せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

(写真:藤田大和)  弟・健児とのそろって東京五輪出場を目指していた藤田大和は、3月いっぱいで自衛隊体育学校を退官。新たな舞台をMMA(総合格闘技)に決め、かつてプロボクシング戦の集中した先週にその初陣に臨んだ。   20日、21日はプロボクシングの世界戦が目白押 ...

 発売中のボクシングマガジン最新6月号では、アジア選手権の締め切りまでに書けた範囲とその直前に行われたタイの国際トーナメントの記事を担当しています。よろしくお願いします。前者の記事後の結果として、世界選手権への敗者復活戦、候補の3代表が全員通過できてひとま ...

 今回の創刊300号でひとまず休刊となるゴング格闘技では「格闘技への提言」のテーマに則って、2月に行われたボクシング女子会をおおむね網羅する形で書きました。女子選手はもちろん、男が読んでも貴重に思える内容だと思います。よろしくお願いします。 ...

 ボクシングマガジンの最新5月号では全国高校選抜大会、カザフスタンの国際大会、全日本アンダージュニア大会について書いています。よろしくお願いします。 ...

(写真:成松と平野義幸コーチ)  階級をライトウェルター級に1つ上げ、タイのバンコクで再始動をした昨年のリオ五輪男子ライト級代表の成松大介(自衛隊体育学校)は、タイ国王杯の2回戦でケビン・ヘイラー(キューバ)に敗れた。採点は3対2(3人が相手を支持)のスプリッ ...

 3月17日号の東京スポーツ にて、一橋大学との連携で10年以上の文化を築いてきた津田塾大学の「女子大唯一のボクシング部」についてご紹介しました。ウェブでは今も掲載中なのでよろしくお願いします。 ...

 ボクシングマガジン最新4月号では、日大の3連覇祝賀会と国体ボクシング競技の「隔年実施」への変更案に関する記事を書いています。よろしくお願いします。  結局案が通ってしまった隔年実施。これでは「高校タイトル3冠」が年によって最高2冠になってしまう…。今は貴重 ...

↑このページのトップヘ