せりしゅんや的アマボク通信

中国が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。

September 2008

 これが、ミャンマーで生観戦したかった格闘技、ミャンマーラウェイ(ビルマ拳法)!金的、目潰し以外の打撃をほとんど認めたルールよりも、やっぱり気になるのはグローブを使わない点。ラウェイのKOシーンは、「効いて倒れる」よりも「痛みで戦意を失う」ように見える。 ...

 試合は津久見市・津久見高校にて、9月28日から10月2日まで行われる。  結果速報⇒http://www.kirokukensaku.com/mejiron2008/kokutai_index.html ...

 肌寒くなってきたけど、もうすぐ、個人的に夏休みがやって来る。今回はどこへ行こうか。中途半端に壮大な田畑、雄大なシャッター通り、「本場からやってきたブラジル人ダンサーのサンバ」が売りのロシアンパブなど、観光名所が点在する地元・本庄か、まだ見ぬボクシング発 ...

 女子最強の座はインドにある。それでも、マイナー競技のままとなると、女性人口5億のこの国は、末がさらに恐ろしい。  ホスト国を務めた2006年の第4回世界選手権では、ライバルのロシア、北朝鮮を退けて総合優勝。3連覇中のメアリー・コム(ピン級)は警察勤務の一方で ...

 今月20日から22日まで、東京・北区のナショナルトレーニングセンターで、全日本合宿が行われた。ただ、今回集まったのは国内トップクラスの女子選手。11月22日から中国・寧波で開かれる世界女子選手権に、日本の参加が決定し、代表選考をかねた強化トレーニングが、急きょ ...

「“え、三浦って誰?”って思われても仕方ないな。アマでは、落ちこぼれのまま終わったんだから」。自虐的にそう語っていた東洋大OBの三浦数馬(ドリーム)は、来月4日、無敗のまま、プロボクシングの日本タイトルに挑む一流テクニシャンに変貌した。そして、新境地で日本一 ...

(写真:インターハイ2連覇目で満面の笑み!)  昨年、8戦全勝でインターハイ・ライトフライ級を制した高校1年生、青木貞頼(崇徳高2年)は、今年度もフライ級で優勝。この快挙だけなら「順風満帆」と言いたいが、ここ1年、国体では林田太郎(習志野高)、選抜では原隆二( ...

 まともに紹介できていなかったので、07年世界選手権・金のラウシー・ウォーレン(アメリカ)が出場した北京五輪・アメリカ代表選考会の動画をもう一度紹介。実力拮抗の国際大会となると、手堅い判定勝ちばかりを狙い合うトップ選手たちだが、国内の試合なら、これだけの豪 ...

 今月28日からの大分国体で、千葉の成年勢は、大学1年生メンバーが主軸を担う。(写真の右から)ライトフライ級・林田太郎(習志野→駒大)、フライ級・三須寛幸(習志野→拓大)、フェザー級・佐藤貴則(西武台千葉→日大)が、関東予選で堂々の優勝。将来有望なルーキーた ...

↑このページのトップヘ