめました。かなり量があるので、全部じっくり読んだらかなりかかると思う。レーシングカーは、最初の一台を見たとき正直ちょっと身体が震えました。レーシングカーって美しいですね。特に古い紡錘形のやつ。後半に、各パーツの展示や解説、充実した映像資料もありました。ラストは、今年のF1グランプリの各コースの紹介で〆。

 何も知らない私ですら面白かったのですから、F1好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。

●車関係何でも ● - livedoor Blog 共通テーマ

ランキングにご協力お願いします!

2008年03月30日

恒例・ひとり花見

f8896200.jpg 天気がかなり怪しいけど降水確率信じて頑張ってみる。


ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 10:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!Fromモバイル 

2008年03月25日

ハッピーバースデー私。

a84c615c.jpg プレゼントに万年筆もらっちゃいました。


ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 22:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!Fromモバイル 

2008年03月20日

伊勢丹のUK フェアだよ!

76a21ca7.jpg チラシにちゃんとあのロゴが入ってたから、れっきとした英国観光庁タイアップ企画らしい。
 せっかくの連休初日(金曜は休んだ)なのでローストビーフを食べるためだけに新宿行きです。イングリッシュローズを買うかどうかはこのあと日本橋行くから迷ってる。
 お肉は柔らかくて脂身はとろけて美味しかった……!


ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 12:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!Fromモバイル 

2008年03月09日

ライラの冒険 黄金の羅針盤5

 ずっと以前から書店で「黄金の羅針盤」というファンタジー本が並んでいるのは知っていましたが、単行本って分厚いし高いから……と二の足を踏んでいました。

 そんな、ちょっと気になる本が壮大なファンタジー映画に! ハリポタ、指輪、ナルニアと続いて次はライラの冒険だー、と勇んで観に行ってきました。あれ、いま挙げたの普通に全部英国産ファンタジーだよなぁ。(ナルニアの映画はディズニーだけど)
 日本が漫画・アニメ大国ならばイギリスはファンタジー大国、ってところでしょうか。映画パンフレットによるとさっきの四つは全部、BBCが調査した「イギリス国民に過去最も愛された小説調査」にランクインしていました。ハリポタは一巻じゃなくて四巻が入ってたけど。

 話がいきなり逸れまくりましたが、とにかく原作は数々の賞を受賞した児童文学の名作です。人間の魂が「ダイモン」という動物のかたちで具現化しずっと寄り添うパラレルワールドを舞台に、真実を教えてくれる黄金の羅針盤「真理計」を読み取ることの出来る少女ライラの冒険が繰り広げられます。ネタバレになっちゃうのであらすじについては割愛。

 この映画で一番驚いたのは、ダイモンをはじめとした動物CGの動きの自然さ。世界観的に色々な動物が街のそこかしこに溢れているし、知性を持つ戦闘民族「よろいグマ」も出てきます。もちろん喋っているときは「あーCGだよね」って思うのですが、走ったり飛んだりしてる姿は、その世界のごく当たり前のものとしてすんなり受け入れられました。あとよろいグマたちの動きが凄い! ライラに助けられたよろいグマのイオレク・バーニソンが氷原を疾走する姿とか、個人的クライマックスのイオレクとラグナー・スタールソンの決闘シーンなどは鳥肌が立ちそうになりました。

 動物たちについてはこれぐらいにしておいて、キャストで一番光ってたなぁ、と思ったのは、主演のダコタ・ブルー・リチャーズちゃんもですが(パンフに「極めてイギリス的な美点を持った女優」と書いてありましたが、確かにそうだと思う。ケイト・ブランシェットと何となく雰囲気が似てる、というのにも納得)、私的にはニコール・キッドマン演じるコールター夫人が凄く良かった! コールター夫人には謎めいた悪女の雰囲気と、それだけではない複雑さがあるのですが、ニコール・キッドマンは正にはまり役だと思います。
 あと登場人物で好きなのは漢前なイオレクと、テキサスの気球乗りであるリー・スコーズビー。リーはまさしく西部劇のカウボーイって雰囲気なのと、美味しいところでキメてくれるところがいいです。そういや、パラレルワールドの地図では北米大陸がえらいことになっていましたが、こっちのアメリカっぽい箇所はテキサスぐらいでした。つまり作者的にはアメリカ=テキサスというイメージなんだろうか。でもわからないでもない。ちなみにイギリス(BRITAIN)はちょっと綴りの違う「BRYTAIN」、我らが日本は普通に「NIPPON」です。

 とにかく、時間があっと言う間に過ぎたと感じるほど話が面白くて映像にも迫力がある、面白い映画でした!
 ハウルで失敗したため、映画化されるファンタジーはハリポタ以外事前に読まないようにしてるのですが、正直続きが物凄く気になります。

〜ライラの冒険 黄金の羅針盤〜 - livedoor Blog 共通テーマ

ランキングにご協力お願いします!

2008年03月07日

UK-JAPAN20085

 カンの良い方なら、うちのブログのカテゴリに「UK-JAPAN2008」というものが増えているのに気付いたかと思います。

 今年は日英修好通商条約調印150周年ということで、日本の各地でイギリスに関するイベントがたくさんあります。なので「UK-JAPAN2008」。ここの公認ブログに当ブログを登録してみました。なにせ気になってるファンタジー映画や美術展がたくさんあるし! いやこの一覧見るだけで凄く面白そうだと思いませんか? ジュエリー展とかウチ的に物凄くツボだな!

 今年は頑張ってそういう記事を書いて投稿数増やそうと思います。まずは黄金の羅針盤から〜!
 あと、「英国式幸福論。」のイベントに行ってきたときの日記も書かないとなぁ。

公式サイトはこちら

ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 21:43|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!UK-JAPAN2008 

2008年02月29日

中華粥

80cf1548.jpg 今日は定時退社日だったので例の友達と一緒に中華街に行きました!
 食べたのはお粥です。ピータンのスタミナ粥。中華風あげぱんやお刺身を熱々のうちに投入して食べます。見た目以上に具だくさんで美味しくて大満足――あ、焼きそば写真撮るの忘れた。


ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 21:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!Fromモバイル 

2008年02月21日

エリザベス ゴールデンエイジ5

 あれ、そういやかなり昔に「エリザベス」観たよなー懐かしいなー、と思って、会社帰りにレイトショーで観てきました! パンフレットを見たら前作は1998年ですってよ……そりゃ懐かしいはずだわ。ちょうどその頃から映画を自発的に観に行きだしたんだよなぁ。

 と、そんな余談は置いておいて、映画について。前作はエリザベスが女王として即位するまでの話でしたが、今回はその後から、エリザベス一世の生涯の最大のクライマックスかもしれないスペイン・アルマダ艦隊との戦いまでのお話です。そこに、サー・ウォルター・ローリー卿と女王の侍女・ベスとの三角関係、スコットランド女王メアリ・スチュワート支持派の陰謀が絡んできて、二時間ちかくの上映時間もあっと言う間に感じるぐらいの密度の濃さ。個人的には三角関係が一番印象に残りましたけれども(笑)

 初っぱなから廷臣達に向けて啖呵を切り貫禄を見せつけたエリザベス一世ですが、やはり女王として以前に一人の人間・女性として悩む姿が印象的でした。一方で侍女のベスに或る種の操り人形のような役目を負わせたりして、うーん、屈折してるなぁ……。でも色々と乗り越えたあとのラストの微笑はライティングの効果もあってか、神々しくすら見えました。

 あとこの映画で注目すべきはやっぱ衣装! 前作同様すごいコスチューム映画だ。女王のカツラとか大注目。カラーもよく考えられてるなぁ、と思ったのは、礼拝の時は白いドレス、新大陸から帰ってきたローリーと逢うときは海を思わせる青だったりして、シーンと心境にすごくマッチしてるなぁと思いました。メアリ・スチュワートの処刑時の真っ赤なドレス(そこそこ有名な話だと思う)を再現してたり、遠乗りのシーンでエリザベス一世がちゃんと横座りだったり、細かいところで面白かったです。

映画鑑賞 - livedoor Blog 共通テーマ

ランキングにご協力お願いします!

2008年02月16日

本日の純銀クロッシェ

65a938e5.jpg バレンタインにはすこし遅れましたが、ハートのペンダントです。中空でぷっくりしている。かわいい。


ランキングにご協力お願いします!
serenitebois at 13:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!Fromモバイル