せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

(写真:V3の芦屋大)  6月25日、芦屋大学ボクシング部では第71回関西学生リーグ戦の最終週が行われた。芦屋大学と近畿大学の二強時代を迎えた旧・近畿学生リーグこと関西学生リーグでは、この最終週が始まる前まで、近大が優勝候補最右翼として呼び声が高かったが、最終週 ...

  『Victory』にて田口良一の世界王座V6戦を軸に、“スイッチ戦法”見直しを取りあげています。よろしくお願いします。 ...

 発売中のファイト&ライフ最新8月号では『変わり続ける香港の格闘技エンターテイメント』を執筆しています。 今回は、ジャッキー・チェン映画の初期に定番だったいくつかの武術シーンなどを探ったほか、近隣のマカオや深センにおける格闘技旅も書いています。よろしくお ...

 4月4日から8日にかけ、タイのバンコクではこの時期恒例の国際トーナメントが行われ、リオ五輪でのライト級2回戦敗退以来、試合から遠ざかっていた成松大介(自衛隊体育学校)のほか、昨年の全日本バンタム級王者・木村蓮太朗(東洋大)と同選手権ミドル級準優勝の梅村錬( ...

 ウズベキスタンのタシケントでは、4月30日から5月7日にかけ、第29回アジア選手権が行われた。全10階級の上位6選手が、今年8月、ドイツのハンブルクで開かれる世界選手権に出場できる予選を兼ねたこの大会に、日本からはフライ級・馬場龍成(東洋大)、バンタム級・田中亮明 ...

(写真:復活の中野幹士(東農大))  東京・水道橋の後楽園ホールでは、6月24日、関東大学ボクシングリーグ戦の第4週が行われた。目玉は「勝ったほうが優勝」の印象さえ抱かせる日本大学と東洋大学の全勝校対決。その前にまず、4部トーナメントの決勝戦から始まり、東海大学 ...

(写真:競技を超えて受け継ぐ天才肌)  「天才少年」の元祖として将棋界で63年も活躍してきた加藤一二三・九段が20日、棋士生活に幕を下ろしたことが話題となったが、九段とかつて「天才対談」を行ったロンドン五輪フライ級日本代表の須佐勝明さん(自衛隊体育学校)は、 ...

 格闘技情報サイト 『イーファイト』にて、先月度の月間MVPに選ばれたWBC世界フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)の紹介記事を担当しています。 ...

↑このページのトップヘ