田畑の広がる中にあった試合会場の帰り道、分厚いサウナスーツでアスファルトを走り続ける松尾とすれ違った。 「本当はもう、フェザー級まで落とせる体じゃないんですけど。自分を追い込まないと、もうボクシングに満足しきれなくなっているんです」  翌日の計量に向け ...