せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

 発売中のボクシングマガジン最新7月号では“半信半疑”で向き合いたいプロボクシング発展途上国、中国の特集や豪州からのリポートなどを、いくつか担当しています。ちなみに関東大学リーグ戦の記事では福井勝也(東洋大学)を主将と書いてしまいました。失礼しました( ...

 ボクシングマガジン最新6月号ではアジア・ユース選手権の現地リポートの他に、同じバンコクでポンサクレック・ウォンジョンカムを指導中だった「ユーリ・アルバチャコフを破った男」ことチャッチャイ・サーサクン会長を紹介しています。 ...

 発売中の格闘技競技者向けマガジン『ファイト&ライフ』最新号では「大物歌手の舞台裏、山川豊さんの格闘技ライフ」を書いています。(文頭から9階建てのビルを7階建てと書いてしまったミスを差し引いても)さすがの人生訓で読み応えのある内容だと思います。よろしくお願 ...

 発売中のボクシングマガジン 最新5月号では先月に宮崎市内で行われた全国高校選抜大会、山根杯、全日本アンダージュニア大会の記事を担当しています。よろしくお願いします。 ...

 スポーツナビ の連載『未来に輝け!ニッポンのアスリートたち』にてボクシング五輪金を狙う千葉出身・堤駿斗を担当しました。  予想していた以上にこの競技の注目度が堤、堤、柏粼、堤ですが、堤本人が10代離れした引き出しを持っているので、毎度切り口を変えられていま ...

 発売中の格闘技ライフ提案マガジン『ファイト&ライフ』最新号では、みなと総合高校を卒業する松本圭佑を特集しています。進学先の東京農業大学では、今年の大学リーグ戦・第1週から元・同門の渡来美響(東洋大)と対戦する可能性があるなど、この非凡な少年の選手生活から ...

 スポーツ総合サイト『VICTORY』での大橋秀行会長&池田純氏対談の後編です。今年初めに掲載されたものの、告知の機を逸していました。少子化の日本で、メジャー競技人口が減る中、マイナー競技が可能性を高めているのは重要ポイントだと思います。 ...

↑このページのトップヘ