せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

 発売中のボクシングマガジン最新2月号では、全日本の大学王座決定戦や女子&社会人選手権、他にはすでに意外と反響のあったウズベキスタン紀行などを書いています。よろしくお願いいたします。 ...

 7月28日から8月3日にかけて広島市の中区スポーツセンターでは、第70回全国高校総合体育大会(インターハイ)のボクシング競技が行われ、男女計11階級の高校王者が決まり、学校別対抗では日章学園高校が2年連続で団体優勝をものにした。  リオ五輪直前となった今年度は、 ...

 『ゴング格闘技』最新2月号ではボクシング世界ユース選手権王者・堤駿斗を“天心世代”として、父・直樹氏も交えてインタビューしています。幼少期から神童、那須川天心と交わるなかで刺激された「一流への志」から自慢のリードブローのメカニズムまで、「門外不出」に自 ...

 格闘技ライフ提案マガジン『ファイト&ライフ』の最新2月号では『モハメド・アリになれなかった男と再戦の遺伝子』というタイトルでカシアス内藤・内藤律樹・内藤未来の親子ボクサーに迫っています。とってもストイックなノンフィクションです。よろしくお願いします。 ...

 ボクシングマガジン最新2017年1月号でも全日本選手権など色々と担当しています。よろしくお願いいたします。こぼれ話として世界ユース王者の堤駿斗がスパーで「大人の壁」を感じさせられたのは田中亮明だそう。高校生に高校教師が身を持って教えた強さとは…?こぼれ話なの ...

 自分にとってはちょっと珍しい雑誌でお仕事?総合ライフスタイル誌『ミセス』の最新2017年1月号では、リオ五輪400mリレーで銀メダルを獲得した山縣亮太選手(セイコーホールディングス)の記事を担当しています。よろしくお願いいたします。オリンピックイヤーも残り3週間 ...

 本日発売のファイト&ライフ12月号では女子の高校タイトルを現時点で5つ制覇している無敗のJKパンチャー、並木月海(花咲徳栄高校)を特集しています。握れないグローブ、女子、軽量級。でも“ツッキー”のパンチは重くて効くぞ! ...

 ボクシングマガジンの最新9月号では、先月9日に閉幕した関東大学リーグ戦をレポートしています。最終週の鬼倉龍大(駒澤大)対森脇唯人(法政大)は今季のベストバウトでした。  他のページを読んでいて…、そういえばオスカル・バルデス(メキシコ)がプロの世界王座に ...

↑このページのトップヘ