2009年08月15日

KAUZ 完成

おはようございますカケヒ軍曹です。

前回カウツの良さを報告すると書いて
再販されたカウツを組んでいくうちに
ついつい作りこんでしまいました…(汗)

そして…完成させてしまいました。
KAUZ_boxart
しかも円形劇場風ストラクチャー仕立てで。

色々な角度で撮影してみましたので
お時間がございましたら、ゆっくりご覧下さい。


シュトラール軍 宇宙用装甲戦闘服K型“カウツ”

<兵器解説>
地上用PKA-K(コンラート)を母体として開発された
宇宙タイプ装甲戦闘服フリーゲの欠点を補い、
さらに指揮官用として使用する為に開発されたものである。
フリーゲは、生命維持装置、推進装置、装甲、火力などにおいて、
敵、傭兵軍のファイアボールに対して遜色は無かったが、
間接視認システムを持たないために前部の透明キャノピーを持っていた。
これが防衛上大きな弱点となっていた。
カウツでは、これを新開発の間接視認システムを装備することにより
防衛力を高め、さらに広角の索敵レーダーを装備する。
カウツは、通常フリーゲ4機に対して1機の割合で小隊を編成し、
さらにこの小隊3組と、宇宙用クレーテを装備する小隊2組によって
1個中隊を構成する。

といったフリーゲの上位機。
ガンダムで言う角付きザク…否、
開発時期が後期な点を考えるとゲルググのS型でしょ!
こう置き換えて考えると興味湧いてきたでしょ?
では作品をご覧下さい↓

IMG_4241IMG_4242










IMG_4243IMG_4245










基地内で補給・整備を行っているシーン風にしてみました。
もちろんイメージソースはF1のピットです。
IMG_4256
ちなみにインカムで指示してるおっちゃんは
タミヤ1/20レーシングスタッフから流用してます。

カウツ自体はレーダーブレードをボリュームUPすべく、
エバグリのスリットプラ版に置き換えてみました。
また間接視認カメラ周辺や物足りないところを
カーモデルなどのエッヂングパーツなどを流用し、
ディテールUPしてみてます。

IMG_4246
今回の見せ場のひとつスカルマーク。
キット付属の塗装ガイドにあった
ホルスト・レーゲンスドルフ大佐機の迷彩を基本に
マクロスのロイ・フォッカー機のモデルにもなった
アメリカ海軍“ジョリーロジャーズ隊”の
ドグロペイントをイメージに加えてみました。

IMG_4247
カウツやフリーゲなどシュトラール軍のは
猫背なスタイルが多いので“アオリ”で撮影すると
ダルそうに写ってしまいますね…(´−д−;`)

IMG_4248IMG_4249










さてカウツを取り巻く小物たちの解説ですが
中心のデカい機械はフジミのガレージ&ツールの
エアコンをプロップ調にジャンクパーツでデコレート。
未来のメンテナンスマシーンと思ってください。
オイルタンクと消火器も同様にガレージ&ツールのを流用。

IMG_4250
IMG_4258
キットのままでも後部ハッチが別パーツなので
開いてる状態で接着し、メンテナンス中の雰囲気に。

IMG_4251
エアーコンプレッサーをイメージした機会も
ガレージ&ツールの溶接機を流用。

IMG_4253
ちゃんと中のパイロットも作っています。
こうやって見ると操縦すんの辛そうやな…
相当な猫背で乗ってなあかんのやな…

IMG_4254
肩のアーマーは100円均一で購入した
つけ爪を加工してメルジーネをイメージした
追加アーマーにしてみました。

IMG_4259
なんか妖怪としゃべるおっちゃんの図
みたいに見えてしまいますね…このドクロ…

いかがだったでしょうか?今回の作品。
ストラクチャーは、まだまだ修行中ですが
少しは楽しんでいただけましたら幸いです。

sergeant_kakehi at 03:15│Comments(0)TrackBack(0) カケヒ軍曹作品集 | Ma.K.

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile

カケヒ軍曹

●三十路子持ちモデラー
●大阪府在住
●職業:アートディレクター
●素組みより改造したい派
(自称武器職人)
●量産型モビルスーツをこよなく愛す
●ビーム兵器よりも実弾兵器に“漢”を感じる

Recent Comments