せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

 格闘技ライフ提案マガジン『ファイト&ライフ』の最新8月号では、『もう「かわいい」だけじゃ済ませない!』というタイトルで格闘技的台湾紀行文を掲載しています。世界一親日な関係に加え、「かわいい」のイメージが高まってきた近年の台湾。でも格闘技における「いい関 ...

 東京スポーツの本日号では、昨日に正式オープンした上海ディズニーランドと中国文化がどう関わっていくかを分析したコメントを掲載しています。米国プロモーターと契約したゾウ・シミンに「本土では試合をさせない」と旧来のポリシーを貫こうとした中国ですが、今年1月に ...

 ボクシングマガジンの最新7月号では、プロボクサーの五輪全面開放案に関する国内外の現状と、リオ五輪予選を兼ねた女子世界選手権、2週目を終えた時点での関東大学リーグ戦のレポートを書いています。表紙は先日他界したモハメド・アリ氏。本名カシアス・クレイ氏はロー ...

 発売中のボクシングマガジン最新6月号ではリオ五輪予選の通過を決めた成松大介(自衛隊体育学校)と、成松に続きたい他階級のボクシング代表候補メンバーを取りあげています。予選通過の試合直後、「さすがに少し休みたい」と漏らした成松が、地元に帰省して5時間後に始 ...

 13日(金)の20時からBSイレブンの『中畑清 熱血!スポーツ応援団」では 、リオ五輪を目指す田中亮明の特集。企画した自分の中国・遷安での大陸予選密着もあります。そのほかに兄弟関係では、弟・恒成との貴重な幼少期の練習風景や、中国から名古屋に国際電話のシーンも。 ...

 「銅メダリスト・清水に勝った男」こと成松大介のリオ五輪アジア・オセアニア予選(遷安大会)。五輪出場権のかかったシャン・ジュン(中国)戦に注目。 ...

 東京スポーツの本日発売号では、日本の捕鯨に関心を高める中国人たちの記事でコメントしています。よろしくお願いいたします。 ...

↑このページのトップヘ