せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

超マニアック志向で紹介 = ライトフライ級 = Harry Tanamor (フィリピン) フィリピン勢唯一の決勝進出となったタニャモアは、溢れるセンスで楽々の優勝。 = フライ級 = Somjit Jongjohor(タイ)  世界選手権優勝。そのディフェンス能力は圧巻。30を迎 ...

かめがいよしひろ・帝京大OB インターハイライト級優勝(高校3年) 全日本選手権&国体ライトウェルター級優勝(大学4年) 亀がプロのリングでもうひとレース!  今期のライトウェルター級は本命不在の混戦だった。その中で、国体では満を持した4年目の岡田誠一 ...

(左)かわちまさつぐ。専大2年。 ・ライトウェルター級高校3冠達成(高校3年)、全日本選手権ライトウェルター級準優勝(大学1年)。 (右)むらたりょうた。東洋大2年。 ・ライトミドル級高校3冠王(高校2年)、ミドル級選抜・インターハイ優勝、全日本選手権ミド ...

 年間最高気温のタイ・バンコクに到着した。  初めて独りで、海外へ来てみた。当時、バックパッカーという存在は、「沢木耕太郎かぶれの社会不適合者」みたいな印象が強く、移動の苦労を覚悟しながらも、キャリーバックとスーツを持参した。  自分はアマチュアボクシン ...

 タイは、アニメオタクにとっての秋葉原に通ずるのだろう。初の訪泰から、それを感じていた。  この国は、「タイかぶれ」と呼ばれる外国の“社会不適合者”を、リピーターにし続けている。かくいう自分も、その中の一人だろう。だが、確かにここへ来ると、日本で取り払い ...

ほんだ・ひろと。 日本大学。1982年6月21日熊本県熊本市に生まれ。 インターハイライトフライ級優勝(高校2年) ライトフライ級高校三冠達成(高校3年) 全日本選手権&国体フライ級優勝(大学3年&4年)  細く鋭く鍛え抜いた手足、高校時代に果たしたインターハイ2 ...

東洋大学4年 全日本フライ級5位 1982年5月23日北海道出身 左ボクサーファイター 華奢な勝負師  オフも体重がろくに増えず、むしろしぼんでいくという。そんな西田が、細身の体で不気味とも言えそうな視線で相手を見やる。しかも、力を抜いて構える両手がダラーンと ...

 今年の全日本選手権には、亀田三兄弟の次男・大毅が参戦!初戦の相手となった坂口も、空前の注目を浴びることになった。 「ポイントで勝っていると分かっていたせいか、最後はムキになって打ち合っちゃった」  とは言え結果は、1ポイント差の辛勝…。冷や汗モノだ。   ...

↑このページのトップヘ