せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

 FLASHの今週発売号では、紅白初出場の決まった拓大紅陵高校と道都大学のOBでもある竹原ピストル氏の特集記事に協力しています。  仮に経験者でなかったとしてもボクサーのハートをつかみそうな竹原氏。個人的にはこの曲が好き。 ...

 週刊大衆の今週発売号では日本男子ボクシング「世界チャンピオン」拳闘カタログで、本文、各王者のデータを担当しています。よろしくお願いします。 ...

 今日発売のボクシングマガジン12月号では愛媛国体 とアジア女子選手権の記事を担当しています。国体では2試合が同時進行されるので、取材は後日まで毎年ハード。でもそれより今回はアジア女子の締め切りと最終試合のタイミングがせめぎ合って大変でした。番狂わせがなかっ ...

 今朝の健やかで過激なラウェイ・リポートです。よろしくお願いします。  (【ラウェイ】“必殺”頭突きに自信満々、ミャンマー選手団来日(イーファイト) ...

(写真:成長中のモンゴルに新文化)  18日から22日にかけモンゴルの首都ウランバートルでは「チンギス・ハン杯」と名付けられた国際トーナメントが開かれた。  名称の由来は御存知の通りモンゴル帝国の初代皇帝。実施されたのはエリート部門(成年)で、男子はライトフ ...

 格闘技ニュースサイト『イーファイト』にて、9月度ベストファイター賞に選出された井上尚弥(大橋)について紹介記事を書いています。「怪物のように少年」である一方で、父親でもある井上は、等身大の自分を見失わぬように米国を見据えていました。 ...

 発売中のボクシングマガジン最新11月号では、1996年アトランタ大会と2000年シドニー大会での五輪連覇を始め、数々の国際大会でメダルを獲得したロシアの英雄、オレグ・サイトフ氏が、赴任先のサハリンからユースのボクサーを連れて合宿に来た記事を担当しています。よろ ...

 イーファイトで担当した第5回ラウェイ日本大会の記事です。今回の面子は過去最もマニアック。だからこそ、格闘技観戦で“何を面白いと感じるのか”を考えるには価値のある回だった。 ...

↑このページのトップヘ